成人式振袖着物

黒一色のオリジナル振袖、ご契約頂きました

以前にこちらのブログでご紹介したabitoオリジナルの黒一色の振袖。

line_oa_chat_210618_160719

本日、ありがたいことにご成約いただきました。
※ご希望がありましたら追加で発注することもできますのでご相談下さい(色違いにもご対応致します)

というかですね、今回ご成約くださったお客様から「黒一色の振袖ってないんですか?」とのお問い合わせを受け、それならばという勢いのみでオリジナルで製作した振袖でした。こういったことも踏まえ、ホッとひと安心です。

実際にご試着いただいたのですが、黒一色ということもあり、もしかしたら振袖っぽさが感じられないかもという不安もありましたが杞憂に過ぎませんでした。とても華やかでカッコ良く、お嬢様に本当に良くお似合いでした。
こちらの振袖に合わせて既に小物も購入されており、履き物はお草履ではなくブーツにお決めになっています。細部までこだわりをお持ちの方にご納得していただいてのご成約は達成感すら感じるほどです。

やはり前撮りにもこだわりをお持ちのようで、スタジオ撮影ではなく、ロケーション撮影をご希望されています。
お嬢様のセンスとビジュアル、そしてこの際立った黒の振袖から判断して、当店からは「ストリート系ロケーション撮影」をご提案しました。通常、振袖のロケーション撮影では竹林や和を感じる和邸宅や日本庭園をご案内しているのですが、何となく「違う!」と感じました。
ちなみにストリート系とは私が勝手に名付けただけで、要は経年変化したシャッターの前とか、何気ない商店街の路上とかを想定しています。

振袖はもちろんのこと、ストリート系のロケーション撮影もabitoにとっては初もの尽くしとなりますが今から楽しみで仕方ありません。どんな撮影になるのか、そしてどんな作品になるのかただただワクワクしています。
一応、撮影した画象をウェブサイトやSNSでの使用許可もいただいているので、まだ先にはなりますがブログでもご紹介できると思います。

「こんな振袖見たことない!着てみたい!」
「こういう振袖の前撮りってかっこいい!」
こんな反響をいただけるようしっかりと準備して、abitoなりのプロデュースを手がけたいと思います。

振袖も前撮りもプロデュースもabitoのオリジナリティとお嬢様のオリジナリティを組み合わせた、世界に一つだけの物となることでしょう。他店と同じような事をしていたら、チェーン店や大型店に飲みこまれるだけです。オリジナリティを生み出すことこそ、コロナ渦そしてアフターコロナを生き抜く術であると信じて疑いません。何よりもabitoもお客様も共に楽しんで生み出すことが最も大切なのだと思います。

他店とは競争しません、他店は他店。勝てない勝負はしません(君子危うきに近寄らず)。
勝負のない世界で自分達にしか出来ない事を今後も求め続けていきます。

レア感がすごい!グレーカラーの振袖

10月に入荷する新作振袖をご紹介します。

ことのは グレー

一昨年にファーストシリーズが発表された人気の振袖コレクション【coto made(コトメイド)】のセカンドコレクションからの一着です。

まず感じるのは振袖ではかなり珍しいグレーカラー。
一般的にグレーは定番的な色であり、様々な色とコーディネートしやすい色として知られています。合わせ方によっては「地味」となりがちなグレーですが、振袖になるとなかなかない色ということもあり、逆に目立つ色になると思われます。
だって多く見られる赤や白、グリーン、黄色、黒、紫などの振袖がグレーを際立たせてくれるからです。

またかわいい系の振袖は世の中にたくさんありますが、こちらのようなシックでシンプル、なお且つ凛とした艶やかさを持つ振袖はレア度満点ではないでしょうか?
画象を見て頂けるとわかると思いますが、グレーという色だからこそ白のお花や衿元の伊達衿や帯が華やかさを放ちます。それでいてどこかクラシカルな雰囲気も合わせ持つので、ちょっと大人な振袖姿をお考えの方にはかなりおすすめの振袖です。

