和装前撮り/フォトウェディング

GoPro動画を初納品

既にこちらのブログでご報告しておりますが、今後、当店ではロケーション撮影時にアクションカメラの【GoPro】を活用していきます。

とは言え、まだまだお試し期間なので商品としてではなく、現時点ではサービスとしています。つまりプレゼントです。


今のところ、全てのお客様にご提供できる環境が整っておらず、ロケ地や撮影内容を考慮してランダムにお声掛けしている段階です。今のところ2組撮影し、もう一組にお声掛けしています。


そして遂に昨日、初めて動画をお客様に納品致しました。
動画時間は3:50とちょっと長めになってしまいましたが、お客様にお見せしたところ大変喜んでくださり、もしかしたら今月行われる結婚式でもお流ししてくださるかもしれないとのこと。

そんな訳もあり、お客様のお許しもいただいていないことから、今回はこちらのブログでの公開は致しません。ただお二人の結婚式後に正式に許可がおりたら公開したいと思っています。


さて撮影した動画は岡田記念館での前撮りの様子です。
竹林や日本家屋内での撮影の様子をGoProで記録、シチュエーション的には正座やプロポーズなど盛りだくさん!!!
前撮りなのでもちろん美しく、思い出に残る写真(データ)がある訳ですが、撮影風景やオフショットなど「いつの間に!」という様子を動画で見ると写真とはまた違った価値を感じます。

何より「和装を着用した自分達二人の動いている姿」が記録されていることが、たまらなく嬉しいそうです。
動画を編集した私達でさえ、「絶対嬉しいし、喜んでくれるはず」と思ったくらいです。

ただ想定外に動画を制作するって大変な作業なんです。
まずは頭の中にイメージを作り、シチュエーションごとにアングルや時間、視聴効果を考えて撮影します。撮影後はまずは動画データをダウンロード(時間がかかるんです)し、ここから編集し始めます。
ひとコマをどのくらいの長さにするか?
順番はどのような展開にするか?
テキストはなにを入れるか?
音楽を何にし、その曲の長さに合わせなければなりません。

ぶっちゃけて言えば、現在は完全なサービスでご提供していますが「無料」でするものではないなと・・・。それだけ手間隙と時間が必要なんです。それでも頑張れるのはお客様に喜んで頂けるからです。そして制作している自分もワクワクするからです。

ただ今は第二弾の動画の編集を行っています。
この第二弾もお客様に喜んで頂けるように、頑張って製作したいと思っています。

そして今後はお作りした動画の公開をお客様にお許しいただき、abitoのYoutubeチャンネルのコンテンツの一つとしていきたいと考えています。また大変作業が加わることになりますが頑張りたいです。
 

令和最初の日光の紅葉はこんな感じでした

IMG_9434

夏の猛暑、また秋の高気温により今年の紅葉は例年に比べ一週間ほど遅いようです・・・・と言うか遅いです。

本日は11月6日。

例年であれば日光(田母沢御用邸)の紅葉もそろそろ終わる頃ですが、今年はこんな感じです。

IMG_9434

やはり今年は遅れているんですね。

それでも本日の紅葉は美しく、お二人も「綺麗~!」と喜ばれていました。

そんな今年の秋ですが、良いこともあります。

気温が高いため、新郎新婦のお二人も寒さを感じずに快適に撮影に臨むことができることです。新婦様は打掛という厚手の衣裳なので寒さには強いのですが、新郎様は下がスースーする袴なので、寒さには弱いんですね。

ですが今年は今のところ全く問題なし。

何でもそうですが、デメリットの後ろにはメリットが存在するんですよね。

さて明日もロケーション撮影がありますが、日光ではなく、人気No1のロケ地の岡田記念館です。お天気も良さそうですし、ロケーション撮影日和となりそうなので、我々も楽しみです!!!

最近多い和装前撮りでのリクエストポーズとは?

