和装前撮り/フォトウェディング

桜ロケも梅ロケもまだ間に合います!

この時期になるとお問い合わせが多くなるのが「桜ロケ」、そして「梅ロケ」です。

もちろん桜ロケの方が人気なのですが、「桜の時期は忙しい」「3月中旬までに前撮りしたい」という方には梅ロケをおすすめしています。ちなみに当店がご案内する梅のロケ地に現在の様子がこちらです。

line_oa_chat_210225_154740

まだ五分咲きまでは行っていないようですが、これからグングン蕾が開いて行くことでしょう。

line_oa_chat_210225_154748

梅の花は桜とは味わいが違いますが、和装の柄に使われることも多く日本文化とは切っても切れない間柄。桜が可憐なイメージであるとすれば、梅の花はより華やかなイメージですよね。

ちなみにこの梅のロケ地は知る人ぞ知る、地元の方しか知り得ない秘密の場所です。ここだけは他の写真関係の方には知られたくありませんし、ほぼわからないことでしょう。こちらの梅が満開になるとこんな撮影が可能となります。

0013

桜とは違ったどこか幻想的な雰囲気がありますね。

こちらでのおすすめ撮影時期は3月上旬から中旬にかけてとなります。当店からも距離的に近いので移動もあっという間、ご負担も少なく撮影可能です。

「でもやっぱり桜がいい!」という方もお気軽にご相談ください。
今年の宇都宮の桜の開花は3月23日、満開は4月1日(サイトによっては3/30~31)となっており、例年より4~5日ほど早い予想となっています。この予想から踏まえると3月27日~4月6日頃が撮影におすすめです。

まだまだご案内できる日程がございます(午前の部は残り僅かですが)。
暖かな春の日差しの下、美しい桜に囲まれて結婚の思い出作りはいかがでしょう?限られた短い期間だけのスペシャルな和装前撮りをご提供いたします。

龍の水墨画と和装のコラボ

abitoは栃木県内の各地でロケーション撮影を行っており、ご案内しているロケ地は10ヶ所以上と県内最多を誇ります。

やはりそれだけの数のロケ地があると、人気も偏るのですがその中でも安定の人気を誇るのが栃木市にある岡田記念館です。当店としても一番こちらで撮影を行っていると思います。そのためどこに何があるか?もっと言えば「ここの電気をつけるためにはあの場所にあるブレーカーの下の右から2番目を上げる」ということまで知り尽くしています(笑)

そう、まるで我が家のような感じですかね。
現にオーナーの方からは「どうぞ好きなように使って!」とまで仰って頂けるほどです。

実は昨年から岡田記念館では以前とは全く違うポイントで撮影するようになりました。
それまで撮影のメインであった離れである「翁島(おきなしま)」が全面修理となり(期間は5年館)、全く撮影ができないことになりました。現在は武家屋敷の方で撮影しています。

最初は不安しかありませんでしたが、いざ新しいスポットで撮影すると全く違った魅力があり、お客様にも好評なので安心しました。その新しい撮影スポットの中でも人気というか、お客様がどよめいてくれるのが龍の水墨画の背景です。

046

ただこちらのような一枚を撮る為にはいくつかの準備が必要なんです。
あれとあれを外し、あれを移動し、あそこの電灯を付けてなど様々な手順があります。例えばガラス戸を外さなければならないのですが、こちらは大変古い建築物なのでいわゆる「たてつけ」の状態がよろしくなく、簡単に外せるものではありません。
ある一定の位置までずらして初めて外すことができるんです。多分、この事に関しては世界で私一人しか知らないと思います(自慢)。

そもそもガラス戸を外したり、物を移動したりできるのもオーナー様から「好きに使って」というお墨付きをいただいてるからこそです。時には金屏風を店から持ち込んだり、寒い時期には石油ファンヒーターを持ち込んだりと本当に自由に使わせて頂いています。

最近はいろいろな方が岡田記念館で撮影することが多くなってきましたが、私以上にこちらを知り尽くしている方はいないと思われます。もし岡田記念館の魅力の真髄をふんだんに取り入れた撮影をご希望であれば、まずは当店にご相談下さい。
他さんでは不可能なことも、当店なら可能になるかもしれませんよ!

