レンタル留袖

遠方での結婚式でも留袖やモーニングを安心してレンタルいただけます

10月~12月は結婚式が大変多い時期なので、8月後半から留袖とモーニングのレンタルのお客様が毎日のようにご来店くださっています。


大変ありがたいことです。


ご対応中に必ずお伺いするのは「どちらの結婚式場なんですか?」ということ。


理由はいくつかあります。



まずは純粋にコミュニケーションを取る為ですが、人気式場のリサーチという側面もあります。当店は宇都宮にあるお店なので、当然その大半が宇都宮の式場で、次に多いのが那須の式場、そして以外に多いのが東京の式場です。

多分お客様のお子様である新郎、または新婦が東京在住と言うことなんでしょうね。


東京の結婚式場となると、そちらで留袖とモーニングの準備をするには手間と費用がかかりすぎます。

行くまでの交通費と所要時間もそれなりにかかりますし、レンタル費用だって栃木と比べると圧倒的に高額になります。一方地元で準備すれば、気軽に行けますし、レンタル費用もお手頃となりますので賢い選択ではないかと思います。


しかし遠方での結婚式となると心配なこともあります。

それはどうやってレンタルした留袖やモーニングを運ぶかと言うこと。


【バスや自動車でお出かけになる場合】

この場合は全く問題ないですよね。


【電車でお出かけになる場合】

この場合ですと当店ではご提案が二つあります。

①遠方の式場へ直接郵送

宅急便などを利用してお届けする方法があります。配送料はお客様の負担となりますが、それでも東京の式場でレンタルするよりは費用はお安く済みます。使用後は多くの方がやはり宅急便を使って、式場からそのまま返却されることが多いです。

IMG_8500
こちらは宅急便など配送用の箱です。

②持ち運び用のバッグに入れての商品のお渡し。

通常はご利用頂く衣裳は専用の箱にセットしてお渡ししています。
IMG_8498縦66cm×幅45cm×高さ17cmと両手でかかえることができる大きさです。

この大きさだと電車で運ぶのはちょっと難しいですね。

持ち運び用バックがこちら
IMG_8499縦45cm×幅37㎝、まち幅は最大で13cmととってもコンパクト(留袖用)。一般的なトートバッグくらいの大きさですね。

この大きさなら持ち運びも便利だと思います。※モーニング専用のバッグもございます。


このように遠方の結婚式でも留袖やモーニングをレンタルして頂けるようなサービスを当店ではご提案しておりますので、気軽にお申しつけ下さい。



まとめ

本来であれば遠方であろうと、式を挙げる式場でレンタルされた方が何かと利便性はあるとは思います。

しかしその準備や費用を考えると、お住まいのエリアで用意するのも全然ありなんですね。特に東京などの都会でのレンタルには「気後れ」したりしてしまうものですが、お住まいのエリアのお店ならじっくり、ゆっくりと衣裳を選べるのではないでしょうか?

結婚式の主役はもちろん新郎新婦のお二人ですが、お父様もお母様もゲストの方々をおもてなしするお立場ですからご着用される衣裳はしっかりと選びたいものです。やはり地元の方が安心して衣裳選びができると思いますので、遠方の結婚式の場合でも気軽にご相談下さい。

留袖とモーニングのお貸し出しも入念にチェックしています

秋はウェディングの一年で最も多いシーズン。


それに伴い、新郎新婦のご両親の衣裳である「留袖」「モーニング」のレンタルの予約が8月頃から大変多くなってきました。数年前と比べてもかなり増えているのですが、路面店の方が式場よりも比較的お手頃な価格でレンタル可能と言うことが知れ渡ってきたからだと思います。


ご両親衣裳のレンタル価格はドレスなどに比べると、かなりお安いとはいえ、お子様の大切な結婚式で着用される衣裳ですから不備があってはなりません。他のお店はどのようにされているかわかりませんが、当店では留袖やモーニングのセットにも手を抜くことは致しておりません。当然なことですけどね。


