写真だけの結婚式

綿帽子で和装ロケーションフォト 復活しました

12月2日、今年最後の紅葉ロケーションフォトとなりました。

思い返せば初夏から紅葉ロケーションの受付を開始し、早々と数組のお客様にご成約いただいたものの、その後は伸び悩みヤキモキしていた晩夏。しかし最終的にはabito史上最多組数のご成約をいただく事ができました。
そしてこの秋の紅葉時期は天気、紅葉具合にも恵まれ、ほぼ完全に近い形で終了する事ができました。予約組数が多かっただけに・・・・・

「雨で何組くらい延期になるだろう?」
「紅葉の色付きはどうだろう?」
「緊急事態宣言が最発令されないだろうか?」

本当に心配事がつきない1ヶ月半でした。

繰り返しになりますが、お天気と紅葉に恵まれた訳ですが、何よりも恵まれたのは何といってもお客様ですね。
本当にabitoをご利用くださるお客様はなんて言うんですかね、品があるというか、スマートというか・・・・とにかく素敵な方ばかりなんですね。
・言葉が綺麗
・文章が上手
・無理難題を言わない
・値引き交渉しない
・穏やかな性格
・時事に明るい
挙げればキリがないくらい、魅力あるれる方々でした。

一方で、今回の20件以上にも昇る紅葉ロケで当店にとっても収穫がありました。
・完璧にどの時期にどの場所の紅葉がおすすめか把握できた
・新しいロケ地を発見した
・お客様がどのようなプランをご要望しているかの傾向が明るみになった
・ロケ地での現地解散が好評だったこと
・コロナ渦でも安心安全、そして思い出に残る楽しい撮影ができるのがロケであるということ
こちらに関しても枚挙に暇がないほどです。

そして諸事情によりお受けしていなかった【洋髪での綿帽子】をこの秋に復活させ、白無垢と綿帽子の組合せはやはり最高に美しいという事を再確認することもできました。
IMG_5365

和装ロケーションフォトでの一枚ですが、まるで和の結婚式を思い起こさせてくれるのが【白無垢+綿帽子】です。
通常であれば綿帽子は鬘(カツラ)が必須となり、費用も時間も多くかかります。また鬘にしてしまうと、洋髪での姿を残すことはできません。ですが現在では洋髪のまま、綿帽子をお楽しみいたけるんですね。

洋髪に綿帽子・・・一見簡単そうに思えますが、実は大変難しく、誰もが出来るわけではありません。
技術はもちろんのこと、バランス感覚にすぐれていないと上の画像のような美しい綿帽子姿を実現する事ができません。この度、技術とバランス感覚に秀でたヘアメイクさんと出会えることができ、再度自信をもってお客様にお勧めできるようになったことも大収穫でした。

秋の紅葉ロケが終了し、数日は比較的落ち着いた日々が続きますが、12月もロケーション撮影が立て続きます。また3月以降の撮影希望のお客様からのお問い合わせ、ご相談もいただいており、大変ありがたく思っています。
この秋に収穫できたことを無駄にせぬよう、これからのお客様達に反映出来るよう務めていきます。

今後、abitoの和装前撮り専門サイトで新しいご提案、そしてプランをお知らせしていきますので、気になった方は気軽にご相談ください。そして秋の紅葉の次は春の桜ロケの受付が始まります。
ご興味のある方はぜひチェックしてみてください!
※桜ロケの受付開始は年明け頃を予定しています

和装ロケーションフォト、和装前撮り、桜ロケーションフォトに関するお問い合わせ・ご相談はLINEが便利です。ぜひご登録の上、ご連絡ください。

abito LINE公式アカウント
友だち追加

結婚式をしないと決めたお二人からのご相談が増えてきました

新型コロナウィルス感染者数の再増加に伴い、今週あるいは来春に結婚式をご検討されていたお二人からのご相談が増えています。

この騒ぎがなければ、この夏は結婚式場探しでお忙しかったであろうお二人。しかし総合的な判断から式場探しを止め、当店にフォトウェディングについてのお問い合わせがそんなお二人から相次いでいます。