近々この2月にこちらの岡田記念館で撮影したお客様の画象をご紹介するブログをアップいたします。岡田記念館の魅力をたっぷりとご紹介できると思います。

 

春の足音が聞こえてくるとロケーション撮影の問い合わせが増える

今日は2月3日、そして立春です。

暦上では今日から春になった訳ですが、まだまだ寒い日は続きそうです。しかし日も伸び、陽射しのかんじからすると春の足音が近づいているのを感じます。


春の到来を感じると、ロケーション撮影のご相談が増えてきます。
夏の暑さが落ち着いてくると、秋のロケーション撮影のご相談が増えてくるのと同じ現象ですね。折りしも県内に発出されていた緊急事態宣言も解除になるタイミングと重なることもあり、電話やLINEでお問い合わせを良くいただいております。

春以降のabitoおすすめのロケーション撮影は盛りだくさんです!

まず何といっても「桜ロケーションフォト」ですね。
034

時期的には4月上旬~中旬にかけて。
本当に限られた時期、限られた組数しか撮影できないスペシャルなロケーションフォトです。abitoではお花見客の少ない特別な桜の名所で撮影を行っておりますので、他の方の写りこみがなく、まるで二人だけの桜の世界を感じて頂けると思います。

毎年ギリギリ(3月中旬以降)に桜ロケーションフォトを希望される方もいらっしゃるんですが、この頃になるとご案内出来る日程も少なくなってしまいますので出来るだけ早くご相談くださることをおすすめ致します。

また4月中旬以降は「新緑ロケーションフォト」がおすすめです。
032

abitoがご案内しているロケ地の全てが対象となり、どちらで撮影してもキラキラと輝く新緑がお二人を祝福してくれます。特に5月は気候も安定していますし、湿度も低くて快適な撮影となります。すでに5月の撮影の予約もいただいていることからもわかるように、とても人気の季節です。

そして今年abitoがイチオシしていくプランが「中禅寺湖」でのロケーションフォトです。
074

ドレス&タキシードでの撮影はもちろん最高ですが・・・・

002

色打掛&紋付袴でも負けず劣らず素敵なんですよね。

おすすめの撮影時期は5月~10月上旬。
5月・6月・10月は想像以上に涼しい(もしくは寒いくらい)ですが、真夏の8月にも和装で撮影できてしまうんです。大きな湖、それを囲む雄大な日光連山、生い茂った緑あふれる森、殆んど人がこないプライベートビーチのような浜辺、旧イタリア大使館別荘、旧英国大使館別荘などのフォトジェニックな建物と撮影ポイントのラインナップがヤバイです。

結婚式を予定しているカップル様もそうでないカップル様にも「お二人の結婚の思い出づくり」には最高の場所、それが日光中禅寺湖です。県内はもとより、東京や神奈川にお住まいのカップルにも人気のロケ地です。

・撮影時期
・お二人のご希望
・和装、または洋装(両方という方も)
・ご家族も参加したい

カップル様によってご希望は様々ですが、abitoはそんなご希望にそったロケ地やプランのご提案をしています。そう、いわゆるオートクチュールもしくはオーダーメイドと言えるかもしれません。他のお店では「これはできない」「これならできる」とハッキリとした線引きがあると聞きますが、当店ではあくまでもお二人に寄り添う形でご提案をしています。

コロナ渦の折、ロケーションフォトをご希望される方が肌で感じるほど急増しています。
昨年の紅葉でのロケーション撮影はかなりの爆発をし、今思い返しても「よくあれだけの組数をこなせたものだ」と思うくらいです。今年もすでにその予兆があり、時期によってはもしかしたらご要望通りにご案内できない事もあるかもしれません。

当店としてのアドバイスとしては「出来るだけお早めにご相談下さい」です。
なんせ一日一組限定(桜ロケを除く)の撮影となりますので、予めご了承くださいますようお願い致します。

ロケーションフォトのご相談、ご来店の予約はabitoのLINE公式が便利です!
  友だち追加

桜ロケーションフォトの受付を再開します!

