レンタルモーニング

やっぱり試着はとても大切ではないでしょうか?

最近は9月以降の結婚式に向けた、留袖やモーニングのレンタルのお客様がたくさんご来店されています。

いわゆる「ご両親衣裳」のレンタルには大きく分けて3つの方法が有ると思います。
一つは結婚式場で手配する(直営、提携の衣裳店)
二つ目は当店のような貸衣裳店を利用する
三つ目はネットレンタルを利用する

どれを選ばれるかはお客様次第ではありますが、貸衣装の利用に当たって、改めて大切だと感じるのが「試着」です。言い方を変えればサイズ合わせとも言えます。当店の場合は留袖もモーニングもご試着いただき、ご納得頂いてからのご契約となります。

つい最近のことですが、あるお父様がモーニングの試着の為にご来店くださいました。
ぱっと見は細いけど、筋肉質のご体型。長年の経験からAB3(身長で160cm前後、ウェストで80センチ前後)で問題ないと判断し、ご試着頂きました。パンツとベストはバッチリのサイズ、しかしジャケットは袖がかなり短くて問題外でした。
※ちなみにモーニングのサイズはY→A→AB→B→Eという横幅のサイズと2~9という長さのサイズがあります。

そこでジャケットのサイズをひとつ長いAB4にしてみたところ×。さらに上のAB5も×、AB6は袖の長さはピッタリでしたが身幅が大きすぎてガバガバでとてもお勧めできませんでした。そこで長さは6のままで、横幅を一つ下げA6というサイズで合わせたところ、これが一番でした。

これまでも上下のサイズが違うことはしょっちゅうありましたが、パンツとベストがAB3でジャケットだけがA6というかなりのイレギュラーな組合せは初めてでした。見た目はAB3なのにジャケットだけがA6になった理由の一つは「手の長さ」、それに加え肩から上腕二頭筋がめちゃくちゃ発達されていて、その太さで長さを取られてしまったことが原因でした。

もしお体のサイズだけで当日モーニングを用意したら、あまりにも身体に合っていなくて開始前に慌ててしまったことでしょう。やはり事前のご試着は大切なことだと思います。

冒頭のネットレンタルでは試着は出来ませんし、式場の場合も試着できずに当日を迎えることも有るようです。今回の場合は特殊な例ではありますが、「腕が長い」「胸囲がすごい」「足が長い」「お腹の出具合がびっくりレベル」など数字では表れないものがあります。

ご家族にとっても誠に大切な一日である結婚式。
事前に試着することで、当日を安心して向かえることが出来ます。これはモーニングに限った事ではなく、留袖にも言えることです。

やはり手の長い方は想像以上に多いですし、どんなに素敵な柄の留袖でもきちんと試着しないと本当の雰囲気はわからないものです。ネットレンタルは安くて便利かもしれませんが、そこにはなかなか気付く事の出来ないリスクもあることも事実です。

繰り返しになりますが、どこで衣裳をレンタルするかはご本人次第。
お父様として、お母様として結婚式に臨む機会はほんの数回しか有りません。もちろん安く、簡単に、勧められるがままに衣裳を決めるのもいいですが、やはり手間を掛けただけの「安心」があることも知っておいて頂きたいと思っております。

想像以上に、本当に試着は大切ですし欠かせません。
私なら絶対に試着しますし、当日に慌てるような思いは絶対にしたくないです。

サマーウェディングには夏用のモーニングはいかがでしょう

年々夏が暑くなってきていますね。

猛暑、酷暑なんて言葉は昔はなかったものですが、最近では毎年のように使われています。5月でさえ夏日になる日がありますし、特に令和4年の夏は例年より気温が高くなると言われています。

