abitoのこと

世界遺産の街で知られる日光にはもう一つの顔があります

日光東照宮、輪王寺、二荒山神社の二社一寺が1999年に世界遺産に登録され、栃木県日光市は「世界遺産の街」として国内はもとより、世界中により知られるようになりました。

「日光と言えば?」

そんなシンプルな問いかけには多くの方が「日光東照宮」とお答えになるのではないでしょうか?間違いなく東照宮は日光においてのアイコン的存在であり続けていますし、今後もこの構図は変わることはないでしょう。

簡単に言えば日光は京都などと同じような歴史ある街であると言えます。


しかし日光は「歴史の街」という顔の他にも、もう一つの顔を持っているのをご存知でしょうか?

そのもう一つとは「大自然が広がる日光」という顔です。私は生まれも育ちも栃木県で、これまで何度も日光に足を運んだきたものです。でもその殆どの場合が東照宮周辺での観光で、これまで日光の大自然を体感したことは殆どありませんでした。県民でもその程度ですから、せっかく日光にきたのに世界遺産だけをみて帰ってしまう方も多いと思うのですが、それは大変もったいないと言わざるを得ません。ホント日光の大自然は凄いんですから。


日光には「奥日光」と呼ばれる場所があります。
あの有名ないろは坂をドンドンと登り、中禅寺湖が広がる地域からこの奥日光となります。
IMG_8238
大きな中禅寺湖は海のない栃木県民にとっての海と言えるかもしれません。※泳いだりはしませんけどね。

この中禅寺湖周辺も自然を感じる場所ではありますが、奥日光の大自然の真髄はここではなく、さらに奥に進んだ所にあります。

例えば戦場ヶ原
IMG_8233
延々と続く湿地帯、そしてそれを囲う山々、広がる大空を目の当たりにすると自然の壮大さを感じます。


湯ノ湖
IMG_8217

中禅寺湖に比べこぢんまりとした大きさの湯ノ湖の水はとても美しく、ここが日本であることを忘れさせるほど。何となく北欧を感じさせる雰囲気が漂っています。

IMG_8222
山と空とのコラボレーションが見事で、眺めているだけで日常の忙しなさを忘れさせてくれます。

湯滝
IMG_8225

日光には「華厳の滝」「竜頭の滝」といった迫力のある有名な滝がありますが、山肌を滑り落ちるかのように水が流れるこの湯滝も美しさでは負けていません。平日であれば人も少なく、しかも至近距離まで近づけるのでマイナスイオンを全身に浴びることで日常の疲れを癒してくれるはずです。


森の中にある遊歩道
IMG_8226

湯ノ湖周辺、湯滝周辺、そして戦場ヶ原には画像のような遊歩道が整備されており、美味しい空気を味わいながらのハイキングを楽しむことが出来ます。近年、日本の夏は酷暑が続き、大変暑いですが奥日光の8月の平均気温は何と23℃。湿度も低く、大変過ごしやすい環境ですので身体に無理をさせることなく気持ちの良いウォーキングが可能です。


先日この奥日光を訪れ、これまでとは違った日光の一面を垣間見ることが出来ました。そこで思ったのは「本当の日光の姿ってこれかもしれない」ということです。

確かに二社一寺は素晴らしく、歴史をも感じることが出来ますが、そもそもこれらは日光が自然豊かで美しい場所だったからこそここに築いたのだと思います。こう考えると真の日光の魅力は大自然ではないかと考えます。


人間は荘厳な建築物も歴史も作ることが出来ますが、大自然だけは作ることが出来ません。
だからこそ自然には大いなる価値があり、どんなに文明が発達しようとも人々を惹きつけて止まないのです。


栃木県民としては恥しい限りの日光の魅力の再発見でしたが、偶然のようで必然であったのかと考えています。
これまでWedding Dress abitoは人間の手によって作られた価値、いわゆる「日本庭園」「歴史的建造物」での前撮り中心に行なってきました。
しかしせっかく栃木県に所在している訳ですし、こういう機会をえたのも何かの巡り合わせです。今後は栃木県の、そして奥日光の大変豊かな自然に溶け込むような前撮りのプランを自信を持って進めて行きたいと考えています。


夏でも大変涼しく、秋には見事な紅葉を見せてくれるのでプレミアムな場所ですからね

季節・天候・遠距離等々、いくつものクリアしなければならないことはありますが、間違いなく栃木県でしか、奥日光でしか、そして当店でしか叶えることの出来ない価値ある前撮りをご提供できることと信じています。