今年の春の桜ロケーションフォトの予約受付を1月29日から再開します!

栃木県に発出された緊急事態宣言を受け、予約受付けを「緊急事態宣言解除後」としておりました。しかしどうやら解除は先延ばしとなり、2月末となりそうとの報道を目にしました。しかし2月末からの受付けではスケジュール的にかなりタイトとなってしまいます。

限られた期間、限られた組数しかご案内することのできないロケーションプランですので、苦渋の決断ではありますが緊急事態宣言の解除を待たずに再開することに致しました。

ただ当店は昨年4月以降より、お客様のご案内は一枠一組限定とさせて頂いており、他のお客様と重ならないようにしております。また感染防止対策ももちろん施しておりますので、「三密」を気にせずお過ごし頂けます。


またこの度の緊急事態宣言中も桜ロケーションフォトではないプランをご希望のお客様方にお越しいただき、ご相談はもちろんのことご成約までいただいております。この事も再開するに至った理由です。
2月3月、そして5月以降のロケーションフォトの予約をお受けしているのに、4月の桜ロケーションフォトだけ予約をお受けしないのはおかしいですからね。

ただ事前にご連絡頂いている方には既に再開のご連絡し、優先的にご案内させていただく事となります。何卒予めご了承下さい。

なお、ご相談やお見積り、ご試着でのご来店を希望される場合は、当店は完全予約制となっておりますので事前にご予約下さいますようお願い致します。

お電話ではもちろんですが、LINE公式でもご予約を承っております。
ぜひご気軽にご予約、ご相談、ご連絡下さいませ。

【ご来店予約受付け】
☎ 028-655-0975
abito LINE公式

友だち追加

春以降のロケーション撮影のお問い合わせ続出中

一都三県に続いて、我が栃木県も緊急事態宣言が発出されました。

昨年4月の緊急事態宣言後はご来店はおろか、電話すら鳴らず(鳴っても延期かキャンセルの件)の日々が長く続いていました。しかし今回の場合は少なからず影響はあるものの、ご来店とお問い合わせ共にいただいて胸をなでおろしています。

その中でも多いのが春以降のロケーション撮影をご希望される方。

ただこんな状況下ですし、まだまだ時間があるので「状況が落ち着いてからお進めしましょう」と申し上げています。この一言でお客さまも安心されるようです。少しでも早く落ち着く事を願うばかりです。


ロケーション撮影の中で多いのはやっぱり婚礼和装での撮影です。
当店の得意とするものであり、昨年も大変多くのカップル様にご利用頂きました。ただ例年とちょっと違うのは希望のロケ地が日光の田母沢御用邸に集中しているということ。
確かに田母沢御用邸は人気のロケ地ですが、これまでは「晩夏」「秋」において希望される方が多かったのですが今年は春も人気のようです。もちろん春の田母沢御用邸は美しく、お二人の和装姿もきっと映えること間違いなしです。

IMG_0845

ちなみにこちらは数年前の5月の田母沢御用邸です。
木々と芝生の緑が美しく、可憐なお花もあってとっても素敵ですよね。

日光は宇都宮に比べ、4月5月も涼しい(肌寒いくらいかも?)ので和装の撮影にピッタリで快適です。
どのロケ地にしましても4月~5月は新緑が美しく、気温もホドホド、湿度も少ないのでロケーション撮影に大変お進めの季節となっています。

コロナ渦により「結婚式をどうするか?」とお悩みのカップル様は大変多いことでしょう。
昨年より延期されたこの1月2月の結婚式も再延期となり、複雑な想いをされている事と思います。以前は結婚式ありきのロケーション撮影(前撮り)が常識でありましたが、昨秋当たりから様相が変わってきています。

結婚式は一旦置いておき、まずはロケーション撮影での思い出づくりをされる方々が本当に増えています。
撮影で満足であれば結婚式は不要ですし、撮影でさらに気持ちが盛り上がれば結婚式を模索するという考え方もあります。何より大切なのはお二人の気持ちが盛り上がっている時に何にもできないことを避けることではないでしょうか?
フォトウェディングはご相談から撮影まで短期間で完結できますし、延期も気軽です。結婚式となるとこうは行きませんからね。

まずは撮影で思い出づくり!

