和装ヘアスタイル(ミニ)図鑑

20171211-014

多くの花嫁にとって婚礼和装、つまり色打掛や白無垢に関してはわからないことが多すぎるのではないでしょうか?

【わからないことが多い】

こういうことはネガティブに捉えられがちだとは思いますが、逆説的に考えれば「だからこそ魅力を感じる」とも言えると思うんです。そもそも世の中はわからないことの方が多いわけですし、もし何かに興味を持った場合は調べたり、聞いたりして知識を増やそうとしますし、その蓄積に面白さを感じることもあると思うんです。


わからないことだらけの婚礼和装、その中でも特にヘアスタイルについてはお悩みの花嫁も多いはず。

でも和装のヘアスタイルに「これが正解!」というものがないのも事実なんです。「わからない」+「正解がない」ではどうしようもないと思ってしまいますが、やはりこれに関してもネットやインスタで検索すると膨大な量の画像を見ることが出来ます。その中から気になるスタイルを見つけ出すのが一番手っ取り早いんです。

つまり先輩花嫁の実例から自分の好みを見つけ出せば良いわけです。その実例の一つとして、当店で和装前撮りをされた花嫁の画像も参考にして頂けたらと思い、今回スライドショーでお送り致します。

【色打掛ヘアスタイル図鑑】



【白無垢ヘアスタイル図鑑】



和装ヘアスタイルはある意味特殊で、「洋髪」とは言えどもやはり和のテイストを折り込んでこそです。またご覧頂いたように同じようなヘアスタイルでもどんな髪飾りをお選びになるかでまるで印象が違ってきます。こうなると更に悩みのスパイラルに陥りそうになりますが、結局は方向性は花嫁様が決め、経験と実績豊富で、和装の知識の深いスタイリストと相談するのがベストです。


ちなみにスライドショーの全てが当店のヘアメイク担当によってスタイリングされたものです。花嫁からの評判も良く、当店の和装前撮り人気の一翼を担っていると断言できます。なんたって年に100名以上の花嫁を手がける訳ですから、安心してお任せ頂けるんです。


どんなに素敵な打掛を着て、どんなに上手な着付けをしてもヘアスタイルが気に入らなければ全てが台無しになってしまいます。繰り返しになりますが、どんな花嫁でも和装ヘアスタイルについては最初はわからないことだらけなんです。でも少しずつ調べ、勉強し自分に合いそうなスタイルを見つけ出すことで納得の和装姿を実現できるんです。

だからあなたも必ずそう出来ます。

結婚式でも和装前撮りでもヘアスタイル担当に全てお任せするのもアリだとは思いますが、もしかしたらそれが後悔の元となってしまうかもしれません。せめて少しでもリクエストし、相談しながらのスタイリングをおすすめ致します。後悔先たたずですからね。

 

一週回って再注目!? 羽衣のような新和装

最近「一週まわって・・・」という言葉をよく聞きます。

いわゆる「時代は繰り返す」ということですが、婚礼和装にも同じような現象が起こりつつあります。それが新和装の人気再上昇です。

「そもそも新和装って何?」ってなりますよね。言葉で説明するよりまずはビジュアルをご覧下さい。

_MG_0637 _MG_0638 _MG_0639 _MG_0646

これら全て新和装です。もちろん当店の商品です。

新和装をことばで説明すると、『新和装とはチュールやオーガンジー素材で作られた全く新しいカテゴリーの婚礼和装であり、ふわっとしながらも透明感のあるビジュアルが特徴的です。天女の羽衣をイメージして作られた和装』となります。

いわばドレスに使うような素材で作られた和装なんです。

この新和装のお問い合わせをいただく事が最近多く感じます。ずっと大切に保管していたので当店の新和装は現役バリバリでご利用いただけるようになっていますが、所有しているお店は今となっては少なくなっているはずです。


お問い合わせがある、そして商品もある・・・・となれば盛り上げて行くしかありませんね。そんな訳で、早速「新和装 画像」でググって見た訳です。「ふんふん、なるほどなるほど」と感心しながら見ていたのですが、ある画像を見た時に違和感というか、「ピン!」と反応した訳です。その画像がこちら。

