2017年 9月 の投稿一覧

Amazonに屈しました

現在小売業界にとって脅威は競合店ではなく、Amazonです。


当店のような貸衣装業においては脅威ではないと思われがちですが、ドレスや振袖などを格安(クオリティーはともかく)でAmazonで入手できるので、この業界にとっても脅威ではあります。ただ小売業ほどではありません。



そんなこともあり、出来るだけAmazonでは買い物をしないようにしてきました。「憎い」とか「敵!」とか思っているわけではなく、どうせ買うなら多少高くても知っているところから・・・そんな想いがありました。


例えばこれ。
IMG_7601

これはプリンター用のインクです。


プリンターと言っても通常の物ではなく、大型サイズのポスターを印刷する為のもの。ちなみにそのプリンターは12色刷りですので、超絶綺麗な仕上がりとなる訳ですがその分経費もかかります。これまでCanonさんにお願いしてきましたが、今後はAmazonでの購入しようと決めました。Canonさんには大変お世話になってきたので、出来ればずっとお願いしたかったのですが、和装前撮りが多くなり、A1ポスターを作ることが多くなりそれと同時にインクの消費量が激増しているので「経費削減」のために泣く泣くAmazonさんに移行します。


ちなみにこのインク、Canonさんで購入すると6400円(配達してくれます)ですが、Amazonだと3800円・・・・その差額2600円。この2600円はとても大きいです。年間に何個も購入するので、年単位で考えると選択肢は自ずと決まってしまいます。


多少でもクオリティーに差があるのならともかく、同じものですからね。背に腹は変えられません!



自宅のPCやスマホで商品が確認でき、人と関わることなく購入でき、価格が安く、すぐ届く・・・しかも24時間いつでも営業中♡


とにかく良いことだらけのAmazonですが、長期的にみたら日本経済に大きな影響を及ぼすのかもしれません。これまで物の売買は人が関わってこそという不文律があり、これは永遠に不変のことだと思われてきました。しかし変化してしまいました。小売店の不振、配送業者の問題など様々なことが実際に起こっていますが、消費者はAmazonを選びました。


「安さ」「利便性」が全てではありませんが、やはり魅力的な要素であることに変わりはありません。私たちの仕事も今後どれくらいAmazonに喰われてしまうのか不安が尽きません。だからこそこれまでAmazonでの購入を出来るだけ控えてきましたが、経費削減も大切な業務の一つです。



そしてこう思いました。


もっと早くから利用すれば良かった




今や冠婚葬祭に関わることもAmazonで手配できるようになっています。ニュースでも取り上げられていましたが、まさかの「お坊さんの手配」ですらできるわけですからね。今後は結婚式なんかも売り出すかもしれません。そうなると我々の業界にとっては真の脅威になってきます。正直怖いですw


しかし実店舗だからこそできることがあります。同じものを買うならどうせなら安くと思うのはもっともなのでどうしようもありませんが、形のないもの(サービスや丁寧な説明、アドバイス、その後のアフターフォローなど)までは含まれていませんからね。やはり実店舗としてはAmazonには出来ない事をやっていかないと飲み込まれてしまいます。


インクはこれからAmazonで購入することになりそうですが、それはそれ。これまで以上にAmazonを意識し、新しい展開を進めていかねばと思いました。



しかしこんなに安くなっているとは正直びっくりでした。でも調べて良かった♡


 

和装前撮りで使える「打掛2着目無料チケット」を作成!

無料チケット

先日のブログ 『和装前撮りで利用できる【打掛2着目無料チケット】を配布』 告知した配布日が近づいてきました。


チケットを配布するのは今週末の9月1日と10月1日。そうです、明後日に始まるのですが木曜の今日まで全くチケット作成に手を出せずに来てしまいました。言い訳となってしまいますが、毎日のように和装前撮りがあり、時間が作ることが出来なかったんです。



しかしもうそうも言っていられないので、やっと本日作成いたしました。

IMG_7600

「時間かかっちゃうw」と思っていましたが、わずか10分ほどで完了。こんなことならもっと前に作っておけば良かったです。


チケットを作るに当たり、「何枚くらい作っておけばいいのか?」という疑問に直面!

