レンタル留袖

着物を虫干し

今年の酷暑の夏も今となっては遠い昔のことに感じるほど、最近はすっかり秋めいてきて過ごしやすい日々が続いています。

空気は乾燥し、涼しげな風がそよそよと吹いている・・・これは着物の虫干しに絶好のチャンス!しかも今日は雲ひとつない秋晴れ、しかも(残念なことに)ご来店予約もないので虫干しを朝一から実行しました。

IMG_9822

着物の虫干しは午前中から遅くとも午後3時くらいまで。それ以降となるとこの時期でも湿度が上がってきますからね。

そして何よりも大切なのは「日が当たらない場所」、「風通しがいい場所」で行うことです。
時間的には2時間くらいでOKだと思います。

今回はもちろん虫干しがメインでしたが、レンタルして頂く着物ですので一着一着の状態もひと通り確認しながらの作業でしたので思いのほか時間がかかってしまいました。今回虫干しできたのはレンタルの留袖を約60着。
当店にはこの2倍以上のレンタル留袖の他、付下げや訪問着、色無地など数多くのレンタル着物があるので虫干しが完了するまでまだまだ時間がかかりそうです。

今年は梅雨時期は雨が多く、夏は大変な暑さだったのでこの虫干しの作業は欠かすことなどできません。皆さんもタンスにしまったままの着物などをお持ちでしたら、今年だけでも虫干し、そして状態確認をされる事をおすすめ致します。大変面倒な作業ではありますが、大切な着物を長持ちさせるため、次の機会に気持ち良くご着用するためにも欠かせませんよ!

明日も虫干ししたかったのですが、ちょっと怪しい気候とのことでお休みとなりそうです。週末は忙しいので、また来週ですかね。
 

結婚式の留袖とモーニングをどこで手配するかによって変わるメリットとデメリット

結婚式において新郎、または新婦のご両親がご着用される衣裳はお母様が「留袖」、お父様が「モーニング」となります。
※絶対ではありません。

留袖新作 001
チャペル挙式に雰囲気がピッタリの留袖もあります。(Lサイズ、夏物もご用意)

IMG_2168
当店ではモーニングのサイズも豊富に取り揃えています(夏物有り)

留袖、モーニング共にどこで手配するかはお客様次第。

選択肢として以下のようなものがあります。

■結婚式場で手配
■貸衣裳店で手配
■ネットレンタル

また留袖の場合、ご自分のものをご着用される場合も最近では増えています。

3つの選択肢を挙げましたが、一概に「これがベスト!」とは言えず、それぞれメリット・デメリットがあります。一つずつ解説していきましょう。

結婚式場で手配の場合

こちらの最大のメリットは当日に衣裳が用意されており、そのまま脱いで帰ることも出来、移動がないのでとても楽々であること。
その反面、比較的レンタル価格が割高と言うデメリットも。
さらには実際に試着することなく、カタログや写真で衣裳を選ぶことも少なくないようです。実際に着てみたら留袖が「想像と違う・・・」ということや、モーニングにおいては「裾が短い」「キツイ」など、サイズ的な問題が当日に発生する場合もあります。
オプションもかなりあると聞きますしね。

貸衣裳店で手配の場合

結婚式場と同クラスの衣裳の場合、よりお手頃なレンタル価格でご利用いただけるのがメリットです。またオプションも少なく、着付け小物なども殆ど含まれた価格となっているので、トータル的にはかなり費用が少なくて済みます。
また留袖、モーニング共に実際に試着することもでき、安心して結婚式当日にご着用することも嬉しいですね。
デメリットとしてはレンタルした衣裳を貸衣裳店⇒結婚式場⇒貸衣裳店へ返却とご自分でしなくてはならないので、面倒といえば面倒です。

ネットレンタルの場合

こちらに関してはおわかりのようにかなりお手頃な価格で利用できるのが一番のメリットです。
ただやはり試着はできませんし、衣裳の移動及び返却の面倒さもあります。またレンタル費用は安いですが、それ相応のクオリティーの衣裳だという話しを耳にすることもあります。

