七五三ロケーション撮影

鬼滅の五歳

今年、七五三でお越しくださったお子様たち(特に五歳の男の子)はほぼほぼ「鬼滅の刃」にどっぷりとはまっているようでした。

「炭治郎にしたい」
「炭治郎の着物がいい!」

・・・こんな感じの事を何回も聞かれたものです。

そうはいってもご両親が「七五三はまた別だから」と説得され、結果的には通常通りの七五三となります。もちろん炭治郎の衣裳を求めて、他の店へ向かわれた方々もいらっしゃいます。本当に鬼滅の刃の人気はすごいですね!

さて、そんな鬼滅の刃の大ファンの方に当店としておすすめ出来る七五三は竹林でのロケーション撮影です。
実際にご要望にお応えして、撮影させて頂いた画象をご紹介いたします。

048

勉強不足で「何の型」かは皆目検討も付きませんが、炭治郎が行う型を繰り返し繰り返し・・・本当に大ファンなんですね。

029

衣裳は作品の物とは色合いが違いますが、柄は同様の市松柄でそれなりに・・・・。

001

今年の七五三ならではのマスク姿ですが、こちらは作品と同様の黒×緑の市松!刀の持ち方も好きなだけあってとっても様になっていますね!

さて撮影した場所は宇都宮の若山農場、今では「若竹の杜」として知られている竹林の名所です。
こちらではこれまでも様々な映画やドラマの撮影が行われており、有名どころだと【るろうに剣心】などがあります。やはり竹林は古の日本を髣髴とさせる雰囲気があり、着物姿との相性は抜群です。
大正初期を舞台の時代設定としている(これだけは勉強しました)鬼滅の刃ですから、炭治郎に近づくにはこの場所は最高です。ご本人だけでなく、ご両親も大変喜ばれていたようです。

広大な敷地に広がる竹林に足を踏み入れると、そこは非日常の世界。
忘れかけていた日本人としての何かを思い起こさせてくれますし、単純に竹林のもつ圧倒的な雰囲気に感動してしまいます。

今年は出遅れてしまいましたが、来年はこちらでの七五三のロケーション撮影をもっともっとプロモーションして、炭治郎ファンのお子様のご要望にお応え出来るようにしたいと思っています。

衣裳を真似るという選択もありますが、世界観を真似るという選択もあることをお知りいただけたら幸いです。

身近な方の影響力は絶大です

先日、「そちらで七五三のロケーション撮影ってされているんですよね?一度ご相談に伺いたいのですが・・・」というお電話をいただき、実際にご来店してくださいました。


よくよく伺ってみると、以前に当店でやはり七五三のロケ撮影を行ってくださった方のお友達だそうです。
その時の七五三の写真を見せてもらい、かなり興味が湧いたようです。

007
こちらがそのお客様の七五三ロケ写真です。
とても美しい紅葉が広がる日光の田母沢御用邸で11月上旬に撮影しました。お支度中も本当にお利口にしてくれたとってもかわいいRちゃん。こちらの写真をご覧いただいたのがきっかけでご来店くださいました。

当店のウェブサイトにもこの七五三ロケーション撮影のことは掲載していますが、やはりいわゆる「口コミ」の影響力ってハンパないですね。身近なお友達が実際にされたからこそ興味も湧きますし、体験談も聞けますし、なによりお店に対して安心を感じて頂けますからね。

ご来店くださったお客様はこちらのRちゃんと会ったこともあるでしょう。
だからこそこのロケで撮影した写真に写る表情が本当に自然であると思って頂けたようで、「うちもこんな自然な感じの七五三の思い出を残してあげたい」と思われたようです。


「ご利用くださったお客様が当店のサービスをご案内くださる」・・・これこそが究極の宣伝です。そして我々にとっては思いがけないプレゼントをいただだいたような、とても言葉では表わせない喜びがあります。


さて今回ご検討中のお客様のお子様は五歳の男の子ということで、紅葉を視野に入れながらも、当店がご案内した別のロケ地も候補にされているようです。前回はご両親のみでのご来店だったので、次回はお子様をお連れになってお越しくださることになっています。

