紅葉ロケーション撮影

日光ロケーション撮影 LAST2

いや~今年は日光でのロケーション撮影が例年に比べ3倍ほど増えたので、足繁く通っています。

11月12日の本日は田母沢御用邸で、明日13日は中禅寺湖湖畔で撮影と多かった日光での撮影もLAST2となりました。やはり秋の日光は紅葉の素晴らしさもあり、絶大な人気がありますが冬はともかく、春も夏も撮影には絶好のロケーションです。

そういえば今年の夏も中禅寺湖湖畔でたくさん撮影をしましたが、暑さを気にせず快適に撮影出来るんです。
夏の眩しい陽射しが中禅寺湖の湖面に輝き、美しい緑、真夏とは思えない空気・・・・洋装でも和装でも絵になってしまうから最高です。

ただ5月~7月にかけてはこれまでもあまり撮影実績はないのが実情です。

来年の令和3年は日光ロケーションフォトにさらに力をいれ、春夏秋と日光の移り行く季節の中で最高の思い出づくりをご提供していきたいと思っています。今年の多くの撮影実績で、当店はさらに日光での撮影のスキルアップとレベルアップしたと感じています。衣裳はもちろん、撮影ももちろん、仕上がりはもちろんのことですが、それ以上にお客様に対するホスピタリティーを充実させ、撮影の一日が一生の思い出になるようにご対応していきます。

今年の秋も栃木県に縁も所縁もない県外のお客様にも数多くご利用いて頂いています。
小さな小さな、それこそ風が吹けば飛んでいってしまう会社ですが、お客様の思い出づくりに、そして地元栃木県に少しでも貢献出来るようさらにパワーアップしていきます。
小さな会社だから出来ることがあります。abitoだから出来ることがあります。うちのスタッフだから出来ることがあります。

その価値観は他にはなく、当店のオリジナルです。
コロナ渦で世の中が変わり、当店も変わらなくてはなりません。abitoは商品ではなく、価値観こそが何より大切だと思っています。


それでは今から日光へ撮影に行ってきます!
 

11月上旬は連日日光へ・・・

予告したようになかなかブログの更新ができておりません。

今は11月5日の8:30。

フロアでは本日の和装ロケーションフォトのお客様のヘアメイクが始まっており、1時間半後には日光の田母沢御用邸に向けて出発します。その合間に久しぶりにブログを書いているというワケです。

今、日光は紅葉の最盛期。
IMG_9884
こちらは11月2日に撮影された紅葉の様子です。

紅葉ロケーションフォトには最高の時期となり、当店も連日お客様を迎え、日光で撮影しております。
当店にとっては今シーズン○○件目の撮影だとしても、お客様にとっては生涯初めての、そしてたった一度の特別な撮影です。「撮影の仕事」としてではなく、「生涯の思い出づくりのお手伝い」としてお客様に寄り添い、撮影の一日を忘れることの出来ない思い出にして頂くべく本日も心を込めてご対応していきたいと考えています。

既に秋の疲れは感じておりますが、4~7月頃の事を考えればお仕事をいただけていることにただただ感謝するのみ。色々あった令和2年ですが、ご結婚される方々にとっては記念すべき年です。そのお手伝いが出来る喜び計り知ることはできませんね。

紅葉ロケーション撮影がキャンセル待ちのみの受付となります

こういうお知らせができることは大変有難いことであると同時に、ご要望されるお客様に対してご対応がすることが出来ず本当に申し分わけなく感じております。

今年令和2年の紅葉ロケーションフォトの通常の受付けは10月3日の本日をもちまして終了とさせて頂きます。申し訳ございません。


現時点でご案内出来る日程は全て埋まってしまった状態となっております。
ただし、以前もお知らせしましたが基本的に当店ではロケーション撮影に関しましては「第一希望日」のほか、当日の悪天候に備え「予備日」を設けております。第一希望日に撮影することができれば予備日は「空き日」となりますので、それを見込んでのいわゆる「キャンセル待ち」に限り紅葉ロケのお受付をさせて頂きます。