「100枚?」・・・いやいやそんなに来ないでしょ!
「50枚?」  ・・・自信持ちすぎ♡
「20枚?」  ・・・妥当♡



そんな訳で20枚ほどチケットを作成しました。正直、「20枚全て配布できたら御の字」と思っているのですが、もし・・・万が一・・・足りなくなったらご迷惑をお掛けしてしまいますからね。備えあれば憂いなしです。


ま、足りなくなったらすぐに印刷できるのでご安心下さい。



今回の「チケット配布」、しかも店頭のみでの配布という試みは初めてのこと。


ぶっちゃけ、一枚も配布することがないなんてことも想定しています。通常、こういった無料券みたいなものはウェブサイトからダウンロードもできるようにするものです。しかしわざわざ「店頭のみでの配布」にしたのには当然理由があり、思惑もあります。もし全く皆様からの反応がなければ何かしらの原因があるはずです。


とは言え、何でもやってみないとわからないものです。ま、チャレンジですね!


とにかくこの「打掛2着目無料チケット」は金額にして32,400円分の価値があります。せっかく和装前撮りするなら色打掛でも白無垢でも和装姿を残したいものですよね?


和装前撮りをご検討中の方はまずはこのチケットをゲットし、「2着目無料」の権利を手にしてみてはいかがでしょう?チケットは必ずしも利用されなくてもOKですし、不要なら破棄してください(他の人への譲渡としてのご利用はNG)。


繰り返しになりますが、このチケットの配布は9月30日と10月1日の二日間限定です。

配布に際しては特別なご予約も不要ですし、お名前(苗字のみ)だけお聞かせくださるだけでOKですので、後追いの営業などは一切行ないませんのでご安心下さい。チケットをゲットしたら使うか使わないかはお客様次第ですので、気軽にお越し下さいませ!

 

 

 

フォトウェディングから始める結婚式準備

先日こんなブログを書きました。

「プロポーズされた!まずはフォトウェディングがいいかも」

 


内容を簡単に要約すると・・・


結婚式をするかしないかで迷っているなら、まずはフォトウェディングから始めることがおすすめ。フォトウェディングをやってみて、テンションが上がればそのまま結婚式を模索することができるし、それだけで十分と思うなら写真が残るのでそれはそれでOKじゃないでしょうか?
結婚式をしようとなれば、我々のような専門業者が衣装はもちろん、結婚式場選びのご相談にも乗れますし、最後までバックアップするので安心して準備を進めることができます。


こんな内容です。



平成29年の現在、様々な面で「安心」が求められています。特に食に関してはいろいろな事件があり、今まで無意識のうちに安心しきっていたものに対して不安を覚えるようになりましたよね。命に関わることですからおざなりには出来ません。


結婚式に関しても同じだと思うんです。

どなたにとっても結婚式は初めてのことであり、費用も巨額ですから不安を感じて当たり前です。もちろん結婚式場のプランナーさんは大変頼りになるアドバイザーではありますが、もう一つ拠り所があればもっと安心ですよね。病院で言えば「セカンドオピニオン」を得られる場所とも言えます。当店はレンタル衣装、和装前撮り・フォトウェディングなどがメインの事業ですが、今後は結婚式を挙げようと思っている方々の拠り所となる存在でもありたいと考えています。


式場選びやその他ご相談にのれる店に変化していきます。



そして昨日。

そんな第一号のお客様の和装ロケーションフォトがありました。IMG_7598栃木市にある岡田記念館で撮影でした。


そもそもこちらのお二人は結婚式はおろか、フォトウェディングすら当初はお考えではありませんでした。しかし「ま、写真だけでも」とお考えになり、当店にご来店くださったのですが、「やっぱり食事会だけはしようと思うので、どこか紹介してください」と一歩踏み込まれました。そして撮影当日の昨日、新婦様がお支度中に新郎様から新たなご相談が・・・・。


「食事会の前に神社挙式をしたいので、相談にのってください」


最終的には【和装ロケーションフォト】+【神社挙式】+【食事会】となりそうです。最初は入籍だけのつもりが、フォトウェディングを決めたことで次々と広がって行きました。当店としては「食事会会場のご紹介とそれにまつわるご相談とドレスとタキシードのレンタル」「神社挙式の手配、婚礼和装のレンタル及び、お着付け」をお手伝いすることになります。