チェック表をお入れしています。

留袖とモーニングは一式を箱にお入れしてお渡ししていますが、その中にそれぞれのチェック表もお入れしています。

ji
留袖のチェック表

留袖の番号をはじめ、一緒にお入れする小物に間違いや不足がないかを確認するものです。

右端にAとBの欄がありますが、Aは衣裳をセットしたスタッフのチェック欄で、Bは再度別のスタッフがチェックする欄です。つまりセットからお客様にお渡しするまでに2回のチェックが入ります。


このチェック表も一緒にお入れするのは、まずはお客様に安心していただく為です。
またお着付けをされる美容室や結婚式場のスタッフさんにも、何が入って何が入っていないかをご理解いただくためでもあります。

pp
こちらはモーニングのチェック表。


またこのチェック表があることで、ご返却時に時間をかけずに確認ができるようにもなっています。


もちろん婚礼衣裳であるドレスや打掛、その他振袖や七五三の衣裳にも必ずチェック表をお入れしています。



他店から見たら「やりすぎじゃない?」と思われるかもしれませんが、準備に「やりすぎ」なんて存在しません。晴れの日、喜びの一日も衣裳一つで台無しになってしまい、お客様の気分を害してしまうことがあります。それを防止するためにも間違いなく必要なことだと考えているので、やりすぎかもしれないチェックを繰り返し、準備に怠りがないよう準備しているだけなんですけどね。


それでも人間のすることですから100%はありえません。
当店としては出来るだけ100%に近づけるように努力と工夫を繰り返すのみです。


でもこんなチェック表があると安心しますよね?その気持ちってとても大切だと思います。

レンタル留袖の基本的な選び方と確認すべき3つのこと

結婚式において、新郎または新婦のお母様が着用する衣裳といえば留袖です。

「黒留袖」「江戸褄」とも呼ばれることもあります。

_MG_0099


秋は結婚式のシーズンということもあり、留袖のレンタルをご希望される方のご来店が当店でも増えています。

結婚式場でも手配することもできますが、留袖もモーニングも式場では比較的割高な価格設定なので、当店のような貸衣裳店でセットでレンタルすればかなりの節約になります。


本日はそんな留袖についてです。

【留袖の平均レンタル価格】

当店では留袖のレンタルは15,000円~70,000円と幅広い価格帯でご用意しています。
この価格の違いは柄や新しさによるものです。しかし価格によっては格が上下することはないので、ご予算に合わせて選ぶだけです。

当店での留袖レンタルの平均価格はおよそ25,000円~30,000円くらい。

モーニングと合わせても50,000円程ですが、これが式場だとこうはいきません。特にモーニングは基本的同じ見た目なので、どうせレンタルするならお財布に優しい方が良いですよね。節約は大切ですからね。


【留袖の選び方】

まずは予算をある程度決めておくと良いでしょう。
ご存知だとは思いますが、留袖のレンタル代の他に「着付け代」も必要となります。なのである程度余裕を持った予算内でレンタルをされることをおすすめ致します。

次に柄です。

留袖には渋目の柄もあれば、華やかな柄もあり、初めての着用の場合はどんな柄にしたら良いか分らないものです。もし新郎新婦のお母様としての着用の場合は、見た目は「少し派手かな?」と思うくらいの物をお選びすることをおすすめします。
その理由としてはまず結婚式場内が華やかなので、それに見劣りしないためです。せっかくのおめでたい日ですし、少々華やかな方が晴れの日にふさわしいはずです。

また新郎新婦はもちろん、ゲストの方々も華やかな衣裳を身にまとっていますので、衣装選びの時に派手と思っても、実際に着てみるとそうは感じることはないですからね。

そして柄には大きな柄なものと細かい柄のものとありますが、小柄なお母様には細かい柄の留袖がおすすめです。小さめのお母様が大きい柄の留袖を着用すると、余計に小さく見えてしまう場合もあるのでご注意下さい。

