2016年 10月 の投稿一覧

独身最後の振袖姿 中振袖が着れる最後の機会は「ご結納」です!

中振袖・・・聴き慣れない言葉かもしれませんが、こちらはいわゆる成人式で着る振袖のことです。

ちなみに小振袖は卒業式、大振袖は結婚式で着る振袖となります。


ご存知のように振袖は「未婚女性の最高礼服」であり、既婚者は厳密には着ることはありません。既婚の方は留袖が最高礼服となります。

それでは振袖(ここでは中振袖のこと)は人生で何回着るのでしょうか?

その昔はお正月には毎年・・・なんてご家族もあったのでしょうが、それも今は昔。「成人式だけ」なんて方が殆どだと思います。


お正月・成人式以外で振袖を着る機会と言えば「ご家族・ご友人の結婚式」もその一つ。でもお友達の結婚式に毎回振袖を着るのはなかなか大変です。費用(レンタル代・着付け代・ヘアメイク代)もそれなりにかかりますしね。ご姉妹のお立場で着られる方も少ないの現実です。

 

 

やはり成人式と同じように「自分が主役!!!」という特別な時でないと、振袖を着ようという気持ちは湧いてこないのかもしれません。
 

 

では成人式以外で自分が主役となる機会って何なのでしょう?それは結婚が決まり、ご両家が結婚の約束を取り交わす「ご結納」ではないでしょうか?そしてこの結納は独身最後の儀式となります。

つまりは振袖を着ることができる最後の機会です。

同じ振袖を着るにしても成人式とはちょっと目的が違うので、ちょっと大人な感じにするのが殆どです。そして選ぶ振袖も落ち着いた感じの古典柄が良いと思います。
img_5463
こちらの画像は昨年ご結婚されたお客様のご結納をお手伝いした時に一緒に撮影させて頂いた一枚です。

ご覧のように成人式の振袖姿とは一味ちがって、落ち着きがありながらも華やかな振袖姿です。簡単に言うと「良家のお嬢様スタイル」かもしれませんね。このように「最後の振袖姿」を写真に収める事も、人生を豊かにし、大切な思い出となるはずです。

しかし首都圏では結納の実施率が約二割ほどとのデータもあるのが現実です。それでも昔ながらの儀式にのっとった結納はされなくても、ご両家で食事をしながらの顔合わせはかなりの実施率です。例え食事だけの顔合わせでも新婦が振袖姿になるだけで、その顔合わせの格式が一気に上がるはずです。

そしてその顔合わせは新婦様が主役でもあるわけですし、独身最後に振袖姿をご両親やご兄弟、そして新郎である彼やそのご家族に披露するのもアリじゃないですかね?特に新郎には振袖姿を見せてあげたくないですか?

 

振袖という華やかな衣裳は着る方の気持ちだけでなく、その場の雰囲気、取り巻く方々の気持ちも上げてくれる魔法の和服です。

「もうきることは出来ないからもう一度だけ・・・」

そんな言い訳をすれば誰もが納得してくれるはずです。ウェディングドレスや打掛を着る前に、もう一度だけ振袖を楽しんでみてはいかがでしょうか?当店ではご結納での振袖のレンタルはかなりお得になっていて、5万円からご利用頂けます。

是非独身最後の振袖姿をご希望の方はご相談下さい!

七五三の新たなる可能性 ロケーション撮影始めました!

019

11月は七五三の最盛期。


本日は朝からスタジオでの撮影、午後に当店初となるロケーション撮影がありました。


以前、七五三と言えば衣裳店で着物をレンタルし、美容室へ行って着付けとメイク、その後写真館に行って撮影。その後ようやくお宮参りという今では考えられないような過密スケジュールでした。今ではワンストップで衣裳も美容も着付け、そして撮影ができなければお客様に七五三をご利用頂けない時代です。

そして七五三の撮影はナチュラル系のスタジオが人気が主流です。チェーン店でも地域密着型のスタジオもナチュラル系一色ですから、どのフォトスタジオを選ぶべきか悩む親御さんも多いのでは!?