2018-05-11

花嫁に大人気の結婚式準備サイト「marry」の公式インスタグラムに掲載されているこの画像を見て。「はて?どこかでみたことあるなぁ」と感じました。そしてあなたも既にご覧になられています。


そうブログ冒頭でご覧頂いた当店の新和装の商品画像です。
_MG_0637

marryが掲載した元画像は当店の、しかも私が撮影した画像だったのです。トリミングされはいますが、間違いないですね。

他に所有権(著作権)のある画像を断りもなく掲載することはNGなのは皆さんもご存知のはず。しかも勝手に画像を加工までしているのはかなり悪質です。いけませんね♡ でも当店は心が広いですからmarryに削除や謝罪を求めるつもりは毛頭ありません。でもできるなら当店(Wedding Dress abito)のクレジット付きで再アップして頂けたら嬉しいのですが・・・。


これでおわかりいただけたと思いますが、プレ花嫁に人気の結婚準備サイトも注目しているのがこの新和装なのです。※ちなみに「いいね」は1700オーバーのようです。


そして早速店内でも動き出し、ディスプレイを新和装に変更しました。

IMG_8106

ちなみに右の新和装はmarryに掲載されたものと同じです。

IMG_8105IMG_8104

ただ新和装の下に着る掛下をピンクから白にチェンジ。こうすると透明感が増し、より天女の羽衣らしく見えますね。

そして左の花婿の紋付袴にもご注目下さい。

IMG_8107

こちらは新郎の新和装です。チュールに金糸があしらわれた生地で作られており、花嫁用の新和装との相性は抜群です。お二人お揃いで結婚式や和装前撮りでご着用してみてはいかがでしょう?


最後に当店がみなさんに新和装の特徴とメリットをご紹介したいと思います。

「個性的である」
新和装はその名の通り、全く新しい和装です。正直に言えばこれを選ばれる方は少数派でありますが、だからこそ個性的とも言えます。「人と同じものは嫌」「二人らしい和装がいい」と思っているカップル様にはぴったりです。

「軽くて着心地も楽」
基本的に和装は重く、動きづらくなる衣裳です。しかしこの新和装は思っている以上に軽く、とっても動きやすくできています。お体が小さかったり、大変細い方でも負担なくご着用頂けます。また生地も薄く、通気性がいいので夏の結婚式や暑がりの方にも大変おすすめとなっています。

「自由度がある」
この新しい和装には「こうしなければダメ」とか「こうすべき」といったルールは一切ありません。打掛のように伝統的なイメージで着用することも出来れば、和装のドレスという感じで着こなすこともOK。ヘアスタイルもメイクもご本人次第で自由に決められます。生地が薄く、下が透けて見えるのでわざと特別なものを透かして見せる演出もいいかもしれませんね。


当店では今後、この新和装を結婚式のレンタルではもちろん、人気の和装前撮りでも積極的に取り入れていきます。また新和装に合った様々なコーディネートもご提案しますので、ご興味のある方は気軽にご相談下さい!。

せっかくだからどんな前撮り写真が撮りたいのかをリクエストしよう!

毎回繰り返し同じことをいったいますが、どなたにとっても和装前撮りは何もかもが初めてのことばかり。

「和装前撮りがしたい!」という気持ちはめちゃくちゃ強くても、具体的なことはわからないってことってありますよね。そもそも長時間にわたり、じっくりと写真を撮られることなんてなかなかないですものね。


でも何となく「こういう写真がほしい」って頭の中で描いているものがあると思います。

まだその時点では抽象的なイメージのままで、いざ撮影となった場合にそのイメージをカメラマンに伝えることは難しいと思います。なのでまずはイメージを抽象的から具体的に進化させ、撮影の準備としましょう。


PCやスマホで「和装前撮り 画像」で検索するとわんさかと写真が出てきます。またインスタでハッシュタグ検索で「#和装前撮り」で検索してもいっぱい出てきますから、その中から「こんな写真がいいな」と思うものを選ぶ・・・これだけで具体的となります。


当店のような撮影をする側にとってもある程度見本となるポーズを提示してくださることは大変重要です。だってお客様の希望に沿った撮影ができることに繋がりますし、そうなればお客様にも喜んでいただける訳ですからね。当店で撮影されるお客様の中にもググッて検索した画像を提示されるお客様葉少なくなりません。


