栃木県でも「花嫁行列」と「花嫁舟」できます!

昨晩、テレビをつけたら偶然に有吉さんとマツコさんがMCを務める番組でした。

普段なら即チャンネルを変えるところですが、番組の特集内容が「人気の花嫁行列ベスト3」という内容。ウェディング業界に身をおく者としては、やはり見逃すことは出来ません。


そもそも花嫁行列が人気を博しているということに驚いたんですよね。
確かに年々和婚の人気は上がっていますし、これまでのウェディングと比べると落ち着いた雰囲気の和婚の中にも華やかさを求めると「花嫁行列」や「花嫁舟」はドンピシャですから納得できると言えます。

普段、和装前撮りや神社挙式にどっぷりと携わっている私が番組を見た率直な感想は「外から見ても和婚はやっぱり素敵だな」ということと、「花嫁行列は見た目に華やかで映えますね~」、そして「花嫁行列も花嫁舟も栃木でできるんだけどね~」ということ。


そう、この栃木でも全国で注目を浴びている花嫁行列と花嫁舟を実際に行うことができるんです!

というか、当店Weddding Dress abitoでは既にご提案していますし、何組もサポートさせて頂いてきました。でも栃木でできるなんてことを知らない方の方が多いんじゃないでしょうか?せっかく和婚をするなら、思い出がより深くなるような特別なことしたくないですか?


それではご紹介して行きます。

花嫁行列

花嫁行列とは結婚式を行う場所まで花嫁花婿、神社の神官、ご親族が列を成して歩いて入場するものです。
054

先頭の神官は雅楽を奏で、その後に花嫁花婿、ご親族と続きます。
象徴的であるのが花嫁花婿にさす大きな赤い和傘である「野立て傘」ですね。これがあることで華やかさが倍増しますからね。

こちらの神社の場合、鳥居から神社の本殿までの花嫁行列となりますが、その距離はおよそ150メートルくらいでしょうか。この150メートルの間に花嫁花婿、ご親族はそれぞれの思いを胸に一歩一歩足を踏み出して行きます。緊張しながらも、結婚式を迎えるに当たって心を整える時間でもあります。

人生で一番長く感じるであろうこの150メートル。
絶対に忘れることの出来ないかけがえの無い思い出になることは言うまでもありません。

神社挙式をご検討中で、花嫁行列に興味をお持ちのカップル様はぜひご相談下さい。

 

花嫁舟

その名の通り、婚礼和装に身を包んで乗船する和船を指します。
009

番組では福岡県柳川の花嫁舟を紹介しており、そちらでは前の一隻に花嫁と花婿、続くもう一隻にご親族が乗り込み、結婚式の会場まで川を進んでいくと言うことでした。当店がご案内する花嫁舟においては結婚式場への入場ではなく、あくまでも和装前撮りでのご案内としています。

もちろんご家族も一緒に楽しんでいただけます。
0007

花嫁舟の場合、和装前撮りだからこそ思い切って楽しむことが出来ますし、お二人が本当に残しておきたい写真を時間の許す限り撮影することが出来たりするものです。5月5日、つまり子供の日前後はこの川は1151匹(いいこい)の鯉のぼりが飾られるので、インスタ映え必至の思い出の写真が残せますよ!

平成最後、そして新元号最初の和装前撮りにぴったりです。

花嫁舟での和装前撮りは衣装はもちろん、お支度、撮影と全て当店がお手伝いいたします。もちろん花嫁舟だけでなく、同時に歴史的に価値のある日本家屋や日本庭園での撮影も行えますので、ご満足いただける和装前撮りをかなえることが出来ます。ぜひご相談下さい。
 

最後に

花嫁行列、花嫁舟は平成の世である現在では返って新しいコンテンツに思えてしまうものですが、歴史と伝統があるものです。価値があるからこそ今に伝えられていますし、今の時代になっても魅力を放ち続けている訳です。つまり十年後も、数十年後もこの価値が変わることがないということでもあります。

流行の最先端にお金を使う価値もありますが、未来永劫変わらぬ価値にお金を使う価値もあります。
どちらを選ばれるかはご本人次第ですが、当店としては「変わらぬ価値」を皆様に知っていただけるよう務めていきたいと思っています。やっぱり特別な時は特別なことをして、特別な思い出を作ったほうがより豊かな人生になるはずですから。

花嫁行列での神社挙式、花嫁舟での和装前撮りのお問い合わせはぜひWedding Dress abitoへ!
簡単なご相談から安心見積、衣装のご試着と全てご案内いたしますので、お気軽にお声がけ下さい。


☎028-655-0975
✉ info@kaede-abito.com

OPEN AM10:00~PM18:00
定休日 毎週火曜日

 

