abitoのこと

衣裳着放題撮影プラン 続編

本日も昨日の記事「たくさん衣裳を楽しみたい!そんな衣裳着放題撮影プランが誕生します」についてのブログです。


女性が憧れる衣裳のトップ2であろう婚礼衣裳である打掛やドレスを着る機会って一生に一度、振袖だって今の時代は多くて2~3回程度。
これまではその「限りなく少ない機会」だからこそ一着を選びに選び抜いていたワケです。でもこれからは「限りなく少ない機会」だからこそ、ワガママになって何着も楽しんだ者勝ちだと思います。

打掛には色打掛と白無垢があり、形は同じでも着てみると違いは明らかでどちらとも捨て難い魅力があります。
033 033 (2)

振袖もかわいい系もあれば、古典系、しっとり系など様々なタイプの物があります。
054 振袖-16 001

どれも素敵な振袖なのに、「一着だけ選ぶ」って難しいですし、寂しいですよね。

せっかくの機会だからこそ、とことんドップリと衣裳を楽しんでみたいと思いませんか?いろんなタイプの衣裳を着ることで、違う自分を演出し、結婚、または成人式の思い出を他の人より何倍も多く作りたいと思いませんか?

ご紹介した衣裳着放題プランはそんな女性の願いを叶えることが出来るプランです。


この春の新型コロナウィルスの感染拡大、そして緊急事態宣言は誰にとっても晴天の霹靂でしたよね。
「まさか!」
「なんで?」
こんな時代が来るとは誰も予想できませんでしたが、実際に起こってしまった事実。
いつ、何が起こってもおかしくない世界に我々は存在しているんです。東日本大震災に引き続きですからね。

ならば「今出来ること」「今やりたいこと」は徹底的にすべきなんだと私は思います。
「後にしよう」「これで我慢」は結局は後々の後悔となるかもしれませんからね。

だから当店もこの今だからこそご提供出来るプランを心から懸命にご紹介しています。
多分、新型コロナ騒ぎがなければ、このプランは思いつかなかったので誕生していません。

改めてお勧めします。
「衣裳をたっぷり楽しみたい」
「いろんな自分を思い出を残したい」
「数少ない機会だからこそ満足したい」

このようにお考えの方はぜひこのプランをご検討されて見てはいかがでしょう。きっとご満足できる【結婚の思い出】【成人式の思い出】となることでしょう!

最後に。
ウェディングの衣裳着放題フォトプランはabitoのLINE公式でご来店予約下さり、ご成約に至った場合は5,000円OFFの特典をご用意しています。こちらのプランに関してのお問い合わせ、ご相談についてはLINE公式からお得ですよ!

L

たくさん衣裳を楽しみたい!そんな衣裳着放題撮影プランが誕生します

6月より衣裳が選びたい放題、着放題の撮影プランが誕生いたします。

ウェディングの【和装着放題フォトウェディングプラン】【洋装着放題フォトウェディングプラン】、そしもう一つ【振袖着放題撮影プラン】の3つのプランをご用意致します。記念撮影に求めるものは人それぞれ違いますが、こちらのプランは「たくさんの衣裳で思い出を残したい」「一着だけでは満足できない」というワガママを叶えたい方のためにぴったりです。

着放題

当店は貸衣裳店なので衣裳を豊富に取り揃えており、それこそが他のフォトスタジオに比べ優位なワケです。この特徴を最大限に活かしつつ、お客様にご満足いただけるプランです。

こ

【和装着放題フォトウェディングプラン】【洋装着放題フォトウェディングプラン】は結婚式を予定されている方の前撮りとしてもご利用頂けますが、どちらかと言えば結婚式をされない方の為にお作りしたプランと言っても過言ではありません。
結婚式をしなくても、結婚式以上の思い出づくりが出来ることをご提案したいと思っています。

また【振袖着放題撮影プラン】はabitoの店内の振袖なら選び放題で、着放題です。
近年、「成人式は出席せず、写真だけ」という方が増え、またお母様の振袖を式当日に着用される方も増えています。そんな方々に二十歳の思い出として、たっぷりと写真だけでも楽しんで頂きたいと思います。