天候に加え、他のお客様の動向に左右されてしまうため、大変ご迷惑をお掛けしてしまいますが「それでも大丈夫!」と仰ってくださる方であれば喜んでご対応させて頂きます。

誠に勝手ではございますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

なお12月中旬以降のロケーション撮影は通常通りのご対応が可能です。この時期から2月いっぱいは毎年恒例のお得な「冬ロケプラン」を誤用しております。比較的お客様のご都合に合わせることが可能な冬ロケプランをご検討ください。


また10月中旬から12月上旬にかけてはロケーション撮影が目白押しの為、当店への連絡がつきにくいことも予想されます。その為、お問い合わせやご相談に関しましてはabitoのLINEでのご連絡をおすすめしております。可能な限り早めの対応を心がけておりますので、ぜひLINEをご利用くださいますようお願い致します。

abitoのLINE
友だち追加

紅葉ロケーションフォトに関する大切なお知らせ

秋が近づくにつれて紅葉ロケーションフォトに対するお問い合わせ、ご来店が増え、現時点でもかなり多くのご成約をいただいております。

そこでとても大切なお知らせをしなくてはならなくなりました。


令和2年9月23日の本日の時点で、紅葉ロケーションプランでご案内出来る日程は極僅かとなってしまいました。

ここ数日におきましても何件もお問い合わせをいただいてはいるものの、ご案内出来る日程が少なく、大変申し訳なく思っております。このまま推移していきますと、今月中にも受付を中止しなくてはならない状況です。ご理解くださると幸いです。

しかしたった一つだけではありますが、ご案内出来る場合もございます。

それはいわゆる「キャンセル待ち」です。

当店におきましてはロケーション撮影の特性上、撮影の「第一希望日」の他に「撮影予備日」を設定頂いております。
現在ご成約中の全てのお客様にも予備日を設定いただいておりますが、第一希望日に撮影が滞りなく行われた場合は予備日は「空き日」となります。予備日が空くことを想定しての「キャンセル待ち」ではありますが、スケジュールが許される方々に限ってご案内させて頂きます。

もしキャンセル待ちを希望される場合は気軽にご相談ください。
こちらに関しましてはLINEやメールでは説明が複雑になりすぎてしまいますので、お電話、またはご来店にてご相談頂ければと思います。

さて、来年に紅葉ロケーションフォトをご検討している方々へ一つアドバイスさせて頂きます。

どちらのお店でも紅葉ロケーションの案内は夏前から始まることが多いと思われます。
日に日に暑さが厳しくなってくる時期ですので、その時点で秋のことを考える方は少ないのですが、9月が近づいてくると次第に相談が増えてきます。そして暑さが一段落しそうになると、相談件数が一気に急上昇してしまいます。

紅葉は最も人気のあるコンテンツでもありますので、できれば8月中、もしくは暑さが落ち着く前に相談されることをおすすめ致します。日程もある程度わがままが言えますし、いろいろと検討する時間の余裕も持つことができますからね。

紅葉ロケーションプラン 早期予約で1万円OFF!

毎年この時期になると増えてくるのが紅葉ロケーションプランのお問い合わせとご来店です。

今年も有難いことに既に予約をいただいており、とっても順調に進んでいます。

なぜなら現在は早期予約で1万円OFFの特典が漏れなくついてくるからです。
紅特

当店は一年中ロケーション撮影を行っておりますが、秋の紅葉での撮影はその中でもダントツの人気を誇り、毎年多くのカップル様をお迎えしています。あの色とりどりの美しい自然の中での和装姿、洋装姿は特別感しかありません。

008

11月上旬は日光、中旬以降は鹿沼・益子・宇都宮・栃木・足利で紅葉ロケーションの撮影が可能です。特別な雰囲気の中で特別な衣裳を着用し、特別な撮影となるまさに特別尽くし紅葉ロケーション撮影。