でも七五三といえども、お子さんにとってはもちろんですがご家族にとってもとっても大切な節目であり、記念のイベントです。他とは一味違う七五三の撮影をするならやはりロケーション撮影がおすすめです。外での撮影ということで緊張することなく自然体のご家族のままでの撮影が出来ますし、撮影場所が限られないのでご家族ならではのオリジナリティー溢れる撮影が叶います。

当店はこれまでウェディングのロケーション撮影を多数行ってきました。そこで培われた知識、経験などのノウハウを今後は七五三や成人式にアウトプットし、スタジオ内では絶対に叶えることの出来ない思い出づくりをして行きます。

スタジオ撮影にはメリットもありますがデメリットがあります。ロケーション撮影も同様ですが、ロケーションならではの魅力は計り知れません。

ウェディングも七五三も成人式もただ写真という記録を作るだけの価値より、思い出という記憶も作ることも今後我々のような業界には求められていくはずです。

外で撮影で気温・季節・空気・太陽などの自然を感じるだけでその大切な節目の一日を思い出として封じ込めることができるはず。


本日のロケ撮影はその大きな一歩目です。

019
信頼くださり、薦めるがままのロケプランをご利用くださった鈴木家ファミリにーには感謝の一言です。本当に有難く思っています。

「うちの家族らしい写真が撮影できた」という一言をいただけたことが嬉しかったです。何しろロケ撮影は「大量生産型」ではなく、「受注生産型」の商品となります。だからこそオリジナルとなるわけです。

来年は春からこの七五三ロケを開始します。桜並木をバックに七五三の前撮り・・・きっと素敵な思い出になるはずです。


鈴木様が経営されている宇都宮の高級印章専門店 鈴印のブログに今回のロケーション撮影の事を取り上げて頂きました!!!
   ⇒『七五三の記念写真ならローケーション撮影が最高!』 

abitoのウェブサイト 七五三ページ

raitenn nogi5B15D IMG_7252

今こそお客様に感謝の還元をすべき時。安易な「オプション」営業は控えるべきでは!?

年々増加している「和装前撮り」。


すでに結婚式にまつわる一つのイベントであり、結婚世代だけでなく幅広い世代に認知されているほど定番化しています。

結婚式を挙げる会場で前撮りをされるカップルもいれば、ご自分たちで検索で探し出したドレスショップやフォトスタジオで撮影されるカップルもいたりと様々です。


基本的に和装前撮りと言えば、その多くの花嫁が「色打掛姿」を思い浮かべることでしょう。実際に殆どの方が色打掛&紋付袴という組合せで撮影に望まれます。


でもせっかくなら「白無垢姿も残しておきたい!」という気持ちは殆どの方がお持ちだと思います。

でもその多くのショップの和装前撮りプランには打掛・紋付き袴 各一着ずつが基本です。もちろん白無垢を追加することはできますが、オプションとなり費用の追加が必要となります。中には衣裳を追加したことで、ここぞとばかりに撮影カット数の追加を促してきたり、アルバムのアップグレードを進めてくる場合もあります。

これに乗っかっしまうと、当初予定していた和装前撮り費用もうなぎのぼりになり、知らず知らずのうちに予算が大幅にオーバーしてしまうこともあります。

和装前撮りですから、その後に大きな出費の結婚式が控えています。出来れば予算どおりに進めたいと思うのは当然のことなので、結局は白無垢姿は諦めることになることが殆ど。


そこで当店ではお客様にただただ喜んで頂くために、当店の和装前撮りプランに「打掛もう一着追加無料」というサービスを今年の4月以降に開始致しました。当初は期間を限定してのことでしたが、予想以上にお客様に好評だったので思い切って恒常化してしまいました。

以前は当店でも打掛の追加はオプションにしていて、30,000円という価格設定でした。

結婚式の費用からすればこの「30,000円」という価格は何てことのないものだと思いがちです。しかし現在の結婚世代の方々は思っている以上に計画性をお持ちです。「せこい」とか「ケチ」なのではなく、「無理をしない」ということなのです。何故って結婚式後のこともちゃんと考えているからです。


だからこの30,000円という金額はつまりは「出す価値がない」と考えているわけです。


結婚式に携わる企業はこれまでながらくご利用頂いたカップル様に育てて頂きました。こう言うことを書いてしまうと同業界の方々にお叱りを受けるかもしれませんが数多くのカップル様に依存していたわけです。

