abitoのこと

打掛を本番さながらの着付けで体験するといろんな物が見えてくるはずです

まずはお知らせです。


初の試みとして「打掛本格体験」というものを今年は定期的に開催していきます。

じを


この企画を簡単に説明しますと、結婚式や和装前撮りと同じ着付けをabitoの店舗で本格的に体験していただくことです。打掛の試着等での簡易的な着付けではなく、本番さながらの着付けとなります(掛下は二部式の使用)。メイクは致しませんが、簡単なヘアアレンジをし髪飾りもお付け致しますのでその仕上がり具合はまさに花嫁様!


そしてこの本格的体験の費用はたったの3,000円(税別)!追加費用は一切ございません。但し、新郎様の紋付袴体験をご希望される場合は2,000円(税別)となりますが、お二人合わせても5,000円(税別)とお手ごろ価格です。お支度完了後は約30分ほどお時間がありますので、スマホやデジカメで撮影したり、お連れ様にじっくりと見て頂くことも可能です。


今月は27日(土)の開催で先着2組様限定とさせて頂きます。

※2月以降も開催予定ですが、日程は未定です。


こんな企画を始める理由ですがいろいろとあります。


まず第一に「打掛に対してはじめの一歩が踏み出せないプレ花嫁様の背中を押したい」という想いです。

どなたにとっても打掛は未体験のことであり、分からないことや不安なことだらけ。でもしっかりとした打掛姿になることで、それまで知らなかったことも明確になって様々な心配も解消されます。一度体験しておくと安心ですからね。


『わからないことは相談するより体験するのが一番手っ取り早い』・・・これに尽きますね!



第二に「打掛の魅力を多くのプレ花嫁に知って頂きたい」という想い。

「体験すること」は「知ること」に繋がります。打掛は他の和装と違い一生に一度きりの花嫁和装ですので、その時を逃すと二度と袖を通す機会はほぼありません。打掛は日本が世界に誇る婚礼衣装にもかかわらず、日本人がその魅力を知らない人生を過ごすのは大変残念なことです。知ることは「知識」となり、少なからずその後の人生において何らかの影響を与えることは間違いありません。

日本女性の嗜みとして、一度は打掛を体験して頂きたいと願っています。



第三に「結婚を迎えるに当たっての選択肢の幅を広げたい」という想い。

現在、結婚式と言えば「チャペル挙式」が隆盛の時代です。しかし神前で白無垢を着て行なう挙式という選択肢もあります。またお色直しの衣装であるカラードレスの代わりに「色打掛」を選ばれる花嫁も徐々に増えつつあります。しかし打掛の魅力を知らないために選択肢を狭めていることもあるんですよね、実際。

どんな選択をするにせよ、まずは「知ること」ができれば出した答えは間違いなしです。そんな間違いなしの選択のお手伝いになればとも思います。そして和装前撮りを躊躇している方にキッカケをつかんで頂きたいとも思っています。


お支度が終わったらじっくりとご自分の打掛姿をご覧になると、打掛の素晴らしさをお感じいただけることでしょう。
ss001



なにせ初の試みですのでどのような反応があるかはわかりません。いずれにしても全く興味をもたれないか、大反響になるかの両極端になることでしょう。しかしながらこの取り組みは必ずや結婚式を前にしたプレ花嫁様のためになるものであると確信しています。「継続は力なり」ということで、毎週開催を続けていきます。2月以降の開催日は追ってブログや当店の公式ウェブサイト、及びフォトウェディング専門サイトにてお知らせ致します。

お電話やメールでのお申し込み、お問い合わせをお待ちしております。


☎028-655-0975
info@kaede-abito.com



 

本日仕事納めとなりました。

本日12月27日を持ちまして、本年の仕事納めとなります。


つまり明日の12月28日より年末年始の休業となりますので何卒ご理解くださいますようお願い致します。なお、1月4日までお休みとなり、1月5日より通常営業となりますのでお間違えなく!!!!