これだけはハッキリお伝えしておきます。
決して結婚式の代わりとしてではなく、もう一つの選択肢としてフォトウェディングをご検討されているんです。

「結婚式をしない」とご判断されたお二人って、イメージ的には何となく悲観的にお過ごしになっていると捉われがちです。ですが決してそんなことは微塵もなく、敢えて言えばどこかすっきりとして晴れ晴れとされているんです。もちろん長年憧れていた結婚式を断念されるのには相当お悩みになったとは思いますが、今の状況下、「これ以上するかしないか悩むことから開放された」という気持ちの方が大きいのかもしれません。


当店がご提供しているロケーションフォトウェディングはただ単にドレスや打掛を着用しての撮影ではありません。

美しい景観の中での衣裳姿はご本人もお相手もテンションが高まります。
さらにはその中を歩いたり、座ったりすることで脳裏に「衣裳を着用しての思い出」が刻まれていきます。通りすがりの方などに「おめでとう!」とお祝いの言葉を投げかけられるとやはり嬉しいですし、お二人も様々な実感が湧かれると思うんです。

0022
それに当店の場合、撮影時間が2時間半くらいとほぼ結婚式の披露宴並ですから、たっぷりとドレスや打掛姿をご堪能いただけます。ご家族もご一緒に参加可能なので、ご両家で賑やかに撮影の時間を過ごして頂けもします。

043

そして撮影した画象を後年に見返した時、衣裳の思い出やご家族と過ごした撮影の時間が瞬時に蘇り、懐かしさと優しさに包まれるような感覚に陥ることでしょう。結婚式とは全く違ってはいますが、お二人の結婚の思い出となることは間違いないはずです。

当店としましては「もう一つの選択肢」としてお選びいただいたロケーションフォトウェディングがいつまでも輝き続ける素敵な思い出となるように、スタッフ一丸となってご提案、ご協力、ご案内、お手伝いさせて頂きます。お二人のご判断を肯定し、当店をお選びいただいたことに後悔をさせぬような思い出の撮影とさせて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

※紅葉ロケのご案内可能日も秋が近づくにつれ、空きが少なくなりがちです。

色打掛の美しさが凝縮した一枚の画象

最近、これまでの和装ロケーションフォトを見返しています。

そして思わず目が止まってしまった一枚がこちらです。

20171211-026

木枠の障子に佇む色打掛をお召しになった花嫁。

和紙によって柔らかく降り注ぐ陽射しが、赤地に色とりどりの刺繍で描かれた柄を鮮明になったその様はただただ美しく、いつまでも見続けることが出来そうなほどです。
特に打掛の胸元にある青の刺繍がインパクトがありつつも、全てをまとめているのかなと感じます。

また花嫁の障子に触れた右手、末広を持つ右手、そして視線を下に落とした目線などの所作があってこその美しさでもあります。


色打掛、いわゆる婚礼和装は数ある和装の中でも特別な衣裳です。
この衣裳の価値と魅力を最大限に引き出した一枚の写真にしてくれるのはロケーションだからこそだと思います。そう思い続けてきたからこそ、今もなお変わらぬ気持ちで自信をもってお客様方にご提案しています。

よく写真を「瞬間を切り取る」と表現されます。
その一瞬はただの一瞬ではなく、特別な一瞬であり、未来へ続くものではないでしょうか。

結婚式を挙げられない方は年々増えており、挙げても和装は着用しない方が殆んどです。
でも和装を着用しての未来へ続く一瞬を切り取れる時間は限られています。「撮影だけ」でも和装の着用は可能であり、むしろ撮影だけだからこそご紹介したような素敵な一瞬を残すことが可能とも言えます。

「この写真素敵だな」
「ちょっと興味が湧いた」
そんのちょっとだけでも何かを感じて頂けましたら、どうぞ気軽にご相談下さい。

お二人にとっての特別な一瞬をプロデュースし、見事に切り取ってみせます!