例えばこんな風に提示されるお客様もいらっしゃいます。

IMG_8101 IMG_8102

検索して保存された画像をプリントアウトしてお持ちくださいます。こういう提示は大変助かります。しかも撮影の事前に提出してくださると、撮影側にとってはタイムスケージュールが組みやすかったり、「どのポーズをどのシチュエーションで撮影しよう」と打ち合わせができるので撮影もスムーズに進みますからね。


逆にスマホに保存したままだと返って時間ばかりかかってしまいます。

撮影のたびにスマホを開き、画像を探さねばならないからです。またどのポーズを撮影して、どのポーズを撮影していないのかが分からなくなってしまうので時間の浪費となります。なのでプリントアウトして頂くと大変助かります。更にいえば、事前に提出してくださると更に助かります。


当店としましてはお客様のリクエストには出来るだけお応えしたいと思っている訳ですが、全ての撮影においてではありません。当店のお薦めポーズもありますし、撮影当日の状況やロケ地や衣裳を考慮しての撮影もありますからね。また当店ではこういったリクエストはお受付していますが、他店ではOKなのかNGなのかはわかりません。どうしてもリクエストをしたいと思うのであれば、ご成約前にお店にご確認することをお薦め致します。


「なんとなく」でイメージする和装前撮りのポーズはきっと人気のポーズだと思います。
しかし例えば同じ「正座ポーズ」でも様々なバリエーションがあるので、出来れば「これ!」というものをご提示するとカメラマンもプレッシャーから開放されるはずです。

029 030


せっかくの一生に一度の和装前撮りです。

出来ればお二人が「こんな写真!」というものを撮影してもらい、生涯の思い出としたいものですよね。そのためにはまずは準備が必要となります。ネットで検索すれば簡単に見つけることが出来ますし、そういうことをすることで撮影もスムーズになり、結局はお二人の負担が大幅に軽減されることにもなるので大変おすすめです。ただしリクエストの数は控えめにされることも頭の片隅に覚えておいてください。

ちなみに当店では「BEST5」をお選びいただき、まずはその5つを中心に撮影し、時間の経過やお二人の様子を伺いながらBEST5以外のリクエストにお応えするようにしています。


ぜひリクエストをお店やカメラマンにお伝えし、後悔しない・・・いえいえ大満足の和装前撮りにしちゃいましょう。

6月撮影限定 和装前撮りキャンペーン開催します

inii

毎回ご好評をいただいている『和装前撮りキャンペーン』を今度は「6月撮影限定」で開催いたします。

6月

今回もこれまで同様に大盤振舞いの特典をご用意していますので、気になる方はぜひお問い合わせ、またはご来店下さいませ。



キャンペーン① 2つの嬉しい特典を通常プランでプレゼント


「2着目打掛完全無料」
2着
通常はオプション(3万円)となる打掛の1着追加が6月撮影では完全無料でご提供致します。和装前撮りにおいてやはり人気は華やかな色打掛ですが、花嫁様方は心の奥底で白無垢に対しても憧れを抱いていることが多いんです。せっかく和装前撮りするなら「色打掛」と「白無垢」の両方で写真を残したいもの・・・・でもこのキャンペーンを利用すればそんな思いを叶えることが出来ますよ!

「1万円OFF」
10000
当店は基本的に撮影のプラン価格をお安くしたりすることは致しません。ただキャンペーンだけは特別に1万円だけお値引きしています。「たった1万円」という方もいれば「1万円も」という方もいらっしゃることでしょうが、それでも値引きは無いより有った方が嬉しいもの。ぜひご利用くださいませ。


キャンペーン②  6月だけの特別和装前撮りプランを二つご用意

「お手頃価格プラン」
限定1

『納得できる和装前撮りがしたいけど、出来るだけ予算は抑えたい・・・」
そんなカップル様にお薦めのプランです。この6月だけしか利用出来ない限定プランですので、是非後相談下さい。気になる価格やプラン内容はご来店にてご説明致します。



「栃木蔵の街 特別プラン」
限定2

当店が大好きな栃木市の蔵の街は和装前撮りに雰囲気がぴったり。この素敵な街の魅力をもっと多くの方に知っていただきたい想いから、蔵の街に特化した特別プランを企画しました。【ロケ地一ヶ所追加】+【1カット追加】の合わせて35,000円分のオプションをもれなくプレゼント致します。もちろんこちらも6月撮影だけです。

キャンペーン詳細はこちらの和装前撮り専門サイトから


夏挙式または秋挙式を控えているカップル様にとって、この6月は和装前撮りに最適な時期。結婚式まで時間的余裕があり、しかも新緑が大変美しいシーズンでもあります。そしてabitoではお二人にとって嬉しい特典や限定プランをご用意しましたのでこれを逃したらもったいない!!!