グレーをここまでプッシュしておきながら・・・ですが、色違いもおすすめさせて頂きます。

ことのは 朱 (2)

こちらの色は表現が難しいのですが、オレンジ系というかレトロ系の朱色ですかね。
やはり色合いからしてもグレー同様にクラシカルな雰囲気があります。

最近の振袖は全体的に柄が入ったものが多いのですが、こちらは柄は少なめで柄の色も白系でまとめられているので見た目にすっきりとしています。だからこそレアな色合いが引き立ち、他の振袖に埋もれることのない圧倒的な存在感を放つことと思います。

グレー、朱色共に画象もいい感じで写ってはいますが、実物のほうが遥かに素敵です。この目で確認しているので間違いありません。

両色とも各一着ずつの入荷となりますが、もし予約が入ってしまっても追加することもできますのでご安心下さい。ただし宇都宮市のお客様の場合は同じ式典会場で被ることのないように、一式典会場に付きお一人だけのご案内となります。せっかく素敵な振袖も万が一にも同会場で隣り合わせになってしまっては台無しですからね。

この他にもcoto madeのセカンドコレクションをご案内できますので、どうぞお気軽にご来店いただき、カタログをご覧下さい。また入荷後のご試着をご希望の方もお待ちしております。
※ご来店、ご試着をご希望の際は事前にご予約をお入れ下さいますようお願い致します。

ご予約・お問い合わせは当店のLINE公式アカウントからお願い致します。

Wedding Dress abito LINE公式アカウント
  友だち追加

coto madeの第二弾振袖入荷します

昨年より当店で取り扱いを開始した「coto made(コトメイド)」というブランド振袖」の第二弾シリーズの入荷が決定しました。

ちなみに第一弾はこんな感じの振袖でした。

C-2002_小春 クリーム C-2005 小雪 ベージュ

お陰様で全て速攻でご予約をいただくことができました。それだけ成人式をお迎えになる方にとって魅力あるお着物だったのかもしれません。

さて今回の第二弾は雰囲気も変わり、様々なテイストの振袖がラインナップされています。
とりあえず「これだけは早めに」とメーカさんがおすすめしてきたのはシンプルながらもエレガント、かわいいというよりレトロかっこいいといった振袖です。今後、追加で発注する予定ではありますがまず先にその振袖の入荷だけは確定しました。

多分、多分ではありますが、恐らく速攻で予約が入ってしまうはずです。
はっきり言って早い者勝ちですね。もちろん「どうしてもこれがいい」というのであれば、ご相談に応じ、再追加することも可能ですのでご相談ください。

さてその肝心な画像ですが・・・・解禁が7月1日以降となっていますので、今しばらくお待ちください。できるだけ早めにウェブサイトやブログ等でお知らせいたします。

また「それまで待てない!」という方は、店内にパンフレットがございます。ご覧いただくことは可能ですので、ご希望される場合はご来店予約をお願いいたします。ちなみに入荷は10月上旬です。

この振袖を着用して、中禅寺湖でロケーション前撮りをしたら最高の撮影になること間違いなしです。もちろん成人式式典でも注目を浴びることとなるでしょう。それだけ自信をもっておすすめできる大変素敵な振袖です。お楽しみに!

新作のオリジナル振袖 入荷しました

何度かこのブログでも予告していましたが、この度当店ではオリジナルの振袖を企画し、その第一弾となる商品を製作中でした。

そして遂に本日、入荷しました!

