七五三

令和3年の七五三受付開始しました

何度かブログにも書きましまが、今年は七五三のお問い合わせが例年に比べかなり早く、そしてとっても多くなっています。

はっきり言ってどうしてこういう状況になった理由が全くわかりません。当店においては他のフォトスタジオさんのように宣伝していませんし、特に何もアクションは起していないんですけど・・・。

「七五三の相談をしたいんですけど」
「七五三の衣裳を見せて欲しい」

今年の一月から何度このようなご連絡を頂いたかわかりません。そして当店は「4月中旬になったら衣裳を展示しますので、その頃もう一度ご連絡ください」と繰り返して来ました。3月まで卒業袴を展示していたこともあり、七五三を展示するスペースがなかったんですよね。
それに加え、3月中旬からロケーション撮影が続いたこともあり、なかなかご要望にお応えすることが出来ずにいました。大変申し訳ございません。

ようやく七五三の衣裳を展示しましたことをお知らせいたします。

IMG_0072

早速ながら先ほど七歳の七五三のお客様がご来店になり、11月のことではありますがご成約下さいました。ついさっきもご来店の予約が入ったりと、七五三モードに突入しています。

当店では下記の様な七五三プランをご用意しています。

■衣裳のみレンタルプラン
■お出かけプラン
     ⇒前撮りを他のスタジオでされた方でお宮参りでの七五三衣裳とお支度だけご希望に沿うプラン

■写真のみプラン
   ⇒お出かけはできませんが、衣裳とお支度と撮影がセットになったプラン。前撮りにおすすめです。

■撮影付きお出かけプラン
   ⇒衣裳とお支度と撮影がセットになり、撮影後はお出かけできるご利用が最も多いプラン

その他、ロケーション撮影プランやご両親の衣裳もご用意しています。
001 009 008
ロケーションプランでは様々なロケ地をご紹介しています。

また決定ではありませんが、当店のスタジオ隣にかわいいカフェが誕生しましたのでそちらでの撮影プランも検討中です。特に七歳の撮影に向いているかなと思いますが、現在検討中です。

最後となりますが当店は現在完全予約制となっております。
ご来店に際しましては事前にご予約をお入れ下さいますようお願い致します。フリー(予約なし)でのご来店にはご対応できない場合がございますので予めご了承いただきますようお願い致します。

お問い合わせ、ご来店予約はabitoのLINE公式をご利用下さい!
  友だち追加

七五三のお問い合わせが多い理由がわかりません

今年も既に一ヶ月が過ぎましたが、まだまだ季節は冬・・・・。

本当に理由が思い当たらないのですが、この季節に七五三のお問い合わせがめちゃくちゃ多いんですよね~。例年であれば春先から徐々に増えていくものなのですが、今年は様子がちょっと違うようです。


実際、abitoの店内の七五三衣裳展示は本格的どころか、ほぼ飾っていない状態です。現在は振袖と卒業袴に力を入れる時期であり、七五三はGW前から本格的な展示となる予定です。「予定」としたのは今年から七五三は脱力系な感じで臨んでいこうとしているからです。

当店は七五三に関しても広告はおろか、DMなどの宣伝活動は一切行っていませんし、七五三を主力商品としているフォトスタジオさんと競うつもりも毛頭ありません。とは言え、七五三から完全に手を引いたわけでもなく、未だにどういう方向性で行くかすら定まっていないのが現状です。
こんな感じで今年を迎えた訳ですが、お問い合わせが増えるという極めて謎の状態に突入しています。

しかも既に七五三の撮影も今年はしていますし、これからも控えています。
大変有難いことではあるものの、宣伝活動を一切していない(ウェブサイトも七五三は縮小)のに「何故?」です。「謎」です。

まとめます。
・なぜか七五三の問い合わせが年始より多い
・その理由がわからない
・宣伝活動は一切していない
・本格的な今年の七五三のご案内はGW前(4月末)から


最後に唯一、他のフォトスタジオさんと比較して当店が胸を張って自慢出来ることがあります。
それはフォトスタジオさんのように撮影が混雑することがないので、時間や他のお客様を気にせずゆっくり出来ることです。言い換えれば「密」なんて発生しますし、それだけ七五三のお客様が少ないということです(笑)。