桜ロケーションフォトキャンペーン始まります!もちろん嬉しい特典付きです。

新年になり、一年で最も人気のある前撮りである桜ロケーションフォトのお問い合わせが急増中です。

Wedding Dress abitoの桜ロケーションフォトページ

そんなお客様方のお声にお応えするために、今年も嬉しい特典付きの【桜ロケーションフォトキャンペーン】を開催いたします。春に前撮りをご検討中の方はどうぞお気軽にご来店下さい・・・といっても毎年恒例のことですが、お客様には毎回喜んでいただいており、約7割の方がキャンペーン中にご契約くださっています。

桜ロケーションフォトは限られた僅かな期間しか撮影することが出来ない為、必然的に組数も限定されてしまいます。ですのでホンのちょっとでも心が揺れている方は、何はともあれお早めにご相談されることを切にお勧めいたします。受付が終了してしまうと、当然のことながらご案内は出来なくなりますからね。

秋の紅葉ロケと同様、一年で最も人気のある前撮りが桜ロケーションフォトです。

028

日本には四季があり、春はそのなかでも人気の季節です。
そんな人気の春を一番感じることができるのは、やはり桜の咲く頃ではないでしょうか?特別な衣装に身を包み、春という美しい季節を感じながら一生の思い出となる撮影ができます。

思い入れの深い写真はもちろんですが、桜満開の中を歩いたり、笑いあったりのいつまでも心に残る思い出も残す事が出来ます。特別な撮影を特別な時期にすることで、思い出は倍にも三倍にもなるはずです。どうぞこの機会をお見逃しなく!!!!


それではキャンペーンについてお知らせいたします。
 

キャンペーン開催期間


桜ロケーションフォトキャンペーンは2019年1月12日(土)より開始し、2月11日(月)までの約一ヶ月間の開催となります。

「そんなに長くやるならまだいっか」
そう思う方もいるでしょうが、やはりお受けできる組数が限定されてしまうので出来るだけお早目がおすすめです。毎年この時期にキャンペーンを開催していますが、前述の通り約7割の方がこの期間にご成約くださるので、遅くなればなるほど撮影日が限られてしまいますし、最悪の場合はお受付できない可能性もございます。

またこの時期は婚礼の前撮りだけでなく、振袖や七五三の前撮りも桜ロケーションで行う方がいらっしゃいますのでご注意下さい。

キャンペーン特典について

期間中にご成約くださった方には嬉しい特典をご用意しております。※プランによって特典が変わります。

桜ロケ2ヶ所ライトプラン/桜たっぷりロケライトプラン特典

①毎回大人気の「打掛2着目無料」!

028
せっかくの和装前撮りですから、色打掛だけでなく白無垢でも特別な思い出が残せたら嬉しいですよね!

②六切り写真プレゼント

6
撮影した画像(当店チョイス)を六切りサイズ(20.4×25.4cm)にプリントしてプレゼントいたします。結婚式やご自宅のリビングに飾ったり、ご両親やおばあ様へのプレゼントとしてご利用いただけますよ!

桜ロケ2ヶ所べーシックプラン/桜たっぷりロケベーシックプラン特典

アルバム付きのプランには以下の特典をご用意!

①「打掛2着目無料」
ライトプランと同様に、ベーシックプランでも人気の特典をご用意しました。

②「A1ポスタープレゼント」

うぇr
59.4×84.1センチというとっても大きなポスターをプレゼントいたします。
撮影した画像の中からお二人のお気に入りの一枚をA1ポスターに致します。結婚式のウェルカムボードとしてご利用いただけますので、ゲストの方々にお二人の和装姿を大きな形でご覧いただけます!

桜ロケーション全プラン特典

全てのプランに特別に花嫁の打掛用肌襦袢と裾除け、そして花嫁花婿お二人に足袋をサービスいたします。

FullSizeRender
着付け補正用のタオルも当店でご用意いたしますので、撮影当日はお二人がご用意する物は無く、手ぶらでお越しいただけますのでとっても楽チンです!

最後に

Wedding Dress abitoの春の風物詩である「桜ロケーションフォト」。
毎年多くのカップル様にご利用される理由は・・・・私達も完全にはわかりません。ですが貸衣裳店として創業したからこその打掛の品揃えの豊富さに加え、たいへん美しい桜並木のあるロケ地をご用意していること、そして何よりナチュラルな撮影を評価されてのことだと考えています。

また私達は和装前撮りはただ単に和装の写真を残すだけの物とは考えておらず、撮影の時間を一生の思い出として頂くことをモットーにしています。お二人の生涯に渡って大切にしていただける思い出づくりをお手伝いすることこそが、abitoの和装前撮りと考えております。

キャンペーン期間はどなたでも気軽に桜ロケーションについてご相談いただけますし、必ずご成約しなくてはならない訳ではございません。しかし繰り返しになりますが、撮影をお受けできる組数に限りがございますので、少しでも興味をお持ちでしたらお早めのご相談が間違いありません。皆様によろこんでいただけるような特典もございますので、ご来店いただければと思っております。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

白無垢姿は想像以上に花婿からの評判がよろしいという事実

結婚式の前撮り、いわゆる和装前撮りにおいて花嫁が選ぶ和装は温度の場合が色打掛です。

色打掛、白無垢、黒引き振袖と婚礼和装にはありますが、圧倒的と言っても良いほどに色打掛をお選びになります。大きな理由はやはりその華やかさに尽きるのではないでしょうか?

