ロケーションフォトウェディング

日光ロケーション撮影 LAST2

いや~今年は日光でのロケーション撮影が例年に比べ3倍ほど増えたので、足繁く通っています。

11月12日の本日は田母沢御用邸で、明日13日は中禅寺湖湖畔で撮影と多かった日光での撮影もLAST2となりました。やはり秋の日光は紅葉の素晴らしさもあり、絶大な人気がありますが冬はともかく、春も夏も撮影には絶好のロケーションです。

そういえば今年の夏も中禅寺湖湖畔でたくさん撮影をしましたが、暑さを気にせず快適に撮影出来るんです。
夏の眩しい陽射しが中禅寺湖の湖面に輝き、美しい緑、真夏とは思えない空気・・・・洋装でも和装でも絵になってしまうから最高です。

ただ5月~7月にかけてはこれまでもあまり撮影実績はないのが実情です。

来年の令和3年は日光ロケーションフォトにさらに力をいれ、春夏秋と日光の移り行く季節の中で最高の思い出づくりをご提供していきたいと思っています。今年の多くの撮影実績で、当店はさらに日光での撮影のスキルアップとレベルアップしたと感じています。衣裳はもちろん、撮影ももちろん、仕上がりはもちろんのことですが、それ以上にお客様に対するホスピタリティーを充実させ、撮影の一日が一生の思い出になるようにご対応していきます。

今年の秋も栃木県に縁も所縁もない県外のお客様にも数多くご利用いて頂いています。
小さな小さな、それこそ風が吹けば飛んでいってしまう会社ですが、お客様の思い出づくりに、そして地元栃木県に少しでも貢献出来るようさらにパワーアップしていきます。
小さな会社だから出来ることがあります。abitoだから出来ることがあります。うちのスタッフだから出来ることがあります。

その価値観は他にはなく、当店のオリジナルです。
コロナ渦で世の中が変わり、当店も変わらなくてはなりません。abitoは商品ではなく、価値観こそが何より大切だと思っています。


それでは今から日光へ撮影に行ってきます!
 

11月上旬は連日日光へ・・・

予告したようになかなかブログの更新ができておりません。

今は11月5日の8:30。

フロアでは本日の和装ロケーションフォトのお客様のヘアメイクが始まっており、1時間半後には日光の田母沢御用邸に向けて出発します。その合間に久しぶりにブログを書いているというワケです。

今、日光は紅葉の最盛期。
IMG_9884
こちらは11月2日に撮影された紅葉の様子です。

紅葉ロケーションフォトには最高の時期となり、当店も連日お客様を迎え、日光で撮影しております。
当店にとっては今シーズン○○件目の撮影だとしても、お客様にとっては生涯初めての、そしてたった一度の特別な撮影です。「撮影の仕事」としてではなく、「生涯の思い出づくりのお手伝い」としてお客様に寄り添い、撮影の一日を忘れることの出来ない思い出にして頂くべく本日も心を込めてご対応していきたいと考えています。

既に秋の疲れは感じておりますが、4~7月頃の事を考えればお仕事をいただけていることにただただ感謝するのみ。色々あった令和2年ですが、ご結婚される方々にとっては記念すべき年です。そのお手伝いが出来る喜び計り知ることはできませんね。

ロケーションフォトに新しいロケ地が加わります!

多分ですが・・・栃木県内において最も多くのロケ地をご案内しているのは当店かもしれません。

中禅寺湖畔
田母沢御用邸
掬翠園
岡田記念館
横山郷土館
松村記念館
益子参考館
若竹の杜
中央公園
わんぱく公園

・・・改めて挙げてみると10ヶ所もあるんです。

実際、どのロケ地も素晴らしいですし、この数だけあれば十分であるとも言えます。しかし何事においても常に「新しい血」は間違いなく必要となってきます。常々「新しい素敵なロケ地はないかな?」と考え続けていたわけですが、その甲斐あって久しぶりに新しいロケ地になるであろう素敵な場所を知り、早速現地へ赴いてきました。

まずは現地の画像をご覧ください。

IMG_9853 IMG_9852 IMG_9846 IMG_9851 IMG_9855 IMG_9854 IMG_9850

こちらはさくら市にある瀧澤家住宅といい、栃木県指定文化財となっている由緒ある歴史的建造物となります。

なんでもこちらにはかつて明治天皇がお立ち寄りになり、次の機会のために贅の限りを尽くして作った客殿とのこと。実際に見学させていただきましたが、全体的な趣はもちろんですが、細部に渡りとても豪奢で繊細な作りとなっており、和装婚礼撮影には最高のロケ地だと断言できます。

様々なロケ地を見てきた私が保証します!