近々諸問題をクリアし、まずはモニターカップルを募集しますのでご興味のある方は是非ご連絡下さい。今までにない前撮り撮影をご提案させていただきますので宜しくお願いします。

バナー1
Wedding Dress abito前撮り専門サイト


バナー2
Wedding Dress abito公式サイト

新しい生活の始まりは人生を変えるチャンス

私事ではありますが、この春息子が大学に進学しました。

jh

一応公立大学ということで親の負担も少なく、大変助かりました

お隣の群馬県前橋市にある大学なので、さすがに宇都宮から通学というわけにも行かず、現在は悠々自適な一人暮らしを楽しんでいるようです。

IMG_8188
学生専門のアパートなので家賃も安く、こちらでも助かりまくりです。


実はうちの息子は高校まで休日もずっと自分の部屋にいるような、かなりの出不精な人間でした。当初は自宅からは通える大学への進学を目指していましたが、その最大の理由は「宇都宮から離れたくない」「自宅が一番」という考えからです。


でも結局は一人暮らしになった訳ですが、そんな生活が始まってから人間が変わったかのようにいろんなことに興味を持つようになりました。

「カメラを勉強したい」
「留学したい」
「ボランティアにも興味がある」
「日本全国を一人旅してみたい」

つい数ヶ月前では考えられないような願望や目標が湧いてきたようです。大学生活なのか、はたまた一人暮らしの影響なのかはわかりませんが、間違いなく高校までの息子ではなくなってきています。


自分自身でも経験がありますが、環境の変化がもたらす影響は絶大ですよね。
「この節目をキッカケに変わりたい」という思いを持ってなのか、それとも強制的に変わらざるをえないのかは人それぞれだと思いますが、いずれにしても人生には変化は付きものです。


どうせ変化しなければならないのであれば、それを恐れずに楽しむべきではないでしょうか?

多分、息子は人生の変化を受け入れ、楽しもうとしています。父親にとってこれほど息子の成長をハッキリと感じたことはありません。もちろん頼もしく感じています。親の手から離れていく寂しさを感じてはいますけどね。


これからご結婚される方々はどうぞ人生の変化を楽しんで下さい。

一人から二人になることで不安や責任も感じるとは思いますし、良いことばかりが続くわけではありません。それでもこれまでには出来なかった経験や楽しみが待っているはずです。

間違いなくこれまでと違った人生が待っているはずですから楽しまなきゃもったいないですよ!

和装前撮りモニター募集第二弾

h2

大反響であっという間に応募を締め切らせて頂いた前回の和装前撮りのモニター募集。

おかげ様で今までに県内ではなかった大自然の中に溶け込むような前撮り撮影プランを発表できるようになりました。

FB4A7187
新前撮りプラン【Faiis in love】

特別なモニター価格ということもあり、ご応募いただいたお客様には大変喜んでいただく事が出来ました。当店としましても新企画の商品化への手ごたえを感じると共に、具体的な当日の進行や撮影を把握できたことは間違いなく今後に繋がるものと思っています。

前回のモニターへのご応募に当たり、いくつか条件を設定させて頂きました。
①平日の撮影に限定
②撮影した画像の当店のウェブサイト、及びSNS等での使用許可
③撮影場所の限定

条件と言っても、このような簡単なものでした。特に難しい条件でありません。


さて本題です。

前回に引き続き、第二弾の和装前撮りモニターカップル様を募集致します。前回よりちょっと組数を増やし、今回は5組の募集となります。そんな今回の気になるロケ地は・・・日光です。やっぱり夏が近づいてきますので、涼しい日光をロケ地に選びました。

ちなみに今回のロケ地である日光での撮影はこれまで数多くのお客様にご利用いただいていおり、実績は申し分ありません。

072
宇都宮に比べ、比較的夏でも涼しい日光。大正天皇の別荘であった田母沢御用邸の夏の新緑は大変美しく、見事の一言。

今回のモニターを募集する目的はInstagramでの発信を模索する事が最大の目的ですので、当然条件にもInstagramが関わってきます。その詳細は最後にお知らせ致します。

『日光前撮りモニター募集』

【募集組数】   限定5組
【撮影期間】   7月1日~8月末日の撮影
【ロケ地】      日光(田母沢御用邸・イタリア大使館別荘・イギリス大使館別荘】
【価格】         148,000円(税別) 通常価格 198,000円から5万円OFF!
【特典】         打掛1着追加 無料・現地着付け&解散(通常はオプション)もOK ※田母沢限定です
【その他】      平日の撮影のみ