最後に

当店は貸衣裳店ですからちょっとひいき目な比較となってしまいましたが、最初に申し上げた通り「どの選択肢にするかはご自分次第」だと思います。
結婚式が遠方の場合は移動が大変ですし、近ければご自分でされた方が費用の節約となります。
ただお子様の大切な結婚式であり、ご両親も準主役としてのお役目があったりするので不安を抱えることなく、安心してその日をお迎えしたいのではないでしょうか?
その不安、安心が「費用」なのか、「衣裳の移動」なのか、はたまた「衣裳の品質」なのかはそれぞれだと思います。

当店の場合、式場が遠方の場合は郵送の手配をしておりますし、実際にご試着して衣裳をお決め頂けます。最近、お客様からいただくお話しで多いのは「どうせ同じレンタル価格なら、より良い衣裳のほうを選んだ方がお得」ということ。
全てはコストにあったパフォーマンスを得られるかどうかに尽きるんですよね。

さて皆さんはどんな選択肢をお選びになるのでしょう?
結果はともかく、当店としましてはいつでもご相談に乗りますし、ご試着にもご対応しております。まずは貸衣裳店を第一候補に挙げ、それからお選びになっても遅くないはずです。

どうぞお気軽にお声かけ下さい。

 

 

留袖とモーニングに関する様々なお問い合わせ

近頃は春が近づいてきているせいか、ご両親の衣裳である留袖とモーニングについてのお問い合わせが増えています。

その中でも「いつ頃衣裳を見に行ったら良いですか?」という時期的な事についてのお問い合わせって結構あるんですよね。

お父様、お母様として初めて迎える結婚式の場合は、わからないことばかりですから当然です。
(どんな小さなことでも気軽にお問い合わせ下さいね)

この「いつ頃」というお問い合わせに対しての明確な答ってないんです。
早い方だと半年以上も前だったり、ゆっくりされている方だとそれこそ2~3日前なんてこともあります。ただ当店としては目安として「1~2ヶ月前」とお答えするようにしています。


要するに平均が1~2ヶ月前であるという訳です。

ただ結婚式場が県外で衣裳の郵送をご希望される場合は万全を期するためにも、少々お早めに準備をされることをおすすめ致します。手配や確認ごとがいろいろとありますので、余裕をもっておきたいですからね。


ちなみにですが・・・
暑い時期(7月~9月)の結婚式の場合は留袖とモーニング共に「夏物」をご利用される方も多くいらっしゃいます。この場合、春前などまだまだ寒い時期にレンタルを手配してしまうと、当日になってから「やっぱり夏物にするんだった」と後悔してしまう場合もございますのでご注意下さいませ。またモーニングの場合、特殊なサイズ(大きめ、小さめ)は取り揃えが一着のみということもあるので、まずは在庫があるかをご確認上、ご来店下さいますようお願いします。


その他、こんなお問い合わせをいただいています。
「レンタル価格を教えて欲しい」
「レンタル期間は?」
「付属で付いてくるものは?」
「自分で用意するものは?」
「小物だけのレンタルってできるの?」
「郵送って可能?」


全て疑問に感じても当然のことばかりです。
わからないことは専門の者に聞くのが最も手っ取り早いですし、不安も解消されます。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。誠意をもってお答えさせて頂いています。

チャペル挙式におすすめの黒留袖

花嫁、または花婿のお母様が結婚式で着用する衣装といえば「黒留袖」。

一般的な黒留袖はやはり和装ですから、伝統的な和柄のものが殆んどです。
IMG_8761

これはこれで素敵ですし、留袖らしさがありますよね。

しかし最近は和柄にこだわらないデザインの柄があしらわれた留袖もあり、意外かもしれませんが人気があります。
例えばこちら。
IMG_8760

留袖にありがちなハッキリとした色が一切使われておらず、ニュアンス系のカラーで統一されています。そして描かれているのは洋花である「薔薇」で全体的にどこか洋風な雰囲気を醸し出しています。