そんなことも踏まえ、今年は例年より早く『夏用モーニング』を展示しました。もういつでもご見学、ご試着頂けます。

通年用モーニングと夏用モーニングに違いについては過去ブログ【夏の結婚式 お父様は夏用のモーニングで涼しく、快適に!】でご説明しています。

基本的には7月~9月の結婚式でご着用いただく事が多いのですが、コロナ渦ということで結婚式場も換気のためにドアなどを開放していることも予想さ

れますので、6月や10月上旬でも暑がりのお父様はご検討してみてはいかがでしょう。

abitoでは通年用のモーニングは100着以上取り揃えており、サイズも豊富ですが夏用は20着と少なめですので、サイズによってはご案内できない場合もございます。その点は予めご了承い下さいますようお願い致します。

また夏用衣裳はモーニングの他、【留袖】【付下げ】【色無地】【喪服】【男性礼服】【産着】などもご用意もございます。夏のイベントで貸衣装をご検討の方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

新型コロナによる結婚式延期へのご対応について

コロナ渦ももうすぐ二年の月日が経とうとしています。

令和4年2月においては第六波の最中で、2月・3月に予定されていた結婚式の延期も増えてまいりました。当店でも多くのお客様に留袖やモーニングをご契約頂いておりましたが、式の延期のご連絡があります。

当店としましては、これまで通り日程の延期につきましては追加費用をいただくことなくご対応させて頂いております。

流れとしましては日程の延期がお決まり次第、早急にその旨をお伝えして頂き、新たな日程が決まりましたら改めてご連絡くだされば日程変更処理を行います。これに伴う費用(延期料等)は一切不要ですのでご安心下さい。


通常であれば、この2月の時期は春から初夏にかけての結婚式にまつわる「留袖」「モーニング」のお客様が多くご来店されますが、やはり日程延期という可能性があることもあり、例年に比べるとご来店は少なめです。当然のことですが、延期に伴う追加費用を懸念してのことだと思われます。
前述の通り当店ではそういった心配は一切不要ですので、延期の可能性を心配することなくご来店頂きたいと思います。

本日も3月下旬にご着用予定であったお客様からお電話をいただき、「当初の予定日が延期となり、今後の日程はまだ確定していません」とのことでした。こちらからは「新たな日程が決まり次第、ご連絡下さい」とだけお伝えしました。本当にさらっと延期対応いたします。


おそらく今回の第六波が収束し始めると同時に、一気に留袖やモーニングのお客様からのお電話やご来店が急増すると予想されます。当店は完全予約制ですので、あまりに混み合ってもご要望通りにご対応できない場合もございます。
そう言った意味では今時期はご予約が取り易いといえますので、延期を気にすることなくご来店いただけたらと思います。
 

留袖とモーニングのお問い合わせが急増中です

7月に入って例年にないほど留袖とモーニングのお問い合わせ、並びにご来店が増えています。

この時期であれば10月や11月の結婚式に向けての留袖とモーニングのお客様が多いのですが、実際には8月、そして特に9月の結婚式に向けてが殆どです。自己分析ながら、恐らく結婚式の延期の可能性が低くなり、ある意味「駆け込み的」な感じでのお問い合わせとご来店ではないかと思っています。

昔に比べ、8月・9月の結婚式は増えたとはいえ、10月や11月に比べると少ないものです。
あくまでも予測ですが、一か月後はその10月や11月のお客様のお問い合わせが増えてくると思われます。ただ現在はコロナ禍ということもあり、当店は完全予約制となっておりますのでご案内できる数にも限界があります。
ご希望通りのご予約をお入れすることができない場合も予想されますが、予めご理解いただけると幸いです。
どうしても土日のご予約が多いので、可能であれば平日のご予約のほうがおすすめです。

余談になりますが、宇都宮の貸衣装店がこの2~3年で閉店や撤退が相次ぎ、いざ留袖やモーニングのレンタルをお探しになると選択肢が限られてしまい、結果的に当店へ・・・という可能性も否定できないと感じています。
可能な限りご対応させていただくつもりではありますが、正直ここまでご要望があるとは想定しておりませんでしたので少々困惑しているのも事実です。8月以降はロケーションフォト、七五三、成人式、卒業式のお客様も増えてくる時期ですので、ご試着やご来店はお早めにされることを心よりお勧めいたします。