やはり留袖とはいえ、節目の大切な衣裳です。


カタログやパンフレットで柄だけ見て選ぶよりは、実際に試着してからお決めになる方が賢明です。そこにプロのアドバイスがあればもっと安心ですね。もちろん当店では何着でもご試着頂けます。



【確認すべきこと】

留袖のレンタルにおいて確認すべき事がいくつかありますので、箇条書きで並べてみます。

・レンタル価格の中には何が含まれているのか

基本的には肌襦袢、裾除け、足袋以外はセットで全て含まれているはずですが、お店によっては末広やバックや草履がオプションとなる場合もあります。当日に「あれがない!」というような事にならないように、セット内容を確認することをお忘れなく。

・レンタル期間の確認

お店によってレンタル期間が変わってきます。
当店の場合、基本的に二泊三日となっていますが遠方での結婚式であったり、お客様のご都合で三泊四日だったり、四泊五日でも追加料金なしでご対応しておりますが、他所のお店の場合はキッチリと別料金になる場合もありますからね。

・配達の有無

当店の場合、殆んどのお客様が前日、または前々日に留袖を取りにご来店され、ご使用の翌日にご返却くださいますがご要望があればお届けとお引き取りにもご対応しています(エリア限定)。また式場が遠方の場合、郵送(料金別途)にもご対応しています。

お店によってはこういった対応をされてない場合もありますので、こちらもご確認してみてはいかがでしょうか?


 

最後に・・・

ざっと留袖のレンタルに関して、気が付いたことを書いてみました。
最近は大変有難いことに、留袖レンタルのお客様のご来店が非常に増えています。以前は殆んどのお母様が「留袖は結婚式場でレンタルするもの」という認識が強かったのですが、ネット(スマホ)の普及と共に当店のような路面店でのご利用がお得ということが広まったのではないかと感じています。

基本的に結婚式場ではドレスやタキシード、和装はもちろん、留袖やモーニングもレンタル代は高めです。

今の世の中、「何でも高いほうがいい」という時代ではありません。
また逆に「安ければ何でも・・」という時代でもなく、重視すべきはコスパ・・・・つまり費用対効果なんですね。

必要以上の質と出費は不要ですが、ご自分のライフスタイルに応じたレベルは維持したいものです。同じ出費額なら少しでも質と利便性が高い方が納得するのではないでしょうか?

留袖をご検討するのであれば、結婚式場にいわれるままではなく、「貸衣裳店でのレンタル」という洗濯を模索してみてはいかがでしょう?

結婚式に振袖で出席したらきっと花嫁も喜んでくれるはず

大切なお友達の結婚式へのお呼ばれ。

「何を着て行こうか?」と悩まれるか方も多いのではないでしょうか?


一般的にはパーティードレスやワンピースを着用されることが多いのですが、結婚式が続けば続くほど「いつもこればっかりじゃ・・」と思ってしまうこともあります。
でも待ってください!
お呼ばれ衣裳にはもう一つの選択肢もあります。それは振袖です。


振袖は未婚女性の最高礼装

「振袖は成人式で着用するもの」
そんなイメージが強いと思いますが、ちょっと違います。
振袖は和装において、未婚の女性が着用する最高礼装の衣裳となります。
※ちなみに既婚女性においては留袖、男性においては黒紋付に仙台平の組合せが最高礼装となります。

つまり「結婚式」という大変大きな節目において、振袖はお呼ばれ衣裳として最適な衣裳と言えます。
ドレスやワンピースでは【肌の露出】【季節感】【カラー】【柄】などをドレスコードを気にしなくてはなりませんが、振袖の場合はそのままで格式のある衣裳ですので悩むことはほぼありません。

そして何より喜ばれます。
お友達である花嫁からは「私の結婚式にわざわざ振袖を着てくれるなんて・・・」と嬉しがってくれますし、ご両家のご家族からは「結婚式の格が上がる」と思ってもらえます。そして結婚式そのものがより華やかに彩られるので、一石三鳥以上の抜群の振袖効果があります。