この留袖が人気である最大の理由は「チャペル挙式にピッタリの雰囲気」だからです。
また最近はお母様方は大変おしゃれでいらっしゃるので、今風の留袖をお求めになるからなのかもしれません。

先日こちらの留袖をご利用されたお客様は結婚式場のスタッフさんに「本当に素敵な留袖ですね」と大変褒められたそうで、その事を喜んだ様子でご報告くださいました。お嬢様の結婚式だったので、主役はもちろん花嫁花婿ではありますが、お母様だって準主役ですから素敵な装いをしたいですよね。そしていつだって女性は褒められたいものなのです!

ちなみにこちらの留袖は当店でも最高級のクラスの商品で、レンタル価格は税別で70,000円となっています。
当店の留袖のご利用平均レンタル価格が約3万円前後ですから、比較すると倍以上と高額になりますが、間違いなくそれだけの価値があります。お子様の特別な一日を最高級の衣裳で一緒に過ごす・・・・これも祝福の一つの形ではないでしょうか?

このクラスの留袖を結婚式場などで手配するとなると、おそらく軽く12~3万以上は覚悟しなければならないはずです。そう考えると、比較的良心的な価格設定だと考えています。

最近はこのクラスの留袖が当店では大変人気です。
IMG_8759
こちらは人気No2の商品。
やはり洋花が描かれ、深みのある赤がインパクトとなり、結婚式会場を華やかに彩ります。

IMG_8762
こちらは人気No3の留袖。
大胆に描かれた欄の花が大変華やか。春の結婚式にピッタリの一着です。


結婚式ではお母様の衣裳姿も何気に多くの方に注目されがちです。
大切に大切に育ててきた我が子の晴れの舞台がお母様の素敵な留袖姿で、さらに華やかになること間違いありませんね!

イレギュラーサイズの留袖やモーニングをお探しの方へ

結婚式のおいて新郎新婦のご両親がご着用される衣装といえば、お母様は「留袖」、お父様は「モーニング」が一般的です。


当店Wedding Dress abitoにももちろん留袖、モーニング共に豊富に取り揃えております。
留袖においては通期用と夏用があり、サイズはMとLをご用意しておりますし、モーニングでは身長160cm~180cmまでと豊富なサイズをご用意しています。


しかしながら当店が取り揃えている使用ではご対応出来ないお客様もいらっしゃいます。
敢えて言わせていただければ「イレギュラーサイズ」ですかね。イレギュラーサイズというと「太っているサイズ」とイメージしがちですが、この中には「小さいサイズ」「高身長サイズ」も含まれます。

貸衣裳店としてはなかなか取り扱うことの出来ないサイズなんです。
やはり需要が少ないので仕入れることもありませんから、イレギュラーサイズの方々は貸衣装を探すことが本当にご苦労されると思います。どこに問い合わせても「ありません」「申し訳ございません・・・」が続くので、そのうち「とにかく着れる物があれば何でもいい」とさえ思ってしまうことも少なくありません。


でもご安心下さい。
当店が取引しているメーカさんではそんな方々にもご対応できるイレギュラーサイズの留袖、及びモーニングを取り扱っているのでほぼほぼどんなサイズの方でもご利用いただけることと思います。

まず留袖ですが、前述の通り、当店ではMとLの2サイズ展開ですが、メーカーさんではSから4Lまでのサイズが揃っています。
Sサイズの目安は身長150センチ~155センチでお洋服で言えば~7号、そして4Lサイズの目安は身長~165センチでお洋服サイズであれば31号の方まで対応可能です。
その他、175センチの高身長用の留袖も揃っているんです。

そしてモーニングに関して言えば身長150センチ~195センチ、ウエストサイズ68センチ~138センチまで対応可能となっています。


さて、メーカー発行のカタログから柄やサイズを確認してのレンタルシステムは当店では「カタログレンタルプラン」と呼んでおり、これまではドレスやタキシードを中心にご利用いただいてきました。
やはりデザインやサイズが豊富であることが一番の売りではありますが、メーカー所有の衣裳だからこその安心感も大きな人気の理由でもあります。これまで当店は衣裳に関して何より大切なのは「サイズ感」であると言い続けています。