line_oa_chat_210618_160716

振袖によくあるお花はもちろん、柄は一切ナシの黒の無地の振袖です。
華やかな柄はございませんが、その分織柄にはこだわり、今回は七宝文様をチョイス。

line_oa_chat_210618_160709

ちなみにこの七宝文様には「円満」「ご縁」「調和」などの願いが込められており。たいへん縁起の良いものとされています。

早速ながら、ごく簡単ではありますがコーディネートしてみました。

line_oa_chat_210618_160719

帯は黒地と調和させ、銀系の物をチョイス。帯揚げは赤、帯締めは黒、そして抱え帯を赤にすることで黒を引き立たせるようにしました。草履はもちろん黒系です。

ちがう角度からもどうぞ。

line_oa_chat_210618_160723

本当に簡単に着せただけですので、お粗末な部分はご勘弁いただき、まずは全体的な雰囲気を見て頂ければと思います。光が当たると黒も輝き、ご覧のように言葉では表現できない独特な色合いが楽しめます。そして織柄の七宝文様がハッキリとクッキリと浮かび上がるのも素敵ですね。

さて一般的に「黒」というカラーは地味でネガティブといったイメージがあるかと思います。
しかし和装の世界では黒という色の格は最高の位置にあり、地味どころかハッキリ言って「派手」な色です。その上、大柄の七宝文様が浮かび上がるとなると、この振袖をご着用していただくと注目の的になること間違いナシですね。

地色が黒で柄がないからこそ、帯や帯締めなどの小物等で様々なコーディネートが楽しめますし、「かわいい」にも「かっこいい」にも「アバンギャルド」にも様々な感覚でご着用いただけることでしょう。

ただこちらの振袖はすでに「仮」ではありますが予約(2022年成人式)が入っております。2023年成人式分はまだ予約が空いております。またこの黒はもちろんですが、その他のご希望の色での「オーダーレンタル」または「ご購入」にもご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせご相談下さい。
ご購入された場合、ご結婚後は袖を短くし、色無地として長年ご着用頂けることもお伝えしておきます。

今後はこの単色無地の振袖をシリーズ化し、カラーバリエーションを増やして行き、その先にはこれまでにない振袖のプロデュースをしていきます。振袖に関しては今後は県内の方だけではなく、全国の方に向け発信し、ご利用頂けるようになりたいと考えています。まずはほんの第一歩ですが、二歩三歩と進んで行き、これまで見たことのない場所へ辿りつけたら最高ですね。

トップクオリティな振袖前撮りは中禅寺湖湖畔で

二十歳の記念である振袖の前撮りには様々な形があります。

その多くはスタジオ撮影であり、「かわいい」を追求している撮影ですよね。多分、成人式を迎える殆んどの女子はそれを求めていることは確かです。しかし全てではなく、違うテイストをお求めの方もいらっしゃいます。

当店abitoではその違うスタイルの一つとして、オリジナルの前撮りを今後ご提案していくこととなりました。

それが「中禅寺湖 トップクオリティ前撮り」です。
ネーミングの通り、中禅寺湖湖畔で撮影するロケーション前撮り撮影です。言葉で説明するよりも、まずは実例をご覧下さい。

085 100 109 127 132 156 160 166 176063 088

・「日光」という世界で通じるブランドの地
・西欧諸国の大使館が別荘地として選んだ中禅寺湖湖畔
・日光連山に囲まれた雄大な自然
・青く、透き通る中禅寺湖
・美しく緑に輝く木々
・北欧のリゾートを思わせる桟橋
・和洋が絶妙にマッチした大使館別荘内

まだまだお伝えしたいことは山とあります。もちろんここでの撮影には今主流となっている「かわいいスタジオ」はありませんが、それを遥かに凌駕する絶対的な魅力と敵うことのない価値があります。こんなに魅力的なコンテンツが一ヶ所に揃う地は他にはないと思うんです。
まさに日光中禅寺湖湖畔だからこそなんです。

このような自然は人工物と違い、普遍的な価値があり、今後も何百年何千年と変わることはありません。そう、絶対的な価値と言えると思うんです。今後二十歳を迎える方の殆どが、やはりスタジオ撮影での前撮りを希望されると思います。当店がこの魅力を大声で叫んでも琴線に触れることはないのかもしれませんが、そんなことは折り込み済みです。

