七五三衣裳の試着数

夏休みに入った(地域によってはこれから?)こともあり、七五三のお客様が増えてきました。


当店はそもそも貸衣裳店なので、衣裳の数はフォトスタジオに比べるとかなり多いと思います。
フォトスタジオに一度ご試着された方がご来店になると「こんなにたくさん有るんですね」と口を揃える程ですからね。自分たちでは「少ないかな?」と思っていましたが、そうではないようです。


さて七五三の衣裳の試着数は平均でどのくらいなのでしょう?

当店の場合でしかありませんが、三歳は「3~4着」、五歳は「2~3着」といったところでしょうか。やはり七歳の場合は三歳や五歳に比べる多いような気がします。
line_oa_chat_220721_152025

こちらは本日ご来店された七歳の七五三のお客様がご試着にお選びになった衣裳です。8着ありますが、この他お決めになった衣裳がありますから合計で9着をご試着でした。
七歳の場合、平均は「4~6着」ですから今回の9着は多いほうでした。

なぜ七歳のご試着数が多いのかお分かりになりますか?
それはご本人(七歳の女の子)がご自分の意見をハッキリと持っているからです。三歳・五歳の場合はご両親任せということが多く、とにかく早く終わらせたくてしょうがないんですね。
それに比べ、七歳は試着自体が楽しく、そこにご両親(特にお母様)のご意見も加わり、どうしても試着数が多くなる傾向があります。他店はどうされているかはわかりませんが、当店においては試着数に制限は設けて下りません。ご納得するまでご試着頂いております。

三歳・五歳・七歳と各年齢のお子様をご対応していると、七歳は「もう立派な大人(女性)」と思うこともしばしば。
自分が好きな色、好きな柄はもちろん、似合うものをよくご理解されています。自分が着たい物があるワケですが、お母様が着てもらいたい物もあり、意見が合わないこともあります。
しかしそこで言い争いになるわけではなく、お互いに好みの衣裳を選び、共同で意見をすり合わせて衣裳を決めることが殆んどです。子の意見を親は尊重し、親は子の意見を尊重する・・・・七五三の衣裳選びにおいても学びがあるようです。

私達の子供の頃と違って、今は七歳でも昔では考えられないほどの情報量に触れる機会があり、知識も段違いにお持ちです。やはりデジタルの時代ならではなのですが、七五三の衣裳選びというアナログな作業を親子で行うという昭和の時代と変わらない風景があります。
七五三の思い出を形成するのは前撮りやお宮参りではありますが、衣裳選びもそれらに並ぶものではないでしょうか?

多少の意見の食い違いも、いつの日かいい思い出となるはずです。

衣裳のご試着の段階から、当店は七五三の思い出づくりに携わっている事を念頭にし、お客様をお迎えしております。好きなだけご試着をお楽しみ下さいね。

安心して下さい、郵送しますよ

ちょっと懐かしいフレーズの題名でしたが、留袖とモーニングの県外結婚式場への郵送手配はお任せください。

当店で留袖とモーニングをご利用くださるお客様の約50%近くが、県外の結婚式場でのご着用です。意外かもしれませんが、それだけお子様が県外にお住まいということですよね。


こんなご時勢ですからわざわざ県外まで足を運んでのレンタルも憚れますし、交通費と移動時間などを考慮すると「面倒」ですからね。そういったことの影響もあるかと思っています。

line_oa_chat_220715_161542

このようにモーニングと留袖一式を送っています(送料はご負担頂いております)。

慣れない道、時間が読めない交通事情などから自動車で行く方も少ないようですし、公共交通機関だと荷物は少ない方がいいですよね。式場で受け取り、式後は式場から送り返していただければ楽々です。

お衣裳の郵送に必要な情報は以下の通りです。
・結婚式場の名称
・住所・電話番号
・ご担当者名、ご担当部署名
・必着日
・ご両家名
これだけ教えてくだされば、後は全て当店で手配しますので、ご当日に結婚式場へ向かうだけです。

ちなみに必着日に関しましては式場によって「前日」だったり、「前々日」だったりと多少の違いがあります。台風が近づいている場合や大雪や大雨などが予想される場合は、念のために早めに郵送手配することもあります。当日に間に合わなかったらどうしようもありませんからね。

