七五三ロケーション撮影

フォトプロップス 七五三バージョン作成中

IMG_7085

フォトウェディング、和装前撮りで外せないアイテムの一つにフォトプロップスがあります。

 

k066

当店でももちろん数多く取り揃えています。

もちろんネットで買うことも出来ますが、基本的に当店では手作りです。意外に傷みが速いですし、常に新鮮なプロップスをお客様にご利用頂きたいですからね。


今年から当店では七五三前撮りもロケーションでの撮影に本腰を入れていくのですが、よくよく考えると七五三用のフォトプロップスがないことに気付きました。そうとわかれば作るのみです。


ネットで検索してもウェディングのように数が溢れているわけではないので、手さぐりですが行動に移しました!

IMG_7085
※ついでにウェディング用の新作も。

とにかくわかりやすく、かわいいものにするというシンプルな考えで作りはじめました!


スタジオ撮影では取り入れづらい七五三のプロップスもロケーションでの撮影ならば映えること間違い無しです!どんなプロップスができて、撮影ではどのようになるのかが今から楽しみで仕方ありません。


大切なお子様の七五三は広々とした野外で、緊張することなく「いつものうちの子らしい写真」にしてみたいと思いませんか?お子様のかわいさを更にアップさせる為にハイクオリティのプロップスをご用意しますからね!!!

やっぱり売らないと売れません

053

どんなに良い物があっても、知って頂けないとその存在は「無いに等しい」ものです。


当店abitoは業種でいえば「貸衣装業」となり、一般的には衣裳をお貸しして売り上げを作る会社です。しかし弊社に関しては「衣裳をお貸しすること」が仕事ではなく、「衣裳でどんなことができるか」をご提案し、そして衣裳を着ることでかけがえの無い思い出を創出することが仕事だと考えます。


そして現在、ウェディングはもちろん七五三や成人式などでご提案しているのが「ロケーションによる前撮り撮影」です。

閉ざされた空間のフォトスタジオではなく、開放感溢れ、季節や気温・風の匂い・太陽の日差しを感じながら撮影できる野外での撮影は緊張もほぐれ、楽しく撮影できること間違い無しです。


 

何故このロケーション撮影をご提案するのか?

それはこの素晴らしさ、価値観を知っているからこそです。自分が「本当に良い物」と思っていなければ、やはりどこか綻びが見え隠れし、お客様は敏感に感じ取りますからね。


今年より始まる成人式、そして七五三のロケーション前撮りがとても好評です。そして続々とご成約頂いております。
 00160-_mg_85630037

何故ここまでご成約頂けるのかを冷静に考えてみると、そこ答えはやはり「売っているから」だと思います。

ロケーション撮影の魅力・おすすめする理由を余すことなくご説明し、そしてイメージして頂く。これこそがとても大切なことなんですね。


スタジオでの写真撮影は多くの方にとっては何度か経験していることなので、ある程度どんな感じかはご理解されていますが、ロケーション撮影は初めてという方が殆どです。初めてのことはワクワクしますし、イメージも膨らみます。もちろんお仕事をいただく我々としてもワクワクしてます。


同じ場所・同じライティングで撮影できるスタジオ撮影と違い、ロケーション撮影は時間と共に太陽の光が変化したりして条件が変わります。そしてロケ地によっても撮影のテイストが変わるので、それぞれの撮影が全てオリジナルです。そう、世界に一つだけのものとなります。

 

 

【お客様の大切な節目に、世界に一つだけのオリジナルな撮影をご提供すること】

衣装やスタジオ、ヘアメイクなど、一つ一つにこだわっても、それはウェディング、七五三、成人式の思い出を作る一部に過ぎません。やはりこだわるのは最終的なもの、撮影で言えば画像であり、体感した思い出ですよね!

ちなみに本日ご成約頂いた成人式のお客様には岡田記念館でのロケーション前撮りを、そして七五三のお客様には日光の田母沢御用邸でのロケーション前撮りをご予約頂きました。一昨日は成人式の前撮りで桜ロケをお決め下さいました。


このまま突き進んでいいんだと確信できた記念すべき週末となりました。もっとがんばろうっと!!!