033 (2)
ベースは赤ですが、刺繍の柄には様々な色が使われており、豪華さも感じられますしね。

そもそもインスタなどで先輩花嫁の前撮り画像を検索すると、色打掛が殆んどなので自然と意識が洗脳されてしまっているのかもしれませんね。

当店Wedding Dress abitoで前撮りをされた花嫁においても同じです。
しかし本当は・・・というよりはできるなら色打掛だけでなく、白無垢でも前撮りをしておきたいというのが花嫁の本音ではないでしょうか?でも費用のこともあるので諦めちゃうことが殆んど。


当店では定期的に前撮りキャンペーンを行っており、毎回目玉となる特典があります。
それは「前撮り打掛2着目無料(通常3万円)」という大盤振る舞いのサービスです。お客様にも大変喜んでいただいております。

039

真っ白な白無垢は色打掛と比べると、華やかさでは到底敵うことはありません。しかし色打掛にはない「清廉性」があり、女性ならではの奥ゆかしさを感じることが出来ます。ただ見ただけではわからない魅力を着用することによって必ず感じられることでしょう。

色打掛だけではなく、白無垢でも和装姿を写真の残せるの本当に嬉しいものですよね。

なんたって二つの全く違った雰囲気の和装写真になるので、和装前撮りの思い出も二倍になります。花嫁は和装姿を2回楽しめることにもなります。

しかしここでお伝えしたいのは花嫁の喜びではなく、花婿の喜びです。
「二着目無料」のサービスは契約時には全く花婿に響くことなく、「あ~白無垢も着れて良かったね」ぐらいのかんじですね、殆どの場合。でもいざ撮影になり、色打掛姿から白無垢姿へお召し変えした花嫁の姿を見てメッチャ喜んでくれるのは花婿なんです。

白無垢姿の花嫁を目の前にした花婿は大袈裟に言えば、あんぐりと口を明けた感じとでもいうか喜びの驚きを隠せない様です。

「いや~白無垢姿いいね~♪」
「うわぁ~すごい素敵だわ~♡」
「マジで?マジで?マジ?」


そんな声を撮影の現場で何十回も耳にしてきたので、紛れもない事実です。
白無垢姿はかわいいというより「綺麗」という表現が近いですし、男性にとっては母性すら感じるのではないでしょうか?また全身真っ白の白無垢姿はいつも側にいる彼女からは想像できないというか、今まで見たことのない姿なので違った一面を見れたようで本当に感動するのだと思います。

特別な時の特別な衣装はご着用されるご本人が喜ぶのはもちろん、周りの方々をも喜ばせることが出来ます。花嫁の白無垢姿を見た花婿がまさにこれに当たります。もし前撮りで「白無垢も着たいけど・・・」と迷っている場合はこう考えてください。

「自分のためではなく、愛する彼の為に着たい!」

何も彼を理由にするわけではなく、本当に彼の為であり、その姿を喜んでもらえる訳ですから納得できるはずです。白無垢姿になれるのはこの時を逃したら永遠に来ることはありません。この機会を見逃すのは本当にもったいなく、高確率で後悔に繋がってしまうかもしれませんよ!「彼に喜んでもらいたい」という正当な理由があれば、多少の費用増も気になることはないのでは!?


新年を迎え、当店には桜ロケーションフォトのお問い合わせとご相談が増えてきました。
今年も例年通りに「桜ロケーションフォトキャンペーン」を近々開催致します。もちろんキャンペーン特典として「打掛二着目無料」もご用意するのは当然ですが、さらに嬉しい特典もご用意しております。

ぜひ当店の前撮り専門サイトを定期的にチェックして下さいネ。

春の桜を満喫しながら、貴方の素敵な白無垢姿で花婿に笑顔になってもらいましょう!!!

お葬式で着用する各種喪服のレンタルも行っています

「貸衣装」

この言葉を見ると多くの方がお祝いの衣装というイメージを浮かべると思いますが、そうとは限りません。もちろん貸衣装の殆んどは七五三、成人式、結婚式などのおめでたい衣装ではあります。しかし当店においてはお葬式の時にご着用される様々な喪服も貸衣装のラインナップに含まれています。

貸衣装をされている多くのお店、会社さんは喪服を扱っていても多くの場合はウェブサイト等に掲載することはありません。その理由はおめでたい衣装が大部分を占める中で、お祝い事とは相反する喪服を掲載することがある意味「負」になりかねないと思っているのかもしれません。確かに中には「喪服を掲載しているようなお店ではお祝いの衣装は借りたくない」と思われる方もいらっしゃるのでわからないこともありません。


しかし自分に置き変えて見たらどうでしょう?