作りこまれたかわいい雰囲気のスタジオでの撮影も素敵ですが、美しい自然に囲まれながらいつものような表情で楽しく撮影出来るロケーション撮影もおすすめです。特にお子様ですから、環境に左右されがちですが大好きな野外なら心配ご無用だと思います。そして今年に限っては「新しい生活様式」として、お子様の遊びも屋内より野外が推奨されていることも踏まえ、安心があるのかなと。

ロケ撮影ならば、七五三の思い出を衣裳姿だけではなく、その年の季節や風景と共にお子様に作ってあげることが出来ます。当店ではご紹介出来る素敵なロケ地が多数ございます。ご家族のイメージに合わせてご案内させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さい!

 

七五三衣裳展示開始しています

卒業式シーズンも終盤を向かえたので、卒業袴と入れ替えて七五三衣裳の展示を開始しました。

IMG_9577

もちろんキッズトルソーも出動です。

IMG_9578

3月中に七五三衣裳を展示開始するのは今年が初めて。つまりabito史上最速での展示なんです。

というのも七五三のお問い合わせはもちろんなのですが、ご来店が多く、前撮りも既に数組終えた状態です。今日も撮影が有りましたしね。本当に七五三の準備開始時期が早まっていると実感しています。

本当は一年中七五三も展示していたいのですが、前述のように卒業袴も取り扱っていることもあり、展示スペースに限りが有ることから【入れ替え制】にせざるを得ないんです。もういつでも七五三のご案内は可能ですので、ぜひご来店下さい!

今年のabitoの七五三前撮りのおすすめはロケーション撮影です。
お子様のことですので、快適な時期・・・・近々では今から入梅前がおすすめです。また当店ではただ単に野外で撮影するのではなく、和装がより映えるロケ地での撮影をご案内しています。これまで婚礼撮影で利用させて頂いている場所ですので、絶対的に自信を持っておすすめできる場所ですし、間違いなく価値の有る七五三前撮りが叶います。

若山農場(広大な竹林)、岡田記念館、掬翠園、益子参考館、日光田母沢御用邸など日本情緒溢れるロケ地での七五三前撮りは、美しい写真を残せるだけでなく、ご家族一同で楽しめ、素敵な思い出を共有できることでしょう。ぜひお気軽にご相談下さいませ。もちろんスタジオ撮影も併せてご用意しております!


多くの方が七五三の準備を今年は早くから行っていますので、皆さんもちょっと早めにいかがでしょうか?

七五三衣裳は4月より展示会します

七五三の祝着ですが、今年は4月より展示を開始します。

・・・実際は着数は抑え気味ではありますが、現在も七五三衣裳は展示しております。ですからいつでもご案内可能となっています。4月からは着数を増やし、本格的な展示となります!


実は本日も七五三のお客様がご来店下さり、有難いことに衣裳をお決めくださいました。この3月にお宮参りをされるとのことですが、今は以前と違って「こうでなければならない」と言うことは殆どないに等しい時代となりました。「七五三は秋」と言うのはもう既に過去の遺物なのかもしれません。


今年は例年以上に七五三の動きが早く、既に数組のお客様にお越し頂いています。本音を言えば「早っ!」と感じてはいるのですが、全ては他のフォトスタジオさんが宣伝してくれるお陰であり、当店はその恩恵を受けていると言えるでしょう。ありがたいですね♪

何度かブログでも申し上げてはいますが、abitoとしては今年を【七五三ロケーション撮影】の元年にしたいと思っています。
貸衣裳店であるabitoも他に漏れることなく、衣裳+お支度+撮影というプランをご提供しており、これまで七五三はもちろんのことウェディングでも成人式でも卒業式でもそんなプランをご利用頂いています。
スタジオ撮影から始め、ロケーション撮影へと派生させてきた訳ですが七五三のロケーション撮影に関しては「受動的」、つまりお客様からご要望がある場合のみのご対応でしたが、今年からは積極的にご案内しています。