すでに監理団体には撮影の許可を取り付けており、もういつでも撮影することはできるのですが紅葉ロケーション撮影がこれから目白押しで、早くとも12月10日すぎからでないと対応できない状態です。ちなみにこちらでは和装婚礼の撮影はこれまで一度も行われていないので、もしかしたら第一号になれるかもしれませんよ!

近々こちらの瀧澤家住宅撮影プランを立ち上げますが、最初の二組限定で特別なサービスをご提供する予定です。
お得にロケーション撮影したい!
とにかく新しいものが新しいもの好き!
第一号になりたいたい!

そんなお二人は近々abitoがお知らせするプランを要チェックですね!来月11月の中旬までにはフォトウェディング専門サイトに詳細を掲載しますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

ご連絡はabitoのLINE公式アカウントでお願いいたします。
友だち追加

12月でも緑美しい和装ロケーション撮影が叶います

前回からかなり間が開いてしまい、本当に久しぶりのブログ投稿となってしまいました。

良い訳をさせていただくと「本当にブログを書く時間がない」という感じですかね。多分12月上旬を過ぎないと、この状況は変わることはなく、当分の間はブログの更新もままならないことを予めお伝えしておきます。


さて11月~12月上旬にかけては紅葉ロケーション撮影のシーズンです。
おかげ様で大変多くのご予約をいただいており、ご案内出来る日程も残っておらず、新たなお問い合わせにお断りをさせて頂いております。大変心苦しく、可能であればご要望に対して対応していきたいのは山々なのですが、残念ながら不可能な状況となっています。

「紅葉の中で和装の思い出づくりがしたい!」
このご要望にお答えすることは出来ませんが、「年内に撮影したい」というご要望にはお応えすることができます。12月と言えば初冬であり、木々の葉も落ちてしまうものですが常緑樹に限ってはそうではありません。冬だって綺麗な緑を保ったまま、皆様を迎えてくれます。

そこで12月以降でおすすめのロケーション撮影場所なのが当店でも人気のロケ地である「岡田記念館」です。
岡田記念館と言えばやはり「竹林の小道」がアイコンと言えるかもしれません。


005

竹は冬でも葉が落ちることなく、季節を感じさせることはありません。
この画象も実は撮影は2月だったのですが、冬って感じませんよね?

岡田記念館には竹林の他にも樹齢500年の松があったりと、緑に事欠きません。確かに撮影自体は寒い中で行われますが、和装の下にヒートテックなどを着込んで頂き、少しでも寒さを和らげる事ができれば春や秋の撮影と遜色のない和装ロケーション撮影が叶います。
それに加え、冬は空気が澄んでいるので写りもよく、汗を書くことがないのでメイク崩れの心配もない、さらにさらに天候が安定しているのでスケージュール通りに撮影を行える確率が他の季節よりかなり高いといえます。

そう、懸念材料は「寒さ」だけなんです。
しかしここ岡田記念館ではこれまでも12月~2月の期間に和装撮影したカップル様も多いので、寒さはさほど懸念材料にすらなり得ないのかもしれません。

現時点で年内に当店がご案内出来る日程は12月7日以降で、一日一組として15組間でならご対応可能となっております。紅葉ロケでなくても「年内には撮影しておきたい!」とお考えの方は岡田記念館をご検討してみてはいかがでしょう?まずは気軽にご相談ください。

ご相談はabitoのLINE公式アカウントからがスムーズです!
友だち追加  

中禅寺湖でのドレスフォトウェディング倍増計画

これまで当店は大変数多くのロケーションフォトウェディングを行ってきました。

おかげさまでこの秋も多数のご予約をいただいており、本当にあり難いことだと感謝している次第です。

とはいえ・・・当店のロケーションフォトの殆んど(およそ9割強)が和装での撮影です。それでも今年はドレスでの撮影も例年に比べると多いですかね。そんなドレスロケーションフォトで絶大な支持を得ているロケ地が中禅寺湖湖畔です。