0057

長らく和装前撮り(ロケーション撮影)に携わっていると、その時折でお客様からリクエストされるポーズも変わってきます。

一時期はジャンプ。
054

一時期は振り向きだったり・・・。046

そして最近多いのがこちらのリクエスト。
0057

プロポーズ大作戦♪
通称「パカッ!」(リングケースを開ける音)なのですが、こちらのリクエストは最近本当に多く、毎回のように撮影させて頂いてます。そしてこちらと共に・・・もはやセットと言っても過言ではないくらいにリクエストされるのがこちらのポーズ。

0099

いわゆるプロポーズの再現を和装姿でされる訳ですが、お二人にとって大切な思い出を写真で改めて残すことは素敵なことです。

今後長く続く結婚生活において、意見が食い違ったり、喧嘩したりすることもあるでしょう。
でもこんな写真が身近にあったら、深呼吸し、この写真を見て様々な事を思い出すことで素直な気持ちになり、速攻で仲直りできますよね。初心に帰って、一番近くにいる方がどれだけ大切な存在なのかに改めて気付かせてくれることでしょう。

今後もリクエストポーズはまた違ったものに変化して行くでしょうが、基本は何も変わりません。
「大切な時間を切り取る」
「大切な思い出を残す」
・・・・こういうことなんですよね。

さてabitoの前撮りではお客様のリクエストがあれば、可能な限りご対応しています。
スマホなどで画像を検索し、そのまま保存して、撮影時にお見せ下さい。腕利きのカメラマン達がお二人のご希望以上の1枚を創造してくれるはずです。

人気NO1ロケ地 岡田記念館の庭園をタイムラプスでご紹介

岡田記念館タイムラプス
Featured Video Play Icon

本日は久しぶりに動画付きでお送りします。

今回の動画は題名どおり、当店の和装前撮り(ロケーション撮影)で最も人気のあるロケ地「岡田記念館」を撮影したものです。とは言っても、庭園が中心となっています。また通常動画ではなく、タイムラプス動画ですので「何が何だか・・・」と思われるかもしれませんが、瞬きなしでご覧下さい。

※Youtubeはアップロード直後は映像が粗いのでご了承下さいネ

さてこちらの動画は皆さんもご存知のGoProのHERO7 BLACKで撮影したものです。
実際、この日は和装前撮りを行っており、その様子もGoProで撮影しております(但しそちらは非公開★)。

Wedding Dress abitoではロケーション撮影にGoPro撮影を導入し、さらなるお客様満足度を高めようと試行錯誤の真っ最中。こちらのお客様にもそんな主旨をご説明し、ご賛同頂いたので完全サービスでGoPro撮影し、編集した動画をプレゼントする予定です。試作品を先日ご覧頂いたのですが、お二人には大変喜んでいただけました。

055

abitoのロケーション撮影をご利用くださる多くのお客様が和装前撮り専門サイトからご来店下さいます。
そして殆どの方が「プラン内容」や「プラン価格」ではなく、「素敵な写真だったから」という理由で当店をお選び頂いています。もちろん素敵な写真は絶対条件ですが、前撮りの一日を一生の思い出として頂きたいと思っています。

「写真」または「画像データ」として和装の思い出を残すのが前撮りですが、撮影の様子や和装を着たご自分達が動いている姿も残せたら最高ですよね。そうなることで、前撮りの日がより一層思い出深い一日になるのではないかと考えています。こんなGoPro撮影をサービスにしているお店は全国でもそうそうない、いやもしかしたら当店だけかもしれません。

撮影が簡単なGoproですが、実際に前撮りの様子を撮影するのは意外と大変で手間がかなりかかります。
さらにはデータのダウンロードや編集にも手間がかかり、本音を言えばサービスで提供するレベルの手間ではないんです。しかし手間がかかるから価値があるともいえますし、何よりお客様に喜んでいただけることが嬉しいですからね。

いずれはこのGoPro撮影も商品化していきますが、しばらくの間は不定期なサービスで提供する予定です。
また12月中旬より開始する毎年恒例の「冬ロケプラン」にはもれなくこのサービスをご提供する予定です。春挙式の前撮り予定の方はご検討してみてはいかがでしょう?

生憎の雨・・・どうなる日光での和装前撮り!?