これは私たちが目指している今後のabitoの形であり、お二人はその第一号となります。


お客様それぞれ、希望する結婚の形は違います。

既存の枠に当てはめることなく、お二人がイニシアティブ(主導権)を握っての結婚式準備をお手伝いすることが安心に繋がると考えます。こちらが余り口を出すことなく、あくまでもお二人がもつ疑問や不安にお応えし、サポートすることが我々の理想のカタチです。こちらがイニシアティブを持つという事は、既存のプロデュース会社となんら変わりがありませんからね。


人生に不安はつきものです。

だからこそ人と繋がり、支え合って生きて行きます。そして人生にはいろんな場面があり、その場面場面で支えてもらうことを求めているはずです。病気になればお医者さん、学問なら塾や先生が頼りになります。「結婚式」ならabitoと思ってもらえるような存在に憧れています。


そして昨日、憧れが「現実」となりました。今後は更に実績を積み重ね、もっともっと安心を与えうる会社へと進んで行きたいです。

ご姉妹で和装前撮りをご利用頂きました

清々しい秋晴れの一日となった本日、当店では和装ロケーションフォトがありました。


今回のロケ地は鹿沼市にある掬翠園で、秋に結婚式を控えたカップル様、そしてお二人の赤ちゃん(とっても良い子でずっとニコニコしてました♡)、そして新婦様の妹様の合計4名。



実はこの妹様がおよそ一年前にやはり和装ロケーションフォトで当店をご利用下さったんです。つまりabito史上初の「姉妹でのご利用」となりました。お友達をご紹介してくださることは結構多いのですが、姉妹をご紹介して下さるの初のこと。



メッチャ嬉しいです!



妹様もお忙しい中にもかかわらずご一緒してくださったので、お姉さまも安心して撮影に望めたことと思います。我々スタッフとしても一年ぶりにお会いできたのが嬉しかったですし、懐かしさも感じました。



ちなみに撮影させて頂いた画像の掲載をご快諾頂いたので、仕上がり次第にご紹介する予定です。掲載はまだ未定ですが、ぜひご覧下さいね!




でもあれですね、こう言う仕事をしているとお客様からのご紹介は本当にありがたく感じます。もちろん必ずしも「ご成約」に至る訳でありませんが、成約率は格段に上がります。なにより、ご紹介されたお客様とのファーストコンタクトにおいては、通常よりその距離感がぐっと近く感じます。お客様との距離を縮めるのは接客業においては何より大切なことですし、それが出来なければ信頼関係も生まれません。


つまりご紹介とは一番大切なことをご紹介くださったお客様からプレゼントして頂いているようなものです。そしてそれは当店にとっては何よりの贈り物だと考えています。




さて、がらっと話しは変わりますが、9月より開始した「お客様からメッセージをいただく」という企画は現在も進行中です。本日のお客様にも一言お書き頂いたのでご紹介しちゃいます。しかもご姉妹お二人にお書き頂きました。

IMG_7595


和装前撮り、そしてフォトウェディングにおいてお客様に喜んで頂く写真をご提供するのは当然のことです。なにしろその道のプロが携り、お代金を頂いている訳ですから。でもそれだけじゃダメなんです。それだけならabitoでなくてもいいですし、当店をお選びしてくださる理由にはなりませんからね。


でもこれからの時代、いえもう既にそれが何なのかをつき詰めて、追い求めていかないとお客様に振り向いてもらえないと考えています。


今回は「初のご姉妹での和装前撮りのご利用」でしたが、この先も次々と「初」が続くことが一つの答えなのかもしれません。本当にお客様には教わることばかりです。「お客様を見る」ことが如何に大切か身に染みた一日でした。



ご姉妹でのご利用本当にありがとうございました!

黒引き振袖の人気がじわじわキテます

_MG_0206

結婚式と言えばウェディングドレス!