どんなに素敵なドレスやタキシードも着れなければ全く意味がないですし、ご自分のサイズに合っていないと本来の美しさやかっこよさが台無しになってしまいます。ピッタリのサイズの衣裳を着ることは、周りの方々に対してのおもてなしのひとつでもあると考えております。


新郎新婦のご両親も結婚式では準主役です。
ゲストの方々に見られる存在ですので、やはりサイズの合った留袖・モーニングで臨みたいものです。もし衣裳のサイズのことでお悩みのようでしたら、是非当店にご相談下さい。

当店がおすすめしているカタログレンタルプランをご検討してみてはいかがでしょうか?
ご利用はとっても簡単です。
①衣裳カタログでご自分のサイズに合った衣裳を選ぶ
②ご指定のスケジュールでご試着
③お気に召したら衣裳の予約
④結婚式前々日までに当店に衣裳が届きまずのでご来店ください
⑤返却は当店でOK

つまりお客様は選んで決めるだけです。
面倒なことは全て当店が手配しますのでとっても安心です。しかも簡単!!!


当店にも秋の結婚式に向け、ご両親の衣裳レンタルのお客様が増えています。
イレギュラーサイズの方の場合はやはり少し早めに準備に取りかかった方が賢明ではないでしょうか?メーカーとはいえ、イレギュラーサイズの在庫はそう多くはありませんので、予約が埋まってしまう場合もありますからね。

準備するならこの夏ですね!
どうぞお早めの準備をされることを心よりおすすめ致します。気軽にご相談下さい。

2019秋婚の留袖準備始まっていますよ!

昨年の今頃はかなり猛暑。

人間、暑すぎると何もしたくなるものです。当店にご来店される方もかなり少なく、昨年の夏はかなり心配していたものです。


一方、今年は冷夏になるとの予想が出ていますが、やはり昨年に比べ明らかに過ごしやすい7月になっていますね。

だからでしょうか、もうすでに2019年秋婚、つまり今年の秋にお子様の結婚式を控えているお母様、並びにお父様の衣裳である「留袖」「モーニング」のレンタル希望でのご来店が急増中です。

やっぱり涼しいと動きやすく、早めの準備にもとりかかりやすいんでしょうね。


また秋に控えている「消費税増税」も早めの準備を促進させている要因かもしれません。

消費税増税は10月1日から始まりますが、当店においては10月1日以降のレンタルでも9月30日までにお支払いして頂ければ、消費税は現行の8%となります。

例えばレンタル料金30,000円の留袖、そして17,000円のモーニングの場合。
合計金額は47,000円となり、9月30日までのお支払いであれば消費税(8%)を加え、50,760円となります。

10月1日以降のお支払いの場合は10%ととなりますので、51,700円となります。

その差は940円。
ぶっちゃけ、大層な差額ではありません。(ランチ一回分にはなりますね)

早めのお支払いで「得をしたい」わけではなく、遅いお支払いで「損をしたくない」という感覚の方が大きいんですよね。
消費税増税は致し方ない事ですし、国の方針に従わなければいけません。しかし10月1日以降は何をを食べたり、買ったりすれば10%となり、それがずっと続く訳です。

つまり嫌が応にも9月30日以前より負担が増える訳です。
940円は大した額ではありませんが、その後の負担を考えると940円だけでも浮かせる事は決して無駄なことではないと思います。

いずれにしても、昨年に比べ秋挙式予定の方の様々な準備は間違いなく早くなっています。

・和装前撮り
・ドレス・和装のレンタル
・留袖・モーニングのレンタル

およそ結婚式の準備をされているお客様のご来店が増えている事、昨年より動きが速くなっているのは確かです。少なくとも当店においては・・・。

梅雨明け後は夏らしい暑さが戻ってきますし、日によっては昨年のような暑い日となることもあるでしょう。
「暑すぎてどこにも行きたくない」
「何もしたくない」
「暑さが落ち着いたら・・・」

こう思う前、この涼しい7月のうちにいろいろな準備をしておくと安心ですし、後が楽です。今からしっかり準備をして、暑い夏を思いっきり楽しめるようにしておいてはいかがでしょうか?