ちなみにですが、当店では例え結婚式が延期になったとしても追加費用は一切頂かずにご対応しておりますので、早めに衣装のご予約をお入れいただいても安心です。

何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

留袖とモーニングのレンタルに含まれる付属品

結婚式でご両親がお召しになる留袖とモーニングはレンタルされる方が殆んどだと思います。

ただレンタルされる機会って人生においてはそんなに多くはないので、レンタルの中には何が含まれ、何をご自分たちでご用意すべきなのかってわからないですよね。留袖レンタル、モーニングレンタルに含まれる付属品はお店によって様々です。

当店ではこのようになっています。
モ・留
お店によっては当店では含まれるモーニングのネクタイが買い取りだったり、留袖に含まれる草履やバッグはオプションだったりもします。いずれにしてもレンタルのご成約前に確認しておけば安心ですね。

ちなみに留袖においてご用意して頂くフェイスタオルはお着付け時の補正用となります。お着付けをお願いしているところによっては本数が違ったり、バスタオルだったりすることもありますので、こちら関しても事前にご確認しておく事をおすすめ致します。

一般の方々にとって貸衣装はわからないことだらけだと思います。
当店としましては安心してご利用頂くためにも、今後もこのような情報を発信していきたいと思っています。

 

留袖、及びモーニングご利用の延期とキャンセルについて

結婚式でご両親がご着用される「留袖」、「モーニング」のレンタルについてご案内いたします。

このコロナ渦において結婚式を延期、またはキャンセルされることも少なくありません。この場合、必然とレンタル成約頂いた留袖もモーニングも結婚式に合わせて延期、キャンセルとなります。その際の当店のご対応は以下の通りとなります。

「ご使用の延期」
この場合、延期料なる費用は一切ございませんのでご安心下さい。
何度でも・・・というのも憚れますが基本的には延期のたびにご対応いたしております。


「ご使用のキャンセル」
こちらの場合はキャンセル料が発生致します。
ご成約からの経過日数、またはご使用日から数えた日数によってキャンセル料も変わってきます。



コロナ渦も一年以上続き、結婚式や衣裳のレンタルに関しては多くの方が大変慎重になられていることと思います。
そのためか、留袖やモーニングのレンタルをご希望される方は結婚式当日まで日数が少ない、かなりギリギリになってからのご来店が増えております。「キャンセル」はともかく、「延期料」を心配してのことと思いますが、前述の通りに当店では延期に限っては一切その他費用をいただいておりません。

「結婚式の延期はあるかも知れないけれど、中止は考えてない」
こういうお考えの場合は延期料の心配は一切せずに安心してご都合の宜しい時にご来店いただき、留袖やモーニングのご見学とご試着をなさって下さい。3回延期された方もいらっしゃいますが、その度にご対応いたしております。

また宇都宮ではここ2~3年で貸衣裳店が殆んどなくなり、その分当店へお越しくださる方も増えている状況です。
あまりにも使用日まで時間がない場合はご対応できない事もございます。ご心配な方はまずはお電話などでご相談下さいませ。

叙勲と言えばモーニング

長年の功績を認められ、お陰様で叙勲の名誉をいただきました。

IMG_0111IMG_0110

嘘です(笑)

こちらは長年お付き合いのある方がめでたく叙勲となり、いただいた「旭日小綬章」でした。なかなかお目にかかることのできない名誉あるものなので、お願いして写真を撮らせて頂きました。

叙勲となると通常は皇居で行われるのですが、コロナ渦の今は県庁で行われるようです。
さて、叙勲の時は何を着用したらいいのでしょう?実際は関係省庁から衣裳についてもお知らせが来るので迷うことはありませんが、「礼服、もしくは略礼装で」と記載されているそうです。