010
なにをやっても絵になるのがロケーション撮影の最大のメリット

abitoのウェブサイトでもお知らせしています。

最近の七五三と言えば「写真撮影」がメインであり、その多くが奇抜な七五三祝着でのキッズモデルのような撮影を推奨しているように思えます。時代の流行ですし、心引かれる方も多いとは思いますが、中にはそうでない方もいらっしゃいます。ロケーション撮影はそれとは全く違った価値感があり、当店的には長期的に考えた場合には間違いなくロケーション撮影の方が深く、濃い価値があると信じています。

モデル撮影のような七五三は他のお店にお任せして、当店は他店では出来ないようなことをお任せ頂くつもりです。

流行り廃りのない桜や紅葉の美しさのような七五三の思い出づくりを今年より始めて行きます。
007
後ろが暈けていても変わらぬ自然の美しさ。その中に佇む姿は一生の思い出になることに疑いの余地はありませんね。

そして近づいてきた春からはロケーション撮影シーズンが始まります。夏は一旦休止となり、晩夏から再開し冬まで続きます。だから今はロケーション撮影を検討するにはピッタリの時期ですので、お気軽にご相談下さいませ。

七五三ロケーションプランに手ごたえを感じるこの頃

2002年の一つの目標として、七五三(振袖も)ロケーション撮影の拡大を掲げています。

昨年までも実績は積み重ねてきたものの、本気度はイマイチだったのですが今年からはMAXで行きます。

009
自由度満点のロケーションフォトの魅力を少しでも多くのパパママに知って頂きたいんですよね~。

abitoがロケーションフォトをおすすめする理由はたくさんありますが、結局のところ、これまでのお客様方から非常にご好評をいただいているからです。松阪投手の言葉ではないですが、「自信から確信へ」といったところでしょうか。


さて現在、abitoのウェブサイトに限定10組の【753ロケーション前撮り特別プラン】をお知らせしています。2020-02-11

お問い合わせも少しずつ増え、昨日もお客様がご送壇の為、ご来店くださいました。駅

「何か資料的なものは有りますか?」とのことでしたが、生憎「限定」「特別」なプランなので特にご用意はしておりません。なので過去の実際のお客様の画像をお見せしたり、ロケーション撮影の価値と魅力をお伝えしたり、特典でもある動画のサンプルを視聴して頂きました。

とりあえずは特別プランの説明と相談のためご両親の身でのご来店でしたが、次回はお子様もご一緒にお越しくださるとのことでした。


かわいい、イマドキの七五三写真をお望みであれば、それに応えてくれるフォトスタジオは宇都宮にたくさんあります。
どのように比較して、なにを基準にしてフォトスタジオをお選びになるかは私にはわかりませんが、それもひとつに選択肢です。ただ当店としては一日一組限定と言うロケーションフォトで、その記念すべき日をご家族でゆっくり、じっくりと楽しんでいただき、思い出として胸に刻み込んで頂きたいという想いがあります。

とは言えまだまだロケーション撮影は少数派で有ることは間違いないのですが、だからこそより価値があるとも言えると思います。


愛する大切なお子様の、記念すべき七五三の思い出をどのようにお作りになるかはご家族次第。
もしロケーション撮影という選択肢も僅かながらお持ちであれば、どうぞお気軽にご相談下さい。そしておすすめの特別プランをご検討下さい。組数限定ですが、まだ空きはございますからね。

 

七五三ロケーション前撮り特別プラン

近日中にabitoのウェブサイトでロケーション撮影による「七五三前撮り特別プラン」が発表されますが、その前にこちらのブログで先行してお知らせいたします。

無題
※まだアップしていませんからね!

この特別プランの詳細はこちらからご確認頂けます。


10組限定の特別プランとなり、規定数に達し次第に受付けは終了となりますので予めご了承下さいませ。また受付けはコチラのブログをご覧の方先行で1月29日より開始いたしますが、撮影時期は3月中旬から5月にかけてとなります。秋は撮影対象時期ではありませんので、お間違えのないようお願い致します。


こちらのプランに関するお問い合わせ、ご相談、お申し込みはメール、またはお電話でご連絡下さい。

若山農場の竹林で七五三のロケ撮影!