 

五歳の七五三 羽織袴はこれが一番かもしれません

news_header_DSC_1557

今年に入ってから、やたらとブログで七五三について書くことが多くなりました。でもそれだけ当店の七五三に対する想いがあるわけです。


そして本日は男のこの七五三衣裳、つまり羽織袴についてちょこっと書きたいと思います。


最近の七五三は「お宮参り」より「写真撮影」を重視する傾向が顕著に現れています。それだけに七五三に携わる店舗さんは「新作衣裳」「個性的衣裳」「ブランド衣裳」の仕入れに躍起になっていることでしょう。


五歳の男の子が着る七五三衣裳は基本的に【羽織袴】です。名称どおり、「羽織」と「袴」の組合せになります。

「ん?紋付袴とは違うの?」・・・・こう思われる方もいるのではないでしょうか?答えは「違います」ということになります。紋付袴はやはり名称どおり「家紋」が入った羽織をさしますが、羽織袴には家紋は入りません。ちょっとした違いに感じるかもしれませんが、この差はかなり大きいのです。


日本の男性和装において、最上位に位置する格を持つ衣裳の条件は「羽織が黒」「五つ紋がある」「袴は仙台平」です。現在のオシャレで華やかな七五三の衣裳はこの条件を満たしません。もちろんそれがダメということでなく、「違うんですよ」ということです。


ちょっと話がそれますが、最近歌舞伎が人気ですよね。

歌舞伎という伝統芸能そのものはもちろん、海老蔵さんやら勘九朗さん、獅童さんなどの若手役者さんも人気です。ミーハー的な観点もあるでしょうが、やはり日本の伝統文化ということに魅かれる方が多いのではないでしょうか?

そんな歌舞伎の世界で、「ここぞ!」という重要な時、例えば「襲名披露」などの場合に歌舞伎役者さんが着る和装と言えば「五つ紋の黒羽織」「仙台平の袴」です。これは大人だけでなく、次代を担うお子様達も同じです。

昨日のテレビで新しく「中村勘太郎」を襲名する勘九朗さんのご長男のドキュメント番組を見ました。

そこではまだ五歳にもかかわらず、「中村屋」の跡取りとして立派に振舞う勘太郎君の姿が写され、そして「五つ紋の黒羽織」「仙台平」の衣裳を身に纏っていました。やっぱりお子様とは言え、その姿はとても凛々しくカッコいいものでした。七五三ではないけれど、子供にとって大切な節目に着る衣裳としてはピッタリだと感じました。
news_header_DSC_1557
親子で着たら、より重みが増しますね!

もちろん羽織には中村屋の家紋である「角切銀杏」が・・・・。
0-96-44-sumikiri-ichou-gazou

先祖から代々受け継ぐ家紋を身につけ、大切な大切な節目を迎える。これは日本ならではダンディズムであり、日本男児としての嗜みなのかもしれません。見た目には出さない伊達さですよね。


ちなみに当店にも七五三でご着用頂ける五歳用の【五つ紋黒羽織】【仙台平の袴】がございます。

家紋に関しては「貼り紋」を使用することで、様々な家紋に対応させて頂いています。


最近主流の七五三衣裳とは真逆のテイストで、華やかさや飾り気はないに等しい衣裳ですがそれ以上に「格」と「重み」と「伝統」に満ち溢れています。そして家紋を入れることにより、世界に一つだけのオリジナルな七五三となること間違いなしです。


流行の衣裳は新しさを感じる期間は短く、時代と共に移り変わります。しかし伝統的な「正しい衣裳」は時代に流されることなく、常に新しいのです。十年後も五十年後も次世代になろうとも常に輝き続ける衣裳はこういう物なのかも知れません。

もしかしたら古臭く、価値を感じない事もあるかもしれませんがそんなことは全くありません。ぜひ七五三衣裳選びの選択肢に一つとしてお考え頂けたら、このブログを書いた甲斐があるのかなと思います。


 