栃木県内ではabitoの和装前撮りロケは人気・実績共にNO1。しかもお客様から高い評価を頂いております。

素敵な和装写真の撮影はもちろんのこと、豊富なロケ地と衣裳もご用意しておりますでこの機会をお見逃しなく!いつでも気軽にご相談、お問い合わせ下さいませ。


☎028-655-0975
✉info@kaede-abito.com

 

ゴールデンウィークの成績表

過去5年以上にも渡り、当店にとってゴールデンウィークは黄金どころか漆黒のブラックウィークでした。


暇すぎてお店をオープンしていても来客はもちろん、電話すら鳴らない日が続いたものです。よくよく考えれば何日も連休が続くゴールデンウィークはお出かけや遊びに持ってこいの期間。一年のうちでも貴重な連休中にいつでも行けるお店に行く理由などどこにも無いのですから当然です。


一昨年に至っては暇すぎて、abitoの駐車場で営業中にもかかわらずBBQをスタッフで楽しんだほどです。

しかし毎年毎年暇だからといって、そう簡単には休みに出来ないのがサービス業です。やはり一般の方がお休みになっている時こそ一生懸命仕事をすることがサービス業ですからね。過去5年のゴールデンウィークを評価するなら通知表でいう「2」が妥当だと考えます。もうちょっとで落ちこぼれレベル(泣)。


そして気になる今年の成績は「4」、いや「4.5」をあげてもいいかもしれません。

何しろゴールデンウィーク初っ端の4月28・29日と連日でご来店は大盛況。この時点では「たまたまだろう」と思っていましたが、その後も過去5年とは打って変わったくらいに多くのお客様にお越しいただきました。

ウェディングのドレスレンタル・振袖レンタル・和装前撮りのご成約・紅葉ロケのご相談・七五三のご予約の他、産着や留袖など幅広い層のお客様がお見えになりました。また和装前撮りや成人式・七五三の前撮りなどの撮影もあり、お蔭様で大変忙しくさせて頂きました。ただ最終日の今日は連日の勢いに陰りが見え、ご来店が二組のみという結果に終わってしまったのがとても残念でした。


長い長い連休も今日が最後の一日。

「最後の一日くらい、家でゆっくりしたいはず」
「連休疲れを癒してるんだよ」

・・・なんてスタッフ同志で勝手にご来店が少ない理由を想像し、自らを慰めた今日でした。


さて過去と比べようもないくらい忙しかった今年のゴールデンウィークの成績表が「5」ではなく、何故「4.5」なのでしょう?それはもちろん来年へ向けての布石です。たった一年だけ良かったとしても来年はわかりませんし、また来年こそは「5」となるように頑張りたいからでもあります。


お盆、正月とならび、ゴールデンウィークは多くの方にとって年に3回だけの貴重な連休です。

そんな貴重な時間を当店でお過ごしくださったお客様方には感謝の気持ちでいっぱいです。私たちスタッフにとってはゴールデンウィークも日常となんら変わらない日々ですが、お客様にとっては違いますよね。出来る限りのご対応をさせていただいたつもりではありますが、不行き届きな面もあったかもしれませんが何卒ご容赦下さい。


また今年は紅葉ロケや和装前撮りプランをご成約くださった方には特別な特典をプレゼントという企画を開催しましたが、大変好評で多くのカップル様がご成約くださいました。これが何より嬉しかったです。※6月の和装前撮りキャンペーンも企画していますからね。