紅葉ロケーションプラン詳細ページ

7月から日を追うごとにご成約も増えて参りますので、ご検討中のカップル様はまずはお早めにご相談下さい。現在ならお二人のご要望にお応えすることがまだまだ可能です。どうしても撮影組数に限りが出てきてしまいますので、ご都合に合わせた【撮影日】【ロケ地】をご希望される方は今すぐにでもご連絡ください。

1万円OFFという嬉しい特典もございますので、気軽にご相談、ご来店ください。なお、感染防止の観点から現在はご来店に関しましては完全予約制とさせて頂いておりますので、事前にご予約を下さいますようお願い致します。

撮影時期によって紅葉の雰囲気に違いがあります

そろそろ紅葉ロケーション撮影を検討される方が増える時期です。

abitoでも既に数件のご予約をいただいており、来月には紅葉ロケに特化した相談会を開催する予定です。ぜひご興味のある方はブログでも相談会のスケジュールをお知らせしますので、お気軽にご来店ください。

数年前までabitoの紅葉ロケーションは日光が中心だったのですが、昨年からは益子参考館をロケ地に選ばれる方が増えてきました。その訳はズバリ「紅葉の美しさ」、これに尽きます。紅葉はただ樹木が色付けば良い物ではなく、木の高さや配置などトータルバランスが整っているほど日本人の目には美しく感じます。まさに益子参考館の紅葉はバランスがすぐれているからと言えます。

また同じロケ地でも撮影時期が早いか遅いかだけで、紅葉の雰囲気が随分と変わります。益子参考館で撮影された画象を元に比較してみましょう!

014

こちらは11月中旬頃に撮影した一枚です。
紅葉もまだ初期の段階で、ところどころに「緑」が残っています。これはこれで綺麗で、言葉で表現すれば「爽やかな紅葉」ですね。
008

一方こちらは同じく益子参考館での一枚ですが、撮影時期は11月下旬です。
さき程の画象のなかで見られた「緑」はほぼ無くなり、殆どが赤や黄色、橙色となっています。こちらは例えるなら「深みのある紅葉」でしょう。

このように同じ場所でも紅葉の進み具合によって、写真の雰囲気も違ってくることがお分かりになって頂けると思います。

また紅葉の時期ですが、その年の夏の暑さや天候、そして晩夏の台風の影響により毎年同じとは限りません。ちなみに昨年は夏がかなり長引いたので、その影響により紅葉は例年に比べ進みが遅くれていました。今年はまだ夏が来ていないので、全く予想がつきませんが例年通りに落ちついてくれると有難いかなと思っています。

いずれにしましても紅葉時期は一年の中で最も撮影が集中しますので、準備をゆっくりしすぎてしまうと予約が出来ないという可能性もでてきます。まだ夏も来ていないのに秋のことを考えるのは早すぎる思われがちですが、準備周到な方は間違いなく既に行動されているか、もしくはそろそろ動きはじめます。

来春挙式の和装前撮りとして、または今年中に入籍予定の方の写真だけの結婚式として自信をもって【abitoの紅葉ロケーションフォト】をおすすめ致します。幸い、まだ空きがございますが今後受注組数が予定に達した場合はお断りすることもございますので、その際はご理解いただけますようお願い致します。