しかし時代の変化、不況の長期化、人口減少、ライフスタイルの変化により、「国民総結婚式」という時代が終わると共に「結婚式はしない」という選択が堂々と言える時代になりました。そんな時代の中、結婚式を挙げてくださるカップル様はこの業界にとってとても有難い存在です。

その結婚式をきっかけに、元々「しない派」だったお友達が「したい派」になるかもしれません。そのためには結婚式されるお二人をこの業界全体で少しでも応援すべきなのです。しかしながら組数の減少を目の当たりにすると、結婚式をされるカップル様から少しでも価格を吊り上げようとする動きもあります。

これは長期的にはもちろん、短期的にも業界にとって打撃を与えるはずです。


既存の価格を安くするということでなく、付加価値を与えることが大切だと考えます。なので当店は既存の価格のまま、実現可能なだけのサービスを織り込んできました。※ウェルカムボードプレゼントもその一環です。


この業界は「オプション」という言葉が氾濫していますが、この言葉の元々に意味は「選択」です。

しかしながら現在では「選択」という意味よりもむしろ「追加」という意味になってしまっています。そして結婚式場でもフォトスタジオでも基本的プラン内容をそぎ落とすだけ落として、「オプション」を如何に売るかという営業スタイルが目立ちます。

これはつまり手頃なプラン価格を念頭に置いてご来店くださったお客様を当然のように予算オーバーさせることを意味します。


もちろんこんな営業スタイルを中傷したり、否定するつもりはございません。でも当店は肯定もしませんし、追従もしません。サイトで目にしたプラン価格に安心して頂くと共に、より満足感を感じて頂けるようなスタイルで営業しています。


これからウェディング業界はお客様にこれまでの感謝を還元して行くべきです。それでなくても「結婚式=高額費用」という方程式が知れ渡っているのです。この長く続く不況の日本では相当大きなダメージを招くイメージだと思います。

ホント、結婚式をしたい!という日本人がもっともっと少なくなってからでは遅いんです。今でしょ(笑)

「貸衣装が高いのは当たり前」というのはもう当たり前ではない時代です

弊社のようないわゆる「貸衣装業」の店舗には年に数回、様々なメーカーさんからカタログが送られてきます。

img_6887
これはほんの一部。ドレスや打掛はもちろん、七五三・振袖・袴・その他の小物に至るまで様々なカタログが大量に送られてくるんです。

普段はカタログやパンフレットをお客様に「見て頂く」立場ですが、逆の立場となり「見る側」になる訳です。

やっぱり表紙って大切ですね。CDなどでも「ジャケ買い」があるように、表紙の良し悪しでそのカタログを見るか見ないかを瞬時に判断してります・・・全く意識はしていないんですけどね。


つまり表紙を見てピンと来ないカタログはそのまま放置⇒資源ごみとなりますが、目が奪われるとくまなく拝見しますし、他のページに掲載されている衣裳も良く見えてくるから不思議です。こういう消費者心理を感じる事、そしてそれを生かすことが大切です。
でもカタログのクオリティが高い・素敵な衣裳が掲載されている=お買い上げ♡・・・こういうことはあまりないんです。だって現在の商品構成やターゲット層、そして地域性や他店とのバッティングなども考えなければなりませんからね。

とはいえ、クオリティの高いメーカーさんは自ずと頭にインプットされます←これが大切!


しかし全く興味が持てず、そのまま資源ゴミとなることが大変多いので、いつも「もったいないなぁ~」と感じています。今やネット時代ですから、メーカさんの自社サイトに新作衣裳を掲載し、そのページのリンクをメールでお知らせすれば少なくとも「ゴミ」になることはないと思うんですけどね。

また自社サイトに掲載することでエンドユーザーの結婚式準備中のお二人にも見て頂けるので、その反応も感じ取れたりと良いこと尽くめのような気がするんですが、まだまだカタログのような紙媒体が主流のようです。


ネット掲載で経費節減
⇒卸価格を安くできる
⇒エンドユーザーにもお安くご利用頂ける
⇒業界の活性化


こうならないとも限らないと思うのですが・・・・。


とかくこの業界は宣伝・広告に経費をかけすぎなんです。とはいえ、長年継続して来た手法を絶つというのはとても勇気がいることで、「宣伝経費を抑えたらお客様が来なくなってしまうかも?」という不安が付きまといます。でもその高額な費用は結局はお客様が負担することになるわけで、このことこそがお客様の足を遠のかせる最大の原因になりうることもあるのでは?