今年も既に数回撮影してきました。

私は生まれも育ちも栃木県で幼少の頃から数え切れないほど日光を訪れていますが、今になって日光の本当の素晴らしさを思い知らされています。今は日光に行くのはほぼ撮影の為となっていますが、もしかしたらだからこそなのかもしれません。

さて中禅寺湖とはどんなところなのでしょう。

IMG_9812 IMG_9816

やはり山々に囲まれた静かな波の湖、これに尽きます。一枚目の右に写る男体山が日光のアイコン的象徴といえます。

IMG_9813

たいへん透明度が高く、湖面は青く輝いています。

IMG_9814 IMG_9817 IMG_9818

5月~10月にかけては新緑が眩しいほど美しく、木陰の醸し出す雰囲気はまさにリゾート地。10月中旬頃から11月上旬にかけては樹木が色付き、紅葉が見事で全国的にも有名ですよね。

IMG_9815

こちらは旧英国大使館別荘の2階から中禅寺湖を一望した様子です。

本当にどこを見回しても素晴らしい景観ですし、空気が綺麗で北欧を思わせる雰囲気もあります。時間と自然が作り出したこの空間のなかに一歩足を踏み入れると、とても贅沢な気持ちとなり、心も穏やかになります。本当に最高です!

中禅寺湖湖畔は洋装ロケに最高の場所なんです。
この夏にこちらで洋装ロケをして改めて感じたんですよね、その魅力を。
個人的には洋装ロケの場合、紅葉時期より新緑の時期の方がおすすめなんです。また真夏の8月でも暑さは全く気にならず、むしろ「気持ちイイ!」と思うくらいに涼しくて快適ですよ。

くり返しになりますが、これまで当店は和装ロケが多く、洋装ロケは少なめでした。
しかしコロナ渦により結婚式の延期、キャンセル、検討からの除外などの判断をされたカップル様は「ドレス姿を残したい」という想いが強く、当店にもそんな問い合わせが増えてきました。

栃木県内にこんなに素敵な場所があるんですから、最大限に活用し、お客様に素敵な思い出づくりをご提供していきたいと思っています。
来年はこちらでのドレスロケーションフォトの魅力を少しでも多くの方にお知らせし、思い出づくりのサポートをしていこうと計画を立てています。和装の撮影とはまた違った撮影方法で、お二人の笑顔とドレスの魅力を最大限に引き出していきます。

例えば・・・
ゴムボートにカメラマンが乗り、湖側から撮影したり・・・・
撮影の最後にドレス&タキシード姿のお二人が湖に入っちゃったり・・・

これまでしてこなかった撮影も積極的に取りいれ、毎回最高の撮影にしていきます。

そんなわけで来年入籍予定があったり、来年の5月以降にドレスフォトをお考えの方々は気軽にお問い合わせ下さい。組数限定で特別なプランも来年早々にも発表いたしますのでお楽しみに!

 

結婚式をしないと決めたお二人からのご相談が増えてきました

新型コロナウィルス感染者数の再増加に伴い、今週あるいは来春に結婚式をご検討されていたお二人からのご相談が増えています。

この騒ぎがなければ、この夏は結婚式場探しでお忙しかったであろうお二人。しかし総合的な判断から式場探しを止め、当店にフォトウェディングについてのお問い合わせがそんなお二人から相次いでいます。

これだけはハッキリお伝えしておきます。
決して結婚式の代わりとしてではなく、もう一つの選択肢としてフォトウェディングをご検討されているんです。

「結婚式をしない」とご判断されたお二人って、イメージ的には何となく悲観的にお過ごしになっていると捉われがちです。ですが決してそんなことは微塵もなく、敢えて言えばどこかすっきりとして晴れ晴れとされているんです。もちろん長年憧れていた結婚式を断念されるのには相当お悩みになったとは思いますが、今の状況下、「これ以上するかしないか悩むことから開放された」という気持ちの方が大きいのかもしれません。


当店がご提供しているロケーションフォトウェディングはただ単にドレスや打掛を着用しての撮影ではありません。

美しい景観の中での衣裳姿はご本人もお相手もテンションが高まります。
さらにはその中を歩いたり、座ったりすることで脳裏に「衣裳を着用しての思い出」が刻まれていきます。通りすがりの方などに「おめでとう!」とお祝いの言葉を投げかけられるとやはり嬉しいですし、お二人も様々な実感が湧かれると思うんです。