いずれのプランにおいても、これまでのように「一着に絞る」という苦痛から開放され、選り取り見取りとなるので衣裳選びですら楽しんで頂けると考えています。

まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、まずはこんな栃木県内初のプランが誕生する事を知っていただきたいと思います。続編は明日またアップします。

まだまだ油断なんてしていない

緊急事態宣言が解除された最初の週末。

当店にもお客様が戻りつつあり、今日はロケーションフォトを希望されるカップル様が数組ご来店くださいました。


ご対応が終わっての帰り際、「この後はどちらかへお出かけされるんですか?」と数組のお客様にお声がけしたところ、同じ返事が返ってきました。「いえ、まだちょっと怖いので、食料品の買い物をしてその後は自宅で過ごします」とのこと。


ここ数日は明らかに交通量も増え、一見すると以前と変わらぬ日常が戻ってきたように感じます。
メディアでも解除後の気の緩みを懸念する報道が繰り返されていますが、解除直後ということもあり、どなたも油断はされていないようです。

この一ヶ月あまり、不要不急のことは自粛が求められていました。
abitoの事業であるウェディング、七五三、写真撮影は不要不急そのもの。しかし誰しも不要不急があるからこそ現代社会を楽しめるのであり、人生の活力になるのだと思っています。

不要不急のことを「いつでも」「誰でも」「どこでも」安心して行える平穏な日々が一日でも早く戻ってくれるよう願わずにいられません。その為にも気を緩めず、油断せずの行動をみんなで取って行きましょう。

ロケーションフォトキャンペーンの期間を延長します

3月にabitoのウェブサイトで告知した【ロケーションフォトキャンペーン】は4月5月の期間限定でした。

2020-05-15

タイミング的には最悪。

しかし栃木県においては緊急事態宣言が解除されたこともあり、当店にもお問い合わせやご来店のご連絡が増えています。この事を踏まえて、このキャンペーンの期間を6月末までに延長することに致しました。

※5月15日現在、ウェブサイトでは期間は変更されていませんが内容に変更はございません。
     こちらからご覧ください


ただ七五三に限ってはお子様の撮影ということもあり、気温が高い時期のためお受けできない場合もございますことをお伝えしておきます。

今年から来年にかけては各前撮りにおいても可能な限り「密」をさけることが求められます。お客様の心理からしても不安を抱えながらの撮影は避けたいはずです。多くのお客さんが駆け込むフォトスタジオほど「密」は多くなり、大きくなりますが、それに比べると【一日一組】【待ち客ナシ】【密閉されない野外での撮影】というロケーション撮影はリスクがかなり低いと思われます。

約一ヶ月に渡るお家時間を過ごしてきたのですから、のびのびとしたロケーション撮影はいかがでしょう?
美しい新緑に囲まれながらの撮影は素敵な写真だけでなく、忘れられない思い出のひと時となるはずです。

お問い合わせ、ご相談はこちらから
☎ 028-655-0975
info@kaede-abito.com
LINE公式

友だち追加
 

電話一本がただただ嬉しい

まだまだ予断は許さない状況ですが、緊急事態宣言の解除が見通されたせいでしょうか、abitoにもお問い合わせやご来店の予約が増えてきました。

この一ヶ月あまり、ご来店はおろか電話さえ殆んどない日々を過ごしてきましたので本当にありがたく、とても嬉しい気持ちです。少しずつ以前の日常を取り戻しつつあるように感じます。

しかしだからと言って、以前と同様の対応をするわけにはいきません。
「新しい生活様式」に則り、感染の再拡大を防止するためにあらゆる手立てを講じてお客様を迎えることが大切です。それはお客様、そしてスタッフの命を守ることであり、日本の未来を守る為でもあります。

・マスクの着用
・アルコール消毒の徹底
・定期的な店内換気
・密集、密着、密接への配慮

これらを必ず守りながら、安心していただけるご対応を心がけて参ります。

ちなみに当店Wedding Dress abitoはご来店に関しては完全予約制ですので、ほぼ密集状態になることはありません。さらに当面の間は各時間帯は一組限定でのご案内、つまりご予約されたお客様は他のお客様と遭遇することは一切ございません。ここが他のサービス業とは違うところですね。
これまで以上に一組一組の対応を丁寧に心がけ、お客様にさらに寄り添えるお店でありたいと思います。

