卒業袴に合わせる着物は何?

192

来月3月は卒業式シーズン。


専門学校・短期大学・4年制大学・大学院を卒業される女性の多くが卒業袴を着用されます。
 036

卒業袴に合わせる着物は定番としては「二尺袖」。別名「小振袖」とも呼ばれる着物ですが、必ずしもこれでなくてはならない訳ではありません。


例えば振袖もOK。
077

成人式に振袖をレンタルではなく、購入される方も少なくありません。しかし振袖を着る機会って現代ではそうありませんから、卒業式で着用するのもおすすめです。「成人式と同じ着物はちょっと・・・」と思われる方もいらっしゃいますが、袴と合わせるとまた違った雰囲気になりますので決して同じ感じにはなりませんので安心してください。


実際当店にもご自分の振袖に合う袴だけのレンタルをされる方も意外と多いんです。


この他に「訪問着」「付下げ」「色無地」などの着物でもOKなんです。これらの着物で合わせると、グッと落ち着いた雰囲気になりますので学生さんというよりは「送る側」の先生方におすすめですね。また番外編として、「黒喪服」で合わせられた方もいらっしゃいます。この方は学校の校長先生だったのですが、黒喪服は「縁起悪っ!」と思われるかもしれません。

しかし五つ紋の黒喪服は着物の格式からすれば「正礼装」となり、全身黒にするわけではないので問題はありません。※同じ格式の黒留袖も袴を合わせてしまえば上半身の黒しか見えませんしね。


つまり卒業式の袴に合わせることのできる着物は多岐にわたり、とても自由度があるんです。


さすがに袴をお持ちの方は殆んどいらっしゃいませんが、振袖や訪問着など着物をお持ちの方は意外と多いはず。自分は知らなくてもお母様やおばあ様に聞いてみたら「こんなかわいい着物あった!」なんてもこともあるかもしれません。着物をレンタルする前に、ご家族やご親戚に一度聞いてみるのもいいかもしれませんね。

もし有って気にいる着物だったらレンタル費用の節約になりますし、受け継がれてきたものなら学生生活の最後を飾るのに最高の着物ではないでしょうか?ただ一点だけ注意点を挙げるとすれば、あなたのサイズにあっているかどうかだけは確認するべきでしょう。

絶品!野菜炒め

今日は私ホリがブログを担当致します。


さて、ワタクシは幼少の頃はホント野菜が嫌いで、給食のカレーもルーだけをスプーンで巧みにすくって食べてたものです。もちろん今は野菜嫌いは治り、逆に大好きなくらいです。


しかし「野菜炒め」はほぼ口にすることない人生を過ごしてきました。


「野菜っておかずにならない」
「同じ金額だすなら揚げ物や肉の方がお得な気がする」

ま、こんな理由ですかね。



でも最近お昼を食べたお店で、隣のお客さんが野菜炒め定食を食べていました。いつもなら全くと言っていいほど気にならないんですが、何故かその日は妙に気になってしまい、次は絶対頼んでみようと心に誓いました。そして数日後、初志貫徹で意気揚々と「野菜炒め定食で♡」と注文。

そして遂に憧れの野菜炒めと対面した訳ですが、一口食べた瞬間に「美味い!美味すぎる!」と思いました。間違いなくこれまで食べた野菜炒めの中で最高に美味しかったんですね。

野菜炒めってこんなにも白いご飯と合うなんて・・・・
おかずにならないどころか、ご飯が進む進む・・・・
これまでの人生返して♡

そんなことを思いながら一気に完食。


野菜は低カロリーで繊維たっぷりで身体にも野菜しいですよね。これをキッカケに私の中では野菜炒めは好きな食べ物の中でも結構な上位に入りこんできました。


ちなみにこのお店は氏家にある登竜さんというお店。※食べログにも掲載されています⇒こちら 

多分これから先ずっとこの店では野菜炒めしか食べないかもしれません。


世の中にはたくさんの料理人がおり、世界的に有名な方、テレビでも活躍している方、三ツ星レストランのシェフなど言わば「最高の技術と評価」を得ている方々もいます。しかしそんな方々が作った野菜炒めも登竜さんの物には敵いません・・・少なくとも私の中では。