気になるのは費用

少なからず結婚式のお呼ばれには「振袖で出席してみたい」という方がいます。
しかし現実的には【費用】という問題があり、諦めてしまう方が多いんですね。だって振袖のレンタル代とお支度代だけでもそれなりの費用となりますし、その他に『ご祝儀代』『二次会参加費』も必要ですから。

だったらドレスやワンピースを選んだ方が費用がかかりませんものね。
※ネットで検索するとおよそ1万円弱のドレスやワンピースが多く見られますね。


お呼ばれ衣裳として振袖を選びやすいプランをご用意しました。

和装を扱う当店としましては、少しでも多くの方に成人式以外でも振袖をご着用いただきたいと考えています。
ドレスやワンピースも素敵ですが、日本の振袖も負けず劣らずの魅力がありますからね。
そこで当店ではこんなプランをご用意いたしました。

お呼ばれ振袖T

3名様分の振袖レンタル代が50,000円(税別)ですので、お一人様当たり約17,000円弱でご利用いただけます。
しかもお着付けはサービス!

もちろんドレスやワンピースを購入するより高くついてしまいますが、毎回ではなく大親友の結婚式だけでも特別な衣裳でご出席するのも悪くないですよ!

この特別プランは8月中のご予約限定です。
※実際のご利用は9月以降でもOKです。


お友達の同志の中で、一番最初の結婚式は気合の入れどころでもあります。
振袖姿になれるのは人生において、そう何度もあることではありません。そう言った意味では「ご自分の為」でもありますが、「花嫁の為」「ご両家の為」「ゲストの方々の為」、そして「結婚式を盛り上げる為」と振袖を着る理由は満載です。

ぜひこの特別プランをご検討いただき、8月中にご来店下さい。
お問い合わせもお気軽にお寄せ下さい!
 

夏の結婚式 お母様は見た目も涼しげな「絽」の留袖がおすすめです

約20年ほど前までは「8月に結婚式をするなんてけしからん!」といった風潮があったのはご存知でしょうか?

今でこそ夏のウェディングは当然のようになっていますが、以前は敢えて夏に結婚式をされる方は本当に少なく、婚礼業界にとってはまさに冬のような寒さを感じる季節でした。とは言っても春や秋に比べると断然件数は少ないのも事実。しかし結婚式場もこの時期の結婚式はかなり値引きをしたりするので、それを狙い撃ちするカップル様も少なくありません。


あ、書き忘れましたが数十年前に8月の結婚式が少なかったのはただ単に「暑い」からだけではなく、8月はお盆の月だからです。お盆は亡くなられたご先祖を自宅に招くことで、この8月だけは自分たちのためではなくご先祖のための1ヵ月という考えがあり、結婚式をするのをためらったからなんですね。


さて今では少なくない夏の結婚式。

結婚式場の館内は空調が効いているとはいえ、それでもやはり暑いものは暑いんです。屋内でも無理をすると熱中症になる可能性も排除できません。ましてや各方面に気を配り、緊張し続けるであろう新郎新婦のお母様は見た目も大切ですが、暑い夏の結婚式を無事に乗りきるためにはどんな留袖を選ぶかはとても大切です。


留袖には季節にあわせたいくつかの種類があります

お母様の結婚式の衣裳として知られるのが「留袖」です。またの名を「江戸褄(えどづま)」と言ったりもします。
この留袖には季節ごとに4つの種類があるのをご存知でしょうか?

10月~5月 袷(あわせ)
6月・9月   単衣(ひとえ)
7月~8月   紗(しゃ)、または絽(ろ)

このように区分されます。この種類の違いは生地になります。

袷は2枚の生地が合わさっており、単衣は1枚で構成された留袖となります。紗と絽は透け感があり、見た目にも着心地も軽快な生地を使って作られています。

IMG_7463
袷の留袖はその黒さが命。重厚感が気品を醸し出します。

IMG_8240
こちらは絽の留袖。袷に比べると見た目には重厚感は感じません。

一般的に留袖といえば袷といった節があり、夏のウェディングでも重厚感のある袷の留袖を敢えてご着用される方は決して少なくありません。その理由としては所持している留袖が袷だということ、そしてもうひとつは絽だと見た目に軽さを感じてしまうから。