電話が一本鳴るだけでどれだけ嬉しいことか。

この気持ちを忘れることなく、また少しずつ歩んで行きます。
 

勝手にロケ地紹介 ①

abitoでも前味噌ながら他に勝っていると感じ、誇れること少なからずあります。

その一つに「ロケ地の審美眼」があります。
これはつまりロケーション撮影をする場所を選定する能力だと思います。

選ぶ基準はいろいろとあるのですが、まずは撮影をイメージして「お客様に満足して頂けるか?」が何より大切です。今でも行く先々で少しでも素敵な場所があると「ロケ地としてどうかな?」とアンテナが勝手に立ってしまう事もしばしば・・・もはや職業病レベルです。

そんな審美眼、ならびに職業病レベルの探究心をうちに秘めているだけではもったいないことに気付きました。

先日のブログ「abitoの近場に素敵なロケーションを見つけました」をアップしたところ反響があり、「ここどこですか?」「素敵な場所ですね」などのお声をたくさんいただきました。これに気を良くしたからなのですが、今後も私が「GOOD」と思った場所をご紹介して行こうと思います。

今回はこちらです!
IMG_9639

宇都宮森林公園です。
一昨日に久しぶりに訪れ、1時間ほど散策してきたのですがとても素敵でした。緊急事態宣言中で駐車場は閉鎖されていたため、人手も少なかったせいかとても静かで、鳥の鳴き声だけが響き、癒しの時間を過ごすことが出来ました。

何と言っても緑が美しく、さらには輝く水面、そして青い空と白い雲、これらのコントラストがやばいですね。

IMG_9640

一見ただの森林ですが、日の当たる場所と日陰がありいざこの場所に立つとワクワクします。

和装での撮影も素敵ですが、ドレスとタキシードの洋装の方がよりマッチするかもしれません。この日は宇都宮も30度の真夏日でしたが、こちらは日陰に入ると涼しく、とても快適でした。

ただ実際に撮影をするとなると徒歩での移動距離が長く、結構大変かもしれません。そもそもこちらで商業用の撮影許可が下りるかもわからないので、現時点ではロケ地の候補ではありますが、ご案内はしていませんのでお間違いのないようお願い致します。ただ素敵な撮影になることは間違いないと、私の経験から断言できます。

もし気になるようでしたらご相談下さい。
「大丈夫です!」「お任せください!」とは言える段階ではありませんが、ご期待に沿えるよう取り図らせて頂きます。もしNGだったとしても、違うよう葬ロケ地をご案内させて頂きます。

貸衣装のデリバリー開始予定

貸衣装を利用する際、殆んどが貸衣裳店に行き、衣裳を選んで試着、その後契約するという流れです。

当店abitoでも同様でありましたが、今後はデリバリーサービスも視野に入れています。実はこれまでもデリバリー的なサービスは行ってきましたが、今後はより本格的に進めて行こうと考えています。

それでは貸衣装のデリバリーって何でしょう。

要はこれまでお客様にご来店して頂き、上のような流れでご利用頂いていたことをご来店して頂くことなく、こちらからご自宅にお伺いする形です。


例えば留袖の場合はこう。

お電話やメールで【ご使用日】【ご予算】【年代】などをお聞きし、その条件に合う留袖をご自宅へお届け。
届いた留袖をご試着いただき、お気に召したらご契約頂くスタイルです。もちろんご着用される前日までのお届け、そしてお引き取りもご自宅までお伺いとなります。

但し、栃木県全域を対象とするわけにはきませんので、現段階では宇都宮市内及び近郊エリアとする予定です。

また対象となる衣裳は留袖の他、モーニング、礼服、喪服、訪問着、付下げ、振袖などの一般貸衣装はもちろん、打掛や紋付袴、七五三祝着なども含む予定です。ウェディングドレスやタキシードなどは対象外となります。