七五三のウェブページがリニューアルしました

2017-02-01

ブログでもこれまでお知らせしてきましたが、今年より当店アビートの七五三が変わります。

これまでは10月~11月という七五三のトップシーズンに【お着付け・ヘアメイクを施し、そして写真を撮影してそのままお宮参りへお出かけ】というプランを長らく続けてきましたが、これも去年で終止符を打ちました。


昔と違い、現在の七五三のメインは「写真撮影」であり、お宮参りではなくなってきています。


「七五三」といえば貸衣裳店という時代はもう過去のこと。今、七五三と言えば「フォトスタジオ」という時代になっていることからも、七五三における写真撮影が如何に重要度を占めているかがわかりますよね。


簡単に現在の七五三撮影の主流をご説明するとこんな感じですかね。

■ とにかくモデルのような撮影
■ あまり「和」というものにこだわらず、どちらかと言えばナチュラル系
■ アルバム重視
■ 着物だけでなく、女の子ならドレス、男の子ならスーツの撮影も当たり前


創業以来30年以上に渡り、七五三に携わってきましたが随分と変化したと実感しています。それまで「お子様の大切な節目」「伝統的行事」「日本ならではの和の文化」であったものが、フォトスタジオさんが一大変化をもたらし、現在に至っています。


当店も「写真撮影」という事業を始めてから既に十数年経っていますが、それでもやはり「衣裳店」としての根幹は揺らいでは下りません。なので、なので・・・・

これまでの当店の七五三を否定しながらも、現在の七五三とは一線を画するものをご提案し、ご提供していきます。

それに先立ち、七五三のウェブページをリニューアルしました。メイン画像はこんな感じです。
2017-02-01
リニューアルした七五三ページ是非ご覧下さい⇒abito七五三ページ


■モデルのような撮影ではなく、ありのままのお子様の姿を撮影
■とにかく和にこだわるロケーション撮影
■アルバム重視ではなく、撮影データ重視
■ドレスやスーツの撮影はプランに組み入れない

このように現在の七五三の主流とは一線を画すというか、むしろ真逆の方向へ舵を取ることに致しました。


その理由とはこんなことです。

・現在の七五三の主流は全ての方が受け入れているわけではない
・七五三を迎えるご両親の選択肢を増やしたい
・衣裳店だからこそ、七五三のい着物姿が最大限に映える撮影を行いたい
・そもそも社長が天邪鬼(笑)

こんなことが挙げられますが、一番の理由はアルバムや写真データという「記録」だけでなく、いつでもどこでも引き出せる思い出という「記憶」も作り出したいからです。


外でのロケーション撮影は季節・気温・気候・風・匂いを感じながらの撮影となります。毎年、撮影した季節が巡ってくるたびに間違いなく七五三撮影の記憶が呼び起こされることでしょう。どんな動きをしたか、どんな会話をしたか、どんな気持ちだったのかも脳裏に刻まれていますからね。

もちろんアルバムなどの写真も大切ですが、後日、その写真を見てどんなことを思うかということが一番大切なのではないでしょうか?


当店は貸衣裳店という、衣裳をお貸しすること、そして撮影することが業務です。でも売っているのは衣装や撮影をツールにした記憶という思い出づくりだと考えています。


十年後も二十年後も、次の世代、その次の世代へと継承できるご家族の歴史を作るお手伝いこそ我々に課せられた使命でもあるのです。これを具現化できる七五三が今年から始まるロケーションプランです。


全く興味のない方には響かないプランですが、当店の想いをご理解くださる方には「これこそ我が家がしたい七五三」と思って頂けることでしょう。お気軽にご相談もいただけますので、まずは選択肢の一つとしてご検討頂けたら嬉しい限りです。

七五三のアルバムについて考えてみました

IMG_7051

以前と違って、最近では七五三は「お宮参り」がメインではなく、「撮影」がメインの時代です。出来れば、いえいえ絶対に素敵な写真を残したいと思う親御さんが殆どではないでしょうか?