これもひとつの選択肢ではないでしょうか?

関西ご出身のカップル様はやはりノリが違います

abitoのロケーションフォトをご利用くださるカップルのご出身は「どちらかが県外のご出身」または「どちらとも県外ご出身」であることがとても多く、常々不思議に感じています。

まぁ理由はいくつか把握しておりますが、それについては割愛ということで・・・。


さて本日ご紹介させていただくカップル様は新郎、新婦さま共にご出身が関西地方。
言葉も違いますが、何といっても「ノリ」が違います。私は生まれも育ちも宇都宮で、そこまでノリがよいほうではありませんがお二人に引きこまれるようにノリノリになってしまいました。

お二人が選んだロケ地は宇都宮市にある若竹の杜(若山農場)。
画象の前にお伝えしておきますが、撮影日は春でも夏でも秋でもなく12月の中旬ど真ん中です!
002
こちらのお二人です!

めっちゃ綺麗な花嫁さま
043

めっちゃかっこいい花婿さま
045
笑いを堪えていましたけどね。

そんな美男美女ですすから、最初はどう接したらいいか不安しかありませんでしたが出会って30秒後に「杞憂」だとわかりました。

本当にいつもニコニコ顔ですし、私達にとても気を使ってくださいますし、お話しは食い気味(笑)ですし、こちらが何を言っても上手に拾ってくれますし最高のお二人でした。

そんなノリノリのお二人だからこそ・・・・
057
至って真剣なお二人です。

036まぁ表情が豊かで、とっても自然なんですよね~。

そして極め付けがこちら
073

ロケ地の雰囲気から想像できるかと思いますが、今人気のあのアニメ(全集中!)を私とお二人とで表現してみました。
・花嫁さまが手にもっているのは・・・ちょうど良い長さの竹!
・花婿さまがお兄ちゃん役、花嫁さまが鬼になってしまった妹役

もうおわかりですよね。
ぶっちゃけ、本音と言いますとお見せしたかったのは違う画象ですが、コンプライアンス?というかお二人だけの大切な思い出というか、ご披露する機会が別にありますので泣く泣く我慢致しました。

でもノリノリの撮影だけしていたわけではありません。本来の主旨である「お二人の結婚の思い出」を美しく、素敵に作る事も忘れていません。
002

お二人の和装姿と竹林の雰囲気が最高ですね。

023

なぜかブランコがあったので、デート風の一枚を。

013

きゃーっ♡

私はロケーション撮影が本当に大好きで、仕事なんですが毎回毎回楽しくて仕方がありません。
この日もやばいくらいに楽しすぎて、お二人を放置したままで禰津子用竹を探しまわってしまいました。
※結局はいくら探してもなく、若竹の杜のオーナー様に無理を言ってオーダーメイドしてゲットしました!

本当に楽しい撮影の一日となりました。

お二人はabitoのとっても大切なお客様ではありますが、「こんなに仲良くなってしまっていいの?」と思うくらいに仲良くさせて頂きました。お二人に出会えたのはやはり「ご縁」以外の何物でもありません。当店を見つけてくださり、本当に感謝です。
昨年はあんな一年でしたが、お二人はもちろんのこと、多くの素敵なお客さまに出会えることができたことを考えるとなかなかの一年だったように思います。

お二人にもお伝えしましたが、お二人の結婚式に出席できないことが残念でなりません(まずその立場にありませんが・・・)。
お二人の楽しく過ごしている姿、ドレスとタキシード姿が見れないのは寂しいです。そしてあの幻の一枚がゲストの方々に披露された瞬間に立ち会えないことが何よりも・・・(笑)。

またこんな素敵なカップルに出会うことができ、お二人の人生の節目にかかわらせて頂いたことが本当に嬉しくて仕方ありません。
私は出席できません(しつこいw)が、どうぞ最高の結婚式をお迎えください。またいつでも遊びに来てくださいね! 