果たして絽の留袖の「軽い」というイメージは正解なのでしょうか?
まずは絽の留袖のご説明をしましょう。

絽の留袖はこんな感じです。

IMG_8242
とにかく生地が薄く、下に着用する長襦袢が透けるほどです。また帯も絽専門のものとなり、袷用の帯が金色が多用されているのに比べ、白が多用されています。帯でも涼しさを演出している訳です。

IMG_8241 IMG_8243
右の袷の留袖の柄と比較すると、色使いが涼しげになっており夏にピッタリの風合いです。

また留袖に下に着る長襦袢にも「袷」と「絽」があり、絽の留袖の場合は長襦袢も当然絽になるのでダブルで軽く、通気性が良いのでとても涼しく着こなして頂けます。

このように絽の留袖は袷の留袖に比べ、断然に涼しくご着用頂けますし、見た目にも涼しげでゲストの方々にも伝わることでしょう。確かに見比べると重みは感じられませんが、本来、日本の和装は季節感をとても大切にする衣裳です。

見た目の涼しさは周りの方々へのおもてなしの一つです。
もちろんご着用されるご本人の思いや考えは尊重されるべきではありますが、古来日本では「自分より他人」という精神があり、和装にもその伝統は息づいています。ですから暑い夏に絽の留袖を着るということはご自身の体調の為でもありますが、わざわざご出席くださったゲストの方々への配慮にもなるのです。決して夏の結婚式に袷の留袖がNGというわけではありませんが、「粋」ではないことは間違いありません。

大切に育て、そして新たなステージへ飛び立とうとしているお子さんの晴れ舞台の結婚式。
そんな愛する息子、娘さんのためにこの日は粋なお母様であってはいかがでしょうか?

ちなみにお父様のモーニングにも夏用がございます。
夏の結婚式 お父様は夏用のモーニングで涼しく、快適に!


どうしてもお持ちの袷の留袖を着たいという方へ

ご両親が嫁入りの際にせっかく持たせてくれた留袖を娘の結婚式で着たいという想いは当然です。
そこでどうしても「袷の留袖で!」という方に少しでも涼しく着こなす裏技をお伝えします。かなり暑さが軽減されるのでおすすめです。

前述の通り、袷でも絽でも留袖の下には長襦袢を着付けます。その長襦袢にも袷と絽があるとご説明しましたが、袷の留袖に絽の長襦袢を組み合わせるだけでグッと涼しく過ごして頂けます。長襦袢は着物に隠れるので周りからは全くわかりませんからね。

但し!
注意点が一つだけあります。

絽の長襦袢の襟(半襟)は当然絽使用となっているので、襟だけ袷にしなければなりません。襟は外から見えてしまうので、ここだけご注意下さい。当店のような貸衣裳店にはそういった組合せの絽の長襦袢の用意があると思いますので、お問い合わせしてみてはいかがでしょう?


最後に

十数年前に比べると年々日本の夏の平均気温は上昇しています。
特に8月は40度近くなることもザラで、空調設備が整っている式場内とはいえ、お立場上披露宴であちこち動き回らねばならないお母様にとっては大変過酷な季節です。ましてや着慣れていない和装ですから、その過酷さは想像以上です。

お母様がその暑さのために体調を崩してしまうのは、新郎新婦にとっても本意ではなく、むしろ責任を感じてしまうことでしょう。ですから夏の結婚式には可能な限り涼しく着こなせる絽の留袖を本当におすすめいたします、お二人の為にも。無理して袷の留袖は今の日本の夏には不向きどころか、無謀と言えます。


ましてや古来より、夏は「絽」となっているのですから伝統を踏襲しましょう。大きな節目ですしね!お母様が元気で過ごしてくれるからこそ、新郎新婦も安心して新しい人生を始めることができるというものですよ。決して無理はされないように・・・・。


バナー2
Wedding Dress abito 公式サイト

バナー1
Wedding Dress abito 前撮り専門サイト

レンタル留袖 最近はこの柄が一番人気

IMG_7471

もうそろそろ8月も終わり・・・・つまりは秋が近づいて来ているんですよね。


秋と言えば一年を通して、一番結婚式が多い季節。結婚式の準備に忙しくされているカップル様も多い

と思います。


お二人(新郎新婦)の準備も大切ですが、ご両親の衣装の準備は滞っていませんか?お父様のモーニン

グ、お母様の留袖の用意も大切な準備のひとつなので、余裕を持って進めましょうね!