休業期間は店舗の営業は致しておりませんが、

年明けのご来店予約

お問い合わせ・ご質問

緊急の貸衣装レンタル(喪服等)


などにつきましてはお受けしておりますので、遠慮なくご連絡下さい。


028-655-0975は当店の電話番号ですが、こちらにお電話くださいますと転送にてスタッフのスマホに繋がるようになっています。電話が重なったり、私用等で電話に出られない場合もございますので、その際は留守番電話にメッセージを残して頂くか、または時間を置いて再度ご連絡くださいます様お願い致します。

また当店のメールアドレスはinfo@kaede-abito.comとなります。

緊急性の無い場合は出来るだけメールにてご連絡下しますようお願い申し上げます。なるべく早めにご返信致しますが、日をまたぐこともございます。また携帯キャリアでのメールの場合は当店からの返信が「迷惑メール」となる場合がございますので、可能であれば電話番号などもお知らせ頂けますと助かります。


今年もあと僅か。

何かと忙しい年の暮れは事故や事件も少なくありません。皆様におかれましては十分気をつけて頂き、そして新しい年をお迎え下さい。


今年一年本当にありがとうございました。どうぞ来年も今年同様、いえそれ以上に当店をご愛顧くださいますよう心からお願い申し上げます。


それではまた来年にお会いしましょう!!!!

年末年始休業のお知らせ

今年も早いものであと一週間。


そこで本日はWedding Dress abitoの年末年始の営業スケジュールについてお知らせ致します。


12月25日・・・・通常営業 AM10:00~PM18:00
12月26日・・・・定休日
12月27日・・・・通常営業 AM10:00~PM18:00

12月28日~1月4日・・・・年末年始休業

 1月 5日から通常営業となります。



この年末年始はまるまる八日間お休みをいただきます。お客様をはじめ、関係各所には大変ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


また先行でこちらのブログでお知らせ致しますが、新年の初営業日から3日間(1月5日~8日)にご来店くださり、且つご成約くださった場合はお年玉的なサービスをもれなくさせて頂きます。ぜひぜひお楽しみに。

28日までにabitoの公式ウェブサイトにて発表致します。※ウェブサイトのトップページのNEWSの欄でお知らせしますので、目を凝らしてご覧下さい。


今日はクリスマスイブ!

皆さん素敵なクリスマスをお過ごし下さいませ♡

甘えちゃダメよダメダメ♡

「どうせ買うなら知り合いから」


何かを購入する際に誰しも思うことがあるのではないでしょうか?


せっかくなら友人や知人、そして近所の方が営む会社やお店に少しでも役に立ちたいという考えは時代を問わずあるものです。もちろんその中には「少しはサービスしてくれるかも」なんていう淡い期待も無きにしも非ずですが・・・。


でも逆に「気を使わせてしまうかも」という想いが先立ち、敢えて全く知らない会社やお店を選ぶという方もいらっしゃることでしょう。



当店でもスタッフの家族や友人、そして知り合いの方にご利用して頂くことが多く、大変感謝している次第であります。


個人的には「無理されているのでは?」「本当にご納得して頂けたのか?」と一種ネガティブな思考になりがちです。もしかしたら違うお店の方がその方にピッタリの物が見つかったかもしれませんしね。


そこで数年前から思いはじめたことが「知り合いにこそ満足して頂けるサービスの提供」です。


当店をご利用くださるお客様は知り合いよりももちろん一般の方が圧倒的に多いですが、まず知り合いの方に納得して頂けないようでは決して一般のお客様に満足して頂けるはずがありません。それに近いお客様だからこそ「本音」「感想」などを語ってもらえますからね。これで得られるご意見がいままでどれだけ参考になり、当店にとって財産となったか測りしれません。


そして現在、家族や友人たちにも正々堂々と「うちはこんなことが提供できるし、自信を持って勧めるよ!」と言えるようになりました。



「せっかくだから」「どうせなら」「知っているから」

たったそれだけの理由で当店をご利用くださることに甘えたくはありません。「是非利用したい」「知っている店がabitoで良かった」「ここじゃなきゃダメだ」と思われることこそが本当のオリジナリティなのかもしれません。このことにゴールはありませんが、頂をめざして一歩一歩進んでいかねばなりませんね。

足利の新ロケ地で初撮影してきました

IMG_7563

今年、当店の和装前撮りのロケ地として新たに2ヶ所が追加されました。

そのうちの一つである足利市の「松村記念館」で初の撮影を行なってきました。


IMG_7562
IMG_7551

建てられてから90年以上という歴史ある家屋で、国の登録有形文化財に認定されており、一歩足を踏み入れると「和の世界」が広がります。まさに和装前撮りにピッタリのロケ地と断言できます!