そんな当店ですが、もし宜しければお気軽にご相談下さい(できれば4月以降に♡)

鬼滅の五歳

今年、七五三でお越しくださったお子様たち(特に五歳の男の子)はほぼほぼ「鬼滅の刃」にどっぷりとはまっているようでした。

「炭治郎にしたい」
「炭治郎の着物がいい!」

・・・こんな感じの事を何回も聞かれたものです。

そうはいってもご両親が「七五三はまた別だから」と説得され、結果的には通常通りの七五三となります。もちろん炭治郎の衣裳を求めて、他の店へ向かわれた方々もいらっしゃいます。本当に鬼滅の刃の人気はすごいですね!

さて、そんな鬼滅の刃の大ファンの方に当店としておすすめ出来る七五三は竹林でのロケーション撮影です。
実際にご要望にお応えして、撮影させて頂いた画象をご紹介いたします。

048

勉強不足で「何の型」かは皆目検討も付きませんが、炭治郎が行う型を繰り返し繰り返し・・・本当に大ファンなんですね。

029

衣裳は作品の物とは色合いが違いますが、柄は同様の市松柄でそれなりに・・・・。

001

今年の七五三ならではのマスク姿ですが、こちらは作品と同様の黒×緑の市松!刀の持ち方も好きなだけあってとっても様になっていますね!

さて撮影した場所は宇都宮の若山農場、今では「若竹の杜」として知られている竹林の名所です。
こちらではこれまでも様々な映画やドラマの撮影が行われており、有名どころだと【るろうに剣心】などがあります。やはり竹林は古の日本を髣髴とさせる雰囲気があり、着物姿との相性は抜群です。
大正初期を舞台の時代設定としている(これだけは勉強しました)鬼滅の刃ですから、炭治郎に近づくにはこの場所は最高です。ご本人だけでなく、ご両親も大変喜ばれていたようです。

広大な敷地に広がる竹林に足を踏み入れると、そこは非日常の世界。
忘れかけていた日本人としての何かを思い起こさせてくれますし、単純に竹林のもつ圧倒的な雰囲気に感動してしまいます。

今年は出遅れてしまいましたが、来年はこちらでの七五三のロケーション撮影をもっともっとプロモーションして、炭治郎ファンのお子様のご要望にお応え出来るようにしたいと思っています。

衣裳を真似るという選択もありますが、世界観を真似るという選択もあることをお知りいただけたら幸いです。

身近な方の影響力は絶大です

先日、「そちらで七五三のロケーション撮影ってされているんですよね?一度ご相談に伺いたいのですが・・・」というお電話をいただき、実際にご来店してくださいました。


よくよく伺ってみると、以前に当店でやはり七五三のロケ撮影を行ってくださった方のお友達だそうです。
その時の七五三の写真を見せてもらい、かなり興味が湧いたようです。

007
こちらがそのお客様の七五三ロケ写真です。
とても美しい紅葉が広がる日光の田母沢御用邸で11月上旬に撮影しました。お支度中も本当にお利口にしてくれたとってもかわいいRちゃん。こちらの写真をご覧いただいたのがきっかけでご来店くださいました。

当店のウェブサイトにもこの七五三ロケーション撮影のことは掲載していますが、やはりいわゆる「口コミ」の影響力ってハンパないですね。身近なお友達が実際にされたからこそ興味も湧きますし、体験談も聞けますし、なによりお店に対して安心を感じて頂けますからね。

ご来店くださったお客様はこちらのRちゃんと会ったこともあるでしょう。
だからこそこのロケで撮影した写真に写る表情が本当に自然であると思って頂けたようで、「うちもこんな自然な感じの七五三の思い出を残してあげたい」と思われたようです。