略礼装とはいわゆる黒の礼服ですね。
結婚式やお葬式で着用するブラックスーツといえばお分かりになると思います。そして礼服はこの場合はモーニングをさしていると思われます。

IMG_2168
こちらがモーニング(正式にはモーニングコート)。

実際、男性の方は殆んどモーニングだったそうです。
ただ叙勲の場合、頂いた勲章を左胸に付けての記念撮影があるので、胸ポケット下に黒糸で装着できるようにしておくように指示があります。忘れないようにしないといけませんね。

今回叙勲された方も当店でモーニングをご利用下さいました。
当店としてはこれまでも何十回と叙勲の為のモーニングをお貸し出ししているので、装着部分に関しても慣れたものです。今回も「助かったよ!」と言ってもらえました!

私は叙勲とは一生縁のない人間ですが、身近な方がいただくと我がことのように嬉しく感じます。
長年の功績があってこそのことですので、尊敬に値する価値がありますよね。当店としましては今後も叙勲の名誉をモーニングというレンタル衣裳でお手伝いしていければと思っています。

ちなみに・・・
賞状も見せて頂いたのですが、大変大きく、そして真ん中には天皇陛下の玉印があり、菊の御紋の透かしが入っていてそれはそれは重厚感がありました。紗新を撮り忘れたのが残念で仕方ありません。

名誉ある叙勲の折には、ぜひモーニングでご出席を!その際はabitoをご利用下さい。

結婚式の留袖とモーニングをどこで手配するかによって変わるメリットとデメリット

結婚式において新郎、または新婦のご両親がご着用される衣裳はお母様が「留袖」、お父様が「モーニング」となります。
※絶対ではありません。

留袖新作 001
チャペル挙式に雰囲気がピッタリの留袖もあります。(Lサイズ、夏物もご用意)

IMG_2168
当店ではモーニングのサイズも豊富に取り揃えています(夏物有り)

留袖、モーニング共にどこで手配するかはお客様次第。

選択肢として以下のようなものがあります。

■結婚式場で手配
■貸衣裳店で手配
■ネットレンタル

また留袖の場合、ご自分のものをご着用される場合も最近では増えています。

3つの選択肢を挙げましたが、一概に「これがベスト!」とは言えず、それぞれメリット・デメリットがあります。一つずつ解説していきましょう。

結婚式場で手配の場合

こちらの最大のメリットは当日に衣裳が用意されており、そのまま脱いで帰ることも出来、移動がないのでとても楽々であること。
その反面、比較的レンタル価格が割高と言うデメリットも。
さらには実際に試着することなく、カタログや写真で衣裳を選ぶことも少なくないようです。実際に着てみたら留袖が「想像と違う・・・」ということや、モーニングにおいては「裾が短い」「キツイ」など、サイズ的な問題が当日に発生する場合もあります。
オプションもかなりあると聞きますしね。

貸衣裳店で手配の場合

結婚式場と同クラスの衣裳の場合、よりお手頃なレンタル価格でご利用いただけるのがメリットです。またオプションも少なく、着付け小物なども殆ど含まれた価格となっているので、トータル的にはかなり費用が少なくて済みます。
また留袖、モーニング共に実際に試着することもでき、安心して結婚式当日にご着用することも嬉しいですね。
デメリットとしてはレンタルした衣裳を貸衣裳店⇒結婚式場⇒貸衣裳店へ返却とご自分でしなくてはならないので、面倒といえば面倒です。

ネットレンタルの場合

こちらに関してはおわかりのようにかなりお手頃な価格で利用できるのが一番のメリットです。
ただやはり試着はできませんし、衣裳の移動及び返却の面倒さもあります。またレンタル費用は安いですが、それ相応のクオリティーの衣裳だという話しを耳にすることもあります。