これまで一番遠い郵送先は北海道でした。
その分郵送料もそれなりの金額でしたが、現地への、そして現地での移動などを考慮すると、やはり郵送の方が賢明ですね。殆どの場合、東京や神奈川などですが他のエリアはもちろん、沖縄へも郵送手配致しますのでご安心下さい。

郵送手配は当店で衣裳をレンタルくださったお客様限定のサービスとなります。お持ち込みの衣裳にはご対応致しませんので予めご了承下さいますようお願い致します。

海外在住のお客様のご来店が増える時期

このところ海外で生活されている方のご来店が増えていますが、これも例年ながらのこと。

この二年間はコロナ渦ということもありましたが、ようやく帰国もある程尾しては度自由となり二年ぶりにそんな季節を迎えています。


この時期に増える理由は何といってもお子様が夏休みに入るからなんですね。アメリカは6月後半から8月後半まで、およそ三ヶ月もあるんですよね。しかも宿題なんてないとのこと・・・・羨ましすぎますね。
やはりそういったこともあり、七五三のお客様も多いワケです。

七五三のお参り時期(10月~11月)は既に戻られているので、その殆どが「撮影のみ」というのも特徴的です。
先日もサンフランシスコにお住まいのご家族が、ご帰国のタイミングで七五三の撮影をして下さいました。

001
生まれて初めてのお着物姿でしたが、ヘアメイクを楽しみにしていたそうです。
ちなみにこちらのお嬢様はハーフの女の子。英語、日本語の他にスペイン語も操るというトリリンガル!

002
そしてご家族全員での一枚。
アメリカの方って、写真慣れしているのかはわかりませんが自然な笑顔がとてもお上手です。素敵なご家族でした。

またお母様のお話しによると、やはりサンフランシスコの物価は上がりまくりだそうです。日本も物価高の問題に直面していますが、比較にならないそうです(とは言え、アメリカは収入も上がっていますけどね)。そんな中、このようなお土産をいただきました。

line_oa_chat_220713_152255

サンフランシスコの名物のチョコだそうです。
当店のスタッフがアメリカ留学の経験が有り(シアトル)、このチョコを見て「懐かしぃ~~」と一言。レトロ感のあるデザインが素敵ですね。


海外で生活されている方、海外の方に再びご来店いただけて「コロナもだいぶ落ち着いてきたんだな」と思った(7月上旬時点)のですが、第七派に突入してしまった感じですよね。コロナをコントロールすることはできませんし、受け入れ、可能な限りの予防対策をするしかありませんね。この繰り返しの先に、必ずトンネルの出口があると信じて・・・。

五歳の七五三ロケーション撮影

毎年この時期になるとお問合せやご来店が続く七五三のロケーション撮影をご希望のお客様。

特に多いのは五歳の撮影です。

女の子は三歳、七歳と七五三が二回ありますが、関東エリアでは男の子は五歳の一回が殆ど。それならば・・・ではないですが、一回だけならせっかくだからロケーション撮影を選ばれるといった感じでしょうか。

やっぱり野外は開放的に感じますし、緊張しがちな男の子も自然な表情を見せてくれます。
いつも遊んでいる外は男の子にとって「ホーム」ですから、楽しみながら撮影ができますからね。

そんな五歳のロケーションで人気なのが若竹の杜(若山農場)の竹林です。

007001

こちらは数々の時代劇や映画などのロケ地としても使われており、和装との相性は完璧です。
一歩足を踏み入れると、そこには非日常あり、宇都宮にいることを忘れてしまいます。その圧倒的な世界観は一生に一度きりの男の子の七五三の舞台として相応しい場所であると思います。

広大で美しい竹林は日本でも数えるほど・・・その一つが宇都宮にあるなんて贅沢ですね。何かの記念の時に使わないともったいないような気すらしちゃいます。


当店では若竹の杜の他、七五三のロケーション撮影におすすめのロケ地をご案内しております。
スタジオでの撮影だけではなく、ロケーション撮影もご検討してみてはいかがでしょうか?その際はおきがお気軽に当店へご相談ください!