遊び疲れた方・・・
お金を遣いすぎてしまった方・・・
だらだらと過ごしてしまった方・・・
暇すぎて死にそうだった方・・・

このゴールデンウィークを過ごした感想は様々だと思います。そして明日からまた日常に戻るわけですが、今夜はゆっくりご家族と過ごし、再開する忙しい日々に備えて下さいませ。私たちabitoはゴールデンウィークと変わらずのハイテンションで明日からもお客様をお迎えしてきたいと思います。

和装前撮り研究家「私」

Wedding Dress abitoではたくさんの和装ロケーションプランをご用意しています。

言葉で説明するよりもまずはこちらをご覧下さい。





・ロケ地メインのプラン
・季節限定のプラン
・テーマにあわせたプラン

この他にもお客様のご希望(ご自宅での撮影やご指定のロケ地での撮影)に沿って作り上げるカスタマイズプランなどもあります。栃木県内でこれだけのプランを用意しているお店は他にはありません。


しかし多くのお客様が当店をご利用くださるのはプランやロケ地の多さではありません。意外とお客様って「ロケ地」「プラン」「価格」をウェブサイトでは細かく見ていないものです。サイトを見て、「いくらくらいでできるんですか?」とか「ロケ地ってどんなところがあるんですか?」というお問い合わせをよく頂く位です。それでも最近、本当に重要なことは何なのかがようやくわかってきました。まず間違いないと思います。


この画像を例として説明します。

064

この画像を見ることで・・・

「あ、ここいいな。こんな場所で前撮りしたいかも」
「こんな色の打掛って素敵かも」
「カメラ目線じゃない自然な笑顔を撮ってもらいたいな」

などなどと思ってくださること、つまりお客様の琴線に響くことが何より大切なのです。つまりはご自分をご覧になった画像に自己投影して、初めてロケ地や衣裳や価格を意識するのだと思っています。


ちなみに当店の前撮り専門サイトに掲載している画像は全て当店の実際のお客様であり、モデル撮影の画像は一切ありません。また掲載する画像を選ぶのはカメラマンではなく、「私」です。私は撮影は一切しませんし、カメラの知識もほぼありません。しかしほぼ全てのロケーション撮影に同行しており、目だけは肥えていますし、皆さんの想像以上にたくさんの前撮り写真を見てきましたし、今も暇さえあれば見ています。


つまり私はある意味、前撮り写真の研究家であると言えます。そしてカメラマンとお客様を繋ぐ役目を担っており、「お客様が本当にほしい写真」と「カメラマンが撮りたくなる写真」のバランスを上手に調整することに長けていると自負しています。撮影は出来ませんが、カメラマンに「ここから撮影してください」「こう言う写真がいいんですが・・」と遠慮なしにリクエストし、お客様により沿いご希望をカメラマンに伝えています。


だから花嫁花婿が本当に欲する写真でありながらも技術的に優れ、最高のアングルの写真でもある最高の一枚を選びだせているのでしょう。そしてその選びぬいた画像をご覧下さったお客様がご来店くださり、ご成約下さっていると思っています。


「自分って凄いんです♡」と自慢しているわけでなく、お客様とカメラマンの両方に育てられたからこその個性を大いに発揮しているだけなんです。カメラマンサイドから「面倒くさい」なんて思われても仕方が無いくらいに撮影に介入することもあります(でも当店のカメラマンさん方はそんなことを思うはずありませんが)。でもお客様にとっては最初で最後の、そして一生に一度の前撮り撮影です。

何が何でも最高の撮影をして、最高の思い出づくりをお手伝いしたい

ただそれだけです。


最近はいろんな同業のお店に真似されることが多くなり、ちょっと切ない気持ちになることもありますが「私」という個人を真似することは出来ません。abitoの素敵なお客様方、そして最高のカメラマンに育ててもらった私はある意味最強ですからね。

 

やっぱり打掛姿は外の方が美しい

久しぶりに映画「アポロ13」を見ました。

 

月面着陸ミッションのために月へ向かっている途中のアクシデントにより月面着陸を断念し、不可能と思われた地球への帰還をNASAが一丸となって成功させたというストーリーですが、ご存知の方も多いはず。この劇中で月越しに見えた地球の姿がとっても美しく、脳裏に焼き付きました。

publicdomainq-0000002ozz

地球上に住んでいる以上、普段はその美しさに気付く事はありません。この太陽系には様々な星があり、それぞれ特徴のあるビジュアルを持ちますがこの地球ほど美しい惑星はありません。地球が属する銀河系の星の数は約2000億個といわれ、宇宙にはおよそ2兆個の銀河があると推定されているので宇宙全体では想像もつかないような星が存在していることになりますが、この地球の美しさはそんな中でも一番かもしれません。