そこで思ったのは「abitoも誰かのNO1でありたい」という欲求です。

当店abitoよりも大きなお店はたくさんありますし、有名なお店もいっぱいあります。言わばこの業界の三ツ星レストランのようなお店があり、ドレスの品揃えや店舗の大きさやデザインではとてもとても敵いません。しかし登竜さんの野菜炒めのように、当店でしか出せない味が必ずあると思いますし、もう既に手にしていると確信しています。


チェーン店や有名店の野菜炒めはどなたが食べても「美味しい」と感じるでしょうし、実際に美味しいと思います。しかし満足するかもしれませんが大満足には至らないことも少なくないのでは!? でもやはり商売をするからにはお客様全てに「大満足」をして欲しいのは経営者なら誰もが思うこと。元々そこまで野菜炒めが好きではなかったワタクシが虜になってしまう商売を目指すべきだと感じました。

万人に好かれるより、百人に愛される商売こそカッコイイ・・・自分的にはですけどね。


実は今日も登竜さんで野菜炒めをお昼に頂いたのですが、やっぱり最高の美味しさで今夜も食べたいくらい。もはや「登竜教」の信者のようですが、この味を生み出した方へのリスペクトが止まりません。こんな経験は人生初!

次は嫁さんや子供たちと一緒に行きます。自分と同じ思いを家族に感じて欲しいと思っています。

2月の和装前撮りのロケーション撮影は実際どんな感じなのか?

2月4日に立春を迎えたとは言え、まだまだ寒い日が続きます。


そんな2月の今日も栃木市の岡田記念館において和装前撮りのロケーション撮影を行なってきました。

IMG_7847

今日は晴れたとは言え、最高気温6℃・・・・何もなければ、出来るだけ外には行かずに暖かい部屋で過ごしたい陽気ですよね。そんな中での撮影は実際はどんな感じで、お二人はどんな感想を持ったのか?気になりますね。

 

マジ寒いです♡

何たって2月ですからね。「寒さを感じることなく撮影できました!」なんて言えるはずもありません。嘘はNG!


もちろん寒さに対しての対策はいろいろと施しています。

まず岡田記念館さんでは一室を控え室にして頂き、そこは万全の暖かさのお部屋としていただいています。大変ありがたいことです。その他、新郎新婦さまには和装の下にはヒートテックをご着用いただいていますし、足袋の中には五本指ソックス。庭園での撮影時には首周りを寒さから守るためにブランケットを用意したり、暖房施設のない部屋では延長コードを2つも繋いで、シートヒーターを用意したりしています。


でもですね、本日は寒さ対策よりももっと大切なことがありました。

本日の花嫁様はただ今妊娠中ですので、何をおいても花嫁様のご体調が大切です。もちろんそう言うお体なので寒さも大敵ですが、転倒なんてもっと大敵です。これまで何人もの妊娠中の花嫁様をサポートしてきましたが、毎回ハラハラドキドキしながらも出来る限り花嫁様に寄り添ってお手伝いしております。


2月のロケーション撮影は「寒い!」というある意味デメリットは否定できませんが、もちろんメリットもあります。それは天候です。

ご存知の通り、冬は雨が少なく、雲が少ない青空が広がる日が続きます。まれに雪も降りますが、殆んど天候を気にすることなく撮影できます。また湿度が少なく、写真もシャープな写りになるのもメリットの一つ。そして「寒さ」というデメリットを180度覆す特典が当店にはあります。


打掛2着目無料♡ 詳しくは当店のウェブサイトでご確認下さい

追加料金なしで色打掛だけでなく、白無垢姿の思いでも作ることができます。寒さを我慢してくださるお客様へのささやかなプレゼントみたいなものです。でもこれが大好評で、「白無垢も着たかったのでとっても嬉しいです!」と嬉しいお言葉をたくさんの花嫁様からいただいております。



和装前撮りのロケーション撮影はイメージ的には春や初夏、そして秋のような過ごしやすいシーズンにするものと思われている方が多いと思います。しかし今日のような真冬はもちろん、8月の真夏にされるカップル様も意外に多いんです。春や秋は過ごしやすい季節ではありますが、雨が降りやすく、風も強い季節でもあります。