ハイクラス留袖プランが大好評です

先日こちらのブログ、そしてabitoのウェブサイトのニュースで【ハイクラス留袖キャンペーン】をお知らせしましたが、予想以上の反響をいただいております。

キャンペーンということでお手頃価格で最高クラスの留袖をご利用できるからでもありますが、それも留袖のクオリティが高いからこそ。


結婚式場で取り揃えている留袖のレンタル価格は殆どの場合が裾値が4万円ほどで、上は10万円オーバー。これにお父様のモーニングを加えると、結構な出費となります。でもabitoのキャンペーンをご利用になれば、留袖そのものだけでなく費用にもご満足いただけることと思います。

本日もabitoのウェブサイトをご覧になった方がご来店くださり、こちらのキャンペーンをご利用下さいました。今月も始まったばかりですが、すでに数組のご契約をいただいておりますが、ここまで反響が有るとは驚きです。


近々の8月、9月挙式でのご利用のお客様が多いですが、今後は秋挙式でのご利用が増えることが予想されます。一応、「月10組限定」でのご案内となっておりますので、留袖のレンタルをご検討中の方は一度ご見学になられてみてはいかがでしょう?


結婚式場の留袖とそのレンタル価格を当店のキャンペーンと比較いただき、お気に召しましたらご利用下さいませ。
ご来店をご希望の場合は事前にご予約をお入れ下さいますようお願い致します。

下界は猛暑、でも中禅寺湖は・・・

連日の猛暑ですでにバテ気味になっている方も多いのではないでしょうか?

本日令和4年7月1日の宇都宮の気温は37℃(14:30現在)ですが、日光のいろは坂の上にある中禅寺湖は別世界。13:00の時点で25.5℃と下界より12℃近く気温が低いとのこと。また私の実感ですが、同じ気温でも中禅寺湖はより涼しく感じるんですよね。
大自然に囲まれているからなのか、湿度のせいなのか、空気の流れなのかは定かではありませんが、誰もがそう思ってしまうはずです。

毎年7月~9月にかけて、当店はこの中禅寺湖でロケーション撮影を行っています。

062

夏の中禅寺湖を望む景観はほんっーーーーーーーとに美しく、何度見ても素晴らしいものです。
北欧を思わせるその雰囲気は洋装の撮影に最高です。

007

下界がどんなに暑くても、ここでなら真夏の和装ロケーションも可能です。もちろん少し暑さを感じることと思いますが、これまでのお客様全ての方に「全然余裕でした!」と言っていただけていますからね。

そんなこともあり、この時期の中禅寺湖の気温や様子を当店は毎日のようにチェックしています。

もちろん毎日現地へ行っているわけではありませんし、この地域のウェザーニュースに頼っているわけではありません。やはり今の時代はSNSですね。
しかも現地の方が発信する情報は正確無比で、何より頼りになります。

当店がチェックしているのは中禅寺湖湖畔にあるレストラン【コタン】さんのfacebookページです。
毎日中禅寺湖の気温と現地の画像をアップしてくださっています。本当にありがたいことです。

さてこちらのコタンさんは数年前に中禅寺湖でロケーション撮影を行ってくださったお客様から「ポークソテー最高ですよ」と教えていただきました。もちろん実際に伺ってみました。
line_oa_chat_220701_150623

めちゃめちゃ肉厚でとってもボリューミー♪
本当おいしかったです。付け合わせの飾りつけも綺麗で食欲をそそられました。次回は違うメニューにしようと思っていますが、なんとなくまたこちらをお願いしてしまうような気がしています。

この夏、中禅寺湖へ遊びに行く予定がありましたら、コタンさんのfacebookをチェックしてみてはいかがでしょう?前日の気温も参考になると思いますよ!
 

abitoの七五三プラン

年々口コミでabitoの七五三プランをご利用くださる方が増えています。

そう、十数年前は一年で600組ほど七五三を行っておりましたが、フォトスタジオが増えてきて完全にその波にのまれてしまいました。今では七五三=フォトスタジオとなっており、決して貸衣装店ではないんですよね。
それでも写真撮影事業を貸衣装店的な目線で継続し、少しずつではありますが評価いただいております。