 

コロナ渦の今、ロケーション前撮りは秋までがチャンスかも!?

インフルエンザ同様、新型コロナウィルスも冬の感染拡大が心配されています。

やはりやりたいこと、出来ることは冬前、つまり夏または秋に済ませておくことが賢明なのかもしれません。ロケーション撮影によるフォトウェディング、結婚式や振袖の前撮りにもいえることだと思います。

この春、当店でも人気の撮影ロケ地も新型コロナの影響により撮影等での利用ができない時期があり、撮影を希望されるお客様にご対応出来ない事がありました。ただ現在はご案内しているロケ地は全て利用不可が解除され、以前と変わることなく撮影をさせて頂いております。

もちろん状況次第で再度利用が出来なくなることもあります。
もし仮に冬に感染拡大に至れば、今年のように春まで閉鎖される可能性もある事を考えるとこの夏、そして秋がチャンス!というより、不安なく撮影出来るシーズンになるかもしれません。

これは栃木県に限らず、全国で同じことが言えるはずです。

今冬、または来春に結婚式を控え、和装前撮りはロケーションでの撮影をご希望の方々、あるいは今年から来年にかけて写真だけの結婚式(フォトウェディング)を検討されている方々、そして来年に成人式を迎える二十歳の方々の振袖前撮りはこの夏、秋に撮影しておくことが賢明ではないでしょうか?
撮影業を営む々がご希望される撮影をお引き受けしたくとも、ロケ地が使用できないとなるとどうすることも出来ません。

最悪まるまる一年待たなくてはならない可能性も否定できませんからね。

夏のロケも素敵ですよ!
628

夏らしい陽射しの眩しさがお二人を包み、この季節らしさを演出してくれます。
エアコン完備のロケ地をご案内しているので、夏でも安心して撮影に臨んで頂けます。毎年多くのカップル様が夏に撮影されているのは通常に比べ、とってもお得なプランをご用意しているからなんです!

秋は一年で最も撮影の多いシーズン!
058

ダントツの一番人気である【紅葉ロケプラン】はこの美しい画象だけで説明は不要ですよね。
ただ今当店では『紅葉ロケ早期予約1万円OFFキャンペーン』を行っており、ご好評をいただいております。8月末までですよ~。

9月から10月にかけては竹林での撮影もおすすめです。

0080021

婚礼和装ではもちろん、振袖姿でもこんなに素敵な撮影が叶えることが出来ます。

今年はいつもと違う一年になり、私達としてもこの環境を受け入れなければなりません。
なかなか判断は難しいのですが、「やりたいこと」はやれるうちに、「できること」はできるうちに・・・ではないでしょうか。

とにかくまずはご相談下さい。
その上でどのように判断して行くかをご検討されてみてはいかがでしょう。

ご来店のご相談はもちろん、メールやLINEでのご相談も承っております。
※当店は完全予約制のため、ご来店を希望される場合は事前にご予約ください。

■メール
info@kaede-abito.com
■LINE

友だち追加

宇都宮のホテルでフォトウェディングができるようになります!

先日、実際のカップル様にご協力頂いてフォトウェディングのモデル撮影を行いました。

正確に言えばabitoが主催ではないのですが、当店としても今後深くかかわっていくビジネスとなります。まずはあれこれ説明する前に、撮影の様子をご紹介していきます。

IMG_8797

こちらはチャペルでの撮影です。
白のヴァージンロードから撮影が開始されたのですが、お二人ともなかなか表情づくりがお上手でスムーズに進んで行きます。

IMG_8800

こちらもチャペル内ですが、木の格子から注ぐ柔らかな光が綺麗です。ドレス姿が神々しく感じますね。

IMG_8801

こちらは場所を変えて、重厚感のあるカウンターを利用して撮影を行いました。
最近はこんな感じのフォトウェディングが多いので、もしかしたら「何となく見たことあるかも~」という方もいらっしゃることでしょう。簡単に説明すると韓国から始まったもので、アジア流のクールで大人な雰囲気。