お葬式は突然やってくるものです。心の準備だってできていないにもかかわらず、予告なしでやってくるものです。
しかもお祝い事とは全く違って、準備期間も少なく、ただただ流れに任せてしまうことも少なくありません。そんな中、ふと気がつくんです。「喪服どうしよう?」と。

ご自分でお持ちであってもサイズが変わっていたり、どこにしまったかわからないこともあります。
でも是が非でも喪服を用意しなくてはならない場合、やはりレンタルを真っ先に考えると思うんです。でもネットで検索してもどこの貸衣裳店にも掲載してないと不安しかないですよね。

やはり仕事の根源である「人の為に役立つ」「不安を取り除く」といった観点から考えれば、貸衣裳を名乗るからには喪服も堂々とウェブサイトに掲載すべきだと思うんです。これで助かる人もいるわけですからね。当然、当店もウェブサイトに堂々と喪服を掲載しています。

IMG_8725


 

喪服(和装、男性礼服、女性礼服)をネットに掲載してから既に3年以上の月日が経ちました。
最初は全く反応がありませんでしたが、徐々に皆さんに検索されるようになり、今では本当に多くの方にご利用いただいています。宇都宮周辺にお住まいの方はもちろんですが、意外に多いのが県外からお葬式で来県された方。

喪服を持ってくるのを忘れてしまったり、荷物になるので持ってこなかった方、そもそも喪服のことを忘れてしまっていた方など様々ですが、見知らぬ土地で喪服を用意するのは大変困難なものです。そんな時、ネットで検索して見つけることが出来れば心強いですし、安心しますよね。不便を便利に、そしていざという時に頼りになる存在になりたいと当店は考えています。


喪服は考えようによっては「不幸な衣装」と思われがちです。
確かに身近で大切な方が亡くなった際に着用する衣装ですから、おめでたいものではありません。しかし個人にとって、そしてご家族にとっては大切な儀式ですし、欠かせない衣装でもあるんです。

黒の和装の喪服は既婚女性の黒留袖、そして未婚女性の中振袖と同様に和服の中で最も格式のある衣装です。
そういった特別で格式高い衣装を着用し、見送ることが故人に対しての最大の礼儀でもあると言えます。この意味でも喪服は人生において欠かせない衣装ではないでしょうか?単に「不幸を象徴する衣装」とは言い切ることは出来ません。

だから当店は喪服を取り扱い、お貸し出しすること、そしてウェブサイトに掲載することに対しては微塵も抵抗はありません。

私達abitoは衣装を通して、お客様の人生に携わることが仕事だと考えているから当然ですけどね。

「思い出」は残すものでもあるけど、作るものでもある

仲の良いご家族を見ていると、こっちも幸せな気分になります。

新年一発目のブログは超仲良し家族のご紹介です。


本日掲載させていただく画像は昨年12月に栃木市の岡田記念館で撮影させて頂いたSファミリー様のご家族写真です。画像使用の許可をいただけて、本当に感謝しています。

003

S様ご家族は4人家族。
お嬢様が成人式を迎えるに当たって、お母様が「家族全員で和装を着て、思い出を作りたい」という一言で全てが始まりました。ロケーション撮影を数多く手がけてきた当店にお声がけくださり、大変光栄に思っています。

ちなみにお父様、お母様、お嬢様の和装はお持込の衣装で、ご長男の衣装だけ当店でご用意させて頂きました。お着付けとヘアアレンジ、そして撮影、ロケ地のご案内なども当店のプロデュースです。

よく結婚式場などでは「衣装の持込禁止」なんてこともありますが、そんなのもう古いし、ナンセンスじゃないですかね。まぁそんなことはどうでもいいんですが・・・。


家族の年齢が上がるにつけ、なかなか一緒に写真を撮影する機会はありません。スマホでいつでも撮影できるからって言うことも一つの要因ですが、七五三などの家族総出のイベントがないというのが一番の理由かもしれませんね。でもせっかくこういう機会をお作りになったのですから、いろんなパターンの思い出を作るべきだと思います。

やはりこう言う時はまずは自分に置き変えて考えていかないとダメですね。

例えばこれ!

008
ご夫婦のツーショット♡

お二人とも和装なのでとっても素敵ですよね。しかもカチッとしているのではなく、どこか嬉しく、でもちょっと照れ臭い雰囲気が良いんですよね。

そしてこちら。
009ご兄妹でツーショット♡

これまたいつもなら腕を組んだりすることなんてないとは思いますが、こう言う時だからこそできるというか「やっちゃおう!」と思えるんですね。でもこの一枚がお二人にとって、この先の人生を明るく照らしてくれるよき思い出になるのではないかと思います。きっとご両親がこの写真の価値を一番ご理解されているはずです。

027

「かわいい娘に腕を組まれて微笑んでもらっている写真」・・・・ま、お父様にとってこの写真は宝物以外の何物でもないことでしょう。こんな写真もこう言う時だからこそのものです。