弊社は既に紙媒体とは決別し、自社サイト&ブログ&SNSのみで宣伝しています。だからこそ「ウェディング衣裳借り放題プラン」和装前撮りロケーションプランで「打掛もう一着サービス」という全国でも稀なプランをご提供できるようになりました。

「節目の衣裳が高いのは当たり前」というのはもはや当たり前ではありません。

安ければいいわけではありませんが、企業努力なしの高価格設定はなるべく?いやいやできるだけ避けなくてはなりませんよね。


良い物を適正価格で、そして何より無理なく安心してお客様にご利用頂くことが、業界の活性化に繋がり、そして次へと繋がるはずです。弊社はこれからも他に先駆けて新しいことに取り組んで行きます。

 

隙間の時間を有効利用 着付けの練習のお時間♪

「時間」というものは全世界、全ての人間にとっても一日24時間。特別に25時間を与えられることはありません。


しかし同じ時間でも短く感じるここともあれば、長く感じることもあるので不思議です。まぁつまりは時間の使い方によって代わってくるのかもしれませんね。


当店のようなドレスショップ、または貸衣裳店は量販店のように、常にお客様が滞在している訳ではありません。もちろんぶっつまりの時もありますが、基本的には隙間的な時間が発生しているんです。そんな隙間的な時間を当店ではこんなことに使うことがあります。

img_6885

着付けの練習です。

例えばこの画像は袴の着付けの練習の様子ですが、マネキンは男性スタッフです。着付けって本当に奥が深く、「これで100点満点」ということはまずありえません。


見た目良く、きれいな着付けをできる方はたくさんいると思いますが、綺麗=良い着心地とは限りません。人によって体型は千差万別で、一つとして同じ体形はありません。例え綺麗な着付けの理論を知っていても、着心地が悪かったり、着崩れしてしまっては全く意味がありません。

男性スタッフをマネキンにしての着付けの練習するメリットは「率直な意見」が聞けること。お客様に聞いても遠慮して言いたいことも言わないでくれますからね。しかしスタッフだと「ゆるい!」「きつい!」「遅い!」「この位置は不快!」というダメだしがダイレクトです。


ダメだしをされた分だけ着付けは上手くなるものです。要は「習うより慣れろ」なんですね。

ホッと一息つくことも時には大切ですが、このように着付けの練習をすることで自分の技術をより高めることはもっと大切です。手間をかけ、時間をかけなければ成熟しないことってたくさんあります。

和装の着付けもその一つ。

過信しない程度の自信をもって着付けることで、お客様も安心を感じるはずです。全てはそのための練習と言っても過言ではありません。

一日は24時間。

無駄に過ごす1時間も有効に過ごす1時間も同じ1時間です。でもその差は積み重なると圧倒的なものになっちゃうんですよね。ならば選ぶべきはもちろん・・・・・ですよね。

 

5年前はヨチヨチ歩きの赤ちゃん、現在は年長さんの当店のロケーションフォトウェディング

5年前の今日、つまり2011年10月22日に和装ロケーション撮影を行っていました。

317871_205912122814791_559479919_n

5年前はロケーション撮影もまだまだ少なく、そんな中でも手探りしながらの撮影をしていたのを覚えています。このロケーション撮影を始めるにあたっては他店の方に教わったでもなく、真似た訳でもありません。そういった意味では自分たちだけの道を切り開いてきたのかなとも思います。

それから5年、やはりロケーション撮影に関しては独自路線をすすんでいますが、唯一行くべき道を教えてくれる存在と言えばそれはお客様です。

喜んで頂けたこと
不満に感じた事
こんなことがやりたい

・・・・これまで様々なご意見を頂き、その度に取り入れてきました。特に大切にしているのは「不満に感じた事」などのある意味クレームに近いご意見です。これまでクレームは一切なかったなどという嘘は言いません、そう言うこともありました。