こんなご時勢ですから「外出は出来るだけ控えたい!」という方でもご自宅で衣裳をお選びすることが可能となりますし、ゆっくりとご家族でご検討頂けるはずです。ちなみに以前(30年ほど前)はこう言った貸衣装サービスは当たり前にあったのですが、いつの間にか「ご来店型」に移行し、今に至っています。また現時点において、このようなサービスをご提供する、あるいは出来る貸衣装店は当店を除いてはないと思います。

新型コロナが終息の折にはそれ以前の世界には戻らず、あらゆる物が変化すると言われています。
多分、多くの方が「今までになかった世界への変化」と捉えると思いますが、個人的には「原点回帰への変化」もありなのではないかと考えています。

いずれにしろ、他にはない独自のサービスを展開することが不可欠な世界がやってくるのだと予想しています。
この貸衣装のデリバリーサービスはネットビジネスと店舗ビジネスの良いとこ取りのハイブリッドビジネスかもしれません。

ご期待ください。

abitoは玄関で靴を脱ぎ、スリッパをご利用いただいています

今や世界中で新型コロナウィルスの感染が広がっていますが、他国と比較すると日本はそこまでではないと言われています。

その理由として「もともと清潔だから」「手洗いうがいの習慣があるから」「マスクを多用してきたから」などが挙げられたり、「BCGが接種がもしかしたら要因かも」などと言われています。
どれも想像の範囲を出ることはありませんが、「玄関で靴を脱ぐ習慣だから」という説は一理あるのかなと個人的に思っています。

ウィルスも質量があり、どんなに小さな重さでも万有引力によって下へ落ちていくものですから靴に付きやすいというのは想像できます。普段靴を脱ぐのは家に入る時だけが殆んど。レストランやスーパー、コンビニなど日常利用することの多い施設において、靴を脱ぐことは殆んどありません。特にサービス業においてはなかなかないですよね。

当店もサービス業の一員ですが、実は当店に入る際は靴を脱ぎ、スリッパに履き変えて頂いています。
基本的に貸衣装店はabitoと同様のお店が多いと思います。ドレスや打掛などのの衣裳は裾が床についてしまう長さがあるので、土足のままだと汚れてしまう事を考えてのことだと思います。

今まである意味「当然のこと」と思って気にしたことはありませんが、なかには「貸衣装店はそうなんだ?」と思う方もいらっしゃることでしょう。これも貸衣裳店あるあるですね。

ただ今となってはウィルスが館内には入りこむリスクがこのことによって低減できているかもしれないので、少しホッとしています。それでも玄関までは土足なので、現在は玄関の消毒を徹底することにしています。もちろんスリッパの消毒もです。


帰宅し、靴のままリビングのソファーで寛いだり、ベッドに寝転がる欧米のライフスタイルに憧れていた事もありました。その当時は「日本は何でいちい靴を脱がなくてはならないんだろう、面倒臭い」と思ったものですが、このことが清潔に繋がったりしていたと思うと素晴らしい習慣だと思わずにはいられません。また靴を脱ぐことで、外と自宅の区切りができ、気持ち的にも安心する効果もあるのではないかと感じています。

実際、この「靴を脱ぐ」という習慣が感染拡大の抑制にひと役を担っているかはわかりませんが、全くないとは言い切れません。多少なりともご来店くださったお客様の感染防止に役立ち、安心に繋がれば幸いと考えています。

abitoの近場に素敵なロケーションを見つけました

灯台下暗し

身近なことほどスルーしてしまうことって多いですよね。


最近はabitoも営業時間が11:00からと通常より1時間ほど遅くなっているので、ちょっと早めに家を出て、徒歩で通勤しています。そして今朝は「ちょっと遠回りしてみよう!」ということで、普段は歩くことが殆どない場所を経由してみました。

するとこんな場所を発見!
IMG_9628

青空と相まって、めっちゃいいですよね。
白と濃い目のピンクの花に新緑のグリーンがとても美しく、同時に空の広さも感じられる最高のロケーションです。建築物が一切見当たらない場所って早々ありませんからね

こちらもかなり良い感じでした。
IMG_9629

一般の方にとってはただの場所かもしれませんが、常々撮影に適したロケーション場所を探している私にとっては「掘り出し物」と言えます。この季節だからこその【木洩れ日】、そして光と影のコントラストが絶妙です。