033

お母様&ご長男のツーショットも素敵な一枚となりました。
こんな至近距離で見つめあうなんて仲良しだからこそですが、写真に収めることでかけがえのない一瞬になりますね。


036

ご家族密集♡を覗き見撮影!これの正面がこちら

038

最高の一枚で思わず笑顔になってしまいます。

「あの時撮影して本当に良かった」
「こんな時間を作ってくれてありがとう」
いつかそう思ってもらえたら本当に最高です。

そして最後にご紹介するのはこの一枚。

042

ホント最高過ぎます!
仲良しでとても素敵なご家族を見ていると、いつも会っている家族に会いたくなりました。そして「こんな家族になれたらなぁ~」と心から思いました。


今回の撮影で、当店は衣装とお支度、そして撮影のお手伝いをしました。
結果的に形として残る物は「写真」「画像データ」ですが、当店としましては本当にお渡ししたかったものはご家族4人で共有して頂ける「忘れられない思い出」です。


人生を歩んでいると、自然に思い出の数も多くなりますが、中には忘れてしまうものもあります。
思い出を残すことは意外と簡単ですが、思い出を作るのは結構大変です。でも自分達で「作ろう!」「作りたい!」と思って出来た思い出はそれだけの価値があり、決して忘れることが出来ないものでもあります。


S様ご家族のような思い出作りは誰かが先導しないと決して実現することはありません。
まずお子様方からのご提案は考えられませんので、やはりご両親のどちらかがイニシアティブを取るべきでしょう。まぁそもそもご両親こそがこういう思い出を作りたいはずですしね。

こちらのご家族は全員で和装をご着用されましたが、普段着でも良いと思うんです。決まりなんてありませんし、ご家族らしい思い出を作れればそれでいいんじゃないでしょうか。キッカケを待っていてもやってくるとは限りません。だからご自分で行動しないと何も始まりません。まずはどうすれば良いか、どんな形にするかをお気軽にご相談下さい。

私達Wedding Dress abitoは貸衣裳店でもあり、写真館でもありますが、実のところは思い出を創造するお店でもあるんですよ!衣装や写真はツールであり、目的ではないと考えています。やはり最終的な目的は思い出を作ることだと考えており、2019年はより一層思い出づくりに励んでいこうと考えています。

平成30年の営業は終了致しました

本日、平成31年12月28日を持ちまして本年内の営業は終了致しました。

この一年、多くのお客様をはじめ、様々な方々に支えられて一年を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございます。


年末年始の休業期間は下記の通りとなります。

平成30年12月28日~平成31年1月4日を休業とさせて頂きます。ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


なお新年1月5日より通常通りの営業となります。

休業中にいただいたメールには1月5日より順次ご返信させて頂きます。ご返答が遅くなる場合もございますが、ご容赦下さい。


それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

2019年もWedding Dress abitoをどうぞ宜しくお願い致します。


Wedding Dress abito
     代表 堀 正典
      スタッ一同

結婚式前撮りで残すものは写真だけではないという事実が判明しました

今年も多くのカップル様にロケーション撮影による前撮りをして頂きました。

全てのカップル様にこの場を借りて感謝すると共に、お二人に溢れんばかりのご多幸が訪れることを願って止みません。皆さん健やかにお過ごしのことでしょう。


これまでも何度かご紹介していますが、当店ではロケーション撮影をしてくださったカップルの方々に撮影の感想などを用意した白のボードにお書きいただいています。それがこちらです。

IMG_8724

本当は撮影をさせて頂いた全てのカップル様にお書きいただければ良かったのですが、現地解散や県外からお越しのお客様など凡そ四割の方々にはお書きいただけなかったことが残念でなりません。

平成30年の営業も明日までとなり、書き込んでいただいたメッセージを一つ一つ改めて読み返してみました。

そこで思ったのは本当に素敵なお客様ばかりで、abitoはめっちゃお客様に恵まれているということです。
ロケーション撮影とは言え、決して安くはない費用を使っていただきましたがクレームは一切なく、逆にお気遣いいただくことの方が多かったかもしれません。これもお客様の層が一定基準よりかなり上だからだと感じています。


お書きくださったメッセージにはお客様の本音が見え隠れしています。

多分「結婚式前撮り」と聞くと、多くの方が「結婚式では着ない衣装で写真を残すこと」と思われると思います。確かに間違いではなく、メッセージをお書きくださったの殆んどがその目的でabitoへお越しくださいました。

しかし結果的にはそれだけではないんですね。

そのことがメッセージに書かれています。

「一生の思い出になりました」
「素敵な、幸せな一日をありがとうございました」
「感動的な時間を過ごせました。」
「賑やかで楽しい一日となりました。」

このようなお言葉をたくさんいただいております。つまり写真だけを残すのではなく、思い出と楽しく忘れられない時間も作ることができるということです。


特別な衣装を着るだけでも思い出深いものですが、その姿をプロのカメラマンに時間の許す限り撮影されるなんて日常的なことではありません。これも結婚という特別な節目を迎えたからこそであり、お二人が前撮りをしようと考え行動したからこそです。