6月1日から撮影を再開する予定です

abitoは栃木県の休業要請に従い、緊急事態宣言より撮影業務を停止しています。

当初は5月6日までではありましたがご存知の通り一ヶ月ほどの延長、つまり5月いっぱいは撮影できそうにありません。

現時点においては6月1日よりまずはロケーションフォトを先行して撮影を再開する予定です。
もちろん緊急事態宣言が再々延長される可能性もありますが・・・・。

まだ6月でしたら秋の結婚式の前撮りに十分間に合いますし、梅雨入り前です。新緑も美しいですし、日によっては気温も気にならないと思うんです。

だから今月はGW明けにでも相談会を開催する予定です。
この相談会では6月の撮影だけでなく、「夏ロケ」「紅葉ロケ」などにもご対応させていただく相談会にいたします。

もちろん自粛期間ですので、感染防止を第一としたお出迎えを心がけます。
・マスクの着用
・アルコール消毒の徹底
・ご来店前後の館内の換気

そして複数のお客様の同時受け入れはせず、ご対応時は限定1組といたします。

まずはスタジオ撮影に比べ、「密」が低いロケーション撮影からご案内いたします。
いろんな意味で迷われたり、不安をお感じだとは思いますがまずは気軽に「相談」「検討」から始めてみませんか?

ご相談会の日程につきましては近々、ブログ・ウェブサイトでお知らせいたします。

 

 

和装前撮り動画 紅葉編

和装前撮ロケーションフォト 紅葉のなかで結婚の思いで
Featured Video Play Icon

今さらですが・・・・

昨年の紅葉ロケーション(カメラ)と並行して撮影した動画をやっとYouTubeにアップしました。

なぜこの時期になったかといいますと、当初動画で使用していたBGMでは著作権の問題でYouTubeにアップすることができず、それに代わる著作権フリーのBGMがなかなか決まらなかったからなんです。とは言え、まだ納得できるようなフリー音源に出会えていないので「その場しのぎ」的な感じではあります。

しかしまずは終わらせることが大切であると考え、公開に踏み切りました。

和装前撮り、ロケーションフォト、紅葉ロケにご興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょう?


今回お知らせした動画は益子町にある【益子参考館】で撮影したものです。
全国各地に紅葉の美しい名所は数ありますが、こちらの紅葉も負けず劣らずの素晴らしさがあります。

018

またロケ地としても広大な庭園、江戸末期に建てられた古民家に加え、人間国宝であった濱田庄司先生が作品をお作りになっていた製作場など様々な撮影スポットが豊富にあり、大変おすすめの場所です。

019

ろくろにおかれた作品越しと窓越しからの一枚は、まるで絵画のように素敵なんですよ!


ちなみに現時点ではありますが、こちらでの和装前撮りはこれまで当店唯一だそうです。つまり他と被らない、極めてレアな前撮り撮影が叶うということです。

益子参考館さんは紅葉だけでなく、新緑の季節も素敵な撮影となります。

0024

石畳の小道はまっすぐではなく、曲線を描いているのでとっても雰囲気がいいんです。


abitoではすでに6年も前からこちらの益子参考館さんを和装前撮りのロケ地としてご案内していましたが、改めてこちらの景観の素晴らしさを再確認し、今年は大々的にお勧めしていきたいと思っています。

春、初夏、初秋、そして紅葉の美しい晩秋と季節ごとの美しさを感じる益子参考館。
お二人の和装の思い出の場所として、決して変わることのない価値を放ち続けることでしょう。自信をもってお勧めできる素敵なロケ地です。

令和元年の紅葉ロケーション撮影が全て終了いたしました

11月1日日から日光田母沢御用邸を皮切りに始まった令和元年の紅葉ロケーション撮影が、12月5日の岡田記念館での撮影をもって全て終了致しました。

1ヶ月以上にも及ぶ期間で本当にたくさんの撮影をさせていただけことが何より嬉しく、ありがたく感じています。


春の桜ロケーションと同様、紅葉ロケーションも通常の撮影はスケジュール調整が大変困難を極めます。
自然のことなのでしょうがないのですが、見頃の遅れやお客様のスケージュール、天候とのにらみ合い、カメラマンの手配など全てをクリアしなければ撮影は出来ません。

そういった意味ではまた今年も多少の調整は必要だったものの、お受けした撮影依頼は全てコンプリートすることが出来ました。

全て終わった率直な感想は「ホッとした」、この一言に尽きます。
紅葉ロケは早い方は5月くらいからご相談いただいており、それだけ「想い」が強い訳です。しかも一生に一度の記念の撮影ですから、可能な限りお客様のご要望にお応えしたいと思ってはいますが、自然現象も相手となりますから、想定通りにことが運べるわけではありません。