そんな美しい惑星、地球が育んでくれるのが自然です。

住みわたる青空
IMG_8096

色とりどりの花々
IMG_8095

どんなに科学が発達してもこれらの自然を人類は0から作り出すことが出来ません。だからこそ美しく、魅力的で人々を魅了し続けているのです。


当店が和装前撮りを屋外のロケーション撮影をお奨めする理由もそこにあります。

自然の光、二度と同じ形の無い白い雲、日によって濃淡の違う青い空、季節ごとの木々や花々・・・これらを感じながら、そして一緒の撮影は全てがオリジナルとなります。同じように見えても毎日全てが違っている訳ですからね。

011

そしてこんな理由もあります。

打掛にはどんな柄が描かれているかご存知ですか?

IMG_8097

鶴や松、牡丹などの植物や鶴や孔雀などの鳥たちが数多く描かれているんです。これらも人類が作り出せない自然の物で、日本人は古代から自然に大して敬意と賞賛を尽し、その美しさを衣食住に大いに取り入れてきた民族です。打掛もその一つ。

そんな自然が描かれた打掛は自然の中に溶け込んでこそ、本当の美しさと魅力が引き出されます。

010

012

それだけでも美しい打掛がさらに美しく輝くのです。

和装前撮りをされるカップル様が大変多くなってきましたが、およそ半分は結婚式場内で行なわれます。結婚式場はオシャレで綺麗で大変魅力的な場所ではありますが、私個人としてはやはり自然と比べると【和装前撮りの撮影場所】としては自然には到底叶わないのではないかと思っています。そう思っているからこそロケーション撮影をお薦めできるのです。

どんなに人気があって、圧倒的な支持があっても流行というものはいつか終焉を迎えます。それは歴史が証明しています。


しかし自然の美しさは今も昔もその価値は全く変わっていません。打掛も同じように江戸の時代から何百年も引き継がれている大変魅力有る衣裳です。この二つが組み合わさると1+1=2ではなく、3にも4にもなります。

お二人の検討している、そして撮影した和装写真は「私たち二人のためのもの」と思われていることでしょう。もちろんそれは間違いなくあなたたちお二人のためのもですが、ご両親はもちろん、お子様やお孫様のためのものとも言えます。いつに日か子孫がお二人の前撮り写真を手に取った時にどんなことを思ってもらいたいか、どんなこと伝えたいか・・・なんてこともほんの少しでいいのでお考えになって見てはいかがでしょう?

不変の価値、不変の美しさ、時代を超越できるお二人の姿を残すという選択があることも是非知っておいていただけたらと思います。

今自由になってお客様ファーストに、そして創造溢れるお店へと

婚礼衣裳(ドレスや打掛)を扱うレンタルドレスショップや貸衣裳店などはその殆んどが結婚式場の納入業者、いわゆる下請けの立場であることが多いことご存知ですか?


結婚が決まった方は殆どの場合式場へ足を運びます。業者になればお客様を紹介してくれるのでそれなりの結果が得られるので、大変ありがたいシステムでもあります。ちょっと難しい言葉で言えば企業間取引(BtoB)ということになります。いわば結婚式場の傘下に入ることで売り上げの見込みが出来たりと良い面もあるのですが、契約結婚式場至上主義になりがちです。

簡単に言えば結婚式場の言いなりにならざるを得ない場合もあるということになります。


ですが今、当店は結婚式場の傘下から離れて完全フリーとなっています。

結婚式場の顔色を伺うことなくブログやSNS等で思っていることをハッキリと多くの方にお伝えできるようになりましたし、ドレスや打掛などをお手頃な価格でレンタルしていただけるようにもなりました。そう、結婚式場から干渉されることが一切なくなったのです。


つまり私たちの視線は結婚式場でなく、100%お客様に向けることができるようになったことがフリーの立場になって一番嬉しいことです。


式場から紹介されるお客様はあくまでも「結婚式場のお客様」ですが、現在ご来店くださるお客様は完全なる「当店のお客様」です。この差は皆さんが思っている以上に大きいものなんです。