かつてはそんな時代もありましたが、現在では花嫁和装だけにフォーカスされる花嫁様も増えています。ドレスにはドレスの魅力があるように、和装には和装の魅力があります。どちらも選ぶ方もいれば、いずれかに決める方もいます。つまりはお二人次第ってことですね。




さて人気が上昇中の花嫁和装ですが、皆さんがすぐに思いつく衣装と言えばやっぱり色打掛ですよね。

ss001

更に言えば「赤」がイメージどおりのものと思われます。色打掛はとても華やかでゴージャスでありながら畏まっていないので、人気があります。かわいい和装姿にもなれますしね。


しかし婚礼和装は色打掛の他に、「白無垢」そして「黒引き振袖」などもありますが、皆さんにとっての位置づけはこうではないでしょうか?


    色打掛>白無垢>黒引き振り袖


この不等式は時代によって変化します。現在は上記のようになっていますが、そろそろ変化する頃あいかもしれません。さてさて、どのように変化するのか当店ならでは見解を述べたいと思います。

 

次は色打掛>黒引き振袖>白無垢になるかもしれません


やはり色打掛の人気は絶大で、結婚式のお色直し衣装として、また前撮りの衣装としても磐石の地位にあると言えます。白無垢も大変魅力ある衣装なのですが、「結婚式で白いウェディングドレスを着用すること」、そして「白無垢は式服としてのイメージが強い」ということから一着目としては選ばれる傾向にありません。もちろん神社挙式をされる方にはおすすめする衣装ですけどね。


そして当店においての実際の傾向として、黒引き振袖をお選びする方が増えています。
002

この「凛」とした雰囲気は黒引き振袖ならではのもの。

色打掛=華やかさ 、白無垢=清らかさとするならば黒引き振袖は「かっこよさ」と言えるかもしれません。ちなみに日本の和装全般において、「黒」という色は大変格式があるものです。男性の黒紋付、既婚女性の留袖、黒の喪服は日本和装の中で最上礼装であることが証拠です(五つ紋があってこそですけどね)。

 

 

色打掛と白無垢の決定的な違いとは?

画像で比較してみると一目瞭然です!
ロケ撮 田崎様 001 st15

一番の違いは帯が見えているかいないかです。ご覧に用に右の黒引き振袖は綺麗に飾り結びした帯が目立ちますが、右の打掛には帯は見えてはいません。実は打掛でも帯は結ぶのですが、打掛の一枚下の着物である掛下に結ぶものなので、外見からは見る事が出来ません。



やっぱり帯が見えると若干カジュアルさを感じますよね。成人式の振袖や七五三の衣装と同じ方式なので、可愛らしさも感じます。色打掛のような豪華さ、白無垢のような畏まりさとは違う雰囲気を婚礼和装にお求めの花嫁様には黒引き振袖がおすすめです!!!

 

黒ではない引き振袖も素敵!


0069

ライトグレーの引き振袖

IMG_7472

鮮やかな黄色の引き振袖

その他様々な色の引き振袖もあります。

 

 

 

 

 

まとめ

結婚式では時間の関係で和装を諦めざるを得ない花嫁は少なくありません。でも以前はドレスと和装を着るって当たり前のことであり、それに対応することこそ一生に一度の節目に携る者としての務めのはずです。まずは諦めないで、結婚式場にご相談してみてはいかがでしょうか?

今日は当店の最近の傾向に基づき、「黒引き振袖」をお勧めして参りましたが婚礼和装を取り扱っている当店としましては少しでも多くのカップル様に結婚式はもちろん、前撮りでも着用して頂きたいと願っています。それだけの価値があり、魅力のある衣装と心から思っているからです。そして結婚という機会でしか着ることの出来ない衣装であるからです。

    『しない後悔よりする後悔』

こんな言葉がありますが、婚礼和装にも当てはまります。でも後悔することは絶対ないはずです。

 

 

 

 

和装前撮りで残したいのはこんな写真 ①

0062

和装前撮りの専門店として、これまで多くのカップル様を撮影してきましたがまだまだ貪欲にいろんなことを取り入れていきたいと思っています。


当店は栃木県宇都宮市に所在、言わば北関東という全国でも名高い「魅力度ランキングワースト3」にランキングされる地域です。東京や横浜などの都心部に比べるともちろん田舎であり、京都や北海道に比べると観光客も少ないエリアです。でもそんな場所ではありますが、この栃木だけの、そして他県と比べても何一つ遜色のない和装前撮りをお客様に提供していくために、研究の毎日です。