当店abitoがロケーションフォトを手がけ初めてから7年という月日が流れました。

当初、ロケ地は二ヶ所のみで、一つは鹿沼市の掬翠園、そしてもう一つが宇都宮の若山農場の竹林でした。
ロケーション撮影をはじめてから3年の間は、この若山農場の竹林がたいへん人気で、来る方来る方が「竹林で撮影したいです」と言う感じでした。県外からも問い合わせ、ご来店共に多く、お陰様でたくさんのカップルの撮影をさせて頂きました。

0021

ただ最近はご無沙汰してしまっており、撮影で訪れるのも一年に数回のみ。

そして本日、久々にこちらの若山農場さんでロケーション撮影をしてきました。IMG_9495

今回は五歳の七五三のロケ撮影。
パパママ、そしてお兄ちゃんと4人揃っての撮影でした。天気は快晴、気温も温かく最高の日和となりました。

嬉しいことに、お母様が当店のこちらのブログをお読みくださり、お問い合わせくださっての本日でした。最近本当にブログをお読みになってのご来店が本当に多いんです。継続は力なりって本当ですね。

さて七五三の撮影(前撮りを含む)はスタジオでの撮影が主流です。
決まっている衣裳姿、カッコ良く演出した撮影ができ、季節や天候に左右されずに行えるのがスタジオの魅力です。それではロケーション撮影の醍醐味ってなんだと思いますか?

それはお子様の自然な姿を撮影出来ること。そして型にはまらない撮影ができることです。
天井がなく、広々とした野外での撮影はお子様に緊張感を与えることは少なく、ただ歩いているだけ、笑っているだけでもメチャメチャ絵になってしまいます。もちろんご両親やご兄弟も構えることなく撮影に臨むことが出来ます。これが醍醐味です。

でもそれ以上に、ご家族で撮影だけど撮影だけに集中せず、楽しい時間を過ごすことができるのでこの日を深く脳裏に刻めることが魅力かもしれません。


今回の七五三ロケ撮影では毎度お馴染みの動画撮影もしてきました。
羽織袴に身を包んだ五歳の男の子、ビシッと決めたパパとお兄ちゃん、お着物姿でとっても素敵なママ。晴れ着姿のご家族の動いている様を記録し、編集しプレゼントする予定です。

お姿はもちろん、歩いている様、それぞれの笑い声、何気ない動きを動画に収めました。
いつの日か、この動画がご家族にとってかけがえのない宝物と思っていいただけたら嬉しい限りです。

今回の撮影で改めて感じたことは「やっぱりロケ撮影は素敵だ!」と言うこと、そして「動画で記録を残す価値は計り知れない」と言うことです。

来年はさらに七五三のロケ撮影を推進しつつ、動画での記録に精を出し、この価値を多くの方に共有して頂くべく活動していきたいと思っています。また若山農場さんの竹林は絶景であり、たいへん魅力ある場所であることも再認識したので、初心に帰り、こちらでの撮影をお客様方におすすめして行きます。

ご興味のある方はぜひご相談下さい。

七五三、成人式振袖ロケーション撮影専門ページを作りました

数年前からabitoが心からおすすめしている撮影がロケーションでの撮影です。

和装前撮りでのロケーションフォトから手がけてきて、こちらは毎年多くのカップル様にご利用頂いて大変好評です。

005 010 022 029 033 0053 059 096

打掛は和装、和装がぴったりはまるのはやはり和の情緒、風情がある場所です。打掛姿がさらに素晴らしい物になります。

同じように七五三の祝着も成人式の振袖も和装です。
せっかくのお祝いの和装ですから、少しでも七五三姿、振袖姿がより魅力的なものにするには、やはり和の情緒と風情を感じる場所での撮影に勝るものはありません。