お客様だけを見て、お客様のことだけを考え、お客様のためになることだけをご提案することができる・・・これが結婚式場傘下の衣裳店との差と思っています。


ドレスショップ、貸衣裳店にはそれぞれの理念や考えがあります。式場の傘下にいるのもありですし、当店のように抜け出すのもありです。あくまでも当店は完全フリーの立場であり続けることを選んだまで。つまりお客様至上主義こそ未来に繋がると感じています。


今自由になって自分たちが「素敵」「最高」「面白い」「楽しい」と感じることを何でもできる環境にあります。今までもこれからもオリジナリティーがあってこその時代ですからスタッフ一人一人の個性を活かし、そこから生まれる化学反応をabitoの個性としてお客様に認めていただけるように常に新しい事や物を創造していきたいです。




 

打掛の取り揃えの豊富さもabitoの売りです

0025

一口に「貸衣装店」と言っても店舗によって取り扱う商品のバランスが違います。


ウェディングドレスやカラードレスを中心にしているお店もあれば、一般和装の留袖や付下げなどを中心にしているお店もあり、はたまた成人の振袖や七五三衣裳などのシーズン物を中心にしているお店など様々です。


当店はドレスはもちろん振袖も七五三、留袖やモーニング、そして打掛など様々な衣裳を取り扱うバランス型の貸衣裳店に位置します。しかしとりわけ打掛(白無垢や色打掛)の品揃えは県内でもトップクラスです。打掛って仕入れ価格が結構な金額になるので、そうそうまとめて仕入れることってなかなか出来ないので、そう言った意味では他の競合さんと差別化出来ていると考えています。


色打掛で人気の色と言えば・・・・

IMG_8092

赤。

赤の色打掛にも様々あり、見比べて見るとその違いは一目瞭然です。しかし最近になって和装ブームに乗り遅れまいと、慌てて取り揃えようとしてもここまでの赤のバリエーションを集めるのは経費的にも無理です。ちなみに上の画像では4着だけですが、もちろんこの他にも多くの赤い色打掛が当店にはあります。

こちらを見ていただきましょう。

IMG_8094

このタンスは打掛専用のタンスで、一つの引き出しに1着、もしくは2着の打掛を保管しています。ざっと見ただけでも余裕で100着以上が保管されていることがご理解いただけると思います。しかもこのタンス以外にも打掛を保管しているので約200着ぐらいですかね。


よく耳にすることですが、和装前撮りや和装のレンタルで訪れたお店で【数着しか打掛を見せてくれなかった】というお話しをお客様がされます。見せてくれなかった・・・それだけならもしかしたら他にもあるのかもしれませんが、【この中からお決め下さい】ともし言われたのなら、間違いなくそれしか取り揃えていないということで間違いないと思います。

例えばこれが打掛でなく、ドレスだった場合はあなたはその中から選べますか?

殆んど・・・いや全員が「NO」とお答えになるはずです。もちろんドレスでそうされるお店はほぼないと思いますが、打掛の場合は決して少なくないのです。なぜドレスではやらないことを打掛でやるのか、おわかりになりますか?お客様がわからないことをいいことに「打掛ってこんなもんですよ」という安易な考えで対応しているからです。


ドレスだって打掛だって比較してこそ違いがわかり、「これが好き!」となります。記念の1着は消去法ではなく、ピックアップで選びたいものですね。


当店の和装前撮りのアンケートでも殆んどのお客様が価格やロケ地などよりも衣裳、つまり打掛を重要視しています。もし当店に打掛が数着しか取り扱いがなかったら、現在のようにご成約はしていただけないことでしょう。それだけ「和装の品揃え」「和装の種類の豊富さ」「和装を選ぶ喜び・楽しさ」は重要である訳です。


当店では打掛に関する知識や情報をお持ちでなくても安心してご覧いただけます。

懇切丁寧に説明するのではなく、まずはたくさんの打掛をご覧いただき、お客様の感性で数着をお選びしてもらいます。その数着それぞれの特徴やポイントを説明し、ご納得していただいてからのご成約となります。わからない衣裳だから「スタッフに選んでもらう」のではなく、「自分で選んだ」という満足感を感じていただくことこそがもっとも大切なことだと考えています。


結婚式でのご着用の打掛レンタル、そして和装前撮りをお考えの方はまずは気軽にご相談下さい。

当店ではお客様にご納得いただくために出し惜しみなく打掛をお見せいたします。もちろん何着でもご試着OKです。

ドレスのロケーションフォトが増えた訳

当店Wedding Dress abitoを和装ロケーションフォト専門店だと思い込んでいませんか?