こういった撮影はいつでも出来ることではなく、特別な時だからこそのものです。その時を逃すと二度と機会はやってきませんからね。


結局何が言いたいかというとこういうことです。

物質(写真)を残すことも大切ですが、本当に皆さんが欲しい物は思い出なんです。そう、お二人で共有できる思い出です。
写真は火をつければ燃えてしまいますし、無くすことだってあります。しかし脳裏に焼きついた想いや実際に体験したことは「記憶」となり、いつまでも、そしていつでもお二人の中に存在し続けます。

abitoはお客様に喜んでいただけるような素敵な写真を作るお手伝いはもちろんですが、もしかしたら「楽しい時間」「一生忘れられない思い出」を作ることこそ我々の仕事であり、使命ではないかと考えまます。ただ写真を撮るだけなら当店でなくても良いわけですし、どこでだって問題はありません。でもそれは本当は仕事ではなく、作業と言えるかもしれません。

これまでもこれからも当店abitoは前撮りができるお店ではなく、思い出づくりができるお店でありたいと考えています。

モノより思い出・・・・こんな言葉がありますが、まさにそうでこれこそが真理と言えるかもしれません。


小難しいことをダラダラと書き綴ってしましましたが、abitoの結婚式前撮りに対する想いを知っていただきたい一心からなのでご容赦下さい。お客様からいただいたメッセージから、私達のその「一心」がちゃんと伝わっていることが分かり、本当に嬉しく想っています。

前撮り、特にロケーション撮影はそれなりの費用が必要となりますが、貴方がたお二人の「一生モノ」となる写真と思い出と楽しい時間は安く作れるもので良いのですか?そんなに簡単に作れてしまうもので良いんですか?それなりの費用も、今後50年に渡って、あるいはお子様やお孫様と三代以上に渡って共有することが出来ることを考えれば、そう高い物ではないとおもいます。


メッセージをくださったお客様方は決してabitoの前撮りが高いとは思われてはいないことでしょう。だからこそありがたいお言葉を下さったのだと私は考えます。

 

史上最高の大掃除ついでに模様替えしたので、年明け早々にでもご来店下さい

今年も残すところあと僅かになってしまいました。

例年のことながら、この時期のご来店は少なく、必然的に大掃除に全精力を傾けることになります。もちろん昨年も、一昨年も一所懸命、お客様に快適に過ごしていただくために気合を入れて大掃除をしてきましたが、今回はabito史上最高に力を入れて大掃除しました。

2階フロア
IMG_8720

ワックスでピッカピカ♪

1階フロア
IMG_8721

ワックスをかけてピッカピカ♪

北側の高所にある窓

IMG_8722

ここに関してはこれまで届く高さまでしか綺麗にすることができませんでしたが、今年は超高所用の窓拭きツールを購入し、前面を磨きあげ、大変綺麗にすることが出来ました。

ちはみにほんの数日までこんな感じでしたが・・・・

IMG_8719

右側のパネルは取り外し、ガラス一面の姿に戻しました。

やっぱり明るさが違いますし、広々と見えるので外して大正解だったかもしれません。実はこの場所には振袖などの着物を置いてあったので、パネルは衣装が焼けないようにする為の紫外線対策だったんです。しかし衣装移動したので、不要となったこともあり外してしまいました。


そしてその場所はこんな感じになりました。

IMG_8723
 

今後こちらは昔で言う(今もあるようですが)VIPスペースとして利用することになりました。

基本的にはウェディングや前撮りなどのお客様をご案内することになります。やはり特別なお客様には特別な場所をご用意すべき・・・・お支払いしてくださる額は決して小さくはないですから、特別扱いをしていきたいと考えました。つまりこちらにお通しされたお客様は特別ってことです。ぜひ皆さんもこちらにお越し下さいネ♡


最後にですが当店は創業以来、三十数年の月日が経ちました。
平成の終わりと共に、三十数年間背負ってきた大きな物を下ろし、新年からは新しい形で歩んで行くことにしました。具体的なことはこちらでお知らせすることは致しません。また基本的な姿勢や進む方向もそう変わらないのですが、進む速さと角度が違うとでもいいましょうか。

きっと時間の経過と共に、気付かないうちに現在のabitoとは違った姿になっているはずです。多分、皆様以上に私達スタッフがこのことを大変期待しており、ワクワクしています。この楽しさとワクワク感をお客様にお伝えできるような店づくり、人づくり、そして商売をしていきたいと思います。