お姉さまに引き続き、弟様にも和装ロケーションフォトご利用いただきました

昨年の紅葉ロケはありがたいことにご予約を多数いただき、「もうご案内出来る日程も殆んどない」という時期にあるお客様から紅葉ロケーションフォトのご要望をいただきました。

お話しの中で「以前、姉もabitoさんで和装ロケーションでお世話になったんです」とお聞きし、『これは何とかせねば!』ということで無理くり撮影日程を設定させていただきました。ある意味【えこひいき】だったとも言えますね。

つまりご姉弟さまで当店の和装ロケーションフォトをご利用頂いたワケです。
なかなか稀なケースですので、ご姉弟さまに画象使用の許可を申し出たところ、快諾してくださったのでご紹介したいと思います。

まずは2年前にご利用くださったお姉さまご夫婦がこちらです。
32

とっても素敵な笑顔ですよね!

そしてこちらが昨秋の弟様ご夫婦。
031

こちらも負けじとすてきな笑顔です!

やはりご姉弟ということで、お二人とても似ていらっしゃいますね。
027

弟さまご夫婦の撮影には何とお姉さまご夫婦、そしてお母様、また新婦さまのご家族が参加されたので賑やかな中での撮影となりました。
081

ご姉弟さまのお母様はどちらの撮影にも参加してくださり、今回もとても楽しみにしていた下さったようです。
49

abitoとしましても2年ぶりにお姉さまご夫婦、お母様にお会いできて本当に嬉しかったですし、楽しかったです。本当に仲の良い、素敵なご家族に出会えたことに感謝です。
ちなみに昨秋の撮影時、お姉さまは臨月も臨月でいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状況でした。
「撮影に参加したいから、まだ生まれないでねってお腹に言い聞かせてたんですよ~」と仰っていましたが、その後無事ご出産され、新しい家族と共に健やかにお過ごしとのことでした。

しかしお姉さまご夫婦は2年という月日が流れているにもかかわらず、全くお変わりがなく、相変わらず爽やかで優しく、素敵なカップル様でした。

もうabitoもロケーションフォト事業を始めてから8年の月日が流れています。
3~4年前からご利用くださったお客さまのご紹介が毎年多くなっているのを感じます。今回もお姉さまからのご紹介でしたが、こういったことは本当に嬉しい限りです。

abitoのロケーションフォトに少なからず不平、不満があったらご紹介なんてありえませんからね。
今後も多くの方にご家族やご親戚、ご友人、同僚の方々をご紹介頂けるよう、一組一組心を込めてご対応していきます。身近で温かな中での撮影を心がけ、一生に一度の撮影に取り組んで行きたいと思います!

Iさまご夫婦、Oさまご夫婦、そしてご家族の皆様、本当にありがとうございました!

2021年春 桜ロケーションお受け付けの変更について

1月6日より令和3年春の桜ロケーションフォトの受付けを始めました。

しかしご存知の通り、一都三県で緊急事態宣言が発出されることと宇都宮市独自の緊急事態宣言も発出された事を受け、桜ロケーションフォトに関しては当面の間「予約受付け」ではなく、「予約優先権の受付け」とさせていただくこととなりました。

もちろん今年も桜ロケーション撮影をバンバンお受けいたしますが、この時期は例年とはちょっと違った方法で進めていこうと思います。ぜひご理解を頂けると有難く思います。


予約優先権の受付けについて

例年は桜ロケーションフォトをご希望されるお客様にご来店頂き、各種説明や衣裳の試着の後にご成約頂いてました。桜の美しい時期は限定的であり、ある意味早い者勝ちです。ただ現在の状況下ではお客様方も不要不急の外出は極力控えたいのが本音でしょう。
そこでまずはabitoのLINE公式で「予約優先権」をご提供することと致します。
友だち追加