ただ言いたいのはこの魅力、価値を感じて頂ける方は必ずいらっしゃいますし、ご要望くださることでしょう。
そう言う方の為の極めてニッチなプランですが、おそらく県外、その中でも首都圏にお住まいの多くの方がご利用くださることでしょう。そのためにも試行錯誤して、県外在住の方によりアピールしていくこととなります。
もちろん県内の方にもご利用頂きたいと思っています。

和装ロケーションフォトで培った経験と実績を今度は振袖前撮りで余すことなく発揮していきます。
お母様の振袖、ご購入された振袖のお持ち込みでの撮影が殆んどとなると思いますが、もちろん全く問題ありません。

一生に一年だけの輝ける二十歳の記念をご本人はもちろんのこと、ご家族と共に作り上げ、日光という地が大切な場所となるような撮影をご提供していきたいです。というかご提供いたします!

お気軽にご相談下さい。※お着付け、ヘアメイクもお任せ下さい。

abitoの振袖前撮りは3つのスタイルからお選び頂けます

Wedding Dress abitoの振袖前撮りは今後3つのスタイルからお選び頂けるようになります。

①スタジオ撮影
045

こちらは定番の撮影で、一番シンプルなプランとなります。

②カフェ撮影
003

今年から始める全く新しい撮影スタイルです。

③ロケーション撮影
097

ロケーション撮影はこれまでも数多く行ってきましたが、新たにプレミアムバージョンとして中禅寺湖での撮影を行っていきます。もちろんこれまでどおりのロケ地での撮影も引き続きお受付しています。

①~③の撮影スタイルがありますが、①+②や①+③などの組合せもおすすめです。
いずれにしましてもお嬢様の振袖姿がさらに美しく、輝くものとなるような撮影をお約束いたします。ただ綺麗、美しいだけでなく体温を感じるような写真をご提供していけたらと考えています。

ご購入された振袖、お母様の振袖などお持ち込みでももちろんご対応可能です。
「撮影だけ」「撮影とお着付け」「撮影とお着付けとヘアメイク」というご要望にもお応え致します。もちろん振袖も取り揃えておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

時折参考にしている和色大辞典

abito(というか私ですが)は意外と「色」にこだわっています。

ウェブサイトのバナーの色、衣裳の色など多岐に渡りますが、その際に高頻度で参考にしているサイトが「日本の伝統色 和色大辞典」です。
こちらをご覧いただくとお分かりになると思いますが、日本には様々な色の名前があります。どこれもこれも個人的には素敵なネーミングだと思いますし、日本人の感受性の豊かさを改めて感じます。

私的に好きな色の名前は「紺桔梗(コンキキョウ)」「薄萌黄(ウスモエギ)」ですかね。
まぁよくもこれだけの名前があるなといつも感心してしまいます。おなじ緑系統の色にも40ほどの色の名前がありますし、その他の色系統も同様ですからすごいですよね。

さてabitoは今後、オリジナルの振袖をプロデュースする予定となっており、その第一段階として黒一色の振袖を製作中です。
ちなみに色は黒一色ですが、地柄があるので喪服とはもちろん違った風合いになります。これまで和装メーカーさんの振袖を仕入れるだけでしたが、今後を見据えると「abitoにしかない振袖」という商品が必ず必要になると感じています。

メーカーさんの振袖、それはつまり当店だけでなく全国の様々なお店のラインナップとなりえます。
abitoが目指しているのは栃木県内だけでなく、東京や神奈川などからもオリジナルの振袖を求めるお客様にご来店頂くこと。そして美しい中禅寺湖での前撮りをおすすめすることです。

現時点では黒一色の振袖でのスタートとなりますが、もちろん色にこだわった多色展開していく予定です。
このことでも参考にしているのは和色大辞典です。例えば青系だったら「天色(アマイロ)」、これはティファニーブルーに色合いが似ており女性なら嫌いな方はいないんじゃないですかね?緑系なら「常盤色(トキワイロ)」などもいいかもしれません。そして行く行くはお客様のご要望に応じるオーダメイド振袖も視野にいれています。
いずれにしろ「青」「緑」と表現するのではなく、日本伝統の色の名前で表現するだけでも受け取り方が違ってくると思うんですよね。