そこで本日は当店で最近人気急上昇の留袖をご紹介したいと思います。何かの参考になれば幸いです。

 

個性的な柄だけど「粋」な留袖

まずは画像をご覧下さい。

IMG_7464 

大きな梅柄がポンポンと配置されたシンプルな柄の留袖です。

一般的な留袖は花の他にも細々とした柄が入るものですが、こちらの商品は梅だけがあしらわれていま

す。見た目的にはとってもシンプルで、もしかしたら「ちょっと寂しい」と思われがちですが、逆

です。見た目とは違いどちらかと言えば「派手」なんですね。


留袖の「派手」「地味」は柄や色合いで決まるものではありません。配置やオリジナリティーこそが

それを決めると言っても過言ではありません。細かい柄がないからこそ、大きな梅柄が目立ちますし、

帯にも存在感を感じるはずです。
 

こんなお母様にご支持いただいています

最近の花嫁・花婿のお母様はバブル時代に青春を過ごされた方が多く、以前と違ってとっても

オシャレ。

しかもただオシャレというだけでなく、「自分らしさ」を持ち合わせているので【人とはちょっと違っ

た】
という感性があります。簡単に言えば、「一般的」とか「人並み」というものに全く興味がないと

いうこと。

ご紹介している留袖はそんなお母様にまさにピッタリの商品です。
 

意外と多いのは身長が小さいお母様のご利用

IMG_7463

身長160cmのスタッフがこの留袖を合わせるとこんな感じになります。

帯を結ぶと帯下から柄の上部まで一般の柄より間隔が空くので身長の低いお母様にうってつけの柄と言

えます。一般的な柄だとその間隔が小さくなり、柄ばかりが目だってしまいますからね。150センチ

以下の方でも柄の出方を気にすることなくお召しいただけます。


また矛盾するかと思いますが、高身長の方でもお似合いになる留袖でもあります。

「すっきりと見せたい」「帯などの小物も目立たせたい」というご希望のお母様におすすめして

います。

ちなみに、色違いのこんなものもございます。

IMG_7471

さらに個性的な留袖です。留袖といえば、どこかしらに「赤」が入るものですがこちらには一切入って

おりません。綺麗な緑と縁取る銀糸の色だけを使った商品となっているので、当店NO1の個性派留袖

です。

 

 

 

まとめ

現在、振袖や七五三、卒業袴にも同じことが言えるのですが人気があるのは「レトロモダン」なテイ

ストです。どこかオシャレで、でもどこかアンティークな雰囲気も併せ持つ商品が圧倒的に支持され

ているのが現状です。


今回ご紹介した留袖もレトロモダンな商品です

神社挙式、和婚などの伝統的な結婚式だけでなく、レストランやゲストハウスなどの人気会場でもそ

の存在感は変わることはありません。つまり場所を選ばずにご利用頂ける留袖なので、大変おすすめ

なのです。


一昔前、結婚式においてお母様は控えめにされることが多かったですが、時代は変化しました。もち

ろん主役は花嫁と花婿ですが、そのお二人をさらに彩る存在であるべき時代となったのです。だって

「綺麗なお母さん」「オシャレなお母さん」であって欲しいと思っている訳ですから。

結婚式はお二人だけの為のものであると同時に、ご家族のものでもあります。

息子、娘の晴れの舞台にはお母様も乗り遅れることなく、華やかな装いで一緒に楽しまれてみてはいか

がでしょうか。

 

