和装前撮り/フォトウェディング

緊急事態宣言中もロケーション撮影可能なロケ地

9月15日の本日、一ヶ月ぶりのロケーションフォトがありました。

前回が8月21日・・・こんなに間隔が空いたのも久々です。本来であればこの間にもいくつ喪の撮影予定があったのですが、緊急事態宣言により県や市の施設であるロケ地の使用が出来なくなってしまったワケです。

本日のお二人も当初のロケ地は違ったのですが、結婚式まで時間もなく、どうしても今月中に和装前撮りをお済になりたいとのことで、こちらからロケ地の変更を提案して今日を迎えました。

今日のロケ地は個人所有の施設なので、緊急事態宣言に左右されることなく使用させていただけます。
しかもほぼ貸切で、今日はオーナーさんもお出かけということで「自由に使ってね」とまで言っていただいております。これも長年にわたるかかわりの中で築くことができた信頼関係があるからこそだと思っています。

このようなロケ地とご縁があることは大変あり難いことです。

ちなみにこちらのロケ地は当店でも人気の栃木市にある「岡田記念館」です。
043
051
岡田記念館で撮影させていただいたお客様方です。

今回の第五波も徐々に落ち着きつつあり、延長期限である9月30日には解除されそうな雰囲気。しかし第六波ももしかしたらあるかも知れません。
そうなると「ロケーションフォトしたいけど、施設が使えなくなるかもしれない」と思ってしまい、撮影を前向きに考慮できない方もいらっしゃることでしょう。
でもこちらなら使用することができますので、ご時勢に影響されることなく撮影が可能となります。

「どうしても今年中に撮影がしたい」
「スケジュール通りに撮影を行いたい」
「心配事なく撮影に臨みたい」
そんなお二人に超おすすめのロケ地がこちらの岡田記念館です。

前述の通り、長きに渡り当店はこちらで撮影を行っておりますので、岡田記念館の隅々まで知り尽くしており、他の業者では撮影できないことも当店なら可能です。今では様々な業者さんが岡田記念館をロケ地として加えておりますが、その先駆者は当店ではないかと自負している次第です。

いずれにしてもこちらではとても素敵な和装ロケを叶えることができます。
夏も終わり、これからロケーション撮影に最適なシーズンとなりますので、ご検討中の方はぜひ当店にご相談下さい。本当に自由を聞かせてくださるオーナさんなので(当店だからこそかもしれませんが)、いろいろなお二人のご要望にお応えできる可能性はかなり大ですからね。

中禅寺湖で和装&洋装ロケーションフォト

初夏から初秋にかけての当店のおすすめロケは中禅寺湖での撮影です。

最近のこの時期は大変な暑さですけど、こちら中禅寺湖の湖畔なら涼しくて快適な撮影を行うことができますし、何より一年で最も警官が美しくなりますからね。5年以上前からこちらでは撮影を行ってきましたが、昨年より大々的におすすめしてきたこともあり、今年もすでに多くのカップル様を撮影させていただいています。この8月も予定が目白押しです。

さて今回ご紹介させていただくお二人は栃木出身でもなく、ご在住されてもおりません。
ご両家が集まりやすい中間地点が栃木県であり、「それなら日光、中禅寺湖!」ということで検索の結果、当店をお選びくださいました。本当にありがたいことです。

撮影は7月上旬、ご両家のご家族が見守る中で和装と洋装の撮影をさせていただきました。

スタートは和装からです。
006

やはりこちらでの撮影で欠かせないのは旧イタリア大使館別荘にある桟橋での一枚です。
日光連山と中禅寺湖をバックに、和装姿のお二人がとっても自然な笑顔をされていました。

039 
場所を変えて、湖面が光で輝くように輝くお二人を!

044

こちらには畳のあるお部屋がないので、いつも中禅寺湖をバックに正座ショットを行っています。ちなみにお二人が手に持たれている夫婦扇子は手作りです。

028

こちらは木々も美しく、緑の色も下界とは違う色合いに感じます。とにかくいるだけで気分が高揚する場所です。

047 052  
旧イタリア大使館別荘の外観はいわば和洋折衷で洋装はもちろんのこと、和装でも相性抜群です。
杉の皮で作られた壁材と木々の新緑の色が絶妙にマッチしていますよね!

そして洋装の撮影です。

118  
やはり桟橋の出の撮影は絶対です(笑)。

065

洋装ではメインの撮影は旧英国大使館別荘でした。
こちらは旧イタリア大使館別荘とはまた違った雰囲気があり、洋装の撮影にとってもピッタリなんです。

063

二階のテラスから望む中禅寺湖はとても雄大に写ります。
お二人で思いをはせながら眺める後姿はいろいろな想像を掻き立てます。

080

白を基調とした館内で、白のドレスとタキシード。ウェディング感が溢れています。

093

こちらはボートハウス跡の浜辺ですが、まるでプライベートビーチのように、二人っきりの時間を切り取ることができる撮影スポットなんですよ。

100

美しい新緑が重なり合い、静寂さえ感じるこの場所もおすすめの撮影スポットです。

133

最後は当店(ま、私ですが)が大好きな場所で撮影!
別荘外観と新緑、そしてアールのある小道とのバランスが絶妙なんですよね。こちらでは必ず撮影しているんです!

091

ご両家のご家族もいらっしゃっていましたので、所々で家族撮影ももちろん行いました。
これまで別の道のりを歩んできたご両家がこの日からは一緒になります。それを踏まえて「一つの列車」のようになっていただきたく、このような撮影をさせていただきました。

ちなみにコロナ禍ということもあり、この日はご両家の初顔合わせでもありました。
ご両家にとって、そんな貴重な一日に携わらせていただけたことが本当にありがたく、光栄でした。

和装と洋装の撮影を一日で行うので、朝は9時からのお仕度→撮影終了は午後4時と7時間にも及んでしまいましたが、お二人にはとっても喜んでいただけたようです。大変お疲れになったにもかかわらず、私たちをお気遣いしてくださった優しさはもはや神の領域です。

様々なことが重なることでお二人に当店を知っていただき、そして撮影させていただいた訳ですが、これこそ「ご縁」に違いありません。何か一つ違っただけでもお二人にお会いすることはできなかったことでしょう。そう考えると偶然のように見えて、もしかしたら必然だったのかもしれません。

いずれにしても素敵なお二人、そしてご両家のご家族にお会いできたこと、そして大切な一日をご一緒させていただいたことは当店の歴史の一部となります。それはとても素敵で大変貴重な歴史となることは間違いありません。そんな歴史で埋め尽くせるようにこれからも頑張っていきたいと感じさせていただきました。

どうぞ末永くお幸せでありますように。
そしてまたいつかお会いできる日を楽しみに待っています。本当に本当におめでとうございました。そしてありがとうございましたそしてありがとうございました!

田母沢御用邸で和装、中禅寺湖で洋装のロケーションフォト

昨年から「最近多いなぁ~」と思うロケーションフォトは和装と洋装のセットのお客様です。

その殆どが日光での撮影なのですが、題名通りに田母沢御用邸と中禅寺湖でそれぞれ撮影するパターンと、中禅寺湖で和洋の撮影を行うパターンの二つがあります。今回は田母沢御用邸で和装ロケ、中禅寺湖で洋装のロケをされたお客様をご紹介いたします。

まずは田母沢御用邸での撮影です。
001 008 023 031 081 083

やっぱり和装の撮影に田母沢御用邸は最高です。
おなじ新緑の色でも日光のそれは、なんというか品を感じるんですよね。実際にそうなのか、それとも佇まいがそう見せるのかはわかりませんがとにかく素敵なんです。
深みのある苔の緑もいい感じです。

そして和装撮影が終わってから中禅寺湖へ向かいました。
165 156 152 138 116 107

いまでも西欧諸国の大使館別荘があるほど世界に認められている中禅寺湖湖畔はまるで北欧の世界。
中禅寺湖中禅寺湖はもちろん、それを囲む日光連山や美しい木々の織り成す雰囲気は何度訪れても感動してしまうほどです。山の近くということで、天気の移り変わりも早いのですが少々曇りがちでも、それはそれで幻想的な世界を感じることができます。

こちらのお二人はabitoのお客様を象徴するような美男美女のカップル様。
当店のお客様は皆さんとってもスマートで穏やかで、それでいてとてもしっかりされている素敵な方ばかりです。なぜかそのようなお客様に選んでいただけているので、私たちも「お二人のために尽くしたい!」と毎回思っています。

お顔と文章、言葉遣いには人柄が出ると常々思っていますが、これはもはや真理です。
私たちもお客様に負けず、「素敵なスタッフさんたちだった」と思っていただけるように誠心誠意をもってご対応していかねばなりません。やはりお客様に恵まれるのは本当に嬉しいものです。

今回ご紹介したような和装と洋装のセットの撮影は長時間に及びます。
当店としても一日を費やす大仕事ではありますが、お二人にとってはかけがえのない一日であり時間ですから楽しく、そして素敵な思い出となるようサポートさせていただきます。

日光での撮影はこの夏が最高の季節です。
8月、9月もまだご案内可能です。秋挙式の前撮りとして、結婚式の代わりのフォト婚としていかがでしょうか?

明日から全てのロケ地の紅葉ロケプランを受け付け開始となります

年間で一番の人気を誇る紅葉ロケーションプラン。

今年はまず第一弾として「田母沢御用邸」「中禅寺湖湖畔」での撮影の受付を6月より開始しました。当初は第二弾、第三弾と段階を踏んでの受付を予定していましたが、結局のところ分ける意味がなくなってきたので7月からは限定せずにすべての紅葉ロケプランの受付開始とさせていただきます。

そこで当店が紅葉ロケーションフォトでご案内しているロケ地をご紹介しますね。

■田母沢御用邸

004最も人気のあるロケ地。撮影可能時期は10月末から11月上旬にかけて。

■中禅寺湖湖畔

075

個人的にめちゃめちゃおすすめのロケ地です。撮影可能時期は10月下旬。

■中央公園

056

移動距離も少なく、園内は各所に美しい紅葉が見られます。撮影可能時期は11月中旬から下旬にかけて

■益子参考館019

こちらの紅葉の小道は最高の撮影スポット。ちょっと大人な撮影をご希望の方にお勧めです。撮影可能時期は11月中旬。

■岡田記念館

080

紅葉だけではなく、竹林や池など様々な撮影スポットがあるので人気です。撮影可能時期は11月下旬から12月上旬。

その他にもこちらでの撮影も可能です。
■松村記念館(足利)11月下旬から12月上旬
■陶芸メッセ(益子)11月中旬から11月下旬
■掬翠園(鹿沼)11月下旬から12月上旬

人気の田母沢御用邸は予約が多く入っておりますが、まだご案内は可能となっております。その他のロケ地でしたら現時点では余裕がございますので、まずはお気軽にご相談ください。

また毎年の傾向としましては8月から予約が増えてきますので、ある程度日程やロケ地を余裕をもってお決めしたおきたい方は7月中がおすすめです。昨年に関しては10月以降のご相談でご案内できた方もいれば、そうでない方もいらっしゃいました。日程にあまり自由が利かない方はできるだけお早目にご相談ください。

ご相談、ご来店のご予約はabitoのLINE公式アカウントが便利です。ご登録の上、ご連絡ください。
  友だち追加

フォトウェディング専門サイトの画象は全て実際のお客様です

当店Wedding Dress abitoのフォトウェディング専門サイトに掲載している和装ロケ、洋装ロケ、スタジオ撮影の画象は全て実際にabitoをご利用くださったお客様です。

たまに言われるんです。
「サイトに載っているあの写真はモデルさんですよね?」なんて。まぁ当店をご利用くださる花嫁様は皆さんお綺麗な方ばかりですから、そのように思ってとしても全く不思議ではないですけどね。

022
こちらのお二人もイケメン&美女のお二人もモデルさんのようですが、実際のお客様です。お二人との合い言葉は「良き!」でした。結婚式後なら掲載OKということで、今回が初出しです。

もちろん掲載にあたっては全ておお客様からご承諾をいただいており、勝手に使わせて頂くことはありませんのでご安心下さい。
「私は掲載の話しはされなかった・・・」というお客様もいらっしゃることでしょう。それには様々な理由があってのことですが、最近は聞くこと自体をしていなかったこともありますので、悪く捉えないでいただけたらと思います。

先ほど「様々な理由」と書きましたが、その一つとしてお客様のご職業から判断し、敢えて聞かない場合もあります。
どんな職業かといいますと「教師」「公務員(消防、警察含む)」「ドクター」など、お仕事に差し障りがあると推測できる場合です。殆んど聞く事はありません。

逆に聞きやすいのは県外にお住まいの方です。
県内にお知りあいが少ないこともあり、ご承諾くださることが殆んどです。たいへん有難く、とっても助かっています。

このように当店では実際のお客様の画象だけでサイトを構成することが一つのこだわりです。
やはり「リアリティ」は大切ですし、お客様としても実際の画象であれば自己投影もできると思うんです。「こういう撮影ができる」「こんな前撮り写真になる」と安心していただきたいと願ってのことでもあります。

以前はいわゆるモデルを使っての撮影も考えた事がありますが、私自身が他のサイトなどを見て違和感を感じたために手を出しませんでした。もちろんモデルを使うことがいけないわけでもなく、見た目的にはいいのかもしれません。
でもいわゆるモデル撮影はある意味特殊なもので、そのために通常の撮影では行わないことをしたりするので、それを求められてもご提供できない事もある家と思うんです。なによりモデル同士は「他人同士」なので、雰囲気がでないんですよね。だからやってきませんでしたし、これからもやりません。

今後はより多くのお客様に画象使用のおねだりをするかと思いますが、ご協力頂ければ幸いです。もちろんNGの場合は忌憚なくお断り下さい。お二人だけの思い出にしたいという気持ちは充分に理解しているつもりですから。

秋の紅葉ロケ 中禅寺湖での撮影もおすすめです

現在、abitoでは紅葉ロケ受付け第一弾として「田母沢御用邸」、そして「中禅寺湖湖畔」での撮影予約を受付中です。

やはり紅葉ロケの絶対王者の田母沢御用邸プランはたいへんな人気で、既にご案内できる日程も残り半分もないほどです。「日光」というブランドの地、そして天皇家所縁の場所であること、もちろん紅葉がとっても素敵なので当然と言えば当然です。

008
こんな画象を見たら田母沢御用邸を選びたくなっちゃいますよね。

でもですね、abitoとしましては中禅寺湖湖畔での撮影もめちゃくちゃ自信があり、本当におすすめなんです。

026

中禅寺湖と様々に色付いた紅葉のコラボレーションはここならではのもの。

002

旧英国大使館別荘を背景に、石の階段での一枚。

なんといっても見渡す限り紅葉が広がっている絶景ですので、写りはもちろんのことお二人の胸にも深く思い出が刻まれることでしょう。とにかく全国的にも有名な日光(いろは坂の上)の紅葉を満喫しながらの思い出作りは最高です。

ちなみに中禅寺湖湖畔の紅葉は例年10月下旬が見頃となっており、こちらに関しては予約はまだ余裕がございます。
当店の紅葉ロケプランの中で最も早い時期の撮影となりますので、11月中旬以降の結婚式でしたら画象データも間に合います。もちろんフォトウェディングとしてもおすすめですので、「気になる!」という方はお気軽にお問い合わせ下さい。

なお現在、abitoではお問い合わせやご相談、ご来店予約などはLINE公式アカウントでのご連絡をお願いしております。何卒宜しくお願い致します。

Wedding Dress abito LINE公式アカウント
  友だち追加

紅葉ロケ受付け第一弾!「中禅寺湖」と「田母沢御用邸」

過去最速で紅葉ロケの受付を開始しました。

昨年までは紅葉ロケは全部ひと括りでお受付していましたが、今年は3階に分けてのお受付となります。まずその第一弾として「中禅寺湖」「田母沢御用邸」での紅葉ロケーションフォトの受付を開始しました。

・・・というのも受付を開始する前に数組のご予約が入ってしまい、「このままだと受付開始告知前に予約で埋まってしまう」と思ったからです。特に田母沢御用邸での紅葉ロケはたいへんな人気です。

004

中禅寺湖のご案内はまだ大丈夫ですが、田母沢御用邸でご案内できる日程は残りあと僅かです。

もしご検討中であれば、可能な限りお早めにご相談下さい。多分今月中には予約で埋まってしまう可能性もありますからね。

今回が第一弾となり、第二、第三と続くのでこちらで予告しておきます。

第二段は「中央公園」「益子参考館」での紅葉ロケの受付となり、7月開始を予定しています。
058すみません、中央公園での婚礼紅葉写真はお客様方に許可をいただいていないので、袴姿の写真となります。ただこちらの紅葉は想像以上に見事で、きっとご満足いただけることと思います。

049こちらは益子参考館の紅葉写真です。
曲がりくねった小道に落ち葉の絨毯・・・とっても素敵ですよ!こちらの紅葉もとっても素晴らしいです。


そして第三弾は鹿沼の紅葉の名所として知られる掬翠園の受付となります。
024和邸宅と紅葉が織り成す風情がたまりませんね。
こちらでの紅葉ロケは12月上旬まで可能(例年)となります。もちろん撮影データは年内にお渡しいたしますので、お正月にご家族とご覧いただけます。撮影におすすめの時期は11月下旬~12月上旬となります。

ご覧頂いたように当店では紅葉が美しいロケ地を多数ご案内しております。
またロケ地により撮影時期が変わってきますので、お二人のご都合に合わせたロケ地のご提案もさせて頂きます。多分この頃にはワクチン接種も進んで感染リスクもかなり軽減していると思われますので、県外(東京、神奈川)にお住まいの方もぜひご検討下さい。

紅葉ロケに関するお問い合わせ、ご相談、ご来店予約はabitoのLINE公式アカウントよりご連絡下さい!

NEWフォトウェディングのモニタープランについて

以前もブログで予告しておりましたが、abitoのフォトスタジオのお隣にOPENされたカフェでのフォトウェディングを始めることに致しました。

ただウェブサイト等に掲載する画象がないと、どのようなフォトウェディングなのかを知っていただくことなどできません。これまでもそうでしたが、こんな時当店ではモニタープランを作り、ご興味のある方を募集いたします。

今回もカフェフォトプランのモニタープランをお作りしました!

IMG_0142こちらは振袖の撮影でしたが、こんな素敵なカフェでのフォトウェディングを始めます。

詳細は6月4日に当店のフォトウェディング用ウェブサイトで告知いたします。

ただこちらのブログをご覧頂いた方だけにちょっとだけ情報をご提供したいと思います。


まず募集組数は二組となり、洋装一組+和装一組限定となります。

プランに含まれるのは【花嫁衣裳(色打掛またはウェディングドレス)】【花婿衣裳(紋付袴またはタキシード】【お着付け】【ヘアメイク】【撮影代】【撮影データ10カット以上】となります。価格的には10万円以下となり、かなりお得になっております。
ちなみにドレスは7号~11号サイズのみとなります。
ただご利用にあたっては二つの条件がございます。

①撮影は平日限定
②撮影した画象を当店のウェブサイト、及びSNS等での使用をお許しくださる方限定

このようになっております。

またそれぞれ一組限定となっており、先着順となりますので埋まり次第に受付けは即終了となりますのでご注意下さい。「先着順」を徹底する為、受付けは当店のLINE公式アカウントのみでの受付となります。もしご興味のある方はご登録いただき、6月5日以降にご連絡下さいませ。
   ⇒abitoのLINE公式アカウント

実は既に何件かメールでお問い合わせ頂いておりますが、平等を規するために6月5日からの受付となるとお返事しておりますのでご安心下さい。こんなに反響があるとは予想していませんでしたので大変嬉しい思いです。ただ二組しかご案内できないのが大変残念です。
モニタープランで撮影した画象はすぐにabitoのフォトサイトに掲載いたしますので、「こういうフォトウェディングがしたい!」とお感じ頂けたのであれば、ぜひお気軽にご相談下さい。

それまでもう少しお待ち下さいませ。

6月はロケーション撮影の穴場です

お陰様で3月から5月にかけてとても多くのロケーションフォトウェディングをお受け致しました。

特に5月は紅葉シーズンに負けず劣らずの盛況ぶりで、アタフタしながらも充実の時間を過ごすことができました。傾向としては日光での撮影をご希望される方が多く、県外在住の方々の一生分×3ほどの日光訪問となりました。

この3ヶ月の間には日程が合わずにお断りさせて頂いたことも少なくなかったのですが、6月でしたら現時点ではお客様のご都合に合わせることができます。やはり梅雨時期ということもあり、ロケーション撮影は避けられる傾向はあります。
ただ「梅雨時期」はイメージ的に毎日雨が降っていると思われがちですが、近年は空梅雨・・・つまり雨が降らない日の方が多いんですよね。昨年はしっかりと雨の日が続きましたが、今年は関東においては時期も短く、早めに明けるとのこと。

また当店の場合はご成約時に予備日を設定して頂いているので、仮に雨が降ったとしても予備日へ延期することも可能です。もちろん延期に対しての費用などはいっさいございませんのでご安心を。

とは言え、ロケーション撮影をご検討中の方は「できればバッチリ晴れている日の撮影がいいな~」と思われていることと思います。
青い空に白い雲・・・気分も晴れやかになりますよね、晴天の日は。でも実は太陽の光が燦燦と降り注いでいると撮影は難しいんです。陰影がハッキリしすぎたり、眩しいので目を細めやすくなったりしますからね。
だからどちらかと言えば曇りの日の方が撮影には向いているんです。
なんなら小雨程度でも撮影はできますし、雨に濡れた新緑はキラキラして綺麗なんですよね~。

そんなわけで撮影の日程に自由が効き、撮影に適した曇りがちの日が続く6月はロケーション撮影の穴場的時期と言えるワケです。また本格的な夏が始まる前ということもあり、特に和装撮影をお急ぎの方にはうってつけの6月といえます。

7月以降は再度日光での撮影が立て続きますので、6月はチャンスですよ~。

嬉しいご成約特典をご用意しておりますので、春に撮影ができなかったというカップル様、夏や秋の結婚式の前撮りをお考えの方などぜひご検討下さい。お問い合わせやご来店予約は出来るだけabitoのLINE公式よりお願い致します。
    ⇒abito LINE公式アカウント

霧に包まれた中禅寺湖って幻想的

昨日は今年初の中禅寺湖でのロケーションフォトがありました。

当店の場合、撮影予定日前日にご確認をさせていただくのですが翌日の予報は「降水確率50%」。予備日も設定して頂いていたので「多分延期かな~」と勝手に思っていたところ、お客様からは「やります!」のお返事。

お客様が「やる」と決めたならば、当店としては雨が降ろうが槍が降ろうが徹底的にサポートするのみです。

そして当日、お支度が終わって一路ロケ地である中禅寺湖へ出発しました。

日光道路を北上中、男体山一体は雲に包まれ、車のウィンドウにはそれなりの雨粒が・・・・「ん~?」。そしていろは坂を登っていると上に行くほど霧で視界がほぼない状況に「ん?う~ん」。
中禅寺湖にある歌が浜駐車場についても「ん?ん?ん?ん!」という感じ。雨が降っているとかの問題ではなく、「視界」の問題でカメラマンも「ちょっと厳しいですね~」という始末。

まぁとりあえず、現地まで行き、状況を確認してから判断しようとお客様と一緒に明日を進めました。

すると・・・なんと言うことでしょう!ロケ地周辺は霧はあるものの、撮影に支障はない状況。こうなったら頑張るのみです。時折雨に降られたりはしましたし、霧が増えたりもしましたがそれはそれで幻想的な雰囲気。

IMG_0124  
こんなお天気だからでしょうか、人出もまばらで撮影しやすい環境でした。

普段なら人で混み合う旧英国大使館別荘内は私達の他にどなたもいらっしゃらないので、まるで貸切状態でした。

IMG_0123

普段は撮影が難しいスペースでも撮影ができたのは本当にあり難かったです。

断続的に降る小雨の中、あっちこっちお二人には移動して頂いたので大変お疲れになったことでしょう。足元も悪く、歩くのにも注意が必要だったので余計にお疲れになったはずです。
それでもお二人は終始笑顔。モニター越しに撮った画象をお見せすると「素敵~♡」「すごぉ~い♪」「いいね~」と嬉しいお言葉を投げかけてくださったどころか、私達スタッフに対していろいろとお気遣い下さいました。

本当に素敵なお客様でした。
いつも思うのは本当にabitoをご利用くださる方はスマートで優しく、素敵な方ばかり。とてもお客様に恵まれていると感じています。

普段とは違う状況の中での撮影だったので、正直大変ではありましたがお客様にも喜んで頂けたので達成感がハンパないです♪
またこういった経験ができたことで、ほんの僅かかもしれませんが経験値(レベル)が上がったような思いがします。

青い空、そして白い雲の下の中禅寺湖は間違いなく素晴らしい景観ですが、今回のような霧だった中禅寺湖も幻想的でまた素敵でした。「明日お願いします!」とご判断されたお二人の選択は大正解でした。だってこんな雰囲気の中で撮影ができるのはそうそうありませんからね。

きっと画象の仕上がりも想像以上に素敵になるはずです。
お二人も楽しみにされていますが、私達もどんな雰囲気になっているか拝見するのが楽しみです。とにかく中禅寺湖はロケーションフォトに最高のロケ地であり、自信を持っておすすめできる場所です!

真夏でも撮影できますからね!