みなさまのご来店をお待ちしております!

留袖を少しでも快適に着用するための裏技

5月は夏日となる日もありますが、概ね過ごしやすい時期。

しかし今後は日を重ねるごとに、温度・湿度とも上昇してくるので不快指数も比例してきます。

それでも結婚式があれば、お母様をはじめとした近親のご家族は着慣れない「留袖」を着用しなくてはならないこともあります。


留袖はご存知のように「着る」というよりは、お身体にお着付けする衣裳です。お洋服のように半袖があるわけでもなければ、通気性に優れているわけでもありません。なんなら留袖の下には【長襦袢】【肌襦袢】を身に付けなければなりませんし、帯や紐で縛られるので普段着と比べると格段に暑さを感じてしまうものです。

ここ数年は夏はただの暑さでなく、「猛暑」。

いくら結婚式場内が空調を管理していると言っても、暑いものは暑いんです。


これから訪れる暑い季節、留袖姿では少しでも快適に過ごしたいものです。無理すると大切な日に体調を崩してしまいますから、やはり自己防衛との一つとして暑さ対策をされた方が賢明ではないでしょうか?

さて留袖での暑さ対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

夏物留袖

お着物には季節合わせた生地で作られたものが数種類あります。
秋~春にかけての【袷】、初夏や晩夏の【単衣】、真夏の【絽】があり、袷⇒絽の順番で生地が薄くなっています。
IMG_8240
こちらは真夏用の絽の留袖。
IMG_8242
生地が薄いだけでなく、通気性に優れているので【袷】の留袖と比べると、暑い時期の快適さは比較にならないほど。
絽の留袖の場合、上物だけでなく下に着る長襦袢も同じく絽の素材となるのでダブルで涼しいんです。また着心地だけでなく、見た目にも「透け感」があるので周囲の方々にも涼をおすそ分けできる優れものです。

そもそもお着物は季節に合わせて選ぶものであり、それが日本の文化でもあります。
つまりは季節を衣裳でも楽しむことなんでしょうね。

しかし絽の留袖をお持ちの方は大変少ないため、ほぼほぼレンタルしなければなりません。しかし夏の結婚式にはやはり夏の衣裳が似合うものです。

当店にも絽の留袖のご用意がありますので、ぜひご相談下さい。

絽留袖レンタル価格:15,000(税抜き)~

袷の留袖で涼しさを求めるならこの裏技

夏の結婚式でも中には「袷の留袖がいい」とか、「袷の留袖しかもっていない」という方もいらっしゃいます。
前述の通り、絽の留袖は透け感があり、それが見た目の涼しさを感じさせてくれるのですが「軽い感じがする」ということで敬遠される方もいるのが実情です。

しかし暑い夏に袷の留袖の着用は結構厳しいと言わざるを得ません。

でもご安心下さい!裏技があります。

それは上物の下に着用する長襦袢を袷ではなく、絽にすること。長襦袢自体は外に見えるものではないので、どなたにも気付かれることはありません。
ただ注意点が一つだけあります。
IMG_8930 IMG_8928
左:絽の長襦袢・・・やはり透け感があり、通気性に優れているので涼しいです   右:袷の長襦袢 

長襦袢の衿には「半衿(はんえり)」という物が付いているのですが、袷の長襦袢には袷の半衿、絽の長襦袢には絽のは絽の半衿となっていて、その部分は外に見えてしまいます。なのでただ単に絽の長襦袢にしてしまうと、留袖は袷なのに半衿は絽というありえない組合せになってしまいます。