そして気になる条件は平日撮影/ウェブサイトやSNSでの画像使用を許可してくださることは前回と同様ですが、今回はもう一つございます。
撮影した画像をお客様個人のInstagramアカウントにおいて、abitoのタグ及びアカウントを記載してアップしてくださること。アップして頂く画像は当店カメラマン撮影のものとして頂きますが、どの画像にするかはお二人にお任せ致します。


またモニター募集の裏メニューとして、和装&洋装のプランもご用意しています。こちらは「結婚式を挙げない!」というカップル様には大変おすすめです。大変お得な価格で、洋装姿も和装姿も写真に残せます!しかもロケ地は日光ですからね。
a057中禅寺湖湖畔の旧イタリア大使館別荘はドレス&タキシードの前撮りにピッタリの雰囲気です。


本日6月15日現在において、今回の新モニター募集に関してはこちらのブログのみでの公開となっております。数日後には当店の和装前撮り専門サイト、及びabito公式サイトでも順次公開となります。今回は募集をほんのちょっとだけ増やしましたが、僅か限定5組です。
しかもロケ地は人気の日光なので、前回よりも早く募集を締め切るようになるのではないかと予想しています。もしこのブログを読んで、ちょっと興味を感じたのであればお早目のご相談を!

いつもブログを読んでくださっている方を優先したいと思っていますので、気軽にご連絡下さい。


バナー1
Wedding Dress abito 前撮り専門サイト

バナー2
Wedding Dress abito 公式サイト

5年の時を経て陽の目を見ることに・・・なるかも。

0219

この写真は当店が栃木市にある蔵の街で新たに和装ロケーションプランを始めるにあたり、ちょうどご結婚されるお二人にご協力いただいて撮影した画像です。結婚式の衣裳を当店でレンタルして頂いた縁もあり、当店のプロデュースを快く受け入れていただきました。


この時の撮影のテーマは「大正ロマン」。

和装前撮りでありながらも純和風ではなく、洋風なイメージを取りいれました。後ろに映る洋館は「旧栃木市役所」で、翡翠を思わせる美しい色が印象的です。また花嫁の婚礼衣裳は打掛よりカジュアルさを感じる大振袖、花婿の衣裳はモダンなアンサンブルの羽織袴にストールとハットを組み合わせてみました。西洋文化を積極的に取りいれ、日本の伝統文化との融合を模索し、「和洋折衷」という言葉が生まれた大正時代をイメージした一枚です。


実はこれを撮影したのは5年も前なんです。

この5年間、この大正ロマンをテーマとした和装前撮りプランだけでなく、大振袖もアンサンブルの羽織袴もストールもお客様にご利用されることは一度もありませんでした。ハットだけは数回利用がありましたけどね。当店的には「いける!」「間違いない!」と確信していたにもかかわらず、全く反響が無かったのは大変残念の極みです。

しかしテーマそのものはそんな結果になってしまいましたが、当店の前撮りに対する方向性や想い、そしてっ蔵の街というロケ地のアナウンスには想像以上の貢献をしてくれた撮影です。ここからabitoの和装前撮りが進化したといっても過言ではありません。


5年が経った今、改めてこの画像を見ても一切古臭さを感じませんね。この時以来、こういった撮影をしていないので逆に新しさを感じる位です。


先日あるところからご連絡をいただき、「この画像を是非使わせていただきたいのですが、お二人に許可を撮って頂くことは可能ですか?」とのこと。お二人とは5年経った現在でも繋がっているので、確認したところ【OK】とのお答え。いくつかのアンケートにも記入して頂き、あるところに画像3つと共に提出致しました。


・・・ということで、こちらの画像の他2つの合計3つの大正ロマンをテーマにした画像があるところのあるアプリにアップされます。詳細はまだ知らされていないですし、アップ前なので細かいことも言えませんが5年の時を経て、やっと陽の目を見ることになる・・・・かもしれません。


どんなことでも一生懸命やっていれば、必ず誰かが見てくれていて、必ず共感してくれる方が存在するものです。
一応、超有名な企業が運営しているアプリなので少なからず反響がるのか?それとも完全スルーとなるのかは皆目検討がつきません。しかしこの画像に着目してくれた方、企業があるというだけで腹八分目ほどの満腹感を感じています。