モデル風に撮影するのも良し、古典的に撮影するのも良し。


そうなるとその撮影した写真(画像)をどのような形にして残すかが問題になってきます。


七五三の撮影を手がける写真館、フォトスタジオ、そして我々のような貸衣裳店においても、今では「できるだけ多ページのアルバムを購入してもらう」ことが一番の売り上げに繋がります。某有名フォトスタジオのCMやチラシで「衣裳代無料、お着付け無料、ヘアメイク無料」と宣伝していますが、冷静に考えればおかしな話です。

それだけ無料なのにど支払う金額は平均6~7万円になると聞くということは、つまりはアルバムの代金の中に衣装や着付けやヘアメイクを組み込んでいるということです。


さてそんなお店が売りたいアルバムのページ数は多ければ多いほど高く売れますが、果たしてそんなにページ数の多いアルバムって本当に必要でしょうか?そもそもパージ数が多くなるほどアルバムは重くなりますし、重くなると出し入れが億劫になり、しまったまま・・・なんてことになるかも。


やはり思い出のアルバムは手に取りやすく、なんならいつでも気軽に見ることができれば最高です。そこで当店ではこんなアルバムをおすすめしています。

IMG_7050

こちらは2ページだけのデジタルアルバムです。これを開くと・・・・・

IMG_7051

こんな感じです。2ページだけなのでとても軽く、中ページがないので破れる心配もありません。

そしてこのように・・・・

IMG_7052

リビングの出窓やちょっとした所に開いて置けば、いつでも我が子の可愛らしい七五三姿を見ることができます。


七五三の撮影で、例え100カット撮影しようが1000カット撮影しようが、その中でお気に入りとなるものはほんのわずかだけです。ですから本当にお気に入りのベスト3だけをアルバムにして、こんな感じで飾り、残りの画像はデータで残すのがベターなのかもしれません。

データさえあればパソコンやスマホやタブレットでいつでも見れますし、また違うアルバムを後日作ることも出来ますしね。

お金をかけて多ページアルバムを作っても、見ることがなければ意味がありません。


どんなに大切なものでもタンスや押ししれにしまったままでは、いずれその存在すら忘れてしまうこともあります。でもいつでも身近に置いているものは、例え日に焼けたり汚れてしまったとしても愛着が湧き、手放せないものとなります。

どちらがいいかはもちろんご家族次第ですが、日に日に成長する我が子の在りし日の姿をいつも見ていれば、子供の存在の有難さを感じれるかもしれません。大きくなればなるほど子供に口うるさくなるのが親というものですが、七五三の日を思い出すことでちょっとは優しくできるかもしれませんね!

七五三前撮りにロケーション撮影という選択

019

11月は七五三の最盛期。


本日は朝からスタジオでの撮影、午後に当店初となるロケーション撮影がありました。


以前、七五三と言えば衣裳店で着物をレンタルし、美容室へ行って着付けとメイク、その後写真館に行って撮影。その後ようやくお宮参りという今では考えられないような過密スケジュールでした。今ではワンストップで衣裳も美容も着付け、そして撮影ができなければお客様に七五三をご利用頂けない時代です。

そして七五三の撮影はナチュラル系のスタジオが人気が主流です。チェーン店でも地域密着型のスタジオもナチュラル系一色ですから、どのフォトスタジオを選ぶべきか悩む親御さんも多いのでは!?


でも七五三といえども、お子さんにとってはもちろんですがご家族にとってもとっても大切な節目であり、記念のイベントです。他とは一味違う七五三の撮影をするならやはりロケーション撮影がおすすめです。外での撮影ということで緊張することなく自然体のご家族のままでの撮影が出来ますし、撮影場所が限られないのでご家族ならではのオリジナリティー溢れる撮影が叶います。

当店はこれまでウェディングのロケーション撮影を多数行ってきました。そこで培われた知識、経験などのノウハウを今後は七五三や成人式にアウトプットし、スタジオ内では絶対に叶えることの出来ない思い出づくりをして行きます。

スタジオ撮影にはメリットもありますがデメリットがあります。ロケーション撮影も同様ですが、ロケーションならではの魅力は計り知れません。

ウェディングも七五三も成人式もただ写真という記録を作るだけの価値より、思い出という記憶も作ることも今後我々のような業界には求められていくはずです。

外で撮影で気温・季節・空気・太陽などの自然を感じるだけでその大切な節目の一日を思い出として封じ込めることができるはず。


本日のロケ撮影はその大きな一歩目です。

019
信頼くださり、薦めるがままのロケプランをご利用くださった鈴木家ファミリにーには感謝の一言です。本当に有難く思っています。

「うちの家族らしい写真が撮影できた」という一言をいただけたことが嬉しかったです。何しろロケ撮影は「大量生産型」ではなく、「受注生産型」の商品となります。だからこそオリジナルとなるわけです。