「ご利用くださったお客様が当店のサービスをご案内くださる」・・・これこそが究極の宣伝です。そして我々にとっては思いがけないプレゼントをいただだいたような、とても言葉では表わせない喜びがあります。


さて今回ご検討中のお客様のお子様は五歳の男の子ということで、紅葉を視野に入れながらも、当店がご案内した別のロケ地も候補にされているようです。前回はご両親のみでのご来店だったので、次回はお子様をお連れになってお越しくださることになっています。

作りこまれたかわいい雰囲気のスタジオでの撮影も素敵ですが、美しい自然に囲まれながらいつものような表情で楽しく撮影出来るロケーション撮影もおすすめです。特にお子様ですから、環境に左右されがちですが大好きな野外なら心配ご無用だと思います。そして今年に限っては「新しい生活様式」として、お子様の遊びも屋内より野外が推奨されていることも踏まえ、安心があるのかなと。

ロケ撮影ならば、七五三の思い出を衣裳姿だけではなく、その年の季節や風景と共にお子様に作ってあげることが出来ます。当店ではご紹介出来る素敵なロケ地が多数ございます。ご家族のイメージに合わせてご案内させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さい!

 

七五三衣裳をレンタルの場合は10日前にお渡し可能です

abitoにも七五三のお客様が増え、お問い合わせとご来店が続いています。

当店では「前撮りプラン」「お宮参りプラン」など、様々な七五三のプランをご用意していますが中には「衣裳のレンタルだけ」というお客様もいらっしゃいます。以前はそんなお客様が殆んどだったので、当店においてはそう珍しいことではありません。

衣裳レンタルの場合、昨年まではご使用日の前日、または前々日の衣裳お渡しでしたが今年からはご希望される場合は【10日前】のお渡しもさせていただくことになりました。もちろん延長料など一切ありません。


レンタル衣裳の10日前お渡しを開始するのはこんな事からです。

・意外と遠方からのお客様が多いので、余裕をもってお客様に準備して頂きたい
・お仕事などの都合で、なかなか1~2日前のご来店が難しいお客様も少なくない
・お着付けをお願いする美容室等から「少し早めに衣裳を届けて欲しい」と言われるお客様もいる


何事も早めに準備できれば安心ですし、心にも余裕が持てますからね。
衣裳を取りに行った次の日に七五三をし、翌日に衣裳を返却って忙しすぎます。それでなくてもお宮参り等でお疲れになるわけですから、少しでもご両親にとって優しい貸衣裳店でありたいと思い、今年から開始することに致しました。


またこんな理由もあります。
三歳や五歳のお子様の場合、いきなり七五三の衣裳を着つけようとすると泣いちゃったり、「絶対ヤダ~」と拒んでしまう場合も少なくありません。七五三当日にこうなってしまったらスケジュールもグダグダになりかねません。でも10日ほど前から衣裳があれば「これ着るんだよ~」と予告することも出来ますし、「ちょっと着てみようか」と慣れさせることも出来れば、当日もスムーズに進むのではないかと思います。

ご来店されたお客様にもこの新サービスが予想以上に好評で、ニーズにマッチしたご提案になったと嬉しい思いでいます。

もちろん衣裳のお渡し後は何度ご着用頂いてもOKですし、ご自宅に飾って家族で記念の写真を撮ったりなどお宮参りとはまた違った思い出を残して頂けたらと思います。

七五三の前撮りは済んでいるけど、お宮参り用の七五三衣裳を探している
レンタルだけ検討している

・・・そんなお客様はぜひご来店、そして衣裳のご見学をお待ちしております。

当店は完全予約制につき、ご来店をご希望される場合はお電話、またはメールやLINEでご連絡ください!

☎ 028-655-0975
info@kaede-abito.com

LINE
友だち追加  

七五三のお宮参りは平日がベター

そろそろ七五三のお宮参りを考え始めるご家族も多いのではないでしょうか?