「和装前撮りでどんな写真を残したいのか?」


お客様にとって、価格、衣装、ロケ地など和装ロケーションフォトには様々な検討材料がありますがこのことが究極だと考えます。この疑問の答えに少しでも近づくことが満足度の上昇と共に、会社の利益になると言えます。



現時点で考える、お客様が考える「和装前撮りで残したい写真」を推察し、当店なりに導き出した答えををお知らせしたいと思います。

 

1.瞬間を切り取った写真

0053

こちらは敢えてポーズを指定せず、ある程度お二人にお任せした一枚です。

お二人だけの時間を邪魔することなく、美しく切り取るとこんな自然は雰囲気となります。

「何を話しているのか?」「どんなことを思っているのか?」


私たちには一切分かりません。わかりませんが、とても幸せで楽しく、かけがいのない瞬間だということはハッキリとわかります。そんな時を切り取る写真はご自分たちでは残せません。だからこそ欲しい写真と言えます。

 

 

2.ご家族とのこの時だからこそ写真

0054

成長し、大人になればなるほど家族と一緒に写真を撮ることは少なくなっていきます。子供の頃は嫌というほどあったのにもかかわらず・・・・。

また多分、これまでに残した家族写真(成人式・七五三)はどこか畏まりすぎていて、どちらかといえば「記録」に近いってことが多いのではないでしょうか?背筋を伸ばし、あごを引き、直立不動の写真はそれはそれで良い思いでですが、そればかりでもつまらないものです。

二人が幸せなら、みんなも幸せ


そんな雰囲気が漂う写真はお二人にとっても、ご家族に撮っても、そして私達にとっても大変価値のあるものだと思います。


結婚式当日はタイトなタイムスケジュールなことが多く、ご家族でゆっくりと写真を撮る時間はそうそうありません。しかし時間的に余裕のある和装前撮りであれば、こんな素敵な撮影が叶えることができます。最近、和装ロケーションフォトでご家族もご同行されることが多くなってきましたがそれも必然のことと思っています。

 

 

 

 

 

3.流行を押さえたポーズ

0062

なんだかんだ言っても、やっぱり流行は押さえておきたいものです。今、人気のと言えばこんなポーズなんですね~。新郎様はこの時だけは新婦様の引き立て役になってしまいますが、その分新婦様をとっても可愛く写すことができるのですねないで下さいね!



多くの花嫁、花婿が欲しいと思う写真は多々あります。


しかし共通して言えることは「作り込みすぎない写真」であるとともに、「畏まり過ぎない写真」でもあります。簡単に言えば自然であると言えるかもしれません。それには閉ざされた空間のスタジオ撮影よりは、開放感溢れるロケーション撮影がおすすめです。せっかく残す和装写真ですから、ただ撮るだけでなく、自分が欲しい写真、自然な写真を残しましょう!!!


それが後々の宝物になるのですから。

 

 

 

 

ドレス選び 自分だけの「こだわり」で選ぶ時代

「こだわり」


とても必要な時もあれば、こだわりに自分が支配されてしまうこともあります。


「こだわり」


様々なビジネスに置いて、とても使い勝手の良い魔法の言葉です。この言葉は単価やイメージのアップに繋がりますし、主義主張をいとも簡単に表現するには持ってこいの形容詞にもなります。




ウェディング業界において、枕詞のように使われるこの言葉。その使い方はほぼ同じ意味で使われています。そして殆んどの方々がこだわりを持っていますが、何に対してこだわるのかは人それぞれです。「唯一」「オリジナル」「差別化」「ブランド」「新作」など結婚式を代表する言葉がいくつかありますが、結局は全て「こだわり」への誘導となります。そしてこれこそが結婚式費用の高額化への誘導とも言えます。



もうそういうのおなかいっぱいですよね。人は人です、なにも同じことを目指す必要はありませんしね。


レンタルドレスにおいてのこだわりといえば真っ先に「ブランドドレス」を思い浮かべます。


「一生に一度の結婚式、最高のドレスで迎えたい」、こう考える花嫁様は多くいらっしゃいます。でも全ての花嫁さまではありません。ドレスに対するこだわりは「ブランド」「新作」「ニューデザイン」だけではありません。