しかもですね、館長ご夫妻が素晴らしく良い方々!

普段は蔵に飾ってある貴重なお膳やお椀などもお貸し下さり、前撮りとは言え「和婚」のような撮影を実現することが出来ました。


カメラマンが撮影した写真、そしてこの日の撮影のメイキングムービーは仕上がり次第お知らせしますので少々お待ちを♪



こちらの松村記念館から歩いて5分ほどのところに「日本最古の学校」としてしられる足利学校があります。

こんなに近くにあるんですから、せっかくなので足を伸ばして足利学校でもちょこっと撮影して来ました♪
IMG_7799

足利学校のアイコン的な場所と言えばこの正門ですよね。この後、敷地内でも撮影してきましたが、その様子もまた後日お知らせしたいと思います。


ちなみに足利学校は「儒教」を教える学校であり、敷地内には「孔子廟」や儒教にまつわる様々なものが展示されています。

IMG_7802


松村記念館で前撮りをご希望されるのなら、ぜひこちらでも撮影しましょうね!


あれ?足利学校もロケ地の一つとなるなら、今年追加されたロケ地は3ヶ所となりますね?いや待てよ・・・旧英国大使館別荘記念公園も追加されたから、合計で4ヶ所増えました。


ということで、当店は昨年に比べてロケ地がより充実しました。やっぱり選択肢は多ければ多いほど良いものですものね!


ロケ地を10ヶ所用意しているお店は県内では当店だけ!きっとお二人にピッタリの場所が見つかりますので、和装ロケーションフォトをお考えの方はまずは当店にお越しください。他のお店はウチの後でね☆

フリーランスの一匹狼 abito

当店 Wedding Dress abitoは人気ドラマの「ドクターX」風にいえば、フリーランスのレンタル衣装専門店です。


組織に属していない、一匹狼といえるでしょう。


これを簡単に説明すると「結婚式場と一切提携していない」ということです。全国に当店のようなドレスショップ、貸衣裳店はたくさんありますが結婚式場と提携を一切していない会社はごく僅かだと思います。ま、少数派ですね。



フリーランスである一番のメリットは「お客様だけのことを考えることが出来る」ということ。


提携するということは下請けになることであり、お客様だけではなく元請の結婚式場のことも考えねばなりません。またお客様の後ろに結婚式場が控えているとなると、「本当にご提案したいこと」や「値引き」も自らの意思で行なうことが出来ません・・・・もはや操り人形ですよね(笑)。それはつまり「お客様の為ではない」と判断したからこそフリーランスという立場になったんです。


それに式場と提携すると結構面倒なことがあるんです。
 

何かというと結婚式とは全く関係ないことでの要請?強制?であり、それが回りに回るとお客様の負担にならざるを得ないことがたくさんある訳です。そんなことにも嫌気がさしたのも理由の一つです。


フリーランスになったabitoはお客様だけのことを考えられます。

・提携店では出来ない「和装前撮り」と「レンタル」のお得感のあるセットプランのご提案
・当店がもっている情報の提供
・お客様にとってメリットのあるご提案
・予算に応じたお値引きやオーダーメイドのプランの提示


フリーランスだからできることの方がたくさんあるんです。


自分たちの仕事は自分たちが一番知っているにもかかわらず、傘下に入ることで押し黙らざるを得なくなるのはもう飽きましたし、「致しません!」。「お客様にとってもメリット、そして当店にとってもメリット」。そんな双方受益できるご提案を当店はしています。


ちなみに当店は「安さ」を売りにはしていません。「お得感」こそが最大の売りですからね。


abitoは結婚式場には媚は売りませんが、お客様にはお売りしていますよ!!!