0022
それに当店の場合、撮影時間が2時間半くらいとほぼ結婚式の披露宴並ですから、たっぷりとドレスや打掛姿をご堪能いただけます。ご家族もご一緒に参加可能なので、ご両家で賑やかに撮影の時間を過ごして頂けもします。

043

そして撮影した画象を後年に見返した時、衣裳の思い出やご家族と過ごした撮影の時間が瞬時に蘇り、懐かしさと優しさに包まれるような感覚に陥ることでしょう。結婚式とは全く違ってはいますが、お二人の結婚の思い出となることは間違いないはずです。

当店としましては「もう一つの選択肢」としてお選びいただいたロケーションフォトウェディングがいつまでも輝き続ける素敵な思い出となるように、スタッフ一丸となってご提案、ご協力、ご案内、お手伝いさせて頂きます。お二人のご判断を肯定し、当店をお選びいただいたことに後悔をさせぬような思い出の撮影とさせて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

※紅葉ロケのご案内可能日も秋が近づくにつれ、空きが少なくなりがちです。

夏の中禅寺湖でロケーションフォトウェディング

昨日8月4日は火曜日でした。

本来であれば定休日なのですが、昨日は中禅寺湖でロケーションフォトウェディングを行ってきました。真夏日となった一日でしたがいろは坂を登った先の標高の高い地に位置する中禅寺湖は涼しく、撮影に最適な気温でした。

IMG_9764

白い雲に青い空・・・まさに夏らしさを感じる最高のコンディションでお客様もスタッフもMAXな気分!

IMG_9762 無題

毎年この時期に中禅寺湖の湖畔で撮影することは多いのですが、中でも人気の撮影スポットがこちらの桟橋。
大きく広がる空が一望でき、周囲は山々に囲まれ、美しく透明度の高い湖がお二人をより輝かせてくれます。間違いなく日本、間違いなく日光で撮影しているのですが、「もしかしたらここは北欧のリゾート?」と思ってしまうほど贅沢な雰囲気に飲み込まれそうになります。

2

こちらは英国大使館別荘内からの眺望です。
壮大な自然を目の前にすると、日常の忙しさや煩わしさも忘れてしまいます。今回も撮影でこちらにお邪魔しましたが、たまにはこういった場所に訪れ、日々の疲れ癒す時間も間違いなく必要なんだなと感じました。

さて例年であればこの時期の中禅寺湖湖畔は国内外を問わず、多くの観光客で賑わいます。
しかし今年はコロナ渦であり、昨日も例年に比べ観光で訪れる方は半分以下に感じました。飲食、お土産屋さん、そして宿泊施設を営む方々はさぞお辛い気持ちでお過ごしなのだろうと感じます。

栃木県民にとって日光は本当に身近で、幼少の頃から何度も訪れたことのある場所だと思います。
でも歳を重ねるにつれ、感じ方、興味も変化しているはずですから、改めて日光へ訪れてみると違った魅力を発見したり、この地の価値を再発見するはずです。我々県民が他の都道府県民の方に堂々と自慢できる世界の日光です。
インバウンドの方はもちろんですが、首都圏からの観光客が激減し、日光でご商売されている方々は本当に寂しい思いをされています。こんな時こそ我々県民が応援していきましょう!

多分全国各地の観光地も同じ状況だとは思いますが、こんな時に「日光は県民により支えられ、活況です!」という状況になればそれは全国に波及していき、その先にはJapan Powerの世界発信に繋がります。観光の方が少ないということで、例年より静かで動きやすい本来の日光の姿を体感出来るチャンスは今年限定かもしれませんよ。

仕事でお世話になっている日光に少しでも貢献出来るよう、abitoも魅力を発信し、多くの撮影を手がけられるよう頑張っていきます。

和装前撮りご希望の方がabitoにお越しになった理由

本日も和装前撮り(ロケーション撮影)をご希望されるお客様にご来店いただき、ご成約くださいました。

実はご来店前に撮影スケジュールを確定くださっていて、本日は衣裳のご試着⇒正式契約という流れでした。つまりご来店前にabitoのご利用をほぼほぼお決めくださっていたということになります。