つまりどんな季節にもメリット・デメリットがあり、「この季節がベスト」という物がありません。お二人のご都合や結婚式のスケージュールに合わせて、またテーマに合わせて撮影の日程を決めることができる、いわばオールシーズンOKなのです。当店としましてはどんな季節であろうと、お客様に楽しく、できる限り負担を感じることのない撮影を心がけ、徹底的にサポート致します。


ですからどんな季節でも安心してお任せ下さい。


最後に。

本日のお二人からは「体調が不安でしたが、スタッフさんのおかげで安心して撮影することができました」と嬉しいお言葉をいただきました。寒かったにもかかわらず頑張ってくださったお二人には大変感謝し、またお二人からは寒さに対してのネガティブなご意見が無かったので胸をなでおろしています。

代金以上の物をいただきました

1月にabitoのスタジオで和装前撮りをされたお二人が、仕上がったアルバムを受け取りにご来店されました。


打ち合わせ・撮影・そして今日のご来店と変わらぬ丁寧なお二人の振る舞いに、「自分もこう言うお客でありたい」と思いました。店側のスタッフだって人間です。気持ち良いお客様に出会えると、こちらまで清々しい気持ちになりますからね。


早速アルバムをお二人に確認して頂くと、「うわぁ~嬉しい」「やっぱり前撮りして良かった」「色打掛と白無垢の両方来て良かった」「本当にありがとうございました」と立て続けに聞いて嬉しいお言葉を連発してくれました。ホントありがたいことです。



どちらかと言えば当店は前撮りにおいては「ロケーション撮影」に特化しており、おすすめしており、強い自信を持っています。だからと言ってスタジオ撮影に自信がないわけではありませんが、今回のお言葉を聞き、もっとスタジオ撮影も推し進めて行くことに自信が付きました。


スタジオ撮影にはスタジオ撮影のメリットがあり、決してロケーションと比較できるものではありません。同じ「和装前撮り」とはいえ、進行や撮影方法などはかなりの違いがありますし、優劣を付けることはできませんしね。ロケーション撮影しか目に入らない方もいれば、スタジオ撮影こそベストであると考える方もいらっしゃいます。つまりは人それぞれなんですね。

無題


大満足♡


誰かの願いを叶え、そして喜んでもらうというのは自分(会社)の存在価値を認められたようで「この世に生まれて良かった」と感じますし、この仕事をしているからこそ味わえる醍醐味であると実感します。

誰かの役に立つ・・・
誰かの喜びを作り出す・・・
誰かの願いに寄り添う・・・

職業を問わず、どんな仕事においても究極の目標ってこう言うことです。


そしてこう言った経験、体験が更なる推進力を生み出し、「次も必ず」って思うんですね。代金だけでなく、気持ちもいただける有難さを感じた一日でした。お二人以上の感謝を込めてお二人に「ありがとうございました」とお礼を述べましたが、伝わったかな?


これでまた明日からもこれまで以上に頑張れます。

父と娘の距離をあの頃のように近づけるお手伝い

私には現在15歳の娘がおりますが、必要以上の会話をしなくなって早4年。


中学進学と共に父と娘の距離は離れていくばかりですが、娘が生まれた時には想像もしていませんでした。もちろん世間ではこういうことが多々あるとは聞いていましたが、「自分はそうならない」という変な自信がありましたが見事に打ち砕かれました。


まぁ思春期ど真ん中であり、一種の防衛反応であるとも聞きますし、しょうがないことなんだと自分に言い聞かせている毎日です。



娘の心のうちは分かりませんが、自分としては生まれてからずっと娘を愛してしますし、かけがえのない存在です。高校生になり、成人し、結婚し、いずれは母になるのかな?将来は分かりませんが、さてどのタイミングで私との距離が再度縮まるのでしょうか。


「高校生になれば変わるよ~」という人もいれば、「結婚を機に変わったね」という人、「母親になるまで我慢だね」という人もいます。つまり家庭によってそれぞれであるということになりますが、必ずしもそうなるまでに父親が元気だとは限りません。自然に任せるという選択肢もありますが、別の手段として「キッカケを作る」という選択肢もあるはずです。


