貸衣裳で伝わる想い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当店で扱う貸衣裳はその殆んどが【誰かの人生の節目】で着るものです。
本人の場合もありますし、ご家族、お友達の場合もありますが決して気軽
に着るものではありません。

なぜならそこに「想い」があるからです。
お祝いしたい!
成長を見てもらいたい!
温かく見守りたい!
思い出を残したい!
節目によって、それぞれの想いがよぎってくるものです。
つまり「今日は何着ようかなぁ~」って着るものではないんですね。 

違う角度から貸衣裳を見れば普段着ではないということも明らかで、納得されると
思います。だって人生に一度しか着ない衣裳だったりするわけですからね。
こういった衣裳をお持ちの方は大変少なく、必要な時にご利用していただくのが
当店のような貸衣裳店なんですね。

ドレスや打掛のように色や柄が多彩な衣裳「気に入るもの」「似合うもの」をお探しになり
ますが、モーニングや喪服などデザインが画一的な衣裳においては「サイズ」はメインで
す。 
このように衣裳によって選ぶ「視点」「基準」は違ってきます。

しかし現在ではいろんなことが簡略化されたり、省かれたりしています。
文字もそうですが、大切な内容をE-mailだったりLINEで送ったりします。でもやっぱり
「手書き」のハガキや手紙だからこそ伝わることもあります。
伝えるという意味では「内容」こそが重要ですが、そこに伝える側の気持ちがプラスされ
れば受けとる側の気持ちも違ってきます。

衣裳も同じですね。
自分の大切なときに、相応しい衣装で現れてくれたら気持ちが伝わります。TPOに
そぐわない服装で現れたら、皆さんだったらどう思いますか?

人生の節目で着る衣裳には気持ちを伝える役目もあるわけです。
見た目が綺麗・美しいだけではないのです。

お持ちの衣裳ではないのでレンタルするにも購入するにも費用は掛かりますが、大切な人に思いを伝える為には欠かせないものでもあります。
決して自分だけのためではなく、お相手の為でもあります。相手の立場になって考えて
みる事が必要なんですね。

 
こんな便利な時代だからこそ、いろんな方法で相手に思いを伝えることが大切なのではないでしょうか?どんなに心に思っていることでも、相手に伝わらなければそれはないのと
一緒です。
節目の衣裳には気持ちを伝える力も備わっています。上手に利用して、大切なときに大切な思いを届けましょう! 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Wedding Dress abito 自己紹介

こんにはちは!
当店Wedding Dress abitoは栃木県宇都宮市で創業以来30年以上に渡って、結婚式のドレス・成人式振袖・七五三・慶弔衣装などを多くのお客様にご利用頂いているレンタル専門の貸衣裳店です。
またロケーション撮影に特化し、フォトウェディング・和装前撮りをはじめ、振袖や七五三などでも各種撮影プランをご用意いています。※フォトスタジオ完備

ドレスショップ・貸衣裳店・ロケーション撮影専門店として、みなさんに有益な情報をご提供していきます。

どうぞ宜しくお願いします。

〒321-0138
栃木県宇都宮市兵庫塚3-1-1 📞 028-655-0975
www.kaede-abito.com

コメントを残す