10月19日の本日、日光田母沢御用邸で和装前撮りを行ってきました。

数日前より天気予報は変わらず「雨」のままで、実際に現地は雨模様でした。
通常であれば、当店のロケーション撮影の場合は予備日を設定し、第一撮影希望日が雨の場合は予備日に順延することが殆ど。本来ならば、本日もそうなってもおかしくない天候でした。

しかし今回は予備日は設定していませんでした。
理由は新郎様のご両親が近畿地方からお越しになるとのことで、例え雨だとしても順延せず決行することになっていたんです。


で、やっぱり雨。
でも次第に小降りとなり、「もしかして雨が上がるかも?」と期待できるように天候も回復しつつありました。
IMG_9420
こちらは天候が回復しつつある時間帯の花嫁のうしろ姿。
とても素敵なヘアスタイル、そして髪飾りです。ちなみにヘアセットは花嫁様がご自分でされたんです。
この時、外は霧雨でしたが写真からはわかりませんよね。それどころか雨で濡れた木々や草花が光沢を帯び、美しい緑の色がより発色していました。

ここで奇跡が起こります。
そう、雨が上がり、それどころか晴れ間さえ顔を覗かせたんです。それとともに気温も上昇し、少々暑さを感じましたが御用邸の庭園で撮影が出来たので何よりでした。

やはり「持ってる」カップル様はお天気さえ味方についてくれるものなんですね。

雨の中での撮影を覚悟していただけに、晴れ間の中で撮影できたことの喜びは二倍・・・いや三倍以上に感じました。
一生に一度の、そしてご両家勢ぞろいの和装前撮りですから、本当に良かったと胸をなでおろしています。


明日は栃木市の岡田記念館での撮影です。
今のところ、お天気は心配いらないみたいです。
明日も新郎新婦のお二人に喜んで頂けるような写真の撮影、そして一生の思い出となる楽しい撮影になるようサポートしていきます。

I家新郎新婦様、並びにご両家の皆様、本日は大変お疲れ様でした。
末永いお幸せと、ご多幸をスタッフ一同お祈りしております。そして数ある中から和装前撮りに当店abitoをお選びくださいましたこと、本当にありがたく、そして嬉しく思っています!!!

ウェルカムボードにはA1サイズがおすすめです

結婚式当日、ゲストの方々をお迎えするウェルカムボード。

今ではさまざまなカタチのウェルカムボードがありますが、前撮りした和装姿の画像を使用されることも多いですよね。

では和装姿のウェルカムボードの大きさはどうしましょう?
もちろん「ゲストに見て頂くこと」が何より大切なのですが、その大きさによって見え方も違ってくるものです。やはり大きい方が迫力がありますし、存在感があり、より好評となると思います。

おすすめの大きさはズバリ【A1】サイズ。
A1の大きさは591mm×841mm・・・およそ60cm×85cmです。こんな感じです。
IMG_9411
千円札と比較するとその大きさ具合が何となく把握して頂けるはずです。

IMG_9412
ちょっと離れても、存在感があるのでゲストの方々は間違いなくお二人の和装姿に引き寄せられることでしょう。


当店では常時ではありませんが、和装前撮り(ロケーション撮影)をご成約くださった場合にこのA1サイズのポスターをプレゼントしています。撮影した画像の中からお気に入りの一枚をこの大きさにして差し上げているんです。

これが大好評♪

暫くこのサービスは停止しており、久々にこの夏から復活させたのですが大変お客様に喜んで頂いています。

このA1ポスターをお客様にお渡しする時がいつも楽しんですよね~。
和装前撮りプランをご成約時にこのサービスのことはお伝えしていますし、見本もご確認頂いているので大よその大きさはお分かりになっているはずなのですが、いざご自分達の和装姿をこの大きさで見た時に皆さん「おぉ~」とか、「まじっすか!」とか、「こんなに大きいの?」とかその反応を見るのが本当に楽しいんです。

そして皆さんニコニコ顔でお持ち帰りくださいます。

もっと嬉しいことは、私達abitoが撮影した和装姿を大切な大切な結婚式でウェルカムボードとして飾って頂けることです。お二人がお招きしたゲストの方々にも喜んでいただけますし、これは名誉だと思っています。


ちなみに当店の場合にはなりますが、お選びになる画像のポーズで多いのが「正座」または「正座でのお辞儀」をされているものです。
やはりゲストの方々に対しての「おもてなしの心の表れ」でもありますし、和装らしいそのポーズでお迎えをしたいというお気持ちがあるからこそなのでしょう。


似顔絵のものだったり、文字だけのもの、最近では黒板アートを利用してのウェルカムボードがあり、優劣は付けられません。
ただ考え方としては、何もウェルカムボードを一つに絞ることなく、併用してのご利用もありなのかなと思います。

また近々、abitoではこの「A1ポスタープレゼント」の特典付きのプランを出しますので、前撮りをご検討中の方は定期的に当店の和装前撮り専門サイトをチェックしてみてはいかがでしょう?