ある花嫁は「定番ドレス」
ある花嫁は「色」
ある花嫁は「サイズ感」
ある花嫁は「価格」
ある花嫁は「コスパ」

・・・・花嫁によってこだわりも様々のはず。しかしこの業界は「ブランド」「デザイン」「新作」「高額ドレス」こそがこだわりであると言いきってしまっている風潮があります。もっと厳しくいえば、それ以外のこだわりを無視していると言えるかもしれません。そして業界が思い描くこだわりを花嫁に刷り込んでいます。



かつて当店も同じことをしていました。やたらブランドドレスや新作ドレス、他店にはないドレスを持つ事こそが全てと感じていました。つまりそれはお客様、花嫁様を見ずに、違う方向に顔を向けていたのかもしれません。



現在、当店にお越し下さる花嫁さま達もそれぞれこだわりをお持ちです。しかしかつてとは違い、そのこだわりも多様化していると感じています。

「レンタル価格にこだわる」
「コスパにこだわる」
「信頼できる接客にこだわる」

また中には「ドレスなどの個々ではなく、結婚式全体を想定しての準備」にこだわる方も。言い方を変えれば「ドレスは何でもいい」という方すらいらっしゃいます。


このようなこだわりを持つお客様は「ブランド」「新作」などのこだわりには一切興味がありません。つまり殆んどのドレスショップのこだわりと乖離していいるので、ドレス選びどころか「ショップ選び」から始めなければならないんです。



当店はそんな花嫁様たちに選ばれるドレスショップでありたいと思います。


ブランドドレスの着数は他のショップさんに及びませんし、当店よりも規模が大きいショップさんは他にいくらでもあります。しかし当店にはコスパが良いレンタルプランがありますし、グイグイと押しの強い接客は出来ませんし、していません。そんなお店ではありながらも成約率が高いのは、お客様のこだわりが当店のそれと一致しているからだと考えています。


こだわりは間違いなく必要なものですが、周囲に影響されてしまうともはやこだわりとは言えません。


例えばマラソン大会において、「トップでゴールする」こだわりもあれば、「これまでの記録更新」というこだわり、「とにかく完走」といったものもあります。「とにかく完走」と考えていた方が、周りの影響で「トップでゴール」というこだわりに変更したら練習や準備など、さざまざまなことをもう一度検討し直さねばなりません。


そんな無理をしてしまうと、トップでゴールするどころか完走すら出来なくなる可能性もありますし、最悪ケガをしてしまったり。



確かに結婚式は一生に一度のことであり、どなたでもこの日だけは世界で一番美しい女性になりたいと思われます。


でも結婚式が終わってからも人生は続きます。もっと輝ける一日もあるはずです。日本人は思った以上に周囲や環境から様々な影響を受けやすく、流されやすい性格を持っています。それが良い影響を与えてくれることもあれば、悪影響を及ぼすこともあります。


さぁ結婚式ではどうでしょう?ドレス選びではどうでしょう?



ともかく、Wedding Dress abitoはドレスではなく、ショップで選ばれるお店でありたいです。そして花嫁様がそれぞれ持つこだわりにご対応することこそが、私たちの仕事だと考えます。




 

和装前撮りで利用できる「打掛2着目 無料チケット」を配布

無料チケット

当店の和装前撮りプランのキャンペーンで大変喜んでいただく事が多い特典が「打掛2着目無料」というサービスです。



せっかくの和装を着ての撮影です、どうせなら色打掛でも白無垢でも写真を残したいという想いはどなたもお持ちなのではないでしょうか?しかしもう一着打掛を追加するとそれなりの費用がかかるので、諦めてしまうことも多いんですよね。ちなみに当店の場合、一着追加は通常3万円(税別)となっています。




現在、「打掛2着目無料キャンペーン」は実施しておりません。夏に実施してしまい、既に終了しています。本当は全てのお客様にご提供したいのですが、夏のキャンペーンでご成約くださったお客様に申し訳がつきませんので、現在は違う特典をお付けしたキャンペーン中です。