またabitoの振袖レンタル、及び前撮り撮影の方向性として「シンプル」「ミニマリズム」を目指していきたいと考えています。
文化やアートはその時代時代によって様々な姿があり、流行り廃りを繰り返しています。シンプルであればシンプルであるほど時代に流されることがなく、結局はいつの時代にも受け入れられています。abitoとしてはそんな振袖と前撮りを一つのテーマとして取り組んでいく所存です。

全ては私の頭の中にあります。
まだまだ抽象的なイメージのままですが、少しずつ具体化し、実現へと進めていきます。
栃木は「田舎」というイメージが全国的に強い地ですが、中禅寺湖湖畔という日本全国に留まらず、全世界へ誇れる美しい景観とシンプル&ミニマリズムというある意味尖った振袖でイメージ払拭の一端を担うことを目指します。

チューリップ満開の中で振袖ロケーションフォトしてきました

もう一ヶ月も前のことですが、3月中旬に振袖ロケーション撮影を行ってきました。

今回のロケ地はabitoでも初となる足利のフラワーパークさんでした。
フラワーパークさんと言えば大きな藤棚やライトアップで知られていますが、3月はチューリップが至るところに咲き誇り、春の到来を感じさせてくれるんです。今回のお客様の「チューリップと一緒に振袖撮影がしたい!」とのご要望により、ロケ地が決まりました。

早速当日させていただいた写真をお見せいたします。

003018

チューリップって本当に可愛らしいお花ですよね。
色も鮮やかですし、これだけの本数があると迫力を感じます。まさに「映える」雰囲気です。

今回のお嬢様はすれ違う方々が二度見するほどの色白美人。
010

ご同行されたお母様と美人母娘だったので、何故か私達も誇らしく撮影させて頂きました。

020

3月ということもあり、まだまだ木々の新緑はなかったのですが、だからこそ余計にチューリップの鮮やかさが目に眩しい感じがしました。

041

白花(名称わからずw)と二十歳の笑顔。
逆光の感じがとっても素敵な一枚です。

049

素敵な振袖、そしてお草履と衣裳に関しては全てお客様のお持ち込みです。つまりabitoの振袖ではないので悪しからずです。

abitoでは振袖ロケーション撮影に関しては衣裳のお持ち込みは大歓迎です。
もちろん振袖もたくさんご用意しておりますし、お支度(ヘアメイク・お着付け)もお任せ下さい。

今回のロケーション撮影の詳細です。

■お振袖一式⇒お客様のお持ち込み
■お着付け⇒abito
■ヘアメイク⇒abito
■撮影⇒abito
■撮影小物(フレーム、番傘など)⇒abito ※無料でご利用頂けます
■ロケ地⇒足利フラワーパーク
■撮影時期⇒3月18日

さて5月になりましたが、今月は振袖ーロケーション撮影が結構予定されています。
中でもabitoとしても楽しみにしているのが下旬の中禅寺湖湖畔での撮影です。これまでは婚礼の撮影で何度も訪れているロケ地ですが、「いつかはここで振袖の撮影をしてみたい」とずっと思っていたので、近々それが実現できるのが嬉しくて仕方ありません。
きっとこのフラワーパークさんに負けず劣らずの素敵な撮影になることでしょう。

中禅寺湖での振袖撮影の様子もまたブログでご紹介したいと思っています。

最近は県内に素敵な、かわいい雰囲気のフォトスタジオがたくさんあります。
でもabitoとしましては美しい自然の中で、風や太陽を感じながらリラックスした振袖撮影を今後も推奨していく所存です。所要時間、移動なども含めてスタジオ撮影に比べ、手間はかかりますがそれ以上の価値が絶対にありますからね。

一生に一度の振袖撮影です。
本当に作りたい、残したい振袖写真はスタジオで実現できるのか、それともロケーション撮影で実現できるのか?じっくりとご家族でご検討してみてはいかがでしょう。
少しでもロケーション撮影が気になるのであれば、ぜひ気軽にご相談下さい。
今時期はアレですが、県外の方も「世界の日光、世界遺産の街日光」での振袖撮影をご検討下さい。

チューリップと振袖姿

チューリップが美しく咲き誇る中に振袖姿の美しい女性が舞い降りるとこうなります!