さてさてどうなることやら・・・・過剰な期待はしていませんが、微量の期待をしています。

当店では日光東照宮、及び神橋でのロケーション撮影はお受けできません

ちゅ

「日光東照宮でロケーション前撮りしたいんですが・・・」

「神橋での前撮りプランってありますか?」



このようなお問い合わせを結構頂きます。世界遺産となり、日本はおろか世界中に知られる日光東照宮と神橋ですから「一生に一度の和装前撮りはここで!」とお考えになる方が多くて当然です。

しかしながら当店ではどちらの場所でも撮影をお受けすることはできません。


その理由としては東照宮の場合ですと東照宮で神前挙式を挙げた方のみ、そして神橋の場合は二荒山神社で神前挙式を挙げた方のみが撮影許可を頂けるからです。

つまり両社とは全く繋がりのない当店では撮影をすることは叶いません。
もちろんお客様からの御要望にお応えしたい気持ちは十二分にあるのですが、無理なものはどうやっても無理と言わざるをえません・・・・大変残念ですけどね。


確かに東照宮、神橋での前撮りは素晴らしいものになることは間違いないですね。
何たってプレミアムで超有名な場所で、それでいてインスタ映えも間違いない訳ですから栃木県でも有数の撮影スポットといえます。
出来れば当店もこちらで撮影したい想いはありますし、もしプランに加えることが出来たら撮影組数も一気に増加すると思いますが叶わぬ夢でしかありません。


東照宮、二荒山神社にとっても自社で結婚式を挙げてくれるカップルを優先するのは当然のこと。

ましてやキャンペーン等で日光の観光客は爆発的に増加しているので、そういった方々の為にも制限なしに撮影を許可してしまうわけにはいかないのでしょう。
ロケーション撮影においては一時的にせよ場所を占領してしまうことがありますし、観光の方にしても撮影場面に遭遇したら気を使ってくださるので、結局はご迷惑をお掛けしてしまうことになります。おもてなしという観点からするとマイナスになってしまう恐れもありますしね。


また当店のロケーション撮影のモットーとして「他の方々が映り込まないお二人だけの写真」をご提供することを掲げています。
もちろん100%というわけにはいきませんが、これまでの実績ではおおよそ95%以上達成しています。
しかし観光客の方が平日でも多い東照宮、神橋においては我々のモットーを貫き通すことはまず不可能です。映りこむ写真もそれはそれで付加価値はあるのでしょうが、当店はそれを良しとは考えていません。


ずらずらといい訳がましいことばかり書いてしまいましたが、とどのつまり撮影はお受けできないということです。

それでも「諦められない」という方は直接東照宮や二荒山神社にお問い合わせしてみてはいかがでしょう?もしかしたらあなたの希望が実現するかもしれませんしね。


ちなみに当店にも日光でのロケーションプランがあります。

東照宮や神橋とは全く違った雰囲気ですが、天皇家の旧御用邸というプレミアムな付加価値のある田母沢御用邸です。こちらでは観光客の方が映りこまないお二人だけの思い出の撮影を行なうことが出来ますので大変おすすめです。日本庭園が本当に見事な場所ですよ!
田母沢御用邸プランはこちらから。

もう一つ、中禅寺湖湖畔に建ち並ぶ「旧イタリア大使館別荘」「旧英国大使館別荘」での撮影プランもご用意しています。
中禅寺湖湖畔撮影プランはこちらから

バナー1
Wedding Dress abito前撮り専門サイト


バナー2
Wedding Dress abito公式サイト

センパイ花嫁が前撮りで参考にするのはもちろんアレ!

人生における大切な喜びの節目、以前と違って「写真を撮る」「写真を残す」ということが現在の主流と言って良いでしょう。

七五三にしても振袖にしても前撮りをされることが大変多いのですが、結婚という節目においても同様です。結婚式をされる方は前撮りで式で着用するドレス、式では着用しない和装で写真を残すカップルが大変多く、その一方、式をされない方でも「花嫁姿だけは残したい」という想いからフォトウェディングをされる方が増加しています。

写真撮影はもはや文化の一つといえるかもしれません。


様々な前撮りがある中で、やはり一番費用も想いもかけるのは結婚式の前撮りです。(お二人で残すものですからね)

abitoでも多くの前撮りのお客さまをお迎している訳ですが、2~3年前に比べると花嫁花婿の力の入れようは強くなり続けています。前撮り撮影においてお二人がこだわる要素は「ロケ地」「衣裳」「費用」など様々ありますが、中でも「撮影ポーズ」「ヘアスタイル」へのこだわりを強く感じます。


とは言え、どなたにとっても結婚式の前撮りは初めてのとなり、わからないことばかりです。そこで参考にするのがセンパイ花嫁やショップがアップした画像です。グーグルや結婚準備サイトで画像を検索したりするのですが、やっぱり一番参考にしているのがインスタグラムのようです。

IMG_8205
当店abitoの前撮り専門のInstagramアカウントです。

#検索すればセンパイ花嫁の前撮り写真がた~っくさん見つかりますし、「どんなポーズが人気なのか?」「どういうヘアスタイルがあるのか?」がビジュアル的にわかりますからね。「どんなアイテムを使っているか?」も一目瞭然です。ホント参考になりますよ!