緊急事態宣言により、abitoも他のお店同様に開店休業状態です。
正直大変厳しいですが、今だからこそ出来ることもあります。こんな素敵な場所を見つけられたのも今だからこそなのでしょう。早速、この場所での新しいロケーションフォトプランを練っていこうと思います。

ドレスや打掛でのウェディンフォトはもちろん、七五三、振袖の前撮りと様々な撮影でこの場所は利用できそうです。

これまで当店はロケ地にかなりこだわってきました。
そのせいかご案内できるロケ地はとても素敵な場所ばかりとなりましたが、その分移動に時間がかかってしまいます。なかには「ぱっと行って、ぱっと撮影してチャッチャと済ませたい」というお客様もいらっしゃいます。今後はabitoからめっちゃ近いので、そんなご要望にお答えすることが出来そうです。

実はこの他にも素敵な場所がありました(写真取るの忘れました)。
そこは個人的見解ではドレス&タキシードでの撮影にめちゃめちゃおすすめできる場所です。まるでゲストハウスのような雰囲気で、結婚式当日のような撮影が叶えられると思います。
※モニターを募集予定です。

今すぐにでも撮影したい気持ちでいっぱいですが、こんな時期ですから我慢!我慢!
早く何も気にせず、安心して撮影ができる日々が戻ってくる事を願って止みません。とにかく今はまずは想像を膨らませて、プランニングすることに集中します!

Stay Home!の今こそ虫干しの絶好のチャンス

ご自宅で殆どの時間を過ごす今、普段ではなかなか出来ないことをされている方も多いことでしょう。

凝った料理、ご自宅の掃除や片付け、ロープレゲーム、読書などいろいろありますが、湿度が低く、紫外線もそこまで降りそそぐことのないこの5月こそ、お持ちの和服を虫干しする絶好の機会です。

そうそう思いつかないことですし、例え思いついても面倒でついつい後回しになりがちな和装の虫干し。


でも今やっておけば暫く(半年)は時間的余裕が生まれますよ!

虫干しするわけ

そもそも何の為に虫干しをするかというと、「衣類にまとわりついた湿気を取り除く」ためです。本来であれば虫干しは年三回が望ましく、【梅雨明け】【初秋~秋】【1月~2月】とされています。

●梅雨明け⇒梅雨時期で湿気た衣類を乾かす
●初秋以降⇒夏場に取り付いた虫の駆除
●冬⇒乾燥した時期で乾燥に絶好の時期


「それじゃ5月は虫干しの時期ハズレじゃん!」

こう思われることでしょうけど、それでは毎年定期的に虫干ししていますか?前回虫干ししたのはいつですか?

殆どの方が前回和装を着用後、しまいっぱなしではないでしょうか?
それなら自宅で長く過ごすべき今こそやっておくべきだと思います。簡単ですから!

虫干しマニュアル

①まずは箪笥から和装を取り出し、状態を確認
②晴天の日を選び、風通しの良い部屋(日の当たらない部屋)に和装をハンガーに掛け衣類を広げ、3~4時間放置
③この間に衣類がしまってあった引き出しなどを乾いた布でアルコールで拭き、その後天日干し(短時間)

   ※桐はNG。また長時間に及ぶと変色、変形の可能性もあるので、乾かすだけでもOK
④防虫剤、乾燥剤とともに元に戻す

これだけです。
ただ和装の状態を確認して、【シミ】【汚れ】【カビ】【変色】【ひどい匂い】にお気づきの際は虫干しする前にクリーニング店にご相談される事をおすすめ致します。

最後に

いざ「和装を着用する!」となった際、もしかしたら虫に食われていたり、カビがついていたり、匂いが気になっても直前ではどうすることも出来ません。確かに面倒ではありますが、いつでも着用できるように定期的に確認と虫干しすることはとても大切なことです。

和装は丁寧に扱い、手間をかけて管理すれば一生物どころか何世代にも渡ってご着用頂ける衣裳です。

ぜひ今のStay Homeの期間に大切な和装にも目を向けて頂き、【最初に手にした時の思い】を思い出し、今後も長きに渡りご着用できるようにしてみてはいかがでしょう。