最後に

当店は貸衣裳店ですからちょっとひいき目な比較となってしまいましたが、最初に申し上げた通り「どの選択肢にするかはご自分次第」だと思います。
結婚式が遠方の場合は移動が大変ですし、近ければご自分でされた方が費用の節約となります。
ただお子様の大切な結婚式であり、ご両親も準主役としてのお役目があったりするので不安を抱えることなく、安心してその日をお迎えしたいのではないでしょうか?
その不安、安心が「費用」なのか、「衣裳の移動」なのか、はたまた「衣裳の品質」なのかはそれぞれだと思います。

当店の場合、式場が遠方の場合は郵送の手配をしておりますし、実際にご試着して衣裳をお決め頂けます。最近、お客様からいただくお話しで多いのは「どうせ同じレンタル価格なら、より良い衣裳のほうを選んだ方がお得」ということ。
全てはコストにあったパフォーマンスを得られるかどうかに尽きるんですよね。

さて皆さんはどんな選択肢をお選びになるのでしょう?
結果はともかく、当店としましてはいつでもご相談に乗りますし、ご試着にもご対応しております。まずは貸衣裳店を第一候補に挙げ、それからお選びになっても遅くないはずです。

どうぞお気軽にお声かけ下さい。

 

 

イレギュラーサイズの留袖やモーニングをお探しの方へ

結婚式のおいて新郎新婦のご両親がご着用される衣装といえば、お母様は「留袖」、お父様は「モーニング」が一般的です。


当店Wedding Dress abitoにももちろん留袖、モーニング共に豊富に取り揃えております。
留袖においては通期用と夏用があり、サイズはMとLをご用意しておりますし、モーニングでは身長160cm~180cmまでと豊富なサイズをご用意しています。


しかしながら当店が取り揃えている使用ではご対応出来ないお客様もいらっしゃいます。
敢えて言わせていただければ「イレギュラーサイズ」ですかね。イレギュラーサイズというと「太っているサイズ」とイメージしがちですが、この中には「小さいサイズ」「高身長サイズ」も含まれます。

貸衣裳店としてはなかなか取り扱うことの出来ないサイズなんです。
やはり需要が少ないので仕入れることもありませんから、イレギュラーサイズの方々は貸衣装を探すことが本当にご苦労されると思います。どこに問い合わせても「ありません」「申し訳ございません・・・」が続くので、そのうち「とにかく着れる物があれば何でもいい」とさえ思ってしまうことも少なくありません。


でもご安心下さい。
当店が取引しているメーカさんではそんな方々にもご対応できるイレギュラーサイズの留袖、及びモーニングを取り扱っているのでほぼほぼどんなサイズの方でもご利用いただけることと思います。

まず留袖ですが、前述の通り、当店ではMとLの2サイズ展開ですが、メーカーさんではSから4Lまでのサイズが揃っています。
Sサイズの目安は身長150センチ~155センチでお洋服で言えば~7号、そして4Lサイズの目安は身長~165センチでお洋服サイズであれば31号の方まで対応可能です。
その他、175センチの高身長用の留袖も揃っているんです。

そしてモーニングに関して言えば身長150センチ~195センチ、ウエストサイズ68センチ~138センチまで対応可能となっています。


さて、メーカー発行のカタログから柄やサイズを確認してのレンタルシステムは当店では「カタログレンタルプラン」と呼んでおり、これまではドレスやタキシードを中心にご利用いただいてきました。
やはりデザインやサイズが豊富であることが一番の売りではありますが、メーカー所有の衣裳だからこその安心感も大きな人気の理由でもあります。これまで当店は衣裳に関して何より大切なのは「サイズ感」であると言い続けています。

どんなに素敵なドレスやタキシードも着れなければ全く意味がないですし、ご自分のサイズに合っていないと本来の美しさやかっこよさが台無しになってしまいます。ピッタリのサイズの衣裳を着ることは、周りの方々に対してのおもてなしのひとつでもあると考えております。