カメラマンが撮影したものは、後日改めてアップいたします。


これまでabitoのフォトウェディング、あるいは前撮りは「和装」「ロケーション撮影」に特化していました。

たまたまお話しをいただき、今後このような「ドレス&タキシード」+「屋内」の撮影も進めて行くことになりました。しかしabitoが前撮りやフォトウェディングに求めて行くものは今後も変わらずに「写真という記録だけでなく、思い出という記憶もご提供」ということ。

ご紹介した写真を撮影した場所、そして今後撮影する場所も一緒で宇都宮のホテルの館内となります。
「フォトウェディングでのチャペル利用OK」
「エントランス撮影OK」
「メインフロア撮影OK」
このように大変融通を利かせてくださるホテルさんです。

結婚式をしない代わりにフォトウェディングを・・・
このようにお考えのカップル様には大変おすすめです。だってチャペルでフォトウェディングができるわけですから、ある意味結婚式の擬似体験をしたかのような気持ちになれるので、フォトスタジオでの撮影では作ることの出来ない思い出になりますからね。


現時点でこのフォトプランの受付開始は6月以降の予定となっています。
こちらのブログではもちろん、abitoのウェブサイトでもお知らせします。

結婚式前撮り&フォトウェディングのお得なモニタープランをご紹介

本日は前置きなしで直球でお得なウェディングのフォトプランをご紹介します。


全て「モニタープラン」となり、【8・9月の平日撮影限定】そして【撮影画像を当店のウェブサイト等で使用許可してくださること】、この二つがご利用に当たっての条件となりますので、予めご了承下さい。


一番のおすすめは「旧イギリス大使館別荘モニタープラン」です。

2018-08-06
画像では和装になってしまっていますが、ドレスとタキシードの洋装での撮影がめっちゃおすすめなんです。

これまではこの旧イギリス大使館別荘では和装での撮影しか実績がなかったのですが、つい先日洋装での撮影をしました。しかし写真の掲載はNGとのことで、ご紹介することはできません。
でもホント素敵な撮影でした。

館内は白をベースとした内装となっており、中からは中禅寺湖が一望することが出来ます。
また敷地内の湖畔に足を運べば、そこはまるでプライベートビーチのような雰囲気で、「ここは沖縄では?」と思ってしまうほどです。

今年は例年になく、数多くのドレスのロケーション撮影を行っていますがその中でもこちらは最高の場所です。
しかし標高の高い場所にあるので、10月以降は撮影が厳しくなるので、もしご希望されるのであればこの夏だと思います。なんたって通常より5万円もお得ですからね。


またこちらもおすすめです。

2018-08-06 (1)
県外の方からも絶大な人気を誇る田母沢御用邸での和装ロケプランもこの夏はとってもお得にご利用いただけます。

全国でも和装ロケは人気ですが、皇室と縁のある旧御用邸は全国で2ヶ所だけしかなく、その一つがこの日光田母沢御用邸です。広大な邸宅に大変見事な日本庭園と、まさに究極の和の雰囲気と言えます。京都の自社仏閣と比べてもひけをとることはありません。なんたって以前は天皇陛下がお過ごしになられた地なのですから。

通常は198,000円のプランが今なら5万円OFFの148,000円です。
冷房も完備していますので、安心して和装の撮影をお楽しみいただけますよ!


この二つのおすすすめ以外にもモニタープランをご用意しています。

真夏でも涼しい奥日光でのロケも特別価格になっています。和装でも洋装でもピッタリのロケ地です。

2018-08-06 (2)
スタジオ撮影にもモニタープランをご用意しています。

2018-08-06 (3) 2018-08-06 (4)

和装でも洋装でも通常ならオプション販売となる画像データが10カット分コミコミです。この夏だけですよ!