これって本当に有難いことであり、当店としましては「ご来店前にもかかわらず、どうしてそこまで信頼してくださるんだろう」と思うほど。しかしこういったケースって当店の場合は少なくなく、いつも不思議に思っているんです。


一度もお店をみていない
どんなスタッフかわからない
もちろんabitoのご利用は今までない

こんな条件が揃っているにもかかわらずです。


もちろんご来店前にお電話やメール、最近ではLINE等で事前にご相談を受け、ある程度のご質問には真摯にお答えしています。でもただそれだけに過ぎません。何が後押ししているんでしょうか・・・未だにわかりません。


さて当店では初めてのご来店時にアンケートの記入をお願いしています。
ほんと簡単なアンケートで項目は九つ。
その中で当店が最も注視しているのが二つほどあります。

■abitoをどちらでお知りになりましたか?
■当店にお問い合わせくださった理由をお聞かせください

この二つです。
「どちらで?」に対してはほぼほぼ『ホームページ』との答えが多いのですが、中には「友人のすすめ」という一番嬉しい答えも増えてきています。そして「お問い合わせの訳」に関して一番多い答えが『写真が素敵なものばかりだったから』です。本当に光栄です。

ちなみに本日のお客様は『ホームページ』で知ってくださり、『ロケーション撮影の雰囲気が良かったこと』『式場での撮影と比較して安く撮影出来るのが良いと思った』ことがお問い合わせの理由とのことでした。


和装前撮りにおいて、検討・比較すべきことはいくつかありますよね。
【クオリティ】【費用】【衣裳】【プラン内容】【実績】はもちろんのこと、ウェブサイトや応対において目には見えないけど感じることも含まれると思います。ですがやはり最も重要視されるのは【素敵な和装写真を残せるかどうか?】ということに尽きるのではないでしょうか?
もちろんそこに費用やホスピタリティなども加味し、総合的に判断されるわけです。

どんなに素敵な写真になろうとも予算が合わなければご利用はされませんし、どんなに費用が安く済んでも満足できなければ「高い」と同じです。当店としましては写真の仕上がりにご満足頂ける自信をもっています。ただし価格に関しては「安い」のか「高い」のかは別として、私達が提供するサービスに照らし合わせた設定にしています。
そして今回「式場に比べ割安」というアンケートの答えお答えをいただき、お客様方に安心してご利用頂けている結果が出て喜んでいる次第です。

さぁこちらのお客様の撮影は8月です。

628

2万円OFFに加え、「土日料金半額」「A3ポスタープレゼント」「衣裳グレードアップ料金無料」の3つの特典つきの特別なプランをご利用くださいます。8月は暑く、特に新婦様は大変だとは思いますがこれまでの夏のロケの数ある経験を活かし、少しでも快適に撮影に臨んでいただけるよう万全の準備を整えたいと思います。

夏の特別プランは反響も良く、8月前半はご案内出来る日が限られてしましまいますが絶賛受付中でございます。7月中旬以降、8月下旬はまだ余裕がございますのでお気軽にご相談下さい。状況次第ではありますが、9月上旬まで期間を延長する予定もありますからね。

コロナ渦の今、ロケーション前撮りは秋までがチャンスかも!?

インフルエンザ同様、新型コロナウィルスも冬の感染拡大が心配されています。

やはりやりたいこと、出来ることは冬前、つまり夏または秋に済ませておくことが賢明なのかもしれません。ロケーション撮影によるフォトウェディング、結婚式や振袖の前撮りにもいえることだと思います。

この春、当店でも人気の撮影ロケ地も新型コロナの影響により撮影等での利用ができない時期があり、撮影を希望されるお客様にご対応出来ない事がありました。ただ現在はご案内しているロケ地は全て利用不可が解除され、以前と変わることなく撮影をさせて頂いております。

もちろん状況次第で再度利用が出来なくなることもあります。
もし仮に冬に感染拡大に至れば、今年のように春まで閉鎖される可能性もある事を考えるとこの夏、そして秋がチャンス!というより、不安なく撮影出来るシーズンになるかもしれません。

これは栃木県に限らず、全国で同じことが言えるはずです。

今冬、または来春に結婚式を控え、和装前撮りはロケーションでの撮影をご希望の方々、あるいは今年から来年にかけて写真だけの結婚式(フォトウェディング)を検討されている方々、そして来年に成人式を迎える二十歳の方々の振袖前撮りはこの夏、秋に撮影しておくことが賢明ではないでしょうか?
撮影業を営む々がご希望される撮影をお引き受けしたくとも、ロケ地が使用できないとなるとどうすることも出来ません。