当店の前撮りのお客様も最近では「こんなポーズで撮りたいです♡」「こんなヘアスタイルにしたいです♡」とリクエストされることが多いんです。でも言葉で説明するのは難しいですし、しっかりと伝わっているかは撮影の日を迎えないと分からないので不安の元となりますが、参考画像があれば簡単です。


実際にお客様はこんな画像集をお持ち下さいます。
IMG_8101 IMG_8102
花印がついているのは最優先のポーズの目印です。

もしかしたらこういった参考ポーズ画像があるほうが撮影側にとって「楽」と思われてしまうかもしれませんが、実際は真逆で難しいんです。なぜなら撮影するシチュエーションも違えば場所も違うし、天候も明るさも季節も違うので近づける為に試行錯誤の連続ですからね。それでもお客様のリクエストに応えてこそ喜んで頂ける撮影になるとわかっているので頑張れるのです。


中には「技術」「経験」「受賞暦」などを売りにするカメラマンさんもいらっしゃいます。それは確かに素晴らしいことですし、誰にも真似できることではありません。しかしお客様は「技術」「受賞暦」を求めているわけではなく、「自分が欲しいと思う写真」を撮ってもらいたいだけなんです。そういう大前提があってこそ満足してもらえる前撮りとなるんです。


だっては初めてのことで、わからないことばかりの和装前撮りなんですから何が良くて悪いのかハッキリとしていないんですから、カメラマンの凄さなんて気にしていないはずです。

「どれだけ自分が気に入る写真を撮って貰えるのか?」

これだけを知りたいだけなんです。


当店Wedding Dress abitoでは8人のカメラマンさんと提携しておりますが、経歴や実績などはもちろん名前さえも公表していません。だってそんなものはお客様にとっては不要な情報だから。そんなことよりどんな写真を撮っているのか?が何より知りたいのです。だから当店のウェブサイトには出来るだけセンパイ花嫁の方の前撮り画像を発信し、インスタグラムでも同様にしています。それを見てご判断してくださったお客様にご相談、ご成約頂いています。


詰まるところ、一番大切なのはどんな写真を撮りたいか?ということ。そしてどんなヘアスタイルにしたいかということ。

その答えはスマホやPCで検索すれば必ず見つかりますし、Instagramを利用する事は大変おすすめです。前撮りの予定がある方は画像検索でポーズやヘアスタイルのお気に入りを見つけ、ぜひフォトスタジオにリクエストしてみてはいかがでしょう。どんなリクエストにせよ、人間は叶うとそれだけで達成感や満足感を得られるものです。どうせ費用がかかるのであれば、嬉しい気持ちになりたいものですよね?


バナー1
Wedding Dress abito前撮り専門サイト

バナー2
Wedding Dress abito公式サイト

賢い撮影プランお選び方と着目すべき点

結婚式、成人式、卒業式、そして七五三と節目のお祝いごとには写真撮影は欠かせない時代となりました。

いずれのお祝いごとにおいても「写真だけ」とされる方も少なくありません。「結婚式はやった方がいい」「成人式は出るべきだ」などという意見もありますが、この流れは変わることはないでしょう。また前撮りという形でじっくりと記念の写真を撮るサービスはもはや定番化しています。


そう、写真撮影はこの日本において慶事においての文化となったわけです。


みなさんも結婚式や七五三を迎えるに当たっては「記念撮影」がまず頭に浮かぶのではないでしょうか?