「これでもか!」

そう思えるほど全てのモニタープランがたいへんお得になっています。
この秋、そして来年早々に結婚式を控えているカップル様、そして結婚式は挙げないけど写真だけは残したいとお考えのカップル様はこの夏がチャンスです。ぜひこの機会を見流すことなく、コスパ最高のモニタープランをご利用下さい。

もちろん前もっての「相談だけ」でもお二人のご来店を大歓迎致します。
ご興味のある方はまずはお気軽にお問い合わせ下さい。


バナー1
Wedding Dress abito前撮り専門サイト



バナー2
Wedding Dress abito公式サイト

この夏に前撮りしたいけど、予算が・・・というお二人に嬉しいお知らせ

結婚式前撮りのトップシーズンと言えば桜の咲く春と紅葉が美しい秋です。


でも暑い夏に行うカップル様が結構いらっしゃるのもまた事実。
実際に当店では毎年多くのカップル様がおり、この7月も既に10組ほど撮影させて頂きました。しかもその殆んどが野外でのロケーション撮影なのですから、驚きですよね

IMG_8695
宇都宮と比べ-10℃の涼しい奥日光での一枚


何故夏に?

もちろん理由はいくつかあります。

■結婚式まで時間がないから(初秋挙式予定)
■仕事上、夏にしか時間が取れないから


・・・納得しますよね。
でもこれらは「夏に前撮りをする理由」というよりは「夏にしか前撮りできなかった理由」と言えるかもしれません。


一方、「夏だからこそ前撮りをする理由」をもってご来店される方もいらっしゃいます。
その理由とは費用が抑えられるからです

そう、夏の前撮りはトップシーズンに比べてとってもお得なんです。

通常料金が割り引きになったり、夏だけの特別な撮影プランがあったり、その他特典があったりとお得が盛りだくさん!!!
なので夏に結婚式の前撮りを行うのもアリどころか、検討すべき時期と言えますね。


もちろん当店でも夏用のプランをご用意しています。
そして8月からは新しい夏だけのプランを皆様にご案内いたします。
これまでになく大変お得な価格、そして内容となっていますので検討する価値は◎♪

ちょっとご紹介させてください!

【夏のモニタープラン 三連発】

① ドレススタジオモニタープラン  63,000円←この価格がまずお得です

ドレスは限定なしでご自由に選べます←通常していません
撮影した画像の中から10カット以上をお渡し←通常、データはオプション販売です

② 奥日光ロケ モニタープラン 135,000円←秋からは198,000円~

ドレス・和装ともお好きな衣裳を選べます←凄いですね♡
30カットデータお渡し←多くなく、少なくなくちょうどいいくらいです。

なんと言っても夏でも涼しい奥日光の戦場ヶ原や湯滝で快適に撮影できるので、真夏のロケにピッタリの場所です。
ちょっと小旅行気分で、前撮りできちゃいます。
※和装は2組限定
※ドレスならもっと快適に前撮りできちゃいます

③ 和装スタジオモニタープラン 68,000円←破格♡

白無垢でも色打掛でもお好きなものをお選び頂けます←人気の「紅こふき」や「紅裏」もOK
10カットデータお渡し←結婚式の動画やウェルカムボード、年賀状と使い方いろいろ!


夏のモニタープランの詳細はabitoの前撮り専門サイトでご確認下さい


これらのモニタープランはただ「お得!」とご案内しているわけではありません。
またお手頃価格だからといって、手抜きしたり、撮影時間を短縮したりなど一切するつもりはありません。むしろいつも以上に一所懸命に撮影に臨むことになります。何故なら「モニタープラン」だからです。

①~③のプランは秋以降にabitoの主力プランとさせるべく、この夏にお客様にご利用いただき、熟成をしていくことも目的の一つです。
①と③のスタジオ撮影はこれまでの物とはひと味もふた味も違った撮影を行います。
シンプルながらも深みのあるクールで大人な撮影をし、5年後も10年後もリビングに飾っておきたくなる写真を創造します。