ここ数年、私の会社であるWedding Dress abitoはレンタル衣裳(貸衣装)の専門店と並行して写真撮影事業にも取り組み、現在では和装前撮りを中心に成人式や七五三の撮影なども手がけ、毎年多くのお客様にご利用頂いています。元々はスタジオ撮影だけでしたが、今ではロケーション撮影がメインです。




そのロケーション撮影の写真を見ているうちにあるテーマが思い浮かびました。まずは写真をご覧いただきましょう。
027oo

父と娘が腕を組んだり、手を繋いだりのツーショット写真♡

どちらも元々仲の良い父娘ではありますが、それでも日常において腕を組んだんだり手を握ったりはしないはずです。娘さんはもちろん、どちらかといえばお父様の方が照れて恥ずかしいはずです。多分こんなことをするのは娘さんがまだ十歳にもなっていない頃以来ではないでしょうか?


でも十数年ぶりとは言え、そこは親子です。久しぶりに触れ合うことで距離が更に近づき、関係性にも変化が生まれることは間違いないと思っています。でもこういったポーズを恥ずかしく思いながらもできてしまうのは、「成人」や「結婚」などの特別な時だからこそ。更にいえば、スタジオ撮影ではこういった流れになることは殆どなく、開放感があるロケーション撮影だからこそなのです。断言できます!


この二つの写真。

それぞれのお父様にとってはかけがえのない、それこそプライスレスな写真になることは間違いありません。でも娘さん達にとってはそれ以上に価値のある写真になるはずです。でもそれは今ではなく、不吉なことを言うようですが父親を亡くした後だと思います。


「あの時に二人だけの写真を撮っておいて良かった」

そう思うことは容易に想像できます。だってもう二度と撮ることのできない写真ですからね。



まずは娘さん達に申し上げます。

お父様は貴女のことを心から愛し、いつも見守ってくれています。もちろん見返りなんか求めてはいません。

娘がいくつになろうと父親にとってはかわいい娘であり、いつまでも近くで感じていたいのです。例え思春期で距離がほんのちょっと遠ざかったとは言え、口には出せませんがあの頃のように戻りたいと思っているものです。しかし父親とは言え、男です。そんなこと照れくさくて言えない方が殆んどですから、娘の方から近寄って頂けませんか?成人式や結婚式をぜひキッカケにしてみてください。


次に世のお父様に申し上げます。

貴方の心の内は十分理解しております。何たって私もそのど真ん中の状況下に置かれている身ですからね。

男には心には思っていても口に出せない(出したくない)ことって腐るほどありますが、いつまでもそのままでいるとあっという間にあの世からのお迎えが来ちゃいます。娘さんだって女性です。若かりし頃、女性を口説く時って自分の気持ちを言葉にして伝えましたよね?同じように娘さんに気持ちを伝えることって大切なんじゃないでしょうか?もちろん時期やタイミングを見計らってしなければなりませんが、成人式や結婚式ってその絶好の機会だと思うんです。

待っているだけでは何も始まりませんよ!・・・と自分にも言い聞かせています。


一番良いのはお互い口に出せなくても大きな節目に父娘でのツーショット写真を撮ることなんじゃないかな?

たったそれだけで距離が近づき、あの頃ような関係性に戻れるかもしれません。


ということで、私が思い浮かべたテーマとは「大切な節目の記念撮影で父娘の距離を近づけていきたい」です。実際にその状況に置かれているからこそ思いついたわけなので、そこに込める想いはハンパなしです。私だって娘とベタベタしたツーショット写真が欲しいですからね。


そんなわけで、世のお父様方には娘さんの節目の撮影には積極的に参加して欲しいと思っています。「面倒」とか「仕事だから」とか言い訳は一切ナシですよ。この時にしか撮れない写真ですし、距離を縮める絶好の機会ですし、あなただけの大切な大切な宝物をゲットできるってことをぜひご理解下さい。もちろん私も積極的に・・・というか無理矢理にでも参加すると宣言します。

お互い頑張りましょう。そして娘さん方・・・・そんなオヤジの気持ちを汲んで上げてくださいね、大きな心で♡
 

たった一つの和装アイテムで振袖姿がワンランクアップ!