その手はじめとして、その覚悟として今年はキッチリと精一杯大掃除に励みました。

今後もいろいろと店内も変化させ、どこにもない店づくりをしていきたいと思います。楽しみにしていてください。楽しみです。

栃木県内の中学校、高校へご入学されるお子様をお持ちのご父兄様へ

平成30年もあと僅か・・・新年を迎えるとあっという間に春がやってきます。

春と言えば卒業、そして入学の季節でもあります。現在受験真っ只中のお子さまをお持ちの方は気が気でないことでしょう。


最近は昔と違って、お子様の卒業式や入学式にはご夫婦揃って参列されることが多くなりました。卒業式においても入学式においても、殆んどのご父兄が校名のある場所で記念撮影をされることでしょう。しっかりとした思い出になりますものね。


さて、私も二人の子供の親です。
できるだけ卒業式、入学式にも参加してきましたし、可能な限りスマホで我が子の晴れ姿を撮ってきました。保存された画像はもちろん大切にしていますし、見返すこともあります。

しかし自分で、しかもスマホで撮影した写真って扱いが雑になります。
まず第一に画像データのバックアップ(iCloudは別として)はしていませんし、「いつでも見られる」という考えからかアルバムにしたり写真にしたりは一切していません。そんなことが重なり、上の子が高校、下の子が中学に同時進学する春に「そうだ!ちゃんと入学記念撮影をしよう!」と思い立ちました。

5FA613EE-0C26-457B-A8E5-F2BA4C081282

初々しい制服姿の長男と長女、そして私達夫婦と愛犬のジャックと記念撮影をしました。
もう長男は大学、娘は高校生とこの撮影をしてから4年近くの時間が過ぎましたが、この写真はもちろん、この撮影の時間の思い出も鮮明に脳裏に焼きついています。やはりプロのカメラマンにお金を使って撮ってもらった写真は自分で撮ったものと比べて価値が違います。

データを大切に保管しますし、きちんと紙に焼きますし、知り合いに見せたくなるものです。

高校と中学の同時入学ということで、制服代やらカバンやらと何かと出費が大変だったのでこういった撮影にもお金をかけるのはどうか?とも思いましたが、4年が過ぎた今となっては「価値ある出費」だったと確信します。私達夫婦にとっても大切な記念となりましたが、いずれ私達が年老いて、あの世に行った後は子供達にとってかけがえのない一枚となることは間違いないと思います。

子供達にこの写真残せるのはちょっとした誇りであると感じています。


当店ではこれまで貸衣装ありきのフォトプランが中心でした。
七五三や成人式の振袖、そして結婚式前撮りや和装前撮りなどです。しかし新年からは様々な撮影にチャレンジして行くことになり、その第一弾として「入学・卒業記念ロケ撮影」を開始していきます。

これは当店の代表として、そして二人の子供の父親として絶対的におすすめできる価値のある撮影だからです、断言できます。何たって自分で経験して、心の底から良かったと感じているんですから。私達家族はスタジオ内で撮影しましたが、やはりロケ撮影に定評のある当店としては天井のない広々とした野外での撮影に特化していきたいと思っています。

実際に今年の春に撮影した入学記念ロケ撮影がこちらです。

IMG_8001-1

中学へ入学する弟君。
成長を見越しての大きめの制服姿がなんとも言えずカワイイです。

IMG_7977-1

こちらは高校進学のお姉ちゃん。
力強い眼差しと、柔らかな微笑が印象的で、高校生活をとても楽しみにしているのが伺えます。

IMG_7855-1

姉弟でツーショット。
お互い、成長するにつれて一緒の時間を過ごすことはもちろん、写真を二人で撮ることはなくなってくるものです。だからこそこういう特別な時に残しておくことが大切だとは思いませんか?

なぜロケなのか?

もちろんスタジオ撮影でも全然いいとは思いますが、どうせなら緊張することなく、進学する喜びが表れた表情を残したいものです。どうしても閉鎖された空間のスタジオでは短時間で緊張を取り除くの難しいもの。しかしロケ撮影ではあっという間に緊張とさよならできます。更に言えば、やはり入学の季節である「春」の情景と共に思い出を作っていただきたいと思うからでもあります。

今回ご紹介したのはお子様だけの撮影画像でしたが、ご両親と共に撮影も致しますし、ついでといっては何ですがご夫婦のツーショットなどの撮影も可能です。進学する喜び、無事成長してくれた有難さ、そしてご家族の仲睦まじい姿を「入学」という特別な時に残すことは生涯に渡り、価値を感じ続けられる思い出となると思います。

入学記念、または卒業記念の写真をご検討の方はぜひabitoへご相談下さい。※小学校や幼稚園入園にもご対応可

撮影はもちろん、お母様の訪問着や付下げなどの衣装のお貸し出しとお支度などにもご対応しております。ちなみに撮影は入学式前でも、入学式当日でも後日でもご家族のスケジュールに合わせてご対応いたします。

この時を逃すと絶対に残せない写真と思い出があります。ぜひご検討下さい。

ご自分の着物、ご家族やご友人などからお借りした着物を使用する場合に気を付けておくことはこれ。

成人式の振袖、七五三のお母様が着る訪問着や付下げなど、意外とご自分の着物を持っている方は多いもの。

またご自分の物でなくても、ご家族の物だったり、親戚やご友人からお借りして着物を着る方がここ数年本当に多くなったと感じます。レンタルしちゃえば簡単だし、全てが揃っているので便利ですが、少しでも費用を抑えるならそう言った選択肢もアリですよね。