新郎新婦のご両親も結婚式では準主役です。
ゲストの方々に見られる存在ですので、やはりサイズの合った留袖・モーニングで臨みたいものです。もし衣裳のサイズのことでお悩みのようでしたら、是非当店にご相談下さい。

当店がおすすめしているカタログレンタルプランをご検討してみてはいかがでしょうか?
ご利用はとっても簡単です。
①衣裳カタログでご自分のサイズに合った衣裳を選ぶ
②ご指定のスケジュールでご試着
③お気に召したら衣裳の予約
④結婚式前々日までに当店に衣裳が届きまずのでご来店ください
⑤返却は当店でOK

つまりお客様は選んで決めるだけです。
面倒なことは全て当店が手配しますのでとっても安心です。しかも簡単!!!


当店にも秋の結婚式に向け、ご両親の衣裳レンタルのお客様が増えています。
イレギュラーサイズの方の場合はやはり少し早めに準備に取りかかった方が賢明ではないでしょうか?メーカーとはいえ、イレギュラーサイズの在庫はそう多くはありませんので、予約が埋まってしまう場合もありますからね。

準備するならこの夏ですね!
どうぞお早めの準備をされることを心よりおすすめ致します。気軽にご相談下さい。

2019秋婚の留袖準備始まっていますよ!

昨年の今頃はかなり猛暑。

人間、暑すぎると何もしたくなるものです。当店にご来店される方もかなり少なく、昨年の夏はかなり心配していたものです。


一方、今年は冷夏になるとの予想が出ていますが、やはり昨年に比べ明らかに過ごしやすい7月になっていますね。

だからでしょうか、もうすでに2019年秋婚、つまり今年の秋にお子様の結婚式を控えているお母様、並びにお父様の衣裳である「留袖」「モーニング」のレンタル希望でのご来店が急増中です。

やっぱり涼しいと動きやすく、早めの準備にもとりかかりやすいんでしょうね。


また秋に控えている「消費税増税」も早めの準備を促進させている要因かもしれません。

消費税増税は10月1日から始まりますが、当店においては10月1日以降のレンタルでも9月30日までにお支払いして頂ければ、消費税は現行の8%となります。

例えばレンタル料金30,000円の留袖、そして17,000円のモーニングの場合。
合計金額は47,000円となり、9月30日までのお支払いであれば消費税(8%)を加え、50,760円となります。

10月1日以降のお支払いの場合は10%ととなりますので、51,700円となります。

その差は940円。
ぶっちゃけ、大層な差額ではありません。(ランチ一回分にはなりますね)

早めのお支払いで「得をしたい」わけではなく、遅いお支払いで「損をしたくない」という感覚の方が大きいんですよね。
消費税増税は致し方ない事ですし、国の方針に従わなければいけません。しかし10月1日以降は何をを食べたり、買ったりすれば10%となり、それがずっと続く訳です。

つまり嫌が応にも9月30日以前より負担が増える訳です。
940円は大した額ではありませんが、その後の負担を考えると940円だけでも浮かせる事は決して無駄なことではないと思います。

いずれにしても、昨年に比べ秋挙式予定の方の様々な準備は間違いなく早くなっています。

・和装前撮り
・ドレス・和装のレンタル
・留袖・モーニングのレンタル

およそ結婚式の準備をされているお客様のご来店が増えている事、昨年より動きが速くなっているのは確かです。少なくとも当店においては・・・。

梅雨明け後は夏らしい暑さが戻ってきますし、日によっては昨年のような暑い日となることもあるでしょう。
「暑すぎてどこにも行きたくない」
「何もしたくない」
「暑さが落ち着いたら・・・」

こう思う前、この涼しい7月のうちにいろいろな準備をしておくと安心ですし、後が楽です。今からしっかり準備をして、暑い夏を思いっきり楽しめるようにしておいてはいかがでしょうか?

みなさまのご来店をお待ちしております!