IMG_7838

成人式の振袖の準備進んでいますか?


今年の成人式では全国を駆け巡る事件があったので疑心暗鬼になられている方も多いのではないでしょうか?当店にご来店される方からもそんなお話しをいただいております。高校卒業してすぐにDMやら電話営業やらが増え、「怖い」と思う方も少なくない様です。あんな事件があった今年はこれまで当然と思われてきた振袖の営業手法も消費者の方には返って逆効果になるかもしれませんね。


当店はDMや営業電話、訪問営業はこれまで一切行なっておらず、ウェブサイト一本です。つまりはお客様にお問い合わせやご来店をいただいて初めて振袖のお話しをさせて頂いております。ご安心下さい。

さて本題です。
どなたにとっても二十歳の振袖姿は可能な限り素敵にしたいもの。

そのために一生懸命に店舗を回り、振袖を探します。そしてお決めになった振袖にピッタリの帯や帯締め、帯上げ、伊達衿などをチョイスしてご自分のお好みのコーディネートをされます。



でももう一つだけあのアイテムを追加するだけで、コーディネートがさらにワンランクアップすることができるんですよ!

例えばこんな振袖コーディネートがあります。
IMG_7837

和風館のストライプの振袖にトリコロールボーダーの帯、黄色の帯締めに伊達衿。帯揚げにはグリーンとブラックのツートンカラーをコーディネート。

これだけでもとっても素敵ですよね。


これにアイテムを一つ追加するとこうなります。
IMG_7836

違いがお分かりでしょうか?

分かりやすいように画像を並べるとこうなります。
IMG_7837 IMG_7836

右の画像の方が華やかですよね。

IMG_7836

このライトグリーンのアイテムは「抱え帯」と言います。


元々は着物の裾を上げるためのものでしたが、現在では花嫁和装用のアイテムとして利用されているものです。


当店Wedding Dress abitoは振袖レンタル専門ではなく、婚礼衣裳(ドレスや打掛)、その他様々なレンタル衣裳を取り扱う店舗ですので婚礼用のアイテムもたくさん取り揃えています。この「抱え帯」にも様々な種類があり、振袖に合わせてコーディネートできるのも当店が総合貸衣装店だからこそ。

IMG_7839

抱え帯にもライトグリーンの他にイエローや鮮やかなブルー、赤や白などがあります。

IMG_7841

市松模様や華やかな和柄

IMG_7842

このような柄までご用意しています。


この抱え帯を振袖姿に活用するのはちょっとした流行でもあります。当店に送られてくる振袖メーカーのモデル写真でもよく目にする位です。
抱え帯を使用するとより振袖姿が華やかになることはご理解頂けたと思いますが、違う活用法方もあります。高身長の方はレンタル振袖の場合、おはしょり(帯下に現れる着物をたくし上げた部分)が少なくなる場合があり、そのままだとサイズの不一致がバレバレいなってしまう恐れがあります。そんな時に抱え帯を締めると誤魔化すことができ、同時に華やかになるので一石二鳥ですね。


もしご自分の振袖コーディネートに「ちょっと何か足りない気がする・・・」と感じている方はこの抱え帯の使用をお考えになられてはいかがでしょうか?


華やかになり、お友達にも差をつけることができます。きっと更に美しい振袖姿で成人式をお迎えできるはずです!


Wedding Dress abitoでは2月に第二回の振袖レンタル展示会を開催いたします(2月10日~18日)

素敵な振袖をたくさんご用意しておりますので、どうぞお気軽にお越し下さい。ご成約になっても「全額お支払い下さい」なんて一切ございませんのでご安心下さい。詳しくは当店の振袖ページからご確認下さい