最近は「かわいい」だけを追求しがちな前撮りが多いですが、十年後、二十年後にその写真を見返した時にどのように感じるのか?これは否定ではなく疑問です。そしてabitoとしてはロケーションで撮影したもののほうが、より魅力を放ち続けるだろうと考えます。だからおすすめする訳です。

010
開放感のある野外はお子様も大好き。機嫌よく撮影できるので、さらに素敵な思い出になることでしょう。

011
本当の「かわいい」とはこういうものではないでしょうか?自然の光が振袖本来の色を写し出してくれるのと同時に、草花の様々な色合いが引き立て役を演じてくれます。


これまで和装前撮りのロケーション撮影で培った経験や実績を元に、今度は七五三と成人式振袖の前撮りに力を入れていき、小さいお子様から大人の第一歩を踏み出す女性の素晴らしい思い出づくりを手がけて行きます。


これまでもブログやウェブサイト等でもお知らせしてきましたが、詳細まではお届けすることが出来ずに悩んでいました。やはり色々なことを知って頂く為にも専門ページを立ち上げるべきだと考え、まだまだ未完成な部分はありますがアップしましたのでご覧下さい。

七五三ロケーションページ
2019-02-20

成人式振袖ロケーションページ
2019-02-20 (1) 

※画像をクリックするとそれぞれのページへ飛びます

どちらのロケーションフォトもお問い合わせが多くなっていますが、その前にじっくりと検討できるページがあれば便利ですよね。それにどんな撮影なのか、どこが魅力的なのかを知って頂くことこそが何より大切ですからね。ぜひ一度ご閲覧下さい。

そしていつでもご質問、お問い合わせ下さい。お待ちしております。

abito
宇都宮市兵庫塚3-1-1
☎ 028-655-0975
info@kaede-abito..com
OPEN AM10:00~PM18:00
毎週火曜定休

七五三も素敵なロケ地で撮影しましょう!

七五三の撮影でも「ロケーション撮影がしたい」という方が本当に多くなったのを実感します。

やっぱりスタジオでの撮影と比べると「特別さ」を感じるからでしょう。


abitoでも本当に多くのお問い合わせをいただいています。他のフォトスタジオさんや写真館さんに比べ、宣伝は殆んどしておらず、ウェブサイトのみでのお知らせですが、それでも反響があるのはやはりその仕上がりをご覧下さり、価値を感じてくださったからこそ。

006

パパママにとって、何より幸せを感じるのはお子さんの笑顔を見たとき。
七五三の記念写真は衣装も大切ですし、可愛らしい姿を残すことも大切ですが、やっぱり笑顔があってこそのものです。ロケーションでの撮影の一番の魅力は「お子様が気構えることなく、楽しく過ごせる」こと。

だって見てください、僅か三歳の女の子の溢れんばかりの笑顔を。
この時、我々スタッフは特別なこと(笑顔を引き出すアレコレ)は一切していません。もちろんお兄ちゃん達がいるということも大きいですが、外にいることで和むんですよね。


よーく考えてください。
大人のパパもママもスタジオで撮影する場合、そんなに関単に笑顔になれませんよね?だって緊張しますし、「笑顔くださ~い」っていきなり言われてもハードル高すぎですよね。

子供だって同じです。
だからこそスタジオでの撮影の場合、笑顔を引き出す為の小道具を用意してあったり、そのスキルを磨いたりしているんです。つまり引き出された笑顔なんですね。

一方ロケーションでは「引き出された」ものではなく、「自然に出た」笑顔なんです。この違いはとても大きいんです、わかりますよね。

子供は外が好きですし、放っておいても楽しそうにしています。
スタジオ撮影で、お子様が笑顔になれない場合はパパママも焦ってしまします。一度ぐずってしまうと諦めなければならない場合もあります。でもロケならお子様自ら笑顔になってくれますし、もし万が一泣いてしまってもそれも絵になってしまうのが魅力です。