そして優先順位を考えると「素敵な写真を撮ってもらいたい」がやはり最上位だと思いますが、価格やプラン内容も気になるところではありますよね。でもこういった撮影って人生でほんの数回のことですので、悪い言い方をすれば「情報弱者」のままで問い合わせたり、契約してしまう方は多いんです。でも同じ【七五三前撮り】や【打掛フォトプラン】でもお店によって価格も違うし、内容も違ってきます。ほんとお店によってはお客が情報弱者であることをいいことに、自分たちの都合の良いように誘導してしまうこともあるんです。


そこで大切な記念撮影で賢い撮影プランの選び方、そして注意すべき点をアドバイスしたいと思います。

 



【プラン価格】

価格はお店によって様々ですが、最も気にするべきはウェブサイト等に価格を掲載しているか否かということです。特に婚礼の撮影においては価格を掲載していないことが多いのですが、これもお客様が情報弱者であることを前提にしています。一度きりの撮影ですから経験がない=価格がわからないということ、そして他店と比較させないようにしている訳です。こういうお店にありがちなのが「まずはお問い合わせ下さい」という文言があるということ。

つまり自社のサービスを気に入ってもらうことより、お客にアクションを起こさせることを最重要課題にしているわけです。

価格を掲載していない場合は例えばこんなこともできてしまいます。

    お客  「撮影プランの価格を知りたいのですが?」

    お店  「10万円になります」

    お客  「はぁ、そうですか」(ちょっとネガティブ気味)

    お店  「今日から一週間内のお申し込みで半額になります」

    お客  「そうなんですか!それじゃ一度伺います」(超ポジティブ)


一見、何の問題もない会話になりますが元々の価格を公表していない訳ですから、10万円という価格はいくらでも操作できます。もしかしたら設定金額は本来4万円かもしれない可能性も否めませんね。これもリピートがないからこそできてしまうこと。価格を掲載していないお店の場合、十分に確認をすることをおすすめ致します。


【プラン内容】
①衣裳

記念の撮影プランの多くには「衣裳」が含まれています。ウェディングだったら「新婦衣裳1着+新郎衣裳1着」、成人式だったら「振袖1着」という具合です。でもお店によってはプラン価格では選べる衣装がごく僅か(5着くらい)の場合があり、殆んどの衣裳が『ランクアップ商品』としてオプション設定にしていることがあります。このランクアップの価格が結構値が張る場合が少なくありません。つまりオプションありきのプランとも言えます。

例えプラン価格が他店より安くても、結局はオプション追加で高くついてしまうこともあります。

こんなことがないように、まずはお店に「選べる衣装はどのくらいあるんですか?」「ランクアップ料金はいくらですか?」ということを確認することが大切です。


②撮影

プラン内容に撮影は必ず含まれるものですが、お店によっては本当に撮影だけしか含まれていない場合があります。わかり易く説明すると「撮影」とは撮影するだけで、データや写真、アルバムが一切含まれていないということです。つまりそれらは全てオプションとなり、別料金が発生する訳です。

「撮影+六切り2枚」とか「撮影+画像10データ」とかなら安心ですが、「撮影代」しかプランに含まれていない場合はお店に確認をするべきですね。そういった場合、当初の予算をかなりオーバーすることが多いのでご注意下さい。


③全データ付き

特にウェディングのロケーションフォトプランで多いのがこの全データ付きというサービス。
お二人としては例え目を瞑ってしまったものや、ある意味どうしようもない写真でも記念としてデータは欲しいと思うのは当然です。しかし全データとなるとお店によっては500カット以上となり、データの合計サイズは膨大なデータ量となります。PCによってはそれだけで動きが遅くなってしまうことも。

デジタルカメラで撮影したままの画像は、昔のフィルムカメラで言えば現像前のものと言えます。本来ならば撮影した画像一枚一枚に対してフォトショップなどで調整(明るさなど)したり、不要なカットを削除したりとひと手間もふた手間もかけるものなんです。しかし全データの場合は殆んどの場合、そういった作業が省かれます・・・つまり撮りっぱなしのままでの提供になるんです(これがクレームの元になるんですけどね)。

だいたい手間を省いた画像データは綺麗じゃないですし、クオリティーが低いままです。

また膨大な数のなかから写真素人の方がウェルカムムービー等に使用する画像を選びぬくのは大変な作業となります。記念の写真はやはり量より質を求めることが後々のご自分たちの為となることは間違いありません。量を求める方にとってはありがたいサービスですけどね。


④ウェブサイト・チラシ等で使われている宣伝画像がモデルさんの場合

宣伝等に綺麗な、カッコイイモデルを起用するのはごく普通のこと。いかに商品をよく見せるかってビジネスの基本ですし、ビジュアルも華やかになりますからね。しかし撮影プランの宣伝の場合は少し気を止めることも必要となります。

モデル撮影の場合、時間的余裕もあるので普段では行なわない撮影をする場合が殆んどです。ライティング調整はもちろん、ヘアメイクも普段とは比較にならないような時間をかけますし、衣裳だって無制限です。ましてや撮影されることを仕事にしているモデルさんですから、撮られ方も十分に熟知しているので、総合的にクオリティーが極めて高い写真となります。

でも本来、実際に実現可能なサービスをお知らせすることが何より大切なのではないでしょうか?モデル撮影のクオリティーを求めるとなると、それは完全オーダーメイドとなるので提供しているプラン価格ではまず実現不可能です。アパレルの洋服などと違って、あくまでも商品は写真ですから実際に撮影可能な形をご提案すべきではないでしょうか?