【お断り】
当店では抱え帯だけのレンタルは一切しておりませんのでご了承下さい。当店の抱え帯は当店で振袖をレンタルくださる方だけにご利用頂いております。

和装ロケーションで得たノウハウを同業に伝えていきたいと考えています

結婚式では着ない婚礼和装で写真だけの思い出を作るのが和装前撮り。

そして和装前撮りの中でも人気を得ているスタイルが日本庭園や歴史的建築物などで撮影するロケーション撮影です。このロケーション撮影を当店ではおよそ7年前から取り組んでおり、これまで多くのカップル様の撮影をしてきました。


この7年間で得た知識やノウハウを「ロケーション撮影を始めてみたい」という同業の方にお伝えすることもしていきたいと考えています。積み重ねた経験から得たものは当店にとって大切な財産ではありますが、余すことなく伝えていくことも大切なのではないかと思い始めました。


「企画」という物には大切な三カ条があります。

「話題性」「将来性」「お金になるのか?」という3つです。

今でもロケーション撮影は全国で多くの業者さんが行なっていますが、まだまだ足りないと感じています。でも今後更に多くの方がロケーション撮影に進出すれば、一過性の人気プランではなく定番となります。そうなると「話題性」としても十分ですし、「将来性」も見込めます。またお金の面では、多くの業者が参入することにより競争が加速化し、お客様から信頼を得ることが出来ない業者は自然淘汰されます。そのことにより適正価格が世間に知れ渡ります。


これまでのノウハウを教えるということはつまりは当店のためでもあり、お客様のためでもある訳です。


ロケーション撮影はスタジオや店舗の敷地内での撮影に比べて遥かに手間がかかる仕事です。

時間・労力・手順・多方面への配慮など店舗内でのそれと比べても比較にならないほどです。しかしそれ以上にお客様と濃密な時間を過ごすことができ、それは信頼関係へと繋がります。「将来性」ではありませんが、これまでと違ったお客様との関係を築きたいならばロケーション撮影に進出するべきだと考えます。


教えたいことはたくさんあります。

■ロケ地の選定法
■プランの作り方
■ウェブサイトの作り方
■お客様へのアプローチ

この他にもたくさんあります。ま、何でも教えちゃいますけどね。


当店としては「ロケ撮影の先駆者」とは思っていませんし、「教える立場になりたい」ワケでもありません。ただ単純に他県エリアでロケーション撮影を企画してみたいだけなんです。

「どんな素敵なロケ地があるんだろう?」とか考えるとワクワクしますし、同業のお店にもいってみたいですし、スタッフさんともいろんなお話しをしてみたいです。そしてこれらのことは必ず当店へ大きな価値を還元してくれるはずで、その期待はとっても大きいです。


これまで教えたという経験はありませんし、果たして当店の持っているノウハウがどれだけ価値があるのかも定かではありません。コンサルタントになりたいわけでもなければ、偉ぶりたいわけでもありません。


新しいことがしたい、ワクワクしたい、いろんな方と繋がりたい、何より和装ロケをもっともっと全国に広めてカップルの選択の幅を広げていきたいだけです。オファーなんてありそうもないですが、もしあれば精一杯新しいチャレンジとして頑張りたいですね。

 

和装の思い出を「家族だけの神社挙式」で作るという新しい選択肢

m087

結婚式では着用しない色打掛や白無垢などの婚礼和装で写真を残す和装前撮り。


すでに定番化しつつあるサービス(プラン)であり、当店でも毎年多くのカップル様に「和装ロケーションフォト」をご利用頂いております。
027

なぜ和装前踊りをするのか?

理由は様々ありますが、大きくまとめると「婚礼和装の思い出づくり」であったり、「せっかくだから打掛姿の写真も残しておきたい」ということで間違いないと思います。


創業より30年以上に渡り、色打掛や白無垢のレンタルに携ってきた当店としてはこの和装人気が大変嬉しく思っています。しかし同時に一時の流行で終わって欲しくないとも考えています。


結婚の思い出としての和装姿

思い出を残すなら写真撮影だけでなく、「神社挙式」という選択肢もあるのではないでしょうか?
101

結婚式場でのチャペル挙式・披露宴ではご両親をはじめ、ご家族との時間は意外と少なく、お友達との時間がメインとなりがちです。しかし一番にお二人の結婚を祝福し、喜んでいるのはご家族で間違いありません。それならご家族だけで過ごす、ご家族がメインの結婚式と和装の思い出作りを同時に行なえば素敵なんじゃないかと考えました。

「チャペル挙式を控えているのに神社でも結婚式なんて・・・」と思われるでしょうが、結婚の素敵な思い出は多ければ多いほど人生の宝となります。結婚式をチャペルと神社の2回するのは一般的ではありませんが、むしろ画期的だと思いませんか?