ロケーション撮影の魅力はそれだけに留まりません。

七五三ロケーション撮影の魅力

008

季節、風などの自然と一体になった特別な思い出を作り上げることが出来ます。

019

衣装は特別であっても、いつものご家族の日常を切り取ることが出来ます。

29

まるで雑誌の1ページのようにちょっと背伸びした姿もロケならではのもの。

010

撮影場所によってはスタジオでは絶対実現することのできない情緒のある七五三の思い出となります。

 

宇都宮の七五三ロケの聖地

宇都宮に限定すると、七五三のロケーション撮影で最も多く使われる場所は中央公園です。
広大な敷地には池や噴水、並木道、そして日本庭園があるので様々な撮影ができるので、多くのフォトスタジオさんに利用されています。極端に言えば中央公園一択といっても過言ではありません。

しかし当店では中央公園以外のロケ地もたくさんご案内しています。

日光の田母沢御用邸、栃木市の岡田記念館と横山郷土館、益子町の参考館、鹿沼市の掬翠園、そして春におすすめの美しい桜並木などどちらも和装である七五三の撮影に最高の場所です。三歳さん、五歳さん、七歳さんの特別な時の撮影はやはり特別な場所がふさわしいと思いませんか?一生に一度のことですよ。

 

 

最後に

ロケーション撮影に対するイメージって色々あると思うんです。
「なんか費用がかかりそう」
「面倒くさそう」
「人にみられて恥ずかしそう」

でも本当のところどうなんでしょう。
費用に関していえば、スタジオ撮影と比較してもそう変わらないと思います。プランによってはスタジオが高額になる場合もありますからね。でもやっぱり最後は費用に対する満足感をどれだけ感じるかではないでしょうか。費用がお得でも納得できなければそれは高額と言えますしね。

「面倒くさそう」に対しては確かに面倒くさいです。
外ですし、移動もありますし、時間もかかるし、あちこち動かなくてはなりません。しかし手がかかることほど後になって思い出深いものになるはずです。人間は動いた分だけ記憶に刻まれますからね。

「恥ずかしい」
確かに人に見られることもありますが、経験上、ご覧になっている方々はとてもほのぼのとした優しい眼差しです。時には「とってもかわいいですね」「七五三おめでとうございます」といった嬉しいお言葉をかけてくださることもあります。せっかくの七五三です、多くの方に見ていただき、祝っていただけたら嬉しいものです。スタジオではありえませんからね。

せっかくのお子様の記念撮影です。
衣装を着て、写真を撮影してハイ終わりではもったいないです。七五三衣装を着て歩いたり、座ったり、駆けずり回ったりすることは「リアルな体験」ではないでしょうか?着物だと動きづらい、歩きにくいとかを実体験することって本当に大切だと思います。そんな体験の蓄積がいずれお子様に何かしらの影響を与えてくれるのではないかと思ってみてはいかがでしょう?

abito七五三プラン詳細はこちらから

abito
宇都宮市兵庫塚3-1-1
☎ 028-655-0975
info@kaede-abito.com
OPEN AM10:00~PM18:00
定休日 毎週火曜

 

 

七五三の前撮りでロケーション撮影を希望される方のお問い合わせ急増!

まだ新年になったばかりの一月ですが、今年に七五三をお迎えになる方にとっては「まだ」なんて言っていられないようです。

早い方はこの春に七五三前撮りする時代ですからね。

何故そんなに急ぐのかと言えば、フォトスタジオさんが「早割り」のようなプランを打ち出していて、前撮りが早ければ早いほどお得になるからでしょう。以前は七五三と言えば秋でしたが、現在では一年を通して前撮りがされています。


さて、当店では数年前よりロケーション撮影による七五三の前撮りをご提案しています。
しかし昨年まではやはり「七五三撮影はスタジオ」という意識が根付いていて、撮影件数お問い合わせも寂しいものでした。しかし昨年の暮れから新年にかけて「どうした、どうした?」と思うほど、ロケーション前撮りについてのお問い合わせが増えています。