しかし新しい試みとして、「打掛2着目無料」の特典がご利用できるチケットを配布することとなりました。

※ご利用は和装ロケーションプラン【ライトプラン】または【レギュラープラン】のみとなります

無料チケット


こちらのチケットは9月30日(土)、10月1日(日)の二日間限定での配布となります。お渡しは当店の店頭のみで、郵送やウェブサイトでのダウンロードにはご対応しておりませんのでご了承下さい。あくまでも当店のフォトウェディング専門サイト・Twitter・そしてこちらのブログを見てくださった方で、なお且つこの2日間に当店にご来店くださる方のみに配布させて頂きます。



創業以来、このようなチケットを配布するといったことはしたことがありませんが、新しい切り口として取り組んでみようと思いました。夏のキャンペーンでご成約くださったお客様方もご納得くださることでしょう。


この無料チケットの有効期限は10月末日までの一ヶ月間としていますが、この期間内に当店の和装前撮りプランをご成約くだされば特典をご利用頂けます。つまり撮影自体は11月以降でもOKということですので、来春の「桜ロケ」でも有効となります。


またチケットの配布に際し、お名前だけはいただくことになりますが、その他の個人情報は一切不要です。こちらからお電話やメールをすることはございませんし、チケットは使用されなくてももちろん問題ありません。まずは配布日に当店までお越し頂き、チケットを受け取る事で特典の権利だけをゲットして下さいね。使うか使わないかはお二人次第です。


またチケットの受け取りついでに、「和装前撮りのご相談」「打掛のご試着」「プランの説明」等をご希望の方は予め電話、またはメールにてお知らせ下さい。ご連絡なしの場合はご対応できない事もありますからご注意下さい。



初めてのことなのでどんな反響があるか分かりませんが、チャレンジしてこそ分かることもあります。それはともかく、3万円分の価値があるこのチケットをぜひゲットして、満足度100%の和装前撮りをご検討くださいませ!!!


多くの方のご来店をお待ちしております!


当店へのアクセスはこちらから
IMG_7252

メールでのお問い合わせはこちらから
nogi5B15D
☎ 028-655-0975

和装前撮りしてくださったお二人からの心温まるメッセージ

今年4月に桜ロケにて和装前撮りをしてくださったお二人との約半年に及ぶお付き合いが、本日一区切りとなりました。



この半年の間、ご来店くださること数回、メールでのやり取りは数十回。



本日、ご依頼くださったアルバム2冊とA1ポスターをお渡ししました。半年も前の撮影にもかかわらずにお渡しが今になったのには事情がいろいろとあるからです。新婦様の職業柄だったり、お住まいが遠方だったりが主な要因です。そんなお忙しく、遠くからのお越しでしたが毎回素敵な笑顔、メールではご丁寧な文面だったことにお二人のお人柄が表れています。





そしてお二人は10月上旬に結婚式を迎えます。


本日、この後も結婚式のお打ち合わせがあるようで、まだまだお忙しい週末はギリギリまで続くようです。



この半年間、いろいろなお話しをさせて頂きました。


お仕事のこと

結婚式のこと

お二人の馴れ初め

デリケートなプライベートなこと


一緒に過ごさせて頂いた時間は当店のスタッフにとってとても貴重なものでした。自ら言うことではないかもしれませんが、お二人からは本当に信頼して頂けていたんだと感じています。信頼されたことを自慢したいわけではなく、その信頼に何とか応えることが出来たことが私たちの自慢です。当店にとって心に残るお客さまはたくさんいらっしゃいますが、こちらのお二人のことは既に心深く刻まれています。


「桜をバックに和装前撮りをしたい」


まずはお二人のご希望からお付き合いが始まった訳ですが、撮影をして「ハイ終わり」ではありませんでした。当初はここまでのお付き合いになることは想像もしていませんでしたが、お客様のご好意で半年もの長きに渡ってお付き合い頂きました。


本当に感謝してもし切れません。


最後にお客様に我々abitoに対するメッセージをいただきました。IMG_7586

「悪口はご遠慮下さい♡」とはお伝えしましたが、こんなに嬉しいお言葉をいただけるとは想っていませんでした(とはいえ、ある意味プレッシャーをお掛けしていたのかもしれません)・・・・しかし私たちは単純ですから、この言葉を何一つ疑うことなく、ありのまま受け取らせて頂きます。