こ
Wedding Dress abito 和装前撮り専門サイト

本日の和装ロケーション撮影は12月挙式のカップル様でした

ここ最近は和装前撮りのお客様のご紹介や様子のお知らせは全くしておりませんが、かなりの数をこなしております。

そして本日も栃木市にある岡田記念館さん(当店人気ナンバー1のロケ地)で12月挙式のカップル様の前撮りを行ってきました。

実は本日、岡田記念館さんは休館日です。
しかし長年の実績と信頼のお陰で、当店は休館日でも利用させて頂いているんです。
もっと言えば、実績と信頼だけではなく岡田記念館(翁島)の開け閉めや電気の付け方などを完全に把握しているので、館長様の手を煩わせることなく利用しているからなのかもしれません。

ほとんど親戚の家のように自由に使わせて頂ける事に心から感謝している次第です。


本日のお客様は令和記念プランをご利用されたので、花嫁様は「打掛二着目無料」となり色打掛と白無垢の二着をご着用!色打掛姿も華やかで素敵でしたが、白無垢姿もたおやかで美しく、花婿さまも大変お喜びでした。ちなみに新婦のお母様もおいでになり、ご自分のスマホでたっぷりとお嬢様の晴れの姿を撮影されていましたが、その表情がとっても幸せそうだったのがとても印象的でした。

撮影が終わり、abitoへ戻る車中で「撮影、とっても楽しかったです!」とのお言葉をいただきました。
「楽しかった!」は我々abitoにとって、最上級のお褒めの言葉であり、この言葉をいただくために頑張っています。本当にありがたく、またしても「お客様に恵まれている」と実感してしまいました。

どんなに素敵な写真に仕上がろうと、その過程(撮影)が良くなければ写真だって霞んでしまうものです。
abitoの和装前撮りは写真という「モノ」ではなく、楽しい撮影と思い出という「コト」をご提供しているつもりです。もちろん写真も大切ですが、脳裏に素敵な思い出を刻んで頂くことの方が大切だと思っています。

本日のお二人は今日で和装前撮りが終わったので、今後は12月の挙式に向けて一つ肩の荷が降りたので邁進できることでしょう。まだまだ決めなければいけないことがあるそうですが、いつも笑顔のお二人ですから大丈夫ですよね!

abitoはお二人のアルバム、そしてウェルカムボードのポスターの制作に励み、喜んで頂けけるように邁進いたします。どうぞ仕上がりを楽しみに待っていてください。


ロケーション撮影は責任のある大変な仕事ですが、お二人と長い時間を過ごすことができ、反応をダイレクトに感じれるので毎回楽しい時間として過ごしています。多くのカップル様の人生の節目の1ページに携われるのは名誉であり、大変誇らしく感じます。この素敵な仕事に出会えたことは、私にとって人生の喜びでしかありません。

10月、11月と撮影がたてこんでいますが、一組一組に丁寧に対応し、多くのカップル様の思い出のカケラになれることを今から楽しみにしています。

九月の日光の陽射しは美しい

和装姿でのロケーションフォトは花嫁にとって、とっても大仕事です。

慣れないお着付け
ずしっと重い打掛

さらに撮影が暑い夏なら尚更です。


それでも夏を選ぶ方は少なくなく、今年はabitoでは大変多くの撮影を行ってきました。
いわば常識?先入観?固定観念?を覆したと言えると思います。

但し、夏のロケを行うに当たって、当店では最低限の基準を設定しています。
絶対条件としては「空調の完備」がなされているロケ地であること。そして宇都宮より間違いなく気温の低いであろうエリアである「日光」をお勧めしていることです。
もちろん日光だって夏は暑いのですが、陽射しが優しいんですよね~。

0102

この日(9月上旬)の日光の気温は30℃。
8月に比べたらまだましな暑さでしたが、花嫁は打掛を着用しているので大差はありません。

でもお二人を包みこんでいる陽射しの感じは夏ならではのもの。
そしてその美しさは日光ならではのもの。

とっても素敵な一枚となりました。
お二人にとってもきっと忘れることのできない、思い出深い一日となったはずです(そのように喜んで頂けました)。
これが夏の、そして日光でのロケーション撮影の魅力です。


もちろん春には春の、秋には秋の、冬には冬の魅力があります。


私達abitoのロケーションフォトはどんな季節においても、その季節ならではの魅力を最大限に活かし、お二人をさらに美しく、カッコ良く、そして喜びを感じて頂けるようにプロデュースしています。