でもその度に真摯に対応させて頂き、お客様には納得して頂けたと思っています。

そんなことがある度にスタッフでミーティングし、教訓としてきました。そして今に至ります。


ちなみにこの写真の撮影は栃木県中央公園でした。この頃はこちらばかりでの撮影でしたが、徐々にロケ地を増やし、A1ポスターを印刷できる機材を導入し、着付けの時間を短縮する二部式掛下の導入など少しずつ、少しずつお客様に喜んで頂けることを取り入れてきました。


現在、和装の前撮りにロケーション撮影を選ばれるお客様が大変多くなっています。それに比例するように、当店でも多くのカップル様にご利用頂き、この秋の撮影はこれまでで最多となります。

スタッフの頑張りはもちろんですが、やはり5年も前にご利用くださったこちらのお二人をはじめ、これまでご利用くださったカップル様のご意見があったからこそ今があるのだと感じます。そしてこの秋にご利用くださるお客様のご意見も頂きながら、更に高みを目指して行きたいと思います。


数をこなすことだけが全てではありませんが、こなした数だけ見えてくることがあります。6年前はまだヨチヨチ歩きの赤ちゃんのような当店のロケーションプランも、何とか小学校入学を控えるまでになったように感じます。でもまだまだ成長しなければなりません。


11月より怒涛のロケーション撮影が続きますが、「慣れ」を封じ、ひと組ひと組を新鮮な気持ちでお迎えして行きます。11月上旬の撮影スケジュールはかなり埋まってきていますが、中旬以降はまだまだ間に合いますのでご興味のある方は是非ご相談ください。
11月中旬以降は掬翠園や栃木の岡田記念館での紅葉が楽しめますからね!

意外!県外の方に聞く宇都宮餃子の評価

当店には想像以上に県外のお客様が多いのです。

そういった県外出身のお客様とお話させて頂くとき、必ずといっていいほどに「宇都宮餃子」が話題となります。やはり皆さん宇都宮=餃子というイメージはお持ちのようです。これも宇都宮餃子会の皆さんの努力の賜物ですね。
26


・・・となれば宇都宮の餃子を食べた感想となる訳ですが、当然全ての方が「美味しい」といってくれるものと思っていましたが、意外や意外、そうでもなさそうです。ちなみに絶対数の分母が小さいので何とも言えない訳ですが、あながち無視できないとも思います。


結果としては「美味しい」という方半分、「思ったほどじゃなかった」という方半分ですかね。


宇都宮市民としては少し寂しい思いですが、こればかりは個人個人が判断することですからね。それでは何故、「思ったほどじゃなかった」という意外な結果が50%もいるのでしょう。

それはやはり餃子自体が独特なつくりであることに尽きます。


宇都宮の餃子の餡は野菜が多く、肉が少なめです。このことが県外の方にとって「物足りない」という結果をもたらしているようです。このことに敢えて反論すれば、「だからこそいっぱい食べられるんですよ!」ですね。また中には「独特な風味がする」とか「ご飯がない餃子やさんがある」とか言うご意見もあります。

 

でもだからと言って、今後肉を多くしたりしないで欲しいです。だって今の味こそが宇都宮餃子であり、長年市民の方々に愛され続けてきた味なのですから。


ちなみに、先日日光で和装前撮りを行ってくださった東京からお越しのお二人を当店は宇都宮駅東口にある「みんみん」にお連れ致しました。お二人のテンションはかなり高く、お連れした私としても大変誇らしく、喜んで頂き嬉しかったです。そんな訳で、当店も宇都宮餃子の売り上げに少なからず貢献していますし、これからも続けて行きます。

なんてたって宇都宮を愛してますからね♡

 

 

ブログの更新がなかなかできません

最近はブログを書く時間が確保できない日々が続いています。


適当に、短いブログを更新するくらいなら書かないほうがいいという考えですので、無理矢理には更新しない主義です。少しでも皆さんのお役に立てる情報を掲載したいと思っています。


ブログ更新の時間を確保することも仕事の一環ですが、それが出来ずにいるのがとても歯がゆいですwww


決してサボっている訳ではないですからね♪

 

でもこんな日々が当分続きそうです。皆さんに見放されないように、できるだけ更新して行きますので是非ご理解を頂ければ幸いです。


できるだけ頑張りますので、温かい目でお願いします!!!!