予約優先権とは

桜ロケーションフォトの撮影日を優先的にお決めいただける権利です。
あくまでも「権利」ですので、「ご予約」とは違ってお内金も不要ですし、必ずしも予約しなければならない訳ではありません。つまり権利の放棄も自由となっております。
優先権に関しましても先着順とさせていただいており、新型コロナウィルス感染状況が落ち着いた頃を見計らい、優先順位に従ってabitoからご連絡を差し上げることとなります。そしてご希望される撮影日時(本命日、及び予備日と時間)をお決めいただき、後日当店へご来店頂きます

後日ご来店でお決め頂く事

ご来店いただき、お決め頂くことはプランと衣裳のみ。
一度のご来店で完結できますのでご安心下さい。ご質問やご要望などがありましたらご来店後でもLINE等でお受付しておりますので、お気軽にご連絡ください。

最後に

abitoの桜ロケーションの撮影場所は桜並木が美しく、かわいい菜の花もあり最高にフォトジェニックな撮影を叶えることができます。それに加え花見客も本当に少数で、密にならないロケ地となります。また野外での撮影ということもあり、気持ち的には安心ではないかと思います。
また昨年の秋、コロナ渦における多数の紅葉ロケの経験を基にカメラマン、お支度スタッフ、随行スタッフ一同、万全の感染防止対策を施し、撮影に臨ませて頂きます。
また状況の変化により、通常通りの桜ロケーションの受付けに戻すこともありますが、その際も優先権の順位どおりにご案内させて頂きます。

不明な点などございましたらお気軽にご連絡ください。
まずはWedding Dress abitoのLINE公式へのご登録をお願いたします。
友だち追加

洋装&和装ダブルロケプラン始動します

あっという間に今年も残り僅か。

abitoは例年にもれなく、この時期はゆっくりとした時間が流れています。あの秋の猛烈な慌しさが懐かしいくらいです。

だからと言ってボーっと過ごしているわけではありません。来るべき令和3年を向けて様々な企画を練り、実現に向けて進めている最中です。その中で現時点でお知らせ出来る企画があります。

これまで当店はロケーション撮影に軸足をおき、8年という月日をかけ、どうにか「ロケーション撮影専門店」として認知して頂けるようになりました。ただどうしても「和装ロケーション」のイメージが強く、ドレス&タキシードでのロケーション撮影が後手後手になってしまっていました。しかし今年はそのドレス&タキシード、いわゆる洋装ロケーション撮影のご要望が多く、実際に例年以上の撮影実績を積み重ねることとなりました。

例えば中禅寺湖湖畔での洋装ロケーション撮影。
003 019 029 044053 074

こちらでは中禅寺湖だけでなく、可愛いい建物があったり、桟橋、新緑美しい森があったりと魅力的な撮影ポイントが数多く存在します。もともと和装撮影のロケ地としてお客さまにご案内していましたが、ご覧のように洋装でもとっても素敵な撮影となります。

ちなみに和装での撮影ではこのような感じに!
ac004 ac022 ac038 ac048 ac055

そうなんです、洋装でも和装でも本当に見事に「映える」んですね。

そしてコロナ渦の今年、めちゃくちゃ多かったご要望が「和装と洋装の両方で写真を撮りたい」というもの。
結婚式をキャンセルした方、または諦めてしまった方ほどこのご要望が多かったのですが、今年に限ってはどちらかだけをロケーション撮影、もう一方はスタジオ撮影と言う形でご案内してきました。
 

もしかしたら本心では両方ロケーション撮影をご希望されていたのかもしれません。
※これまでは両方のロケーション撮影をご希望の場合は、それぞれ別日の撮影というご案内でした。