例年、お宮参りと言えば10月、または11月の土日祝祭日に集中し、全国どこの神社も七五三でごった返してきました。大安、友引など日の良いはなおさらです。
令和2年の今年に関して言えば、10月は11日(友引)、25日(大安)、31日(大安)、11月は3日(友引)、8日(先勝)、14日(先勝)、22日(大安)と良い日が多く、混雑が予想されます。

本来ならば喜ばしいことなのですが、今年に限ってはそうも言っていられません。

七五三のお宮参りとなると、ご本人だけでなくご両親やご兄弟、父方母方の両祖父母などが集まると一組で10名弱となることもあります。組数も多くなることから、神社に集中する人数はかなり大規模になります。その分「三密」が形成されてしまう恐れは簡単に予想できますよね?

やはり七五三も分散すべきですし、その方が皆さんにとって安心だと思います。

その分散のもっとも効果的な方法としては平日を選択することだと思います。
さまざまな関係上、土日祝日以外は難しい方もいらっしゃるとは思いますが、平日を選べるのであればそのほうがよりベターな選択だと思います。

平日の七五三は新型コロナウィルス感染防止となるだけでなく、神社も街も空いているのでスケジュールもスムーズに進みますし、境内で写真を撮るのも楽です。衣裳のお支度もご都合の良い時間帯を選びやすくなります。総合的に判断して、様々な面でスムーズになり、土日に比べて疲れ方も軽減出来るはずです。

わざわざブログで書かなくても平日を選ばれる方は今年に限っては多くなると思います。
もしかしたら平日でも大安、友引などの良い日は予想以上に混雑するかもしれません。

かといって、仏滅や赤口などを選ぶのも一つの選択としてはあるのですが、お子様のお祝い事なのでなかなか踏み切ることも出来ませんよね。でも最近はいわゆる「日の良さ」を気にする方は年々減ってきているのも事実。敢えて仏滅を選ぶことはありませんが、あまり気にする時代ではないのかもしれません。
ちなみにかなり以前のことではありますが、その昔結婚式は仏滅に行われることも少なくありませんでした。わざわざ仏滅を選ぶには理由があり、それは仏滅の翌日は必ず大安となります。
いわば新婚生活のスタートこそ最も良い日からスタートしたいという思いなんですね。

そもそも大安だ、仏滅だという六曜は日本独自の物で海外には一切ありません。しかも広く普及し始めたのは戦後とのこと。「六曜を信じるか信じないかはあなた次第!」ってことだと思います。生まれてくる六曜は選べませんし、入試の日だって選べませんしね。

ちょっと脱線しかけましたが、今年をきっかけに「お祝い事は週末」という慣例が少しは変化すればいいなと個人的に思っています。混雑が少なくなり、学校も企業もお祝い事に関しては寛容になり、毎日どこかでお祝いが行われるようになる・・・最高ですね。

さぁ平日の七五三に向けて、今から根回しとスケジュール調整をしましょう!

三歳の七五三 袴姿もかわいいですよ!

女の子は七五三が2回ありますよね。

1回目は三歳、次が七歳。

最初の三歳の七五三で殆どの方が着用するのが被布の衣裳。
IMG_9590
色や柄もかわいいものが多く、一般的にイメージする三歳の七五三ですよね。


一方、少数派ではありますが「袴姿」をご要望されるお客様もいらっしゃいます。
IMG_9591
こちらは赤の矢絣(やがすり)のお着物に紺赤のボカシの袴を合わせたコーディネート。
クラシカルでシンプルな印象ですが、こちらも被布に負けず劣らずのかわいらしさがあります。

「ちはやふる」という映画の影響なのか、最近は人気が急上昇中です。

「袴姿のメリットってなんだろう?」と考えてみたところ、こんなことがあるのではないかと思いました。

①被布をお選びになる方が多いので、かなり目を引くこと間違いなし!
②被布と比べると袴は動きやすく、お子様も窮屈な思いをしない
③ヘアスタイルの幅が広がる(ダウンスタイルもバッチリです)
④着崩れしにくい
⑤着崩れしても直しやすい
⑥ブーツでもかわいい!