このメッセージはabitoにとって勲章であり、今後の原動力となる励みとなります。至らぬ点は多々あったにもかかわらず、このようなお言葉を下さるお二人にお会いできたこと、一緒の思い出となる撮影に携らせて頂けたこと、私たちの宝物です。



三週間後に控えるお二人の結婚式、スタッフ一同心より最高の一日となることを願っています。またお時間があり、近くまできた際にはぜひ当店にお立ち寄り頂き、結婚式当日のことなどお話し頂けたらと思います。



三連休中日の本日、肌寒くてしかも雨・・・・さらにはお店が暇という三重苦の一日となりそうですが、それも全て帳消しになるどころか上乗せされるくらいの良い一日となります。感謝、感謝です。

 

七五三のお宮参り 衣装レンタル急増中!

hori32

七五三のお宮参りと言えば10月から11月・・・あと一ヶ月ほどですね。

hori19



最近の七五三はお宮参りより「写真撮影」がメインとなっている状況で、既に多くのお子様たちは前撮りで済ましていることでしょう。写真撮影だけで終わす方もいれば、「やっぱりお宮参りもしないと!」と考えるご両親もいます。お客様からよく耳にしますが、前撮りをしたフォトスタジオでお宮参り用の衣装レンタルをお願いしようとすると、


「お宮参りの七五三衣装のレンタルはしていない」

「お貸しする衣装がもうない」



こんな答えが返ってくることも少なくないようです。



そんなこともあり、最近では「七五三の衣装だけレンタル」だったり、「衣装と着付けのみ」のお客様が増えています。何たって当店は「貸衣裳店」ですから、七五三の衣装は豊富に取り揃えているので、予約状況をほぼ気にすることなくレンタルできるのが強みです。


やはりフォトスタジオからの「ない」とか「していない」という返答が堪えているせいか、ご連絡くださるお客様は恐る恐るお問い合わせしてくる方々が多いように感じます。「お宮参りしたい!」という思いが、様々な状況を経て、「できるかな?」という不安に変わってしまっているんですね。




フォトスタジオ等での七五三前撮りでは「写真」という記録を残すことができます。写真は半永久的に残るものですし、お子様にとってもかけがえのない宝物となるはずなので間違いなく必要なものだと思います。でも着物を着て神社へお参りしたり、歩いたり、車に乗ったり、食事をしたりと言った記憶が加わればもっともっと七五三が華やぐはずです。


『記録』+『記憶』が最強です。


記録の部分である写真はどちらかというと「お子様の為の物」ではないでしょうか?

お子様が小さければ小さいほど、七五三の撮影のことは記憶していないことでしょう。成長し、大人になって、子供を持ったときに自分の七五三を振り返ることができるのは写真があるからこそ。つまりそう言うことが大きいのだと思います。


一方、記憶の部分(お宮参り)はご両親の為でと言えます。

これまでのお子様の成長を感謝し、今後の成長を祈願するということが七五三の元々の由来でもあります。そんなことを考えつつ、小さな手をつなぎ、晴れ姿になったお子様の笑顔を見ながら一緒にお参りするのは感慨深いものがあります。日々生活していると、「この子はいて当たり前」と考えがちですが七五三を迎えると、「この子がいるからこそ幸せ」「本当に大きくなった」といった想いが頭の中を駆け巡ることでしょう。

様々な想いをもう一度リセットしてくれる節目の機会が七五三のお宮参りなのかもしれません。



当店では豊富に七五三衣装を取り揃えており、着付けやヘアメイクも対応しています。衣装に関しては、お子様の裄(手の長さ)や身長に合わせて補正もしているので、安心してお出かけすることが出来ます。またお母様の着物(訪問着、付下げ)、お父様の着物(羽織袴)等のご用意もありますので、衣装の用意でお悩みの方はぜひご相談下さい。


楽しく、そしてたくさん七五三衣装を試着して、お気に入りの一枚をお選びください。まだまだいっぱいの衣装がありますので、たくさんの衣装の中からお選び頂けますからね。



Wedding Dress abito 

nogi5B15D

☎ 028-655-0975