最後に

結局のところ、結婚式にしても成人式にしても七五三にしても一生に一度のこと。

つまりリピートすることはまずありえません。レストランやホテルなど人生のうちで何回も利用する場合は「前回はあーだったから」「この前凄く良かった」とかの経験ができ、それを活かして次回はより良い選択ができます。しかし一回だけとなるとそういうわけには行きません。しかも費用もそれなりの出費を伴う訳ですから、サービスを提供する側以上に賢く対処していきたいですね。

レストランやホテルのようにネットの口コミが少ない記念撮影サービスですから、まずは情報収集が何よりも大切です。一生の思い出、そして財産となる記念写真をご検討中の方々に少しでもこのブログが役立つことができたら幸いです。

新ロケ地モニター募集、残り3組です

5月19日のブログで新ロケ地でのモニター撮影のカップル様を4組募集(和装2組、洋装2組)しましたが、早速1組成約頂きました。

ご成約くださったお客様には具体的なロケ地の場所をご説明し、ロケ地の画像もお見せしたのですが大変喜んで頂けました。またモニター価格ということで、前撮り予算にも優しく、和装もう1着無料サービスという特典にもご満足してくださいました。


ちなみにこちらのカップル様は埼玉県川口市からわざわざお越しくださいました。ネットの力って凄いですね♡

今回新たに追加したロケ地は全国でもそうそう撮影ができるような場所はないようですし、インパクトもあり、お友達やご家族にも自慢できるような撮影が叶います。場所等は明かすことは出来ませんが、こちらのお客様には許可をいただきましたので撮影後はブログやウェブサイト等で画像をアップ致しますのでお楽しみに。


※同業者の方は絶対真似しないで下さいね♡

ということで、モニター募集もあと3組のみです。和装は1組、洋装が2組ですからね。

和装のモニター募集は定数に達しましたので終了致しました。洋装は引き続き募集中です。

モニター特別価格+モニター特典と2つのサービス、そしてこれまでにないようなロケ地での撮影が叶いますので気になる方は是非気軽にご相談下さいませ。モニター募集は定数に達した時点で終了となりますのでお早めに!

告白 結構心が狭いんですw

IMG_2192

世の中には大変心が広く、器の大きい人々や企業が存在します。


なぜそんな風でいられるのかというと、やはり裏づけのある自信を持っているからこそだと思います。人間としても社会人としても憧れますし、そうでありたいたいと思い続けています。しかし現実は・・・・ですね。


昨日のブログでロケーション撮影の新ロケ地について触れましたが、多くの方が「場所がわかんなきゃダメじゃん」と思ったはずです。私もそう思います。それでも場所を明かさなかったのは同業他社に真似されたくないからです。そう心が狭いんです、自覚しています。でもそれなりの理由がある訳です。


心が狭い訳

当店は和装ロケーション撮影に強いこだわりがあり、スタッフ一同で力を入れています。
和装前撮りは全ての花嫁花婿にとっても初めてのことで、わからないことばかりです。だからこそそんなお二人に「こんな素敵な和装写真を作り上げることができる」ということ想像していただく事が何より大切なことだと考えています。

だからロケーション撮影で当店がもっともこだわるのが「ロケ地」です。
低価格にこだわるお店もあれば、カメラマンの技術を売りにするお店もありますし、「全データ付き」を全面に押し出すお店もあり多種多用ですが当店はあく間でもロケににこだわっています。

「このロケ地なら撮影スポットが充実しているのでご満足して頂けるはず」
「ここでこんな撮影をしたらきっと素敵な和装写真になる」
「暑い夏でもここならきっと涼しく撮影できる」
「ご家族がたくさんいらっしゃっても広いので安心」


このように写真の仕上がり具合はもちろんですが、撮影時のことを想定したりもしてロケ地を探し、交渉し、お客様をご案内して来ました。ロケーション撮影を初めてしたのが当店というロケ地はいくつもあり、オーナー様や管理されている方々から「おかげ様で撮影が増えました」と感謝の言葉をいただくこともあり、そう言った意味ではある種の社会貢献に繋がっているのだと嬉しく感じます。