大盛況御礼♡秋の和装ロケーション撮影プラン

ここに来て秋の和装ロケーション撮影プランをご希望されるお客様のお問い合わせ、ご来店、ご成約が急増しています。


秋冬の洋服が涼しくならないと売れないように、やはり前撮りなどへの興味も気温や季節に左右されるもの。最近はめっきり秋らしい気候になったので、お客様も「急がなきゃ!」となっているのかもしれません。


さて、現在の予約状況ですが11月の上旬はかなり予約を頂いており、ご案内できる日時が限られてしまっているのが現状です。特に日光での紅葉ロケプランは土日祝祭日は撮影ができないため、平日に集中しています。


でもご安心ください。


紅葉は何も日光だけではありません。11月中旬からは県央、県南でも紅葉が始まるので鹿沼市の掬翠園や栃木市の岡田記念館でも紅葉ロケができちゃいます。11月中旬以降の撮影はまだまだお客様のご希望される日でご案内可能です。

日本の秋の風物詩といっても過言でない「紅葉」。

春から夏を経て、そして遂に迎えた木々の美しさのピークがこの紅葉です。美しく色づいた木々をバックに、人生の中でももっとも幸せな時間をカメラで切り取る・・・最高の思い出になること間違いなしです。まずはお気軽にご相談ください。


さて最近ではわざわざ東京からご来店されるお客様も増えています。
jiijijii
わざわざレンタカーをご利用してのご来店。ここまでしてご来店頂けるのは大変嬉しく、そんなご苦労に対して報えるような思い出の撮影にする事を誓います!

・・・・ところで知らぬ間に「杉並ナンバー」って出来たんですね♡
その昔、杉並区永福というところに住んでいたので私にとって、この杉並ナンバーは横浜より、品川よりプレミアムを感じずにはいられません!当店の駐車場で初対面できて嬉しい♪


当店の和装ロケーションプランには他店と違い、標準で「白無垢」と「色打掛」が含まれています。つまり料金変わらずに白無垢姿も色打掛姿も一生の思い出として残すことができます。さらに平日撮影ならA1サイズの大きなウェルカムボードをプレゼント!

来年の結婚式の前撮りとしてはもちろんですが、今年挙式の「後撮り」としてもお勧めです。

まだまだご案内できる撮影日はありますので、ご連絡くださいませ!


☎ 028-655-0975
info@kaede-abito.com


 

ロケーションフォトウェディングのために欲しいもの

globebust102

今会社として一番欲しい物があります。


衣裳店ですから打掛もドレスももっとたくさん欲しいのですが、それ以上に欲しいのがこれ。

globebust102


キャンピングカー!!!


もちろんキャンプがしたいということではなく、ロケーション撮影のためだけに欲しいんです。これがあれば移動はもちろん、中での着付や着替え、ヘアメイクも出来ますし、休憩も出来ますからね。


しかもキャンピングカーって乗ったことのない人の方が圧倒的に多いですよね?そういった意味ではお客様のワクワク感を発生させるアイテムとしても最強じゃないかと思います。

あ、あくまでも「欲しい」だけで、買う訳ではありません。


何ていったって「これ下さい♡」的な気持ちで買える代物ではないですからね~♪
 

ちょっと調べてみました!キャンピングカーの価格を。

新車の場合、国産でも600万円~、輸入車だと軽く1000万円を超えます。ちょっと手が出ません・・・・出ませんが出せるように頑張っていつかは中古でもいいので手に入れたいと思っています。


儲かっている会社さんの社長さんは会社名義で輸入車を乗り回してたりするのは良くあることですが、もしそんな余裕があるなら弊社は間違いなくキャンピングカーを買うんですけどね~。ロケーション撮影で使えるだけでなく、衣裳の配達にも使えるし、お客様の送迎もできるし、スタッフでそれこそキャンプしたりも出来ますしね。

いい宣伝になることも間違いなし!

購入には皆様のご協力が欠かせません!なので是非当店をご利用くださいね♡