本当に忙しいと・・・

ここ数週間、まともにブログの更新が出来ていません。


ブログはもちろん、SNSの更新やアップはサービス業にとってもはや欠かすことの出来ないお客様とのコミュニケーションツールであり、当店としても出来るだけ頑張っていました。しかしこの数週間はサボリ気味・・・というか敢えて更新していないといったところでしょうか。


「適当に、何でもいいからとにかく更新すべき」


こんな意見も耳にしたりしますが、適当な情報発信は適当にしか受け取ってもらえません。仕事に関係のない話し、スタッフのプライベート、時事問題などブログを更新するだけなら簡単ですし、ネタは尽きません。



でも私なら、例え気になっているお店のブログでも「本当に知りたい情報」「知っておいてお得な情報」以外を知りたいとは思いません。


「昨日は○○を食べました!」
「お休みは■■へ行ってきました!」
「私の趣味は××です!」


こんな情報はハッキリ要らないと考えます。特に当店は人生の節目に携る仕事ですから、皆さんがブログを読んでくれるのにはそれなりの理由があるはずです。しかもわざわざ時間を作って読んでくださるのであれば、なおさら仕事とは関係のない情報は邪魔なだけですよね?


本当にここ数週間は忙しく、本当に皆さんにお知らせしたい情報や知って頂きたいことをじっくりと書く余裕がありませんでした。適当に書くのは嫌なので、敢えて「更新しない」という選択をしてきました。ただ佳境も過ぎてきたので、水曜日からは更新できそうです。


がむしゃらに突き進むことも大切ですが、時と場合によっては一旦立ち止まることも大切です。人生の大切な節目を迎える方々にとっては「知らないこと」「分からないこと」「不安なこと」がたくさんあるはずです。それらを少しでも解消できるようなブログにしていきたいと考えています。



来週からまた頑張りますので、今後とも当店のブログを宜しくお願い致します。

日光を含めた神社挙式に取り組んでいくと決めました

IMG_7635

「Wedding Dress abito」という店名ながら、当店は数年前より「和」を中心とした事業を展開しています。

#色打掛・白無垢・紋付袴などの和装レンタル
#ロケーションフォト・スタジオ撮影での和装前撮り
#神社挙式


この3つが主な柱です。

この中で突出して好調なのが和装前撮りです。

ac038
中禅寺湖湖畔にある「旧イタリア大使館別荘公園」での一枚

当店は他に先駆けて、7年も前から「ロケーションフォト」に取り組んできました。当初は年に数組だけという寂しい思いをしてきましたが、ここ数年は100組前後のお客様にご利用頂けることになりました。


2番手は和装レンタル。

しっかりとした試着、豊富な衣装、適正なレンタル価格でご案内しています、とは言え、披露宴のお色直しで和装をお選びされる方はまだまだ少ないのが現状です。やはり披露宴の2時間半という枠の中で、和装へのお召し変えで時間をとられてしまうことに抵抗を感じてしまうのかもしれません。


そして神社挙式。

こちらは「ヤバイよヤバイよ!」のレベルで、ぶっちゃけ年に数組といったところですかね。その理由として一番大きいと考えられるのはやはり日光の社寺への進出が出来ていないことだと分析しています。県内をはじめ、多くのブライダル事業者が日光での神社挙式に進出しているので「今さら・・・」と思っていたのは事実ですし、それ以上に地元宇都宮周辺での神社挙式に注力したいという思いも強かったんです。


実際、ここ数年で当店が手がけた神前挙式は宇都宮の護国神社、上三川の白鷺神社が殆んど。確かに世界遺産に登録されている神社での挙式が大変魅力がありますが、護国さんや白鷺さんでの挙式も負けず劣らず素晴らしいのを知っているからこそでした。よく言えば「地元愛」が強すぎたのかもしれません。



では何故今になって日光での神社挙式に進出するのか?これには大きく2つの理由があります。

1.日光の魅力を再確認できたから

我々宇都宮市民にとって、日光は身近な存在です。小学校では数年に一度の割合で遠足で行きますし、近いがゆえに「いつでも行ける」と考えがちで、現実的にはそれほど訪れる事はありません。東京生まれ、東京育ちの方が東京タワーに登らないのと同じですかね?