 

 

 

 

重要なお知らせ

こちらの留袖暖簾拓価格は30,000円(税別)となっています。

ですが、現在「創業感謝祭」を開催しておりますので20%OFFの24,000円(税別)でご予約頂

けます。この創業感謝祭は次の日曜日である9月3日までの開催となり、残りわずか一週間とな

っていますのでお急ぎ下さい。


創業感謝祭では当店の2万円以上のレンタ衣装が全て20%OFFでごよやくいただける他、当店の

人気プラン「和装前撮りプラン」では二着衣装が無料サービスとなり、大変お得になっております。


創業感謝祭に関しては当店の公式ウェブサイトからご確認下さい


一年に一度だけのこの機会をお見逃しなく!!!

 

 

 

留袖も試着で納得してからレンタルすれば安心!安心!

結婚式において、新郎または新婦のお母様がお召しになる和装と言えば留袖です。


留袖には二種類有り、一つは「黒留袖」、そしてもう一つが「色留袖」になりますが、お母様用は黒の留袖となります。ちなみにこの黒留袖は関東近県においては『江戸褄(えどづま)』と呼ばれることも有ります。


さてこの黒留袖は既婚女性にとって、最高礼装(第一礼装)となり、一番格式が高い和装となります。




以前は嫁入り道具として、結婚前に両親があつらえ、嫁ぐときに持たせたものですが現在では殆どといっていいほど、この習慣はなくなりつつあります。ですから留袖を用意する場合、その殆どがレンタルとなっています。
 

留袖どこでレンタルするの?

留袖を着る機会って、ほぼほぼ結婚式だけです。だからこレンタルという形で準備するのですが、人それぞれでレンタルする場所が変わってきます。さてさてどんな所があるのでしょう?

結婚式場

今や結婚式場は直営のレンタル衣裳をされていることが殆ど。

ま、便利ですよね。新郎新婦の衣装と一緒に見学できますし、支払いもまとめることが出来ますからね。

しかしよくお客様からお聞きすることが二つほど有ります。

① レンタルの最低料金が30,000円~と値段設定が高め
② 品数が少なく、試着できずに写真で選ばされる


ん~、メリットもあればデメリットも有りますね。
 

ネットレンタル

もうね~、貸衣裳店の競合はエリア内だけではありません。

前述の式場直営のお店もそうですし、ネットレンタルも手ごわいライバルです。

でもAmazonや楽天などはもはやインフラと言っても過言でないくらい浸透していますし、いつでもどこでも商品を検索できますし、何よりお安いですからね。



ネットレンタルもおなじです。とにかく安っ!10,000円以下なんてザラにあります。

しかし、よーく衣装の情報を見てみると素材は「ポリエステル」。正絹(シルク)ではないんですよね。まぁ見た目的には正絹との違いって殆どわからないものですが、着心地は全く変わってきます。もちろん正絹の方が柔らかくて着心地は上です。


またネットに掲載されている画像だけで判断しなくてはならないので、それなりのリスクもあります。届いてから実際に目で見ると、ネットで見たのと違って見えることも有りますしね。
 

ちゃんと試着できる実店舗がおすすめです


確実で安心なのは試着できることでは!?

お子様の結婚式でお召しになる留袖です。

「なんでもいい!」という訳にはいきませんよね?お子様にとっての晴れ舞台は、ご両親にとっても同じこと。

「最高の留袖」「出来るだけ良いもの」をおすすめしているわけではなく、「納得」と「安心」でのレンタルをおすすめしているんです。やはりその為に欠かせないのは「確認」だと思います。


まずご本人のその目で確認し、試着して納得した留袖ならば安心です。

ちなみに留袖選びで「ここだけはチェックすべきところ」は以下のとおりです

・お体のサイズに合っているか?(身長はもちろん、袖の長さ、柄の出方)
・留袖の柄はお召しになる季節に合っているか?(ものによって季節感が強く出ている柄も有ります)
・レンタル代に含まれているものは何か?(自分で用意するものもしっかり確認しましょう)