しかし問題なく全てクリアできた・・・ホッとします。そして達成感はハンパありません。
こう思うのと同時に、こんな気持ちも湧いています。
「今年の紅葉ロケが終わってしまい、寂しい・・・」。

この1ヶ月で何十件と撮影し、最長では4日間連続のロケ撮影でした。
疲れも溜まりますし、ロケ以外のお客様もいらっしゃるわけですし、私個人に関しては休日が全く取れていませんでしたし、紅葉ロケを問題な開くクリアし、早く安心したいと願っておりましたが、いざ終わってしまうと寂しいものなんです。毎年のことですけどね。

今年の紅葉ロケの一番の収穫は(お客様以外のことで)、益子参考館の紅葉が大変見事であることを再確認出来たことです。
昨年も参考館で撮影しましたが、一組のみ。今年は数件撮影したため、紅葉の移り変わりを体感し、改めてこちらの紅葉の素晴らしさを認識することができました。またベストな撮影時期も確認出来た事は最大の発見かもしれません(笑)

IMG_9492

ね?めっちゃ綺麗紅葉ですです。

ちなみにこちらの画像は動画のスクショです。今年の紅葉ロケでは「田母沢御用邸」「掬翠園」「益子参考館」「岡田記念館」と全てのロケ地でカメラ撮影のメイキングムービーを撮りました。来年、紅葉ロケをご希望されるお客様へのPR動画として活用していくためでもあります。
ロケ地を検討する際、動画の方がより説明しやすいですし、お客様にとってもわかり易いのではないかと思います。

最後になりますが、今年紅葉ロケをご検討中とのことでご来店されたカップル様で当店をご利用されなかったのは僅か一組のみです。
利用されなかった理由は把握しておりますが、致し方ないと感じています。ただ一つ申し上げたいことは、当店のウェブサイトに掲載されている前撮り画像は全て当店で実際のお客様を撮影したものばかりであるということ。
PR用にモデルさんを起用したり、特別なカメラマンに撮影したもらったり、その他特別なことはしておらず、ただただ通常通りに撮影した画像のみとなっています。

ただ撮影条件(気候、気温、時間、季節)に左右されることもありますので、「この画像と全く一緒の撮影」というのは難しいんです。それが叶うのはスタジオ撮影であり、ロケーション撮影では不可能です。でもだからこそ毎回違う撮影となるので、それが醍醐味であり、特徴といえるかもしれません。

紅葉ロケが終了し、現在は「冬ロケ」、そしてかなり早いですが春の「桜ロケ」のお受付を開始しています。
詳しくはabitoの和装前撮り専門サイトでご確認できますので、ご興味のある方はぜひ一度ご覧下さい。

令和最初の日光の紅葉はこんな感じでした

IMG_9434

夏の猛暑、また秋の高気温により今年の紅葉は例年に比べ一週間ほど遅いようです・・・・と言うか遅いです。

本日は11月6日。

例年であれば日光(田母沢御用邸)の紅葉もそろそろ終わる頃ですが、今年はこんな感じです。

IMG_9434

やはり今年は遅れているんですね。

それでも本日の紅葉は美しく、お二人も「綺麗~!」と喜ばれていました。

そんな今年の秋ですが、良いこともあります。

気温が高いため、新郎新婦のお二人も寒さを感じずに快適に撮影に臨むことができることです。新婦様は打掛という厚手の衣裳なので寒さには強いのですが、新郎様は下がスースーする袴なので、寒さには弱いんですね。

ですが今年は今のところ全く問題なし。

何でもそうですが、デメリットの後ろにはメリットが存在するんですよね。

さて明日もロケーション撮影がありますが、日光ではなく、人気No1のロケ地の岡田記念館です。お天気も良さそうですし、ロケーション撮影日和となりそうなので、我々も楽しみです!!!