「結婚式2回もしちゃった♡」

自慢できますね!


また神社挙式は堅苦しいとか思われがちですが、そんなことはありません。確かに厳粛な雰囲気はありますが、あれこれ従わなければならないルールは殆んどありません。しかも当店がおすすめする神社は日光でもなく、大きな神社でもなく、小さな神社です。ある程度お二人の希望に沿った挙式を行なうことが出来ます。またご家族だけの挙式をおすすめしていますのでアットホームな雰囲気になること間違いナシ!

あ、ちなみにこの新たなるプラン名は「家族神社婚」です。

衣裳はもちろん、着付けやヘアメイク、写真撮影も含んだ内容で、現在当店で人気の和装ロケーションプラン(16万円)とほぼ変わらぬ費用で行なえるようにしています。なのに神社挙式とロケーション撮影が同時にできるというお得なプランです。


せっかく和装の思い出を作るなら、写真撮影だけではなく神社挙式もしちゃえば思い出がより多くなります。

現在では「チャペル挙式にするか、または神社挙式にするか」という二者択一という風潮になっていますが、「どっちも♡」という新しい考えを提唱し、お客様におすすめしていきたいと考えています。


既成概念打破!

この業界に長く続いてきた考え方を否定し、新しい価値観を発信していく第一弾として「家族神社婚」を広めていきます。

成人式の前撮りもロケーション撮影がおすすめなんです

017

今年の成人式が終わって3週間が経過し、ここ最近は来年のお客様で賑わっています。


もはや成人式の振袖撮影といえば前撮りするのが定番化しています。

やっぱり成人式当日の撮影となると、時間も限られてしまうのでじっくり撮影というわけにはいきません。一生に一度のことですから、ゆっくりと納得できる撮影をするなら前撮りがおすすめです。


その振袖の前撮りには大きく分けて二つのタイプにわかれます。

一つはスタジオ撮影
043

屋内で撮影するので季節や気温、そして天候などに左右されずにご自分の都合に合わせて行なえます。


そしてもう一つが当店が絶対的におすすめするロケーション撮影です。
002

こちらのお客様は成人式はお母様の振袖でご出席ということで、前撮りは自分が着たかったレトロモダン振袖で撮影でした。最近ではご家族がお持ちの振袖をご利用になる方も多く、前撮りは「違う振袖で」というリクエストが増えています。


さて、当店がロケーション撮影を絶対的におすすめするのには理由があります。

まず第一に結婚式前撮りとしてのロケーション撮影を数多くしてきたので、その魅力や素晴らしさを実感しています。第二に閉ざされた空間になりがちなスタジオでの撮影より、開放感溢れる野外での撮影の方が間違いなく自然な表情の写真を残せます。
030

第三にご家族とこの時だけの家族写真を残していただきたいからです。
005

二十歳にもなると家族で写真を撮る機会は殆んどありません。成人といった節目に家族一緒の写真を残すことはご自分だけでなく、ご両親にとっても大切な宝物を作ることでもあります。

027

思春期ころから父と娘の距離は離れることが多く、近づけるキッカケってなかなか見つかりません。でも成人式の前撮りがそのキッカケになればと考えています。この写真は娘さんのためというよりは、お父様のための写真なのかもしれません。
 

 

ペットも大切な家族の一員ですよね。ワンちゃんやネコちゃんと一緒に記念撮影もおすすめです。

ロケーション撮影はスタジオ撮影と違い、季節や気候に左右されます。雨が降れば延期となりますし、寒い冬や暑い夏はとっても大変です。しかしそれ以上に季節を感じながらの撮影ができるという大きな魅力があります。

春なら桜満開の元で・・・
秋なら美しく色付いた木々に囲まれながら・・・
 048044

当店が振袖の前撮りでロケーション撮影をおすすめするワケをご理解頂けましたでしょうか?