来年は春からこの七五三ロケを開始します。桜並木をバックに七五三の前撮り・・・きっと素敵な思い出になるはずです。


鈴木様が経営されている宇都宮の高級印章専門店 鈴印のブログに今回のロケーション撮影の事を取り上げて頂きました!!!
   ⇒『七五三の記念写真ならローケーション撮影が最高!』 

abitoのウェブサイト 七五三ページ

raitenn nogi5B15D IMG_7252

七五三でわかる三歳から七歳への成長

1

一日24時間、一年365日。

時間だけは全人類平等です。よく言われることですが、歳を取れば
取るほど時間の経過が速く感じますね。

ですからお子様もあっという間に成長してるように感じます。

satou
三歳の七五三でご来店してくれたRちゃん。

この頃はまだあどけなく、ちょっと引っ込み思案な女の子でした

IMG_4329

4年の月日が過ぎ、七歳の七五三ではもうすっかりお姉さん
引っ込み思案はどこへやら・・・とっても活発で元気な女の子と
なっていました

それにポージングが素晴らしすぎ

12

七歳にしてこの可愛らしさ・・・大人になったらどんな女性になるのか
今からとっても楽しみです


次は成人式まで着物を着る機会はありませんが、十数年後にまた元気で
会えることを楽しみにしています


成人式もabitoでお願いね。首を長~~~くして待ってるからね 

七五三シーズン突入


お子様の七五三の準備は始めていますか?



abitoでは創業以来、何千組と言う七五三のお客様のお手伝いをさせて頂いてきました。そして今年もたくさんのご家族に出会える事を楽しみにしています♪


近年、七五三は「前撮り」「写真撮影」がメインと考えられています。この事に対して、当店としましてはちょっと寂しい想いを感じずにはいられません。やはり秋にご家族全員で、神社へお参りして頂きたいと願っています。

こういったことを考え、今年よりabitoの七五三プランが新しく致しました。

   abitoの七五三プラン一覧

前撮りプランには秋の神社へのお宮参りの時の衣装レンタルが無料となっています。確かに七五三の写真は大切な思い出ですが、ある意味「記録」でしかありません。やはりご家族と共に七五三の衣装を着て、歩いたり、車に乗ったり、ご祈祷して頂いたりする事こそが「記憶」という思い出になるのではないでしょうか?


現在、abito1Fに七五三のご相談、並びに衣装ご試着の特別スペースを設置しています。入り口にはのぼりが立っているので、こちらを目印にご来店くださいね。

753


これならお客様に気付いていただけますし、入店しやすいですよね。


でも外だけではありませんよ~



フロア内も大切です。つまりはディスプレイですね


__


ご来店の折には時間の許す限り衣装のご試着をしてください。もちろんご成約前でも全然OKですからね!


abitoの七五三撮影はスタジオだけでなく、外に出てのロケーション撮影も行っており大変ご好評頂いております。宇都宮の中央公園、世界遺産の街日光、その他様々なロケ地をご用意しています。

007
日光田母沢御用邸での一枚

愛するお子様にどんな七五三の思い出を残してあげたいですか?

まずはそこからは始めてみませんか?


raitenn nogi5B15D IMG_7252









      ◆          ◆           ◆          ◆

七五三の衣裳レンタルはWedding dress abito へ!!!
 



フォトウェディングをお考えならabitoへGO!
  フォトウェディングサイト

☆スタジオフォト
☆ロケーションフォト
☆和装フォト
☆ドレスショップならではの衣裳の豊富さ
☆おすすめロケ地ございます


成人式の振袖・卒業袴・七五三の衣裳もabitoで

☆各種パックプランご用意(スタジオ完備)
☆ドレスショップならではのプロデュース


にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダル(業者)へ
にほんブログ村