 

最後に・・・


最後にこれだけはお伝えしておきます。

結婚式はご両親にとりましてもおめでたいことですし、嬉しいことです。

もちろん主役は新郎新婦のお二人ですが、ご両親やご親族だって主要なキャストです。人生のうちに「お母様」として、結婚式に臨まれることはほんの数回だけ、一回だけってことも珍しくはありません。


そんな大切な日にお召しになる留袖は、しっかりと試着して、納得して選びたいものです。それが結婚式当日の「安心」となり、自分のことを気にせずにおめでたい一日を過ごせることに繋がります。

留袖は安ければ良いわけでも、高いから良いわけでもありません。

何よりお母様として、ゲストの方々に感謝の気持ちを表すと共に新しい家族を迎え入れる為の大切な正装となる訳ですから、価格はともかく、目で見て手で触れてお選びすることを強くおすすめいたします。

 

 

 

お父様の衣裳であるモーニングもタイトなパンツでかっこよく!

IMG_2167

結婚式において、新郎新婦のお父様がお召しになる衣裳と言えばこちらですね。

IMG_2167

そう、モーニングです。


モーニングは午前中から正午にかけての正礼装ですが、日本においては午後でも夕方でも夜でも結婚式においては殆どがモーニングとなります。西欧の方から見たら不思議に見えているのかもしれませんが、これも日本独特の文化ですから大目に見て欲しいものですね。


さて現在、デニムはもちろん、チノパンやスーツのパンツもかなり細めのシルエットになっていますね。スタイルも良く見えますし、足も長く見えます。タイトなボトムスに慣れている方は、ルーズなものを着ると違和感を感じますよね。


これまで、モーニングのパンツはどちらかといえば「太め」なのでタイトなパンツに慣れているお父様は何となく「嫌だな~」と思われていたのかもしれません。せっかくの結婚式、お父様も納得のスタイルで臨みたいのではないでしょうか。


そこで当店abitoではタイトなシルエットのモーニングを取り入れることに致しました(まだ未入荷です)。ついでにベストもオフホワイトを取りいれ、宇都宮、栃木県のお父様がスタイリッシュなシルエットで結婚式に臨んで頂きたいと思います。サイズは限定されてしまいますが、「かっこいいお父さん」でお子様のハレノヒを迎えて頂きたいと思います。


最近の新郎新婦のお父様世代はオシャレな方が多いですからね~。


入荷は5月中の予定ですので、6月以降に結婚式を控えているお客様は余裕で間に合います。お母様の留袖とセットでお得なプランもご用意していますので、是非ご相談、ご来店下さい。

留袖・モーニングのレンタル

■留袖レンタル■

%ef%bd%8a%ef%bd%8a%ef%bd%8a%ef%bd%8a%ef%bd%8a

%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8a

%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88
留袖には結婚式場への持ち込み料は発生いたしませんので、どうぞご安心ください。


【オプション】
着物の一番下に身に付ける「肌襦袢」「裾よけ」「足袋」は販売、またはレンタルでご用意いたします
hhh
※ お持ちの物をご使用される方も少なくありませんので、一度ご確認をおすすめいたします。




■モーニングレンタル■

%ef%bd%84%ef%bd%84%ef%bd%84%ef%bd%84
%ef%bd%84%ef%bd%8a%ef%bd%84%ef%bd%8a%ef%bd%84%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88

モーニングには結婚式場への持ち込み料は発生いたしませんのでご安心ください

【オプション】
モーニング用ウィングカラーシャツ(立ち衿)はオプションとなりますので、ご入用の際は気軽にお申し付けください。
img_6864
レンタル価格   2,000円(税別)

※ お手持ちのレギュラーカラーシャツをご利用されても全く問題ございません
 



~ご利用の流れ~
留袖・モーニング共に試着からご成約までおよそ30分程度です。


%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88

留袖・モーニングのレンタルに関するご相談、ご質問等のお問い合わせもお気軽に!

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話の場合は028-655-0975まで