最悪まるまる一年待たなくてはならない可能性も否定できませんからね。

夏のロケも素敵ですよ!
628

夏らしい陽射しの眩しさがお二人を包み、この季節らしさを演出してくれます。
エアコン完備のロケ地をご案内しているので、夏でも安心して撮影に臨んで頂けます。毎年多くのカップル様が夏に撮影されているのは通常に比べ、とってもお得なプランをご用意しているからなんです!

秋は一年で最も撮影の多いシーズン!
058

ダントツの一番人気である【紅葉ロケプラン】はこの美しい画象だけで説明は不要ですよね。
ただ今当店では『紅葉ロケ早期予約1万円OFFキャンペーン』を行っており、ご好評をいただいております。8月末までですよ~。

9月から10月にかけては竹林での撮影もおすすめです。

0080021

婚礼和装ではもちろん、振袖姿でもこんなに素敵な撮影が叶えることが出来ます。

今年はいつもと違う一年になり、私達としてもこの環境を受け入れなければなりません。
なかなか判断は難しいのですが、「やりたいこと」はやれるうちに、「できること」はできるうちに・・・ではないでしょうか。

とにかくまずはご相談下さい。
その上でどのように判断して行くかをご検討されてみてはいかがでしょう。

ご来店のご相談はもちろん、メールやLINEでのご相談も承っております。
※当店は完全予約制のため、ご来店を希望される場合は事前にご予約ください。

■メール
info@kaede-abito.com
■LINE

友だち追加

延期となっていた和装ロケーション撮影が無事終了です

今年早々にご予約をいただいていた和装ロケーション撮影。

本日無事に終了することが出来ました。


本来であれば5月中に撮影する予定でしたが、新型コロナ感染拡大により一旦延期・・・それでもなかなか次の予定が組めずにいました。6月は5月に比べ、気温もさることながら湿度も上昇するので心配でしたが、終わってみるとこの季節にしてはコンディションは良好だったと思います。

今回のロケ地は鹿沼市にある掬翠園。
IMG_9706

そもそもこちらも暫くの間はコロナの影響で使用が禁止されており、今月に入ってようやくOKが出たんです。

IMG_9703

この季節の掬翠園は降りそそぐ日の光がとても印象的です。

IMG_9704

瑞々しい新緑が眩しく、お二人の和装姿を一層引き立ててくれます。

IMG_9705

和邸宅内はエアコンが完備されているため、暑さを感じたら室内へ避難し、涼を取りつつ体調管理も万全での撮影が可能です。

新郎新婦の親御様も同席し、この時だけの家族撮影も行いました。


実は本日のお二人は当店にご予約された時はこの秋に結婚式を予定しており、本来は和装前撮りとなるはずでした。しかし今回のコロナの影響により、結婚式を中止されたそうです。この事をお伺いした瞬間、私たちスタッフの目の色が変わりました。
なぜならお二人にとって、この撮影は結婚式の思い出のメインとなるからです。スタッフ同士、言葉は交わしていませんが皆同じく「素敵な思い出となるように気合を入れなおす!」と思ったはずです。

なので撮影時間もいつもより長めとなってしまい、終盤にはお二人の表情にもお疲れが・・・・。しかしたくさんのポーズも撮影できましたし、ご家族との思い出も作れましたし、全て無事完了したので笑顔でお帰りくださいました。

とても楽しみにしていた結婚式を取りやめるという判断を下すのはとても難しかったでしょうし、辛かったと思います。
もちろん延期という選択肢もあったと思いますが、どちらを選ばれても間違いではないですし、当店としてはその決断を尊重します。そして「結婚の思い出づくり」という重責を担う責任と喜びを感じつつ、本日はお二人をご対応させて頂きました。

コンディションが良かったとは言え、蒸し暑さを感じつつ、着慣れない婚礼和装を着用しての移動やポーズや表情づくりで大変お疲れになったと思います。その疲れも思い出の一端として頂き、令和2年6月12日をお二人の記念日にして頂けたら幸いです。

どうぞ末永くお幸せに!