当店でご用意しているのが半衿を袷にした絽の長襦袢です。
分かりづらいですが、要は涼しい夏物の長襦袢だけど見た目は袷に見えるという優れものです。

一式で留袖をレンタルしている方にはお好きな長襦袢をお選び頂いておりますが、この特殊な絽の長襦袢だけのレンタルも行っています。
こちらを使うことで、少しは快適にお持ちの留袖を着用していただけることでしょう。

絽の長襦袢(衿は袷)レンタル :4,000円

ぜひご利用下さい

最後に

ご家族にとっても大切な一日となる結婚式。
そんな日は一日中楽しく、笑顔で、快適に過ごしたいものです。
そして新郎新婦のお母様は何かと忙しく、チョコチョコと動かなくてはなりませんし、緊張もしますし、たくさんの方々に注目されるお立場でもあります。
それって暑い夏は大変しんどいものです。
少しでもご自分の負担を減らす為にも、留袖は出来るだけ涼しく着ることが大切ではないでしょうか?

夏の留袖姿には【夏物の絽の留袖にする】【せめて長襦袢だけ夏物にする】という選択肢があります。
日本の夏は年々暑くなっていますので、ご自分のためだけでなく、新郎新婦やご家族の為にもこの選択肢をご検討してみてはいかがでしょうか?

ぜひお気軽にご相談下さい。

夏物のお父様のモーニングも取り扱っております。
サマーモーニングレンタル:17,000円(税抜き)※ワイシャツ付き

 

レンタル衣装のお渡し方法は三つございます

4月に入って春のウェディングシーズンが開幕です。

abitoでは婚礼衣装だけでなく、ご両親の衣装である「留袖」「モーニング」も取り揃えているので、毎週のようにセットしてお渡ししています。


この衣装のお渡し方法ですが、お客様によって様々です。

abitoでは衣装のお渡し方法が3つございます。

①ご来店でのお渡し

基本的に、そして殆んどの方がこのお店でのお渡しです。
ご使用日の前日、または前々日にabitoにお受け取りに着て頂きます。この場合、ご使用後はお店に直接返却いただいています。

②郵送によるお渡し

遠方でのご着用の場合、この郵送を選択される場合もございます。
セットされた衣装はそれなりの大きさになるため、ご自分で式場まで持参するのは決行大変な作業となります。お帰りも同様になりますからね。
なので式場までの郵送がとっても便利です。ご返却も式場から送っていただければ、ご負担も軽減されます。
IMG_8827

このような郵送専門のボックスで送っています。
ちなみに郵送料はお客様のご負担とさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

③ご自宅またはご指定の場所までのお届けでのお渡し

「ご使用日前は忙しくてお店まで取りに行けない」「着付けする場所まで持っていくのが面倒」
そんなお客様にご利用いただいているのが、当店スタッフによる配送サービスです。
ご指定の時間にご指定の場所まで当店の車でご使用される衣装をお届けしています。ただしお届けが不可能なエリアもございますので、予めのご確認をお願いしております。

また当店の営業時間外の配送サービスは行っておりませんのでご注意下さい。

最後に

当店の衣装レンタル期間は基本的に二泊三日となり、この期間を延長する場合は別途料金が発生致します。
しかしながら、遠方でのご利用であったり、お仕事の都合などによる早めのお貸し出しや遅めのご返却には柔軟に、そして臨機応変にご対応させて頂いておりますので、当店においてはほぼほぼ延長料金を頂いたことがございません。

なのでお客様のご都合に合わせて店舗でのお渡しも、郵送も、配送もご対応しますのでお気軽にご相談下さい。

ただ中にはご返却の催促連絡をしても、なかなかお返しくださらない場合もあります。
延長料金はともかく、ご利用いただいた衣装を次にご利用される方もいらっしゃることも考慮して頂き、お早めのご返却をお願いしています。

 

暑い夏には夏用の貸衣装で涼しげな装いに

ようやく春になったばかりですが、本日のブログでは「夏」を先取りしたいと思います。

季節を感じてから準備する洋服とは違い、貸衣装はそのだいぶ前から準備されることが殆んどなので、先取りといってもお知らせするにはちょうど良い頃合なんです。そもそも皆さんは貸衣装に夏用があるって知っていましたでしょうか?