こんなところでしょうか・・・・というより意外とメリットが多いんです。

それでも被布に比べ、当店もさることながら他店さんでも袴のラインナップは少ないことが殆どなので、衣裳選びが少々寂しくなりがちなのも事実。それでも上記であげたメリットと照らし合わせると、「うちの子は袴が良いかも・・・」と思うご両親も少なくないのではないでしょうか?

例えばこんな三歳の女の子は袴がおすすめかもしれません。
・活発なお子様
・草履では難しそうなお子様
・既に髪の毛が十分に揃っているお子様
・髪の毛をいじられるのが苦手なお子様
・人と違う事を選ぶことの多いお子様

もちろんこれらに該当されないお子様でもきっと袴姿を気に入って頂けるでしょうし、間違いなく悶絶するほどかわいい七五三となることでしょう。

IMG_9589見比べるとかなり印象が違うので、毛嫌いせずに一度は袴もご試着されてみてはいかがでしょうか?


実際、お子様は何を着てもかわいいものですから、ご本人が気に入った衣裳を選ぶのが一番だと思います。ただ七歳の七五三では殆どの方が振袖となりますので、三歳の七五三でちょっと冒険してみても面白いかもしれませんよ!

当店には矢絣以外の袴セットもご用意していますので、ぜひお気軽にご試着下さいネ。

七五三衣裳展示開始しています

卒業式シーズンも終盤を向かえたので、卒業袴と入れ替えて七五三衣裳の展示を開始しました。

IMG_9577

もちろんキッズトルソーも出動です。

IMG_9578

3月中に七五三衣裳を展示開始するのは今年が初めて。つまりabito史上最速での展示なんです。

というのも七五三のお問い合わせはもちろんなのですが、ご来店が多く、前撮りも既に数組終えた状態です。今日も撮影が有りましたしね。本当に七五三の準備開始時期が早まっていると実感しています。

本当は一年中七五三も展示していたいのですが、前述のように卒業袴も取り扱っていることもあり、展示スペースに限りが有ることから【入れ替え制】にせざるを得ないんです。もういつでも七五三のご案内は可能ですので、ぜひご来店下さい!

今年のabitoの七五三前撮りのおすすめはロケーション撮影です。
お子様のことですので、快適な時期・・・・近々では今から入梅前がおすすめです。また当店ではただ単に野外で撮影するのではなく、和装がより映えるロケ地での撮影をご案内しています。これまで婚礼撮影で利用させて頂いている場所ですので、絶対的に自信を持っておすすめできる場所ですし、間違いなく価値の有る七五三前撮りが叶います。

若山農場(広大な竹林)、岡田記念館、掬翠園、益子参考館、日光田母沢御用邸など日本情緒溢れるロケ地での七五三前撮りは、美しい写真を残せるだけでなく、ご家族一同で楽しめ、素敵な思い出を共有できることでしょう。ぜひお気軽にご相談下さいませ。もちろんスタジオ撮影も併せてご用意しております!


多くの方が七五三の準備を今年は早くから行っていますので、皆さんもちょっと早めにいかがでしょうか?

七五三衣裳は4月より展示会します

七五三の祝着ですが、今年は4月より展示を開始します。

・・・実際は着数は抑え気味ではありますが、現在も七五三衣裳は展示しております。ですからいつでもご案内可能となっています。4月からは着数を増やし、本格的な展示となります!


実は本日も七五三のお客様がご来店下さり、有難いことに衣裳をお決めくださいました。この3月にお宮参りをされるとのことですが、今は以前と違って「こうでなければならない」と言うことは殆どないに等しい時代となりました。「七五三は秋」と言うのはもう既に過去の遺物なのかもしれません。


今年は例年以上に七五三の動きが早く、既に数組のお客様にお越し頂いています。本音を言えば「早っ!」と感じてはいるのですが、全ては他のフォトスタジオさんが宣伝してくれるお陰であり、当店はその恩恵を受けていると言えるでしょう。ありがたいですね♪