また県外の方が思うほど、日光に魅力を感じていなかったのも事実。

しかしここ数年、和装ロケーションフォトで田母沢御用邸や中禅寺湖、イタリアやイギリス大使館別荘に度々行くようになり、日光の魅力を再発見することが出来ました。またその殆んどのお客様が県外の方ということもあり、栃木県民としてではない視点を持つことが出来たのも大きな要因です。


2.数年ぶりに再会した方から「一緒に日光でやりましょう!」とのお声がけ

やっぱり人と出会いや再会は変化をもたらしてくれます。
つい先日、数年ぶりに再会した方とお話ししているうちに、「一緒に日光で神社挙式を手がけましょう」とお声をかけてもらいました。本当に多くの情報を持っている方で、既に日光での挙式を数多く手がけています。そして日光に多くのコネクションを持っているので、これまで進出していなかった当店にとっては本当に心強い存在です。この再会がなかったら考えもしなかったでしょう。


この2つのことが当店abitoの来年からの日光への進出の大きなきっかけとなりました。


ビジネス的に考えれば、日光挙式のマーケットは他エリアの同業者から見れば魅力的であり、地元にいながら進出しないのは「考えられない」「もったいない」「ビジネス的にNG」と思われて当然です。しかし自分たちにその気がなく、その魅力にすら懐疑的ではお客様に失礼ですし、そもそも上手くいくはずがありません。

日光の世界遺産ウェディングが注目されて、既に長い年月が経っています。

確かに「今さら」ではありますが、日光の本当の魅力を再確認でき、経験豊富なパートナーとの再会により進出する事になったのは「縁」であり「運命」なのかもしれません。そして進出するタイミングは3年前でも2年後でもなく「今」が適正であり、正解だと感じています。


年内にプランニングし、来年早々にでも告知できるように奮闘中です。

県内のカップルさまだけでなく、和装ロケーションフォトのように県外のカップルさまにもご提案し、お二人にとって栃木県をそして日光を思い出の地にしていただければと考えています。

また日光と同様に、宇都宮での神社挙式もこれまで以上に取り組んで、ここ宇都宮が「和婚の街」となるように地道に奮闘していきます。



来年に神社挙式をご検討中のカップル様は動き出す時には当店abitoのことも思い出してくださいね。悪いようにはしませんよ!

打掛のご試着 当店ではしっかりと着ていただいています

こここ

当店では打掛のレンタル、そして和装前撮りを問わずにお客様にはお気に入りの打掛をしっかりとご試着していただいています。

こここ
スマホでの撮影もお手伝いしていますので、気軽にお声がけください!



だってご来店されるお客様にとって、打掛は初めての衣装なのでわからないことだらけです。

自分がどんな風に映るか?
どんな色が似合うか?
どんな着心地なのか?



言葉で説明するより着て頂いたほうが手っ取り早いですし、何よりわかり易いはずです。普段着ているような洋服なら、慣れているので試着しなくても何となく感覚でわかりますが、打掛はそう言うわけにはいきませんからね!


しかもただ打掛を羽織って頂くのではなく、しっかりとその下には「掛下」、そして懐剣やハコセコなども身に付けて頂いて本番さながらのご自分の打掛姿をご確認してもらっています。初めてのこと、未知のことに対して一番にご提供しなければならないのは「安心」です。何もわからないままで当日を迎えることほど不安なことはありませんよね。


もしかしたら「試着するのは当たり前でしょ?」と思われる方もいるでしょう。


しかし数々のお客様のお話しから察するに、「試着はできない」というお店もあるそうです。聞くところによると、打掛の写った写真を何枚か持ってきて「どれにしますか?」と言われるとのこと。つまり写真だけを見て未経験の衣装を選ばねばならない訳です。当店ではあり得えないことですし、そんなことしたら社長にどんなに怒られるか・・・・。