意外とご存じない方も多いことでしょう。
「必要、不必要」はともかく、知識として頭に入れておくと、いざという時に思い出すかもしれませんからね。それでは行きましょう!
 

【夏用留袖】

IMG_8802

夏用の留袖は生地が薄手で、さらには通気性に優れています。
留袖の中に着る長襦袢が透けて見えるほどです。製品的にも涼しいのですが、涼しげな色と柄になっているのでさらに清涼感を感じます。

最近は7月~9月の結婚式も少なくないので、そんな夏のウェディングでお母様がご着用するにふさわしい留袖です。
結婚式場内は空調が効いているとは言え、少なからず蒸し暑さを感じるもの。お子様の晴れの一日を快適に見守る為にはやはり涼しげな衣装ではないでしょうか?

 

【夏用付下げ】

IMG_8803

夏にもお集まりやお茶会など様々な催しがあり、和服を着る機会があります。
和食と同様に和服も「見た目を楽しむ」という一面もあります。生地は夏用留袖と同様の素材で作られており、やはり色や柄が涼しさを演出してくれています。

 

 

【夏用産着】

IMG_8804

夏に生まれた赤ちゃんのお宮参りはやはり夏になりがちです。
生まれたての赤ちゃんはどんなに暑くても、言葉で伝えることが出来ないのでご家族のお心遣いが必須ですよね。やはり夏のお宮参りには夏用の産着がベストなチョイスです。※こちらは女の子用で、男の子用もございます。

 

【夏用長襦袢】

IMG_8805

どうしてもお持ちの留袖などのお着物をご着用したいのであれば、お着物の下に着る「長襦袢」だけを夏用にするという裏技もあります。これだけでもかなり涼しさが違ってきます。やはり通気性に優れており、肌触りもさらっとしているので快適ですよ!abitoでは夏用長襦袢だけのレンタルもOKですので、ぜひご相談下さい。

 

【その他の夏用和服】

abitoでは夏用の和服をご紹介した以外にもご用意しています。
■夏用色無地  (涼しげな色合いです)
■夏用喪服 
■夏用紋付袴

特にお知らせしたいのが夏用の喪服です。
喪服をお持ちの方は意外と多いものですが、夏用となるとそう多くはないようです。何かと忙しく、配慮した動きが求められるこの時に無理して厚手の喪服を着ると体調を崩しかねません。多くのご参列者様をお迎えするわけですから、見た目の「おもてなし」にも気にかけてみてはいかがでしょう?

そして次は男性用の夏用貸衣装をご紹介します。

【夏用モーニング】

rent08
夏用のモーニングも薄手で通気性の良い生地で作られており、とても軽く感じます。
男性は暑がりの方が多いので、毎年多くの方にご利用頂いています。見た目には秋冬春用と変わることはありませんので、安心してご着用頂けます。

 

【夏用礼服】

rent10
結婚式、お葬式で活躍する男性の礼服でも夏用をご用意しています。
夏用モーニング同様に薄手で通気性の良い生地により、軽く、快適にご着用頂けます。サイズもある程度取り揃えておりますが、事前にご確認くださることをおすすめいたします。

【夏用貸衣装を着用する時期とは?】

夏用貸衣装の着用時期は7月から9月にかけてが一般的です。
暑がりの方はモーニング・礼服・喪服などに関しては6月からご利用される方もいらっしゃいます。

最後に

ここ数年、日本の夏は「猛暑」になりがちです。
貸衣装をご着用される機会は殆どの場合が「とても大切」なことがあるからです。そんな大切な時に「持っているから」「面倒だから」という理由で無理して夏に適さない衣装を着てしまうと、最悪の場合、熱中症や脱水症状に見舞われてしまうかもしれません。出来れば快適に、涼しく、そして穏やかにその日を過ごしたいものです。

夏用の貸衣装はその為に存在しています。

ご着用される方のご負担の軽減という効果があり、さらにお集まり下さった方々に「見た目の涼しさ」のご提供というおもてなしの効果もあります。特に和服の場合は涼しげな見た目だからこその「夏を感じる衣装」という演出も出来ますので、夏には夏用貸衣装で「粋」に過ごしてみてはいかがでしょう?