今年はスタジオもプチリニューアル。
003

受け入れ態勢は万全です。

冒頭でも「口コミで」と書きましたが、ほかのフォトスタジオとは大きな違いがあります。
それは混雑しないということ・・・ある意味お客様が少ないとも言えますが、当店としても敢えて予約を詰め込まないという考えがあるからでもあります。そのきっかけは「コロナ渦」です。

できるだけ他のお客様との同時滞在や接触を避けることが、お客様方のためでもあり、もちろん我々スタッフのためでもあるからです。

よく話を聞きますが、「撮影待ちで混雑」「撮影時間1~2時間押し」というところもあるようです。
当店の場合、15分お待たせするだけでも青ざめてしまうものですが・・・。いくらお客様が撮影のためにお時間を取ってくださっていたとしても、その後の予定などもあるでしょうにね。

お客様に喜んでいただいているのはスムーズな撮影だけではありません。

・お衣装のランクアップ、並びにシーズン料金の設定なし
   つまりどれでもOKということです

・アルバムにはデータが含まれます
   データ購入の費用が不要です

・スタジオ内でのスマホ撮影OK
   

・・・・・・結構衝撃的な内容ですね。専門のフォトスタジオではありえませんからね。


とはいえ、当店も少なからず「フォトスタジオ」と名乗っているわけですから、当然専門のフォトスタジオさんのことが気になったりもします。ウェブサイトを拝見させていただくこともあるんですが、毎回思うのは「結局トータル金額はいかほどなの?」ということ。もちろんわかりやすく掲載している場合もありますが、必要な料金を分散して掲載しているので、わかりづらいなぁと思っています。
もしかしたら私の頭の回転が悪いだけなのかもしれませんけどね(笑)

まだ6月だというのに連日の猛暑・・・・十分にお気を付けください。
来週には少しこの暑さも落ち着くようなので、七五三のご相談は来週以降がいいかもしれません。何もわざわざこの暑さの中お越しにならなくても大丈夫ですからね♬
 

furisode_abitoとして最活用

当店にはinstagramのアカウントが4つあり、そのひとつが振袖専用のものです。

・・・といってもアカウントはあるものの、これまで殆んど活用することはありませんでした。振袖については別のアカウントでアップしていましたが、やはり専門のアカウントで発信していくべきだとアドバイスを受け、最活用していくこととなりました。
またその振袖のアカウントは勝手にフォロワーが増えていくという謎の現象(ただののっとり)が起きてたことも、活用せずのままにいた理由でもあります。

※それこそ勝手にフォロワーが何万人となってしまい(ほぼ海外の方)、削除するのに苦労しましたw

ちなみにこれまでのアカウント名は【abito20th】でした。
おそらくいろいろな面で宜しくなかったと思い、心機一転アカウント名も変えます。

line_oa_chat_220629_114437

今後は【furisode_abito】となります。
アカウント名変更に伴い、これまでアップした画象は一旦全て削除しました。

二度と同じ鉄を踏まないよう下調べ中ですので、最活用スタートはまだ決まっていません。ただ世界観をもって運営していかねばならないことだけはわかっているので、ぶれずに頑張っていきたいと思っています。

成人式世代、いわゆる二十歳前後の方々はいわゆるウェブサイト(ホームページ)など殆んど閲覧しません。情報収集はinstagramかTikTokという時代ですからね。貸衣裳店なんて数十年前は宣伝は電話帳のみであったことを考えると、たいへんな時代になりました。

どんなに良い衣裳、お得なプランを用意していても、発信力がないと全く意味をなさないワケです。
どんな画象を選び、どのようなフィルターを掛け、全体の世界観をどのように構築していくかが肝となります。ほんとうに難しいワケですが、逆を返せばチャンスは無限大ともいえます。

日本人は一度の失敗を汚点や古傷にしてしまい、ずっと引きずってしまう国民性があります。
確かに私もその本質は合わせもっていることは間違いないです。ただ今後は「失敗したらまたやり直すだけ」という気持ちで臨んでいきたいと思っています。乞うご期待・・・ですかね。

留袖を着用できる唯一の機会、それは結婚式

最近は結婚式で留袖ではなくドレスをお召しになるお母様も増えていますね。

新郎新婦やお相手側のご要望に合わせてのことだったり、結婚式のスタイルによるものだったりと理由は様々ですがそういう時代になっているのかもしれません。当店にも「母親用のドレスは有りますか?」というお問い合わせをいただく事が増えました。