もう一度繰り返しますが、打掛はどなたにとっても初めての衣装であることが殆どで、わからないことばかりです。それにもかかわらず試着もさせずに選ばせることはあり得ないことと思います。お客様に安心を与えるどころか不安を助長しているようなもの。


確かにドレスの試着と違い、打掛の場合はいろいろと大変です。

でも当店はこう考えます。「面倒臭いこと、手間がかかることをやってこそ仕事でありサービスである」と。写真を見せるだけなら小学生でもできますし、専門知識も要りません。それは仕事ではなく、作業でしかありません。和装に携る仕事をされているのであれば、まずはお客様のことを第一に考え、不安を取り除き、安心を与えることが何よりも大切ではないかと思います。


自分が体験したことではありませんし、ただお客様から聞いただけの話しですが和装に携る仕事をしている立場としてハッキリいって非常に残念な気持ちです。もし自分がお客様の立場なら、絶対そんなお店は利用したくないです。


ここ数年で和装の人気が高まり、徐々に和装に目を向けるお店も増えてきました。でもこう言う状況だからこそ、しっかりとした対応をしていかねばならないのです。この和装の人気が一過性のものでなく、継続的なものとする為にも携る一人一人が和装の素晴らしさをお客様にお伝えしていくべきだと考えます。



どんな業種、仕事にしてもやはりお客様を見なくてはなりません。お客様あっての商売なのですから。

打掛2着目無料キャンペーン 再び!

032

毎回開催する度に和装前撮りを検討中の多くのカップル様に喜んでいただいているあのキャンペーンが12月に再び開催されます。


「打掛2着目無料キャンペーン」です。

※ロケーションプラン、スタジオプランの両方でご利用頂けます。キャンペーン詳細につきましてはこちらからご確認下さい。


せっかくの和装前撮り、1着だけじゃ満足できない!どうせなら色打掛でも、そして白無垢でも和装姿が残せたら最高ですよね。でもやっぱり気になるのは費用のこと。結婚式を控えているから、出来るだけ出費は控えたいというのが本音だと思います。でも2着着たいし・・・・。



そんな結婚式を来年以降に控えたカップルまさにとって、打掛2着目無料キャンペーンはまさにうってつけであり、見逃せませんね。

p

通常、当店の和装前撮りプラン(ロケーション・スタジオ)では、花嫁衣裳である打掛は1着のみ。お客様の殆んどは「色打掛」をお選びになります。でも心のどこかで「白無垢も素敵なだぁ~」と思われているんです。でもどちらかを選ばなければならないので、心を鬼にして色打掛をチョイスしている訳です。


でもですね、白無垢には色打掛とはまた違った魅力があります。

白無垢は神前挙式で着用されることが多く、「式服」として認知されています。それだけに白無垢姿は老若男女問わずに「お嫁さん」というイメージが強いので、結婚式前撮りの衣装として大変おすすめなんです。そしてロケーション撮影の場合、「白」であるがゆえに庭園の木々や草花の色とのコントラストが美しく、相乗効果によって白無垢姿が映えること間違いなしです!



結婚された後も和装を着る機会は少なからずあることでしょう。しかし同じ和装でも、「婚礼和装」である色打掛と白無垢を着る機会はありません。だからこそ着れる機会に両方とも着れるチャンスがあるのであれば、逃すべきではないと思います。


そしてそのチャンスがこの冬、当店で手にすることができます。今がチャンスなんです!


「まずは簡単に相談だけしたい」
「ちょっと見積もりだけでも・・・」
「試着してから考えたい」



そんなお客様でも当店は歓迎いたしますので、「やる」「やらない」は置いておいて、まずは気軽にお問い合わせ・ご来店下さい。皆様のご来店を心よりお待ち致しております。


和装前撮り 「2着無料キャンペーン」は11月17により受付しておりますが、撮影は12月1日以降とさせて頂いておりますのでご注意下さい。