何度かブログでも申し上げてはいますが、abitoとしては今年を【七五三ロケーション撮影】の元年にしたいと思っています。
貸衣裳店であるabitoも他に漏れることなく、衣裳+お支度+撮影というプランをご提供しており、これまで七五三はもちろんのことウェディングでも成人式でも卒業式でもそんなプランをご利用頂いています。
スタジオ撮影から始め、ロケーション撮影へと派生させてきた訳ですが七五三のロケーション撮影に関しては「受動的」、つまりお客様からご要望がある場合のみのご対応でしたが、今年からは積極的にご案内しています。

010
なにをやっても絵になるのがロケーション撮影の最大のメリット

abitoのウェブサイトでもお知らせしています。

最近の七五三と言えば「写真撮影」がメインであり、その多くが奇抜な七五三祝着でのキッズモデルのような撮影を推奨しているように思えます。時代の流行ですし、心引かれる方も多いとは思いますが、中にはそうでない方もいらっしゃいます。ロケーション撮影はそれとは全く違った価値感があり、当店的には長期的に考えた場合には間違いなくロケーション撮影の方が深く、濃い価値があると信じています。

モデル撮影のような七五三は他のお店にお任せして、当店は他店では出来ないようなことをお任せ頂くつもりです。

流行り廃りのない桜や紅葉の美しさのような七五三の思い出づくりを今年より始めて行きます。
007
後ろが暈けていても変わらぬ自然の美しさ。その中に佇む姿は一生の思い出になることに疑いの余地はありませんね。

そして近づいてきた春からはロケーション撮影シーズンが始まります。夏は一旦休止となり、晩夏から再開し冬まで続きます。だから今はロケーション撮影を検討するにはピッタリの時期ですので、お気軽にご相談下さいませ。

七五三ロケーションプランに手ごたえを感じるこの頃

2002年の一つの目標として、七五三(振袖も)ロケーション撮影の拡大を掲げています。

昨年までも実績は積み重ねてきたものの、本気度はイマイチだったのですが今年からはMAXで行きます。

009
自由度満点のロケーションフォトの魅力を少しでも多くのパパママに知って頂きたいんですよね~。

abitoがロケーションフォトをおすすめする理由はたくさんありますが、結局のところ、これまでのお客様方から非常にご好評をいただいているからです。松阪投手の言葉ではないですが、「自信から確信へ」といったところでしょうか。


さて現在、abitoのウェブサイトに限定10組の【753ロケーション前撮り特別プラン】をお知らせしています。2020-02-11

お問い合わせも少しずつ増え、昨日もお客様がご送壇の為、ご来店くださいました。駅

「何か資料的なものは有りますか?」とのことでしたが、生憎「限定」「特別」なプランなので特にご用意はしておりません。なので過去の実際のお客様の画像をお見せしたり、ロケーション撮影の価値と魅力をお伝えしたり、特典でもある動画のサンプルを視聴して頂きました。

とりあえずは特別プランの説明と相談のためご両親の身でのご来店でしたが、次回はお子様もご一緒にお越しくださるとのことでした。


かわいい、イマドキの七五三写真をお望みであれば、それに応えてくれるフォトスタジオは宇都宮にたくさんあります。
どのように比較して、なにを基準にしてフォトスタジオをお選びになるかは私にはわかりませんが、それもひとつに選択肢です。ただ当店としては一日一組限定と言うロケーションフォトで、その記念すべき日をご家族でゆっくり、じっくりと楽しんでいただき、思い出として胸に刻み込んで頂きたいという想いがあります。

とは言えまだまだロケーション撮影は少数派で有ることは間違いないのですが、だからこそより価値があるとも言えると思います。


愛する大切なお子様の、記念すべき七五三の思い出をどのようにお作りになるかはご家族次第。
もしロケーション撮影という選択肢も僅かながらお持ちであれば、どうぞお気軽にご相談下さい。そしておすすめの特別プランをご検討下さい。組数限定ですが、まだ空きはございますからね。