当店においても撮影などでの着物のお持込が随分と増えているのを実感しています。


しかしご自分の、あるいはどなたかに借りたお着物の場合、色々な問題もあるのも事実。でも対処できるように知っておけば、問題なくご着用いただけるのでぜひ知識として知っていただければと思います。
 

お着物の状態をチェックしておく

例えご自分のお着物であっても、常日頃から出し入れすることなんてないですよね。
数年ぶり、もしかしたら十数年ぶりにタンスから出したなんてこともあります。もしそのまま着付けしてくれる場所へ持っていっても、広げたら「あら?」なんてこともありますので、まずは状態をチェックすることが慣用です。

チェックすべき箇所はこんなところ

・着物にしわが寄っていないかどうか。
・虫に食われていないか。
・色は変色していないか
・着物のサイズが貴女に合うかどうか


これらをチェックせずに着付け当日を迎えた場合、最悪着ることが出来ない場合もあります。しわがあるだけならアイロンを当てる(当て布が必要)だけでOKですが、虫や変色、サイズ違いの場合はちょっと難しいですからね。

まずは余裕を持って着物をチェックし、できれば日の当たらない風邪と折の良い場所で虫干しされることをおすすめします。またチェックしても「わからない」「これで大丈夫か?」と心配な場合は、前もって着付けしてくださる方にご相談してみてはいかがでしょう。
 

きちんと小物が揃っているかも確認すること

基本、どのご家庭においても着物は一式まとめてお仕舞いになっていると思いますが、だからと言って必ずしも全部揃っているとは限りません。一つでも不足すると着ることが出来ない衣装でもありますので、やはり事前の確認は欠かせません。

着物は着物だけでなく、「長襦袢」「帯」「帯揚げ」「帯締め」などの小物の他に、着付け小物である「腰紐」「伊達締め」「帯板」など様々なものが必要となります。草履やバックだって欠かせません。

「何が有って、何が無いのか?」

着物に詳しい方でない限り、殆んどの方がチンプンカンプンなのではないでしょうか?この場合もお着付けされるお店などに必要なものを教えてもらい、それでもわからない場合は事前に確認してもらいましょう。あ、肌襦袢や裾除け、足袋なども欠かせませんのでそちらもお忘れなく。
 

 

こんなことも確認すべきです

■振袖や付下げ、訪問着の場合は衿元につける「伊達衿」を忘れがちですのでご注意を
■数十年以上にわたりしまいっぱなしのままであった草履は鼻緒や底が弱ってしまっている場合があるので要チェック
■着物をたくさんお持ちの場合は着物と小物一式が合ってない場合もありますのでご注意を
■足袋にはサイズがありますので、ご自分のサイズと合うかどうか確認しましょう
■買ったままでしまいっぱなしの着物の場合、「仕付糸」がついたままの場合もありますので外しましょう
■樟脳の匂いがキツイ場合はなかなか取れないので、早めに風を通して匂いを抜きましょう


十分に気を付け、確認しておきましょう
 

最後に・・・

ここまで書いてしまうと「やっぱり自分の着物を着るのは面倒かも・・・」と思うかもしれません。でもこれだけじゃないんです。着物を出してきるということは、再びタンスに仕舞うことでもあります。
着物は洋服のように洗濯機で洗って、干して、畳んでしまうというわけにはいきません。できればきちんとクリーニングに出すべきですが、最悪でも直ぐに仕舞わずに、やはり風通しの良い場所で数日虫干ししてから仕舞ってください。この仕舞う時が一番大切です。

小物一式を一緒に、足らないものは紙にでも書き出してわかるようにしておくことをしておけば次の時にとっても楽です。そして年に一度でも良いので虫干しすることをおすすめします。

もっと面倒に思えてきたのではないでしょうか。でも思い入れのある、愛着のある着物を着るということはこういうことなんです。

今の時代、お着物はある意味特別な衣装と言えます。
特別な時、特別なことをすることはとても面倒な作業が伴うことが多いですが、だからこそ特別感を感じることができるというものです。大切に扱えば二代、三代に渡ってご着用いただけますので、大変面倒ではありますがどうにかクリアしてください。


それでもどうしても面倒臭い・・・そんな方は貸衣装がおすすめですね。

費用はかかりますが、着物を選べば全ての小物が揃っていますし、お手入れも管理も一切不要なので面倒は一切ありません。それに着る機会が多ければ多いほど、いろんな色や柄の物が着ることができるのは新鮮ですよね。


とにかく、ご自分の着物を着る場合は余裕を持ってチェックする事が大切です。
そしてわからないことがあれば、やはり専門の方に相談することが安心に繋がります。いざという時に困ることがないよう、早め早めに準備をして行きましょう。