そこで令和3年は同日に同じ場所で洋装と和装のロケーション撮影を行うプラン作り、ご案内することとしました。
和装でも洋装でも素敵な撮影が出来るロケ地の筆頭として、abitoは中禅寺湖湖畔を大々的におすすめして行きます。中禅寺湖湖畔の他、あと二ヶ所ほどご案内出来るロケ地もあります。

中禅寺湖湖畔での洋装&和装ロケーションプランの価格は348,000円(税別)
こちらには花嫁花婿の和装と洋装の衣裳の他、ヘアメイク、お着付け、髪飾り、アテンド、撮影、データが含まれています。かなり頑張った価格ですし、ご利用くださった方には間違いなくご満足いただけるはずです。

結婚式の費用と比べたら笑っちゃうくらいの価格ですが、私たちは結婚式に引けをとらないお二人の思い出づくりが出来ると確信しています。一日出の撮影となりますので、時間もかかりますし、もしかしたらお疲れになるかもしれませんが、その撮影の一日がお二人にとってかけがえのない特別な一日となるようにabitoがお手伝いいたします。

栃木県内の方はもちろん、今後は(コロナが落ち着いた後)は県外のお客様へもプロモートしていくつもりです。「日光」という栃木県が誇る美しいリゾート地が特別な想いの残る場所にして頂けたらと考えています。

近いうちにabitoのフォトウェディング専門サイトでご案内する予定ですが、まずはこちらのブログでお知らせ致しました。

2021年桜ロケーションフォトは1月6日より受付開始します

怒涛のような紅葉ロケーション撮影が終わって既に二週間が経ちました。

しかしabitoの視線は早くも来春の桜ロケーションに向かっており、現在はプランの精査やウェブサイト構築に勤しんでいます。とりあえず桜ロケーションプランをご検討の方にお伝え出来ることはお伝えしておこうと思います。

034
秋の紅葉ロケと人気を二分する春の桜ロケ。
abitoでは桜並木が大変美しいロケ地で撮影を行っています。

まずは2021年の桜ロケーションフォトの受付開始はabitoの新年の営業初日である令和3年1月6日からとなります。
ちなみに年末年始の休業は12月28日~1月5日までと少々長めではありますが、休業期間中でもabitoのLINE公式でのみ1月6日以降のご来店予約を受付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

Wedding Dress abitoのLINE公式アカウント
  友だち追加

次に桜ロケーションプランの受付け組数ですが、今回は20組限定とさせて頂きます。
つまりご予約が20組に達した場合はその時点で受付け終了となりますので、予めご了承頂きたいと思います。つまりは「早いもの勝ち」となってしまいますが、これも「ご予約くださった一組一組様に対して最大限のパフォーマンスでお迎えしたい」という理由のみです。

そして一日二組限定での撮影となり、午前と午後でお迎えすることとなりました。
※4月3日(土)に関しましては既にご予約で埋まっております。

【まとめ】
■2021年桜ロケ予約受付け・・・令和3年1月6日スタート
■ご予約受付け組数・・・20組限定
■一日の撮影可能組数・・・2組

以上となります。

桜の満開(いわゆる八分咲き)の時期はその年その年によって変わってくるので難しいのですが、例年であれば4月初旬はソメイヨシノ、中旬以降は八重桜の美しい時期です。

ちなみに前出の画象はソメイヨシノ。
そしてこちらが八重桜。
????????????????????????????????????

ソメイヨシノは奥ゆかしい薄ピンク、八重桜は華やかな濃い目のピンクと違いはありますが、その美しさは比較することができませんよね。
やはりソメイヨシノが人気が高いですが、abitoとしましては八重桜も本気でお勧めしています。

結婚式の前撮りとして、または写真だけ残すフォトウェディングとして最高のコンテンツであり、時期でもあります。ご検討中の方、またはご興味のある方はぜひ1月6日以降のご来店ください。まずは気軽にご相談くださいネ。

ちなみに現在でもご来店予約受付しています!