しかし練りに練って、交渉を重ねたりと苦労して撮影許可をいただいたロケ地も次から次へと他社さんが参入しています。ロケーションフォトが盛り上がるのは大変嬉しいんですけどね。


もちろん参入してくるお店や式場さんは「こんなところでも撮影できるんだ」「あ、素敵な場所だな」と思って、お客様にご提案しているだけ。しかし当店としては心が狭いというか、被害者意識が強すぎるのか「パクられた」と思い込んでしまいがちなんです。いけないこと、ネガティブ思考とはわかっていながらも止められないんです(笑)。


そもそも当店はウェブサイトでもSNS、ブログなどでロケ地の場所やそこでどんな写真が撮影できるかを余すことなくお伝えしてきたので、共感する同業者が現れて当然です。逆に共感して頂けるということは、当店が選びぬいたロケ地がそれだけ魅力的であると証明されていることになるので太鼓判を推されたようなものですね。


でもそうは言ってもやはり当店オリジナルとか独占のロケ地は確保したい気持ちは消えません。

だってどんなロケ地を選定するかはそのお店のセンスであり、知的財産でもあります。それこそが独自性とか差別化に繋がり、会社の魅力になる訳ですからある意味死活問題とも言えます。だから今後は新しく追加するロケ地は名称や場所は一切公表はしません。当店が選びぬくロケ地を評価してくださる他社さんには今後アップする画像から推理して貰うことになります・・・当店からの画像クイズの出題となりますからね♡


ながながと書き綴ってきましたが、だから昨日のブログでは新ロケ地の画像や場所等を明らかにしなかったんです。ホント心が狭いお店で申し訳ありません♡


最後になりますが、新たに加わるロケ地はマジ最高の場所です。抽象的にはなりますが幻想的でダイナミックでありつつも「癒し」を感じられます。四季折々の美しさがあり、和装洋装のどちらでも最高のロケーション撮影となること間違いなしです。これまで様々なロケ地を選定してきた当店が選びに選びぬいた場所です、自信をもっておすすめ致します。


一刻でも早くにロケーション撮影をご検討中の方々にこの素晴らしいロケ地をご案内したいのですが、撮影実績がないので画像をお見せすることが出来ません。そのため昨日のブログで撮影モニターカップルを募集した訳です。もちろんご来店のお客様には口頭てはご案内していますので、気になる方は気軽にお問い合わせ下さいませ。


 

急募!和装&洋装ロケーション撮影のモニター様

a102

新ロケ地での和装と洋装のロケーションフォトのモニターになって下さるカップル様を合計で4組募集しています。


和装二組、洋装二組の合計四組となります。


ロケーション(野外)での撮影となり、ロケ地は応募してくださった時にお知らせいたします。これまで撮影したことがなく、全国的にもなかなかないシチュエーションとなりますが、和装でも洋装でも素敵になることは間違いありません。大変インパクトがあり、インスタ等にアップすればバえまくりしちゃうかもしれませんよ!


もちろん「モニター様」での募集ですので、費用も予定価格より大幅にお下げしますので大変お得でもあります。もちろん応募に当たっては条件がいつくかございます。


【募集組数】
和装ロケーションフォト2組、洋装ロケーションフォト2組

【費用】
和装ロケーションフォト \120,000(予定価格 \220,000)
洋装ロケーションフォト \100,000(予定価格 \200,000)
   ※価格はいずれも税別

【応募条件】
① 平日撮影にご都合をお付けくださること
② 撮影した画像データを当店のウェブサイト、SNS等での使用をお許し下さること
③ 新ロケ地での撮影とさせていただくこと

【モニター特典】
和装ロケーションフォト⇒打掛または新和装を無料でもう1着ご着用頂けます。
洋装ロケーションフォト⇒グレードアップ料金、オプション小物料金が一切無料。

【撮影希望時期】
5月28日~6月29日(火・土・日曜を除く)

【注意事項】
4組限定での募集となりますので、予定数を超えた場合は即時募集終了となります。


新ロケ地はこれまで当店がご案内してきた場所とは全く違ったアプローチで企画した場所となりますが、自信を持っておすすめできるロケーションです。気になる、ご興味のある方はまずは気軽にご相談下さい。もちろん納得してからの応募で全く問題ございませんからね!


モニターカップル様募集の詳細はこちらからご確認下さい。