019

やっぱり特別な時の記念撮影はロケーションがおすすめです!

お花も美しいですが、それ以上にお着物姿はより美しさを感じます。今は桜、その先は新緑と自然の美しさが今年も戻ってきます。振袖はもちろんのこと、婚礼のロケーション撮影も好評受付中です。

※4月と5月の土日の撮影予約はかなり多く、ご案内できる日は僅かです(キャンセル待ち可)。平日であればまだ余裕がございます。

足利フラワーパークで振袖のロケーション撮影をしてきました!

最初にですが・・・今回は一切画象がございませんがお客様から許可をいただいているので、今回の振袖ロケーションの画象は後日改めてアップいたしますことをご承知おき下さい。


先日、お客様のたってのご要望により、あの有名で人気のある足利フラワーパークさんで振袖のロケーション撮影をしてきました。

当店はウェディングをはじめ、振袖、七五三であらゆる場所でロケーション撮影をしてきましたが、今回の足利フラワーパークでの撮影はお初でした。なんでもこの時期はチューリップが見事とのことで、お客様が「チューリップと一緒にバえる振袖写真を撮りたい!」というリクエストにお応えして来ました。

この日は天気も良く、絶好のロケ日和。
コロナ渦、そして3月、平日ということもあり割と観光の方は少なめだったとは思いますが、それでも想像以上の賑わいでした。

色とりどりのチューリップが「これでもか!」というほど咲き誇っており、多分お花にそんなに興味がない方でもテンションが上がるはずです。この私がワクワクしたくらいですからね。お陰様でお客様にもご満足いただけた撮影となりました。

ちなみに振袖はご購入されたもので、当店ではヘアメイクとお着付け、そして撮影をお受けさせて頂きました。元々貸衣裳店ではあるものの、撮影の場合は種類を問わずに衣裳のお持ち込みはOKです。なので撮影だけでもお受けしておりますので、ぜひお気軽にご相談下さいね。

さてさて今年は既に多くの振袖のロケーション撮影のご予約をいただいております。
次回のロケ地は栃木市の岡田記念館、その次は日光の中禅寺湖と間違いなく振袖姿が映えるロケーションなので、きっとお客様にとっても特別な一日になることでしょう。
ご両親としては大切なお嬢様がご成長された喜びはあるものの、段々と手を離れていく寂しさを感じる節目でもあります。
だからこそ「家族の思い出」として、ご家族一同で同じ時を過ごすことがとても大切なことではないでしょうか?

ロケーション撮影なら気がまえることなくお嬢様と一緒に写ったり、お嬢様の晴れ姿を家族だけで楽しむことができます。
こういう撮影だからこそお嬢様と手を繋いだ撮影もできちゃうのもメリットの一つですよ、お父さん!その昔、当たり前のように繋いでいた手と手をこの機会にもう一度繋いでみましょう!
この機会を逃すともうないかもしれませんからね。

昨年までは当たり前のように行われていた成人式も今年はコロナの影響で延期や中止が各自治体で相次ぎました。
これからはご家族やお友達同士で成人のお祝いを楽しむことを念頭に置けば、社会情勢に影響されることもなく、そしてストレスを感じることもないのではないでしょうか?
とり合えず、成人式は一旦置いておいて、まずは自分たちオリジナルの楽しみ方を作ることもリスク回避の一つだとおもいます。その選択しとしてロケーション撮影もおすすめのひとつです。

ぜひお気軽にご相談下さい!