正直、スタジオ撮影と比べると費用は高くなりますし、天候に左右されるなどネガティブな要因もあります。しかしそれをクリアすることで間違いなく人生においてのかけがえのない時間と思い出と写真が残すことが出来ます。

どなたにとっても一生に一度の成人式。

どちらを選ぶかはお客様次第ですが、思い出は深く、大きいほうが人生が豊かになることでしょう。ぜひご検討下さい。

白無垢でチャペル挙式はアリかナシか?

現在のウェディングシーンにおいて、挙式スタイルはチャペル挙式(キリスト教)、神前挙式(神道)、人前挙式(無宗教)の3つに分類されています。


やはりその中でも圧倒的に人気なのがチャペル挙式。

やはりウェディングドレスへの憧れ、そしてドレスを着てのヴァージンロードを歩く自分の姿を夢見る花嫁は多いんですね。しかし最近では神前挙式も年々増えててきています。ちょっと前まではドレス一辺倒だった結婚式場やレンタルショップのウェブサイトでも積極的に和装を取りいれられていることからみると、白無垢や色打掛などの婚礼和装の人気が神前挙式の増加を押し上げていると思われます。


日本人は明治の時代から異文化の組合せがめっぽう得意な民族です。

人気のチャペル挙式、そして人気上昇中の婚礼和装を組み合わせることを考えるのも当然なのかもしれません。

チャペル挙式で花嫁が身に付ける衣裳としては「ウェディングドレス」が一般的です。
_DSC0035

しかし必ずしもウェディングドレスではなくてはならないわけではありません。つまりドレスコードってないんです。

実際、私が結婚式を模索しているときにある教会(チャペルではなくチャーチでしたが)に行き神父様とお話ししたところ、「普段着でも大丈夫なんですよ」と仰っていました。もちろん最低限のマナーは守らなくてはなりません。何と言っても神様の前ですからね、極端な肌の露出などは避けるのが賢明だと思います。


「何でも良い」とはいえ、結婚式にはご両親やご親族、そしてご友人などに参列してもらうことになりますのでその方々が眉をひそめるような服装はNGだと思います。


話しを元に戻しますが、つまりチャペル挙式で婚礼和装は全然ありなんです。

私の友人もそのスタイルで結婚式を挙げました。直前まで知らされていなかったので、二人が入場した時にビックリしましたがとっても素敵でした。日本にあるチャペルで日本人が結婚式を挙げる訳ですから日本の民族衣装である和装がだめな訳がありません。

但し、日本にあるチャペルの殆んどは宗教的な意味合いで存在するのではなく、結婚式場の商業施設として存在しています。つまり結婚式場の運営ルールに従わなければならない場合もありますのでご注意を。


さてウェディングドレスと白無垢の共通点てわかりますか?

princess anne 002 ブライダルフォトお客様 009

どちらとも「白」であるということと、裾が引きずる位に長いということです。ドレスでは「ロングトレーン」、白無垢では「お引きずり」と表現しますが、花嫁が引きずりながら歩く様が何とも美しいんですね。洋と和の違いはありますが花嫁の美しさは万国共通なんです。


そう言えば皇太子殿下のご息女である黒田清子さんもドレスで神前挙式を挙げられました。

全くの逆パターンですが、このことからも挙式スタイルよって婚礼衣裳が限定されることはないと考えることが出来ます。なんたって「天皇家」の方が実際にされている訳ですから、それだけで太鼓判を押されたようなものですから安心ですね。


チャペル挙式ではウェディングドレス、神前挙式では白無垢という認識が一般的です。しかし平成30年の現在は様々なことで多様化が進み、個性を表現することが許される時代でもあります。「良いとこ取り」する個性があってもいいですし、「和と洋の融合」を積極的に取り入れる個性があってもいいはずです。前述しましたが、日本人は文明開化と共に「良いとこ取り」「和と洋の融合」を得意とし、発展して来た民族です。

つまりそんなDNAが我々にはあるのですから「人と違うのはちょっと・・・」と消極的にならずに結婚式でも堂々と個性を表現していきましょう!