ただ当店では取り扱っておりませんし、この先その予定もありません。

ドレスには「デザイン」「色」「サイズ」など判断基準が多すぎて、中途半端な品揃えをすることが出来ないことが最大の理由です。以前は取り扱っていたのですが、その当時の経験からもちょっと難しいですね。

確かに留袖よりドレスの方がお召しになって楽ですし、余計な費用(お着付け代)なども不要です。
チャペル挙式にも雰囲気が合いますし、今時期の暑い季節には最適な衣裳だと思います。

でも・・・・。

やはりお母様としての衣裳の重みは留袖が勝っているのではないでしょうか?これは良い悪いのことではなく、あくまでもイメージの話しです。ご存知だと思いますが、留袖は既婚女性がお召しになる上で、喪服と同様に和装の最高礼装です。
そんな最高礼装にも関らず、現在の日本において唯一お召しになる機会はほぼ結婚式だけです。不思議ですよね。

つまり結婚式で留袖をお召しにならないということは、おそらく一度も袖を通さないこととなります。
ちょっと寂しい気がしますね。

ドレスに比べ、留袖は着付けてもらわなければなりませんし、締め付けられますし、動きづらい・・・よーく考えたら良いことなんてないような気がしますが、それ以上に結婚式に華を添え、重みを持たせ、「母親」というお立場を素敵に演出してくれる日本が誇るべき素晴らしい衣裳です。

貸衣裳店として、和装に携わる者として、そして個人としても可能であれば結婚式では留袖をお召しになって頂きたいと願っております。もしかしたら時代に逆行する考えなのかもしれませんが、それでも構いません。もちろん商売の為でもありますが、日本の素晴らしい伝統と文化を継承する為にも留袖の魅力をこれからもお伝えしていきたいと思っています。

留袖最高!

一流式場での結婚式なら・・・

当店でご両親衣裳(留袖・モーニング)をご利用くださるお客様のおよそ6割近くは東京の結婚式場でご着用されています。

意外にも県内でのご利用より多いんですよね。理由はわかっていますが、ここで言及しても意味がないので割愛させて頂きます。


そう、多いんです東京でのご利用が。
しかもですね、目黒雅叙園さんとか椿山荘さんとか誰もが知る一流の式場さんがめちゃめちゃ多いんです。当店としても最初は驚いたものですが、最近ようやく慣れてきました。

やはり一流どころの結婚式場での結婚式であれば、せっかくですから留袖の中でも上位クラスのものをお召しになって頂きたいと願っております。とは言え、式場を決めたのはご両親ではなく、新郎新婦のご本人達ですからね。ご両親にも貸衣装の「予算」という物があります。
でも当店としてはハイクラスをお勧めしたい・・・なかなか難しいところです。

留袖
ハイクラス留袖は一目瞭然の華やかさがあり、気品に満ち溢れています。

そこでハイクラス留袖のラインナップも新作の入荷で充実してきたこともあり、キャンペーンを企画致しました。題して・・・・
「ハイクラス留袖キャンペーン」とそのまんまです。

プラン① 通常49,500円~55,000円の留袖とモーニング一式(18,700円)がセットで55,000円

プラン② 通常66,000円~77,000円の留袖とモーニング一式(18,700円)がセットで66,000円


最大で3万円ほどお得になるプランです。

ただし毎月10組様限定とさせて頂きます。
そうはいっても当店が誇るハイクラスな商品ですから、過剰に安売りはしたくないですからね。10組でも多すぎかもしれませんね。既にこちらのプランでご予約いただいているお客様も数組おり、とてもお喜び頂いております。(今月は残り3組となります)
確かに結婚式の主役は新郎であり、新婦様ですがご両家のご家族、お母様は重要な役どころです。素敵な留袖で結婚式に華を添えることも出来ますし、ゲストの方々へのおもてなしにもなります。

結婚式が毎年のことであるならば当店もハイクラスはお勧めしませんが、一生に一度の大切な一日です。それこそ「勝負服」で臨むべき節目ですから、少しでもお得に最高級の留袖をお召しになってみてはいかがでしょう。