ある意味正解でもあり、間違いでもあります。確かに和装ロケは大変得意で多くのカップル様にご利用いただいていますが、店舗名の通りウェディングドレスも扱うお店ですのでドレスフォトだってできちゃいます。そして最近ではドレスフォトのお客様が続々と増えているんです。もちろん増えているのには理由があるので、ご説明致します。


理由その① 【他の店では受けないリクエストも受け付けるから】

「他のお店に相談したら断られたんですけど・・・」というお客様リクエストに当店はできる限りご対応しています。他店さんに断られる理由は撮影場所が遠すぎたり、特殊なご注文だったりと様々です。つまり他店では「面倒くさい」というご要望に当店が応えているからこそなんです。これはドレスフォトだけでなく、和装フォトにも同じことが言えます。

当店はいわば前撮りの駆け込み寺と言ったところでしょうか。


理由その② 【ドレスを出し惜しみしないから】

ロケーション撮影では外での着用となるのでドレスも和装も少なからず汚れるのは避けられません。だから他店では「ロケ専用ドレス」を設けたり、古い衣裳だけに限定したりしますが、当店ではドレスも和装も一切出し惜しみしません。

例えばこのようなロングトレーンドレスでもロケでご着用いただけます。

プリンセスアン1

ドレスも打掛も「汚さないためにある」のではなく、花嫁様に「喜んで着用して頂くためにある」と思っています。屋内だろうが屋外だろうが関係ありませんし、私たちはロケーション撮影のプロですから汚れを最小限に抑えるための努力を惜しみません。だから衣裳の出し惜しみは一切していないんです。

こういうこともお客様に喜ばれているのだと感じています。


理由その③  【結婚式場の前撮りプランの費用の高騰】

少子高齢化、人口減少、結婚式実行率の低下により結婚式場は一組あたりの単価を上げていくことが生き残るための最重要課題です。だから全国でも組数は減少し続けているのにも関わらず、一組あたりの費用は年々上昇するという不思議な現象が起こっています。

だから結婚式場の前撮りプラン価格は高いんです。

たまにロケ地で出くわすこともありますが、スタッフさんの人数がハンパ無いです。その分経費がかかる訳ですから自ずと費用が高くなるはずです。

しかし当店のプラン価格はおよそ結婚式場の40~50%OFFほど・・・だから安心してご利用いただいている訳です。


理由その④ 【人と同じドレス前撮りに価値を感じないから】

人気のある結婚式場であればあるほどそこで前撮りをしているカップルもいると言うことになります。

・チャペルも同じ
・披露宴会場も同じ
・ヘアメイクスタッフも同じ
・カメラマンも同じ
・前撮り場所も同じ


でも価格は30万OVER・・・・冷静になって、前撮りを最初から検討しなおすカップル様にお越しいただいています。

011


最後に

結婚式も前撮りもどなたにとっても初めてのことでわからないことばかりです。

だからこそウェディングプランナーさんに頼ります。経験と知識が豊富で、一言言えば何でも手配してくれるので大変ありがたくて頼りがいのある存在です。でもプランナーさんが勧めてくれることだけが正解ではなく、自分で見つける正解も間違いなくあります。

「前撮りの予算を出来るだけ抑えたい」
「人と同じ前撮りはしたくない」
「自分たちが納得できる前撮りをしたい」
「自分好みの写真を撮るカメラマンに依頼したい」


027

こんなことが少しでも頭にあるなら結婚式場のプランナーさん頼りは一旦ストップしましょう!ご自分たちで動けばきっとそこにたどり着けるはずです!


当店は予算・ロケ地・リクエスト対応力などを評価していただけていることがドレスフォトの増加に繋がっているようです。これからもっともっとガンバっていきますよ!