夏のウェディング準備は春から始めましょう!

 

 

ハイクラス留袖 結婚式ではお母様も衣装にこだわって!

結婚式でお母様が着用するお着物と言えば「留袖」です。

留袖を着る機会は人生においても数回しかなく、見慣れないものだと思います。イメージとしては「黒い着物」であり、違いがほとんどないと思っていませんか?


黒地の着物だからこそ柄の違いが明確で、年齢・年代によって選ぶものに違いもあります。またレンタルで言えば価格にも差があり、abitoにおいては15,000円でご利用意できる留袖から最高ランクの70,000円の留袖をご用意しており、その差は55,000円もあります。


留袖のレンタルでご来店くださるお客様は様々。

「出来るだけ費用を抑えたい」という方もいれば
「皆さんはどれくらいの留袖を選ぶんですか?」と平均を求める方もいます。
そして「せっかくだから納得のできる留袖で」とハイクラスの留袖をご希望される方もいらっしゃいます。
 

お母様としての初めての結婚式だったり、最後の結婚式だったり、一人娘の唯一の結婚式にのぞまれる場合にハイクラスの留袖を選ばれることが多く、大変ご満足頂いております。今回はabitoが自信を持ってお勧めするハイクラスの留袖をご紹介します。

ハイクラスラインアップ
IMG_8762 IMG_8760 IMG_8759 IMG_8761 IMG_8763

やはり一見して「華やかさ」を感じていただけることと思います。
また一般の留袖との大きな違いは「赤」の使用率が極端に少ないこと。2着だけ赤が入っておりますが、多用されがちな「朱赤」ではなくハッキリとした赤だったり、深みのある赤となっています。

柄も大胆な構図になっており、洋花をモチーフにしてあるものもあり、従来の留袖よりかなり現代的なデザインになっているのも特徴のひとつ。

あとは何といっても留袖の地色である黒の深みです。
黒にもいろいろありますが、漆黒に近いほど気品を感じさせてくれるものです。深みのある黒だからこそ描かれた柄のデザインや色がより映えるというものです。

ご紹介したハイクラス留袖のレンタル価格

こ紹介した五品の留袖のレンタル価格は50,000円~70,000円となっております。
一般的にみれば「高額」と思われるかもしれませんが、このクラスの留袖を結婚式場で利用すると少なくともレンタル価格は10万円は下ることはないでしょう。もっともお手頃な留袖でも30,000円からが多い結婚式場ですからね。

ですからコストパフォーマンスをかなり感じていただけると思います。

最後に

ご家族にとって最大の出来事の一つである結婚式。
よく「主役は花嫁」と言われますが、新郎も主役でありご両家のご家族も準主役と言って過言ではありません。ご親族並びにゲストの方々をお迎えし、もてなすお立場です。

心からの歓迎、そして感謝の気持ちを込めてのご対応があってこその「おもてなし」ですが、そのひと役を担ってくれるのが衣装です。どんなに気持ちを込めていても乱れていたり、その場にそぐわぬ身だしなみでは全てが台無しになりかねません。どんなに高級なホテルであってもベルボーイの制服が汚れていたら、その時点で気持ちも萎えるものです。

逆も然りです。
心のこもった歓迎とおもてなしに、目を引きつける素敵な衣装を着ていればゲストの方々もさらに感激してくれるものです。素敵な衣装にはそんな力が備わっているんです。新郎新婦だってきっと喜んでくれることでしょう。

人生で数少ない留袖の着用の機会にはちょっと頑張って、または自分へのご褒美だったり、ゲストの方々への感謝の表現としてハイクラスな留袖でのぞんでみてはいかがでしょう?ハイクラスの留袖はまず最初にお母様の気持ちを高揚させてくれるので、その副作用として周りの方々の感動を呼び込みます。是非お試し下さい。