想像できる範囲でその理由を紐解くと、一つはウェブサイトの方向性を変えたことがあげられますが、専門的なことになってしまうので割愛します。そしてもう一つの理由がこの画像の反響ではないかと・・・。

008
昨年の紅葉の真っ盛りに日光の田母沢御用邸で撮影した三歳の七五三です。


よその子とはいえ、母親であれば分かるんですよね。この女の子の表情がいつもの自然な笑顔であることが。
それに加え、今まで見たことのないような日本庭園での前撮り画像が母親としての「琴線」に触れたのかもしれません。現在はナチュラル系のフォトスタジオの人気が高く、殆んどのお子様がそのようなスタジオで七五三の撮影をします。

日本人の性格は良い悪いは別として、「右へ倣え!」です。
「他のお子さんと同じような撮影を我が子にもしてあげたい」「人と同じことをしておけば間違いはない」と思うことが多いんですね。しかしあまりにもナチュラル系スタジオでの撮影が多すぎて、検索したり、調べているうちに見飽きてしまうこともあるんじゃないでしょうか?

また七五三の着物は和装ですから、せっかくなら和装がしっくりと馴染む雰囲気の中で大切な思い出を作りたいと思うこともあるでしょう。


七五三ロケーション前撮りのお問い合わせを下さるお母様はきっとこういう方々ではないかと想像しています。


それでは七五三ロケーション前撮りについて少し説明します。

その名の通り、屋内のスタジオではなく、屋外の、しかも着物と同様に日本情緒溢れる場所で撮影するのがロケーション撮影です。やっぱりお子様は外に出てこそ輝きますし、閉鎖された空間よりイキイキとした姿を見せてくれるもの。また外ということで歩いたり座ったり、上を見上げたりとスタジオ撮影ではかなえることの出来ない「動きのある姿」を撮影することができます。

もちろんご同行のご両親やご兄弟も同様に緊張せずに撮影を楽しむことができるので、本当に欲しかった七五三での家族写真を残せることになるでしょう。
013

 

七五三ロケーション撮影におすすめの季節

春と言えば桜の季節。やはり桜の美しい時期が大変おすすめです。
024すみません、桜ロケはウェディングや成人式の振袖での実績はありますが七五三はまだありません。しかし画像のようなとっても素敵な撮影ロケ地をご案内できますので、ぜひ当店の第一号になってください!春休みの期間に撮影できますからね。

初夏、初秋

この時期は新緑の中での撮影が叶います。

019 
何も七五三の衣装姿だけを残すことが前撮りでありません。親子ふれあいの時間を切り取った撮影もご家族にとっては大切な思い出となります。自分達では残せない写真を作ることがプロの仕事の一つですからね。

秋は冒頭の画像でご紹介した通り、紅葉がおすすめです。
010
ナチュラル系スタジオの写真のテイストである「とにかくカワイイ七五三」とは違い、どちらかと言えば「とにかく全てが美しい七五三」という写真となります。

そもそも七五三のお祝い着はれっきとした「衣装」であり、写真撮影用ではありません。つまり外に出ることを前提にした物なのに、屋内の、しかも写真撮影だけで済ませてしまうのは全く持ってもったいないことではないでしょうか?例え前撮りはスタジオでも外に出て、お日様に照らされた衣装本来の美しさを感じていただけたらなと思います。
 

最後に


今人気のカワイイ系の七五三前撮りは全国を席巻していますが、もしかしたらここ数年だけの「流行」に過ぎないのかもしれません。この流れが今後十数年と続いてこそ「本物」になっていきます。しかし歴史的価値のある日本家屋や四季の美しい自然はこれまでも、そしてこれからも絶対的価値は不変です。どちらを選ぶかはもちろんお客様次第であり、どちらが良いとは言い切ることは出来ません。

ただ当店としましてはできる限り「不変の価値」をお届けしたいと思っています。
今年七五三を迎えるお子様が、20代、40代になって七五三の写真を見返した時、古臭さを感じることなく、「素敵な写真」と思っていただけると考えています。

自然と歴史には納得のできる価値が存在します。