また②のロケプランは日光のもう一つの顔である「自然豊かな日光」をテーマにし、ここでしか撮影できない前撮りをご提供していきます。


つまりabitoの前撮りの更なる進化にご協力をお願いする代わりに、お手ごろ価格と特典をご提供させていただくプランなんです。

理由のない安さや特典は返ってお客様に疑念を抱かせてしまうものですが、しっかりとした理由がありますので安心してご利用いただけます。要はgive & takeってことですからご納得いただけることと思います。

この三つのモニタープランは基本的に8月と9月、そして平日の撮影限定です。
土日、お盆休みなどを考慮すればそれほど多くのお客様をご案内できませんが、ぜひこの機会を見逃すことなく、夏の前撮りをご検討下さい。


結婚式前撮りの予算がグッと抑えられますし、ステキな思い出づくりにもなります。
もちろん式を挙げないカップル様のフォトウェディングとしてもご利用いただけますからね。


お問い合わせはこちらから

☎ 028-655-0975
✉ info@akede-abito.com




バナー1
Weddng Dress abito前撮り専門サイト




バナー2
Wedding Dress abito公式サイト

 



 

和装前撮りを自宅でする理由

007

「自宅で和装姿の写真を家族と撮りたい」


こういったご希望をお持ちのお客様がいらっしゃいます。当店ではこれまで数組のこういったご希望に対応させて頂いてきましたが、今年は既に2組のカップル様に自宅ロケをご予約いただいています。

 

当店では和装撮影に最高のロケ地をたくさんご案内しているにも関わらず、なぜご自宅を選ばれるのか?

不思議ですよね。


これまでご対応させていただいた方、そしてこれからの方の全てに共通している理由があります。

それは「結婚式に出席できないおじいちゃんやおばあちゃんに目の前で花嫁姿を見せてあげたい」「一緒に記念撮影をしたい」という優しい想いがあるからです。


人間歳を取ると誰でも身体のどこかしらに支障をきたすものです。またそこまではなくても、孫の結婚式をする場所が遠方となると出席できない場合もあります。孫である花嫁にとってももちろんですが、それ以上におばあ様にとっては寂しく、辛いことだと思います。


生まれてからずっと尽きることのない愛情を注ぎ、目に入れても痛くないほどかわいい孫の花嫁姿をその目で見ることが出来きないという判断を下すのはとても辛いことです。結婚式後に写真や動画で孫の花嫁姿を見る事は出来ますが、でもやっぱり自分のその目で見たいというのは当然のことです。



一方、孫にしても「できれば花嫁姿を見てもらいたい」と思うのは自然なことです。


そんなおばあさまとお孫さんの言葉に出せない想いを実現できるのが「自宅ロケ」です。

おじい様、おばあ様のお住まいに伺って記念の撮影をさせて頂きます。自宅ですのでおじい様おばあ様に負担もありませんし、家族だけで楽しむ和装前撮りを叶えることができます。いわばもう一つのご自宅で家族だけの結婚式と言えますね。


華やかな婚礼衣裳に身を包み、美しくメイクしたお孫さんの花嫁姿はどのようにその目に写るのでしょうか?


この時撮影した写真はおじい様やおばあ様にとっては最高の宝物となることでしょう。またその一方、お孫さんである花嫁様にとってもかけがえのない一生の宝物になるはずです。「結婚」は花嫁花婿にとって最高に幸せな瞬間ですが、ご家族にとっても同じなんですね。そんな皆さんにとっての幸せな瞬間を写真というタイムカプセルに閉じ込めるお手伝いをしています。


040 041 043

当店がお手伝いしたこんな写真が、お二人の人生の支えになってくれるのかもしれません。


これまで溢れんばかりの愛を注いでくれたあの人に、今後はあなたから愛を注いでみてはいかがでしょう?

代金以上の物をいただきました

1月にabitoのスタジオで和装前撮りをされたお二人が、仕上がったアルバムを受け取りにご来店されました。


打ち合わせ・撮影・そして今日のご来店と変わらぬ丁寧なお二人の振る舞いに、「自分もこう言うお客でありたい」と思いました。店側のスタッフだって人間です。気持ち良いお客様に出会えると、こちらまで清々しい気持ちになりますからね。


早速アルバムをお二人に確認して頂くと、「うわぁ~嬉しい」「やっぱり前撮りして良かった」「色打掛と白無垢の両方来て良かった」「本当にありがとうございました」と立て続けに聞いて嬉しいお言葉を連発してくれました。ホントありがたいことです。



どちらかと言えば当店は前撮りにおいては「ロケーション撮影」に特化しており、おすすめしており、強い自信を持っています。だからと言ってスタジオ撮影に自信がないわけではありませんが、今回のお言葉を聞き、もっとスタジオ撮影も推し進めて行くことに自信が付きました。


スタジオ撮影にはスタジオ撮影のメリットがあり、決してロケーションと比較できるものではありません。同じ「和装前撮り」とはいえ、進行や撮影方法などはかなりの違いがありますし、優劣を付けることはできませんしね。ロケーション撮影しか目に入らない方もいれば、スタジオ撮影こそベストであると考える方もいらっしゃいます。つまりは人それぞれなんですね。

無題


大満足♡


誰かの願いを叶え、そして喜んでもらうというのは自分(会社)の存在価値を認められたようで「この世に生まれて良かった」と感じますし、この仕事をしているからこそ味わえる醍醐味であると実感します。

誰かの役に立つ・・・
誰かの喜びを作り出す・・・
誰かの願いに寄り添う・・・

職業を問わず、どんな仕事においても究極の目標ってこう言うことです。


そしてこう言った経験、体験が更なる推進力を生み出し、「次も必ず」って思うんですね。代金だけでなく、気持ちもいただける有難さを感じた一日でした。お二人以上の感謝を込めてお二人に「ありがとうございました」とお礼を述べましたが、伝わったかな?


これでまた明日からもこれまで以上に頑張れます。

フォトウェディングwith社長

FullSizeRender

先日、当店でドレスのフォトウェディングをされたお客様の話しです。


こちらのお客様は今年のGWに日光の東照宮で神前挙式を行なったのですが、式が終わってから「やっぱりドレス姿も残したい!」とのことで当店をご利用してくださいました。



実はこちらのお客様、弊社の社長がよく行くお蕎麦屋さんのご主人と奥様です。


聞いたところによると、お蕎麦屋さんといっても夜はお酒も呑めるそうで、社長は夜の部でよく利用しているそうです。段々と親しくなって行くうちにフォトウェディングの話しになり、「ウチおいでよ~サービスするからさぁ~」とお酒の勢いもあり、気軽にお声掛けしていたそうです。ま、社長としてもそんな席での話しなので話半分でいたそうですが、実際にご利用いただくことになりました。



それまで客の立場は社長でしたが、今度はお二人がお客様となり立場逆転です。


ホント、いつ誰がお客様になるかわかりません。例え酒の席、そして客だとしても社長が悪態を付いたり、お店に迷惑をかけていたらお二人はお客様としてご来店されることはなかったでしょう。そう言った意味ではお二人にとって、印象は悪くなかったんでしょうね。



まぁ社長も現金なもので、お二人のご利用後は夜だけでなくお昼も週に一回の頻度でランチしに行っているようです。でもこう言う形ってそれこそ大昔から行なわれている「相互扶助」です。こう言う積み重ねがとても大切なんですよね。



こちらのお二人にはアルバムも作って頂き、ついこの間社長がお届けしてきました。もちろんそのついでにお昼も食してきたそうです。このアルバムの最後のページにはこんな写真をお選びなりました。

FullSizeRender

社長と一緒の3ショット!

新婦様曰く「この写真が一番自然な笑顔だから」だそうです。お二人にとって一生の宝物となるアルバムに弊社社長も入れて頂けるなんて光栄の至りですね。もちろん社長も恐縮していましたが、「これこそ究極のサービス」との事でした。お二人と社長の親密さが伺えますね。


でももうちょっとしっかりとしたというか、ちゃんとしたポーズをすれば良かったのに・・・。