撮影した季節を毎年迎える度に、素敵な思い出が蘇るような楽しい撮影にしましょう!abitoが徹底的にサポートしますからね♪

 

和装ロケーションフォトにGoProを導入します

年々増加しつつあるロケーション撮影による和装前撮り。055

つい二年ほど前までは結婚式をされるカップル様の前撮りが殆どでしたが、昨年頃から結婚式をされないカップル様のフォトウェディングとしてもご利用されることが激増しています。abitoのロケーションフォトが増えた理由の一つでもあります。

ロケーションフォトはスタジオフォトに比べると費用も高く、式をされない方は避ける傾向でした。
しかしメディアなどへのロケーションフォトの露出が増え、更には「せっかく結婚写真を残すなら・・・」というお考えを持つ方が増えているようです。


ロケーションフォトの最大の魅力は美しい自然の中でお二人の思い出を作りあげることができるということ。
また閉ざされた空間のスタジオでの撮影に比べ、開放感があり、お二人の表情も緊張せずにナチュラルとなることです。結婚の思い出づくりですから、ガチガチに緊張した姿もひとつの思い出となりますが、できれば笑って楽しく過ごし、記録だけでなく記憶も素晴らしいものにしたいものですよね。


そう、abitoとしましてはロケーションフォト(前撮り)はただ単に「写真を残す」だけではなく、「楽しい思い出も残す」ということをこれまも、そしてこれからも追求していきたいと考えています。
そこで新たにロケーションフォトにGoProを取りいれ、写真では刻みきれない記録を作り、ご提供していくことにしました。IMG_9399
 

現在、ウェディングムービーと言えば一眼ムービーが多いですが、abitoでは敢えてGoProで撮影いたします。
その理由としてはまずはご提供価格を考えてのこと。
スチール(静止画=写真)と比較するとムービーは基本的にご提供が高額となりがちで、どんなにお二人が「欲しい!」と思っても費用の面で断念せざるを得ない場合が数多くあります。その点、GoProであれば良心的な価格で提供できます。
また過剰に造りこむのではなく、DIYぽっさを演出していくにはGoProだと思いました。もちろん基本は当店側が撮影いたしますが、時折お二人のセルフィー撮影も織り交ぜて行きたいので、その為には簡単に撮影できるこれですね。

ちなみに動画の編集はもちろんお任せ下さい。
現時点ではロケーションフォト中のGoProでの撮影、そして編集込みで「39,800円」を予価としています。
またGoProのお貸し出し(つまりお二人またはご家族が撮影)もご案内していく予定です。

そしてモニター募集のお知らせです。
今回のGoPro導入にあたり、三組のカップル様のモニターを募集いたします。
abitoのロケーションフォトをご利用くださるカップル三組限定で、GoProで撮影した動画(編集付き)を無料でご提供いたします。条件としましては当店のロケーションフォトプランをご利用頂くことと、写真並びに動画を当店のウェブサイト及びSNS等での使用をご承諾くださることです。

ちなみにですが、既に9月~11月は大変多くのカップル様にロケーションフォトのご予約をいただいております。
順次、撮影前にこのモニター募集のご案内をしていきますので、おそらく10月中には募集が締め切りとなると思われます。その際は誠に申し訳ございませんが、ご容赦下さいますようお願い致します。

GoProで撮ると緑が鮮やか

IMG_9395

先日、親戚の和装前撮りを行ってきました。

二人はGoProで動画を撮影し、その前撮りの様子を結婚式で流すようです。

そして本日、仕上がった動画をもらったのですがBGMに問題(著作権等)によりアップすることはできません。音源を抜いたバージョンをお願いしているので、そちらが届いたらブログでも公開する予定です(結婚式後になるかもしれません)。

上の画像はその動画をスクショしたものですが、GoProで撮ると草花の緑が本当にキレイですね。濃いというか深いというか、カメラで撮影した色とはまた違った美しさがあります。

皆さんも和装前撮りをロケーションで行う予定がありましたら、GoProを使ってみてはいかがでしょう?
写真とはまた違った思い出を残せること間違いなしです。

ま、編集に手間がかかりますが、周りにそういう事を得意としている方がいるはずです。こちらのお二人もそうでしたしね。


Gopro・・・いいですね。でもカメラの